発想の方程式〜知恵が価値を生む時代

【著書(商業出版)】


好評発売中


SNSで信頼される文章を書きたい方に


 『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 』


(前田めぐる著、青春出版社)


https://www.amazon.co.jp/dp/4413096924/


『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 』を10倍活用するぺージ



フリーランスで働きたい方に



『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか』


(前田めぐる著、日本経済新聞出版社)


https://www.amazon.co.jp/dp/4532319129/ 


その他 『ソーシャルメディアで伝わる文章術』


(前田めぐる著/秀和システム)


https://www.amazon.co.jp/dp/4798037117/ 


『Value Seeds100(バリューシーズ100)―ワーキングマザーが見つけたバリューのタネ』(前田めぐる著/カナリア書房)


https://www.amazon.co.jp/dp/4778200470/


前田めぐる 


コピーライター・プランナー。 同志社大学卒業後、京都で企画制作会社に勤務。企業の販促支援や自治体の公的事業支援に携わり4年間勤務の後、結婚と同時に独立。 フリーランスのコピーライター、プランナーとして企業支援を続けながら、2人の子どもに恵まれる。 


一貫して大切にしてきたのは「生活の実感を知る主婦の視点」と「家庭に軸足を置く働き方」。生活者の実感をリアルに映し出す当事者発想力と言葉力で、企業の販促支援・広報支援・商品開発支援を行う。


実母の在宅介護・在宅医療と仕事の両立も体験。社会的課題である介護離職に歯止めをかけるべく、在宅勤務の推進に向け、フリーランスとしての体験を生かす活動も行っている。


著書に『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 』『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか』『ソーシャルメディアで伝わる文章術』『Value Seeds100(バリューシーズ100)―ワーキングマザーが見つけたバリューのタネ』京都在住。


業務内容 


業務内容の詳細はHPをご覧ください。ご相談を受けてから、お見積りをいたします。まずは、お問い合わせください。


●社外片腕



経営者の右腕?左腕? どちらでも! 左脳も右脳も使ってご相談に乗ります。社内会議やミーティング参加もOKです。


フリーランスで何のしがらみもない立場が私の強み。生活者目線・お客様目線、そして少し先の未来のこと……経営者目線では気づけない視点とアイデア、言葉をお渡しします。



●社外広報


社外広報と言っても「ネタを丸投げしてもらったら記者さんを紹介しますよ」ということではありません。「社内に広報部署をつくりたい。ノウハウを教えてほしい」「社内の広報を自立した即戦力ある人材に育てたい」。そんな会社を社外からサポート。広報担当者にとって必要なことをお伝えして、外部からサポートします。


小さな事務所の小さな私でも日経新聞やヤフーニュースに載りました。あなたの会社もきっと!


●ブランディング支援


ブランドは約束です。「こうありたい」思いと、「どんな風に見えるか?」を設計。長く愛されるブランドづくりを支援します。


●情報発信支援


インターネット上の情報発信支援、ガイドラインづくり支援。ホームページ、ブログ、ソーシャルメディア、オウンドメディア、プレスリリース  メディアをバラバラに使っていませんか?  感情を動かすメディアの流れをつくりましょう。


●印刷メディア・コミュニケーションデザイン パンフレット、カタログ、DM、リーフレット、名刺、社内報 などなど


●社外片腕・前田めぐるへのお問い合わせは HPから


●ほかにもブログがあります。


→  ワークライフバランス・バリュー化支援のブログ


→ 「ほどよい敬語」敬語のブログ 


●Facebook


→ Facebookページ https://www.facebook.com/megumaga/


→ 個人ページ https://www.facebook.com/meguru.maeda


●Twitterは→ 前田めぐる

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年12月15日 11時20分52秒

SNSでのプライバシーはどこまで自力で守れるのか?

テーマ:アイデア発想法・企画のタネ

フェイスブックで流出の恐れ 最大680万人影響も?

