ペルーの現地の旅行代理店のツアーには、

国際線の航空券は組み込まれていません。

現地の旅行代理店、何店もチェックしたのですが、

国内線以外、すべて航空券は、別になっているのです。

 

私のスケジュールは、

7月5日    日本発~ペルーのリマ着

7月14日   ボリビアのラパス着

 

このスケジュールに合わせた航空券は、

何十通りもありそうなので

直接、HISに足を運んで旅券を探すことに・・・・。

これは、プロに任せた方が良いと思いました。

HISの担当者は、新人の女性の方でしたが、

最も最短の航空券を見つけてくれました。

 

てっきりアメリカで乗り換えてペルーとおもいきや、

最短で行ける方法があると、紹介されたのが、

アエロメヒコのメキシコ直行便。

メキシコシティで乗り換え、

そのままアエロメヒコで、ペルーに到着。

荷物を積み変える必要も無いという事。

                         (メキシコシティの空港)

私は、米国『エスタ』を取っているので、

アメリカ経由でも良かったのですが、

5日出発のアメリカ経由の便だと、最短のものでも

アメリカの空港で8時間のトランジットが生じるというので、

メキシコ便に決定しました。

 

現在、アメリカに入国、もしくはトランジットする場合も、

旅券だけではなく、エスタと言うものが必要です。

アメリカ周りの方、エスタを取っていなければ、必ず 取って下さいね。

無いと、そのまま日本へ強制送還、日本に逆戻りです。

ご注意ください。

 

私は、2年前にメキシコに旅しているので、

メキシコになんの偏見も無いので、そのまま旅券を購入!

何より、荷物を降ろさないで、ペルーまで

行けるというので、迷わず選択しました。

 

ところが、このアエロメヒコを選んだことが、

あとで大変面倒な事になるのですが・・・・。

 

その夜、すぐに現地の旅行会社に連絡すると、

2つのコースを提示されました。

ボリビアのラパスから、ウユニ湖に行くのに、

飛行機で1時間で行くのか、

ドライバーを雇って、車で9時間かけていくのか?

値段は、車で行く方が、べらぼうに高いのです。

理由は分かりませんが、

もう2度とボリビアに行くことが無いのだから、

どうせなら、ボリビアの景色を見ながら行こうと、

車で行く事を選択。

 

実は、この選択は、旅に出てから正しい事が分かりました。

この時、ボリビアの町は、富士山より高いところにある事を、

私はあまり深く考えていなかったのです。

それは、この旅のとても肝になる事だったのですが・・・・。

                     ( つづく )