SNSで気になるプライバシーの問題。
投稿していないスマホ内の写真が流出しかねない状況にあった、との報道。
「しかねない」ですから流出はしなかったのでしょうが、ハラハラしますね。
 
--------以下、日経新聞(2018/12/15)より
 
FB、スマホ内の写真が流出の恐れ 最大680万人影響も
 
2018/12/15 2:51
【シリコンバレー=中西豊紀】
米フェイスブックは14日、ソフトウエアの不具合により、ユーザーが投稿していないスマートフォン(スマホ)内などの写真が外部のアプリ開発者に流出しかねない状況にあったと発表した。不具合はすでに手当て済みだが、最大で680万人が影響を受ける恐れがある。
 
個人情報を巡る同社の不祥事は終わりが見えない状況だ。
 
同社によると問題は9月13日から25日にかけて発生し、外部アプリに対し写真の共有を許可しているユーザーが影響を受けた。
 
本来は写真はユーザーが投稿しないと外部アプリと共有できないが、ユーザーがフェイスブックアプリに写真をアップロードした時点でデータが共有される状況になっていた。
 
--------引用終わり
 


ソフトウエアに欠陥があったことが原因で、すでに対応済み。
対象者には来週以降連絡が来るそうです。

 

プライバシー設定で防げるのか? 自力でできる対策は?

 


 

それにしても、SNS上のプライバシーはどこまで自力で防げるのか?

完全にシステム頼みでいいのなら、プライバシー設定さえしておけばいいのでしょうが、今度のようなことがあればそうとも言い切れません。

 

結局、システムもアプリも人が作るもの。

穴がゼロとは言えないのでしょうね。
もどかしい限りです。
 
ではどんな対策が考えられるでしょうか。
私なりに考えてみました。
============
1 プライバシー記入は必須のものだけに
2 記入しても公開範囲を決める
3 必要性のない外部アプリは使用しない
4 大切な写真をスマホに保存しっぱなしにしない
5 なりすましや乗っ取りに気をつける
6 メッセージ内の不審なURLを開かない

============
  
「こんなこと気をつけてる」というお声があれば、ぜひ教えてくださいね。

自力でできることはやっておこう。

 

■ポイント
SNSでのプライバシーは、設定さえしておけば安心とはいかない。

自力でできることはやっておこう。

 

●SNS文章術~伝えたいことを 伝えたい人に 伝わるように~

 7月6日(金)は愛媛・松山で「発想カフェ&SNS文章術ワークショップ」

 

●新刊好評発売中!

   

 

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)を10倍活用するページ

 

■前田めぐる■

●「社外片腕・社外広報 前田めぐる」の企業支援  お問い合わせ 
2018年11月24日 13時13分48秒

これだけできれば大丈夫! すぐ使える! 接客1年生 お客さまに信頼される50のコツ

テーマ:おすすめの人・本・講座

これだけできれば大丈夫! すぐ使える! 接客1年生 お客さまに信頼される50のコツ

 

最初にタイトルを見た時、これから接客が主となる仕事を始める人のための本だと思いました。

しかし、読み進めるにつれ、働くすべての人に必要なコミュニケーションについて余すことなく書かれたものだと感じました。

 

表紙をめくると、このように50のコツを列記した横長のページを切り取れるようになっています。

本書に書かれた50のコツはどれも、客室乗務員として、教官として働いた著者の経験から得た実感であり、生きた知恵です。

読者がもし、文字通りの接客1年生である場合は、著者のその経験則を一つずつなぞらえるように、じっくり行間を読み込んでいく……。

そして、読了した後に、冒頭の50のコツを切り取って持ち歩き、その項目で書かれていた細部を思い出してみる。思い出せなかったら、もう一度本文を読んでみる。

そんな風に、何度も何度も読みたい本です。

  

その時に、50のコツをマニュアルのように暗記するのではなく、読むたびに「なぜ著者はそうしたのか」「自分ならどうするか」と自分の頭で考える。内容を落とし込むことができ、この本を2倍にも3倍にも生かせると思います。

 

そしておそらく、本書の真髄はそこにあります。

真剣に向き合えば向き合うほど、悩み、迷い、正解がないのが接客。

 

これが正解と思っても、万人に当てはまるわけではないし、良かれと思ってしたことが反感を買ってしまうこともあります。それについての失敗談も書かれています。

 

それは、突き詰めれば、人と人のコミュニケーションを極め、目の前のことにひとつ一つ真摯に対峙することに他ならないからでしょう。

 

 

特に、第5章「接客できるは武器になる!」は、接客に関わる仕事の人だけでなく、働くすべての人に役立つ内容!

その証拠に、毎項目の最後に「ポイント」が書かれているのですが、ポイント43から50までの文章で「接客」を「仕事」と読み替えても通用するのです。

 

例えば、これ。

 

ポイント49

接客を通じて得た痛みや喜びを、自分自身の人格や品格の形成に繋げていこう。

 

 

「仕事を通じて得た」とよんでも、そのまま通用します。

仕事はコミュニケーションがベースにあるものなので当然と言えば当然ですが、それだけ汎用性の高い知恵に貫かれている本だと言えますね!

 

人を大切にしながら自分も成長していきたい。

そんな方に知恵と勇気を与える本としておすすめです。

 

 

最後に!

私のもう一つのブログ「ほどよい敬語」でも、○×で正解を示すことはありますが、それだけでなく目の前の人を思いやることや、自分の頭で考えてもらうためのヒントを提示していますよ。

仕事で敬語の使い方に悩んだらご覧くださいね。

 

 

●新刊好評発売中!

   

 

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)を10倍活用するページ

 

■前田めぐる■

●「社外片腕・社外広報 前田めぐる」の企業支援  お問い合わせ 
 
2018年11月22日 11時48分01秒

「輝く起業」に思うこと

テーマ:前田さん、主婦の私もフリーランスになれま

「日経ウーマンオンライン」のサイトで、こんな記事を見つけたのです。

キラキラ起業をやめて、穏やかな会社員生活に!
起業してがんばってきて、続けるのもしんどい、辞めるのも勇気がいる。

そんな人にエールを送るとてもいい記事! 

起業に関心のある方は、読んでみてください。

 

で、あらためて私も、この辺で「輝く起業」という言葉について考えてみたのです。

(起業家じゃないけどね〜)

 

------

「起業」とは?


『字源』によれば、「起業」の「起(キ、たつ、おきる)」は、蛇が頭をもたげて走ることを示すらしい。
 
座の姿勢から、立ち上がり、走る、発動する。
つまり、発動機、エンジンがあってこその「起業」。
 
座ってなどいられない、はやる思いを抱えた人が起こすのが、「起業」。 
座学だけで身につかないのも、当然だ。 

 
「輝く」とは?


もう一つ、この「起業」は、つい最近まで(でいい?)しばしば「輝く」とセットにされた。
 
でも、「輝く」ってなんだろう?
 
これも『字源』を引いてみる。
 
「かがやく」といえば、今では「軍」を旁(つくり)に持ち、左に「光」を置く「輝」が一般的だ。
 
しかし、この「輝」、実は俗字。
もともとは、「火」を偏(へん)に持つ「煇」が正字だという。
 
「光」ではなく「火」を左に置く「煇」の読みは「かがや(く)」「ひかり」「や(く)」。
  
そうか、「キラキラ」に違和感を持つ人が多いのも、この辺りかもしれない。
 
「かがやく」とは。本物の輝きとは……表面的なものではなく、内なる火にも似た、焼けるような想いがほとばしること。
 
学びや出会いは、もちろん燃料にはなるだろう。
けれど、もともとないエンジンを動かすことはできない。
 
だからもし、起業したいなら、確かめてみよう。
 
内なる炎はあるだろうか。
 
今すぐ立ち上がり、走り出し、駆け抜けたいほどに炎は燃えているだろうか。
 
誰がどんな水をかけようと、決して消えない。強く確かな想いはあるだろうか。
 
あれば、進む。
なければ、違う道を考える。
 
決めるのは、他の誰でもない自分自身。

 

------
ちなみに、「独立」と「起業」は少し違う。
拙著冒頭で書いています。
  ↓  ↓
『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』
(前田めぐる著・日本経済新聞出版社)https://amzn.to/2S9aMnd

 

 

 

■ポイント
「起業」の「起」は、座の姿勢から、立ち上がり、走る、発動する。
「輝く」は俗字で、「煇」が正字。
今すぐ立ち上がり、走り出し、駆け抜けたいほどに炎は燃えているだろうか。
誰がどんな水をかけようと、決して消えない。強く確かな想いはあるだろうか。
自分自身に聞いてみよう。

 

*「キリオリ」について

「キリオリ」は「切って折る」、シンプルな情報整理術。

新聞や雑誌を見出し読みして、気になった記事の見出しが見えるように折る。

「切って貼る」スクラップとは違い、情報が動かせるのがポイントです。

 → 「キリオリ」の方法を詳しく読む

 

●新刊好評発売中!

   

 

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)を10倍活用するページ

 

■前田めぐる■

●「社外片腕・社外広報 前田めぐる」の企業支援  お問い合わせ 
2018年11月22日 08時46分38秒

「最速」よりも「ジャストタイミング」〜顧客目線のサービスとは

テーマ:キリオリ・キリトリ/日経新聞毎日10分

 

配達人の負担増で、宅配の再配達、IT化

 

以前、こんな記事
https://ameblo.jp/hasso365/entry-12404346435.html
を書いていたので、今日の日経MJの7面(紙です!)に
「いいね!」をエア押しした。
 
はっきり言って、「ようやく」の感。
「何度も申し訳ないな」と思いながら、再配達を受け取ってる受取人は多いと思うから。
 
荷物は増え続けるのに、配達員さんは少ない。
配達料がこれから上がる可能性も大いにある。
だったら、なるべく1度で、少ない回数で受取人に渡る。それが一番いい。
 

少子高齢化と人口減の時代に顧客は何を望むのか?

 

高齢化が進み、人口が減る。
 
そんな時代で「本当に望まれるサービスとは何か?」を、宅配業界だけでなく、見直す時期に来ているんだと思う。

 

はっきり言って、低コストで最高品質は大企業にしかできない。

いや、いくら大企業だって、それしかウリがないんじゃ、いつか時代にそっぽを向かれる。
 
急ぐのもあれば、急がないのもあるから、
オール最速よりも、ジャストタイミングがいい。

「わあ、ちょうどよくって、ありがとう」
「いいタイミングで、ありがとう」

受け取る人も「すみません」より「ありがとう」を言いたいはず。
 
最上級、最速最短……何にでも「最」をよしとするのでなく、「ほどよく」「心地よく」。
いわゆる「いい塩梅」というのに弱いな、私。
なんとなく頬がゆるむ。
そういうのを考えるのが、好きだなあ。

 

■ポイント
少子高齢化、人口減の時代には、最速・最上だけが顧客志向とは言えない。
「ほどよく」「心地よく」「いい塩梅」、ジャストタイミングを考えてみよう。

 

*「キリオリ」について

「キリオリ」は「切って折る」、シンプルな情報整理術。

新聞や雑誌を見出し読みして、気になった記事の見出しが見えるように折る。

「切って貼る」スクラップとは違い、情報が動かせるのがポイントです。

 → 「キリオリ」の方法を詳しく読む

 

●SNS文章術~伝えたいことを 伝えたい人に 伝わるように~

 7月6日(金)は愛媛・松山で「発想カフェ&SNS文章術ワークショップ」

 

●新刊好評発売中!

   

 

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)を10倍活用するページ

 

■前田めぐる■

●「社外片腕・社外広報 前田めぐる」の企業支援  お問い合わせ 
2018年11月20日 09時26分52秒

だまされないで! 気象庁を語るなりすまし詐欺

テーマ:この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章

今朝のニュースで報道していました。

こんな「なりすまし詐欺」があるそうです。
 
-----
津波警報発表
*時**分頃、気象庁は地震を記録した。
震源地は〜〜〜〜
以下の沿岸領域では、*メートル以上の津波が予想されます。
http://jma-go.jp〜***
-----
 
URLクリック→偽サイトへ→パスワードなど個人情報が抜き取られる
という流れ。
 
よりによって、命に関わる災害伝達情報を詐欺に使うなんて、許せない。
詐欺というだけでも悪質なのに、人の不安心理を利用するところが、さらに悪質です!
 
しかも、URLが気象庁のHPと極似。
絶対に、クリックしないでくださいね。
 
● 見分けるポイント

 


「-(ハイフン)」と「.(ドット)」の違いがあります
詐欺メールは「jma-go.jp」。「go」の前が「-(ハイフン)」。
一方、気象庁は「.jma.go.jp。「go」の前が「.(ドット)」です。
  ↓  ↓
https://www.jma.go.jp/
 
すでに報道されているので、今後「-(ハイフン)」以外に一文字だけアルファベットを入れたりするものも出てくるかもしれませんね。
とにかく「気象庁は jma.go.jp」と覚えておきましょう。

ここがホームです。 

https://www.jma.go.jp/jma/


● 省庁関係は、.go.jp (ドット go.jp)か確かめて
 

気象庁のなりすましがあるということは、今後類似の詐欺が起こる可能性があるし、あるいはすでに存在するのかもしれません。
 
たとえば、裁判所や法務省を語ったり、厚生労働省を語るというような?……たいそうな差出人名に慌てるかもしれませんが、ひとまずワンクッションおいて、調べること。

何事にも「H.N.T(本当に?なぜ?多面的に)」を大事にしたいですね。

 

私は疑わしい情報だと、まず検索します。

上記の場合でも、 災害情報はすぐにTwitterに上がるので、もしも本当に地震が起こっているのなら、Twitterで検索すればすぐにヒットするはず。

「気象庁から?」と情報の出所に惑わされずに、自分の頭で考えることが大切ですね。
このことは拙著『この一冊で面白ほど人が集まるSNS文章術』のP258、「H.N.T.で情報の本質をとらえる」の項目でも書いていますので、お手元にお持ちの方はご覧ください。
 
安易なクリック、シェアはせず、一呼吸おいてが肝心!

 

*上記について、気象庁の報道資料があります。

気象庁発表の警報等を装った迷惑メールにご注意下さい

 

●もしも被害にあってしまったら

 

被害に遭ったら警察へ被害届を、同時にしかるべき機関に情報提供もしておきましょう。

 

総務省より委託を受けている、迷惑メール相談センター。

こちらでは「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」に違反していると思われる迷惑メールを収集しているとのこと。

届ける方法と届け先→ 迷惑メール相談センター

 

 

■ポイント

省庁関係は .go.jp (ドット go.jp)か確かめて。 
もしも被害にあったら、届出を。

 

*「キリオリ」について

「キリオリ」は「切って折る」、シンプルな情報整理術。

新聞や雑誌を見出し読みして、気になった記事の見出しが見えるように折る。

「切って貼る」スクラップとは違い、情報が動かせるのがポイントです。

 → 「キリオリ」の方法を詳しく読む

 

 

●新刊好評発売中!

   

 

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)を10倍活用するページ

 

■前田めぐる■

●「社外片腕・社外広報 前田めぐる」の企業支援  お問い合わせ 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス