発想の方程式〜知恵が価値を生む時代

【著書(商業出版)】


好評発売中


SNSで信頼される文章を書きたい方に


 『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 』


(前田めぐる著、青春出版社)


https://www.amazon.co.jp/dp/4413096924/


『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 』を10倍活用するぺージ



フリーランスで働きたい方に



『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか』


(前田めぐる著、日本経済新聞出版社)


https://www.amazon.co.jp/dp/4532319129/ 


その他 『ソーシャルメディアで伝わる文章術』


(前田めぐる著/秀和システム)


https://www.amazon.co.jp/dp/4798037117/ 


『Value Seeds100(バリューシーズ100)―ワーキングマザーが見つけたバリューのタネ』(前田めぐる著/カナリア書房)


https://www.amazon.co.jp/dp/4778200470/


前田めぐる 


コピーライター・プランナー。 同志社大学卒業後、京都で企画制作会社に勤務。企業の販促支援や自治体の公的事業支援に携わり4年間勤務の後、結婚と同時に独立。 フリーランスのコピーライター、プランナーとして企業支援を続けながら、2人の子どもに恵まれる。 


一貫して大切にしてきたのは「生活の実感を知る主婦の視点」と「家庭に軸足を置く働き方」。生活者の実感をリアルに映し出す当事者発想力と言葉力で、企業の販促支援・広報支援・商品開発支援を行う。


実母の在宅介護・在宅医療と仕事の両立も体験。社会的課題である介護離職に歯止めをかけるべく、在宅勤務の推進に向け、フリーランスとしての体験を生かす活動も行っている。


著書に『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 』『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか』『ソーシャルメディアで伝わる文章術』『Value Seeds100(バリューシーズ100)―ワーキングマザーが見つけたバリューのタネ』京都在住。


業務内容 


業務内容の詳細はHPをご覧ください。ご相談を受けてから、お見積りをいたします。まずは、お問い合わせください。


●社外片腕



経営者の右腕?左腕? どちらでも! 左脳も右脳も使ってご相談に乗ります。社内会議やミーティング参加もOKです。


フリーランスで何のしがらみもない立場が私の強み。生活者目線・お客様目線、そして少し先の未来のこと……経営者目線では気づけない視点とアイデア、言葉をお渡しします。



●社外広報


社外広報と言っても「ネタを丸投げしてもらったら記者さんを紹介しますよ」ということではありません。「社内に広報部署をつくりたい。ノウハウを教えてほしい」「社内の広報を自立した即戦力ある人材に育てたい」。そんな会社を社外からサポート。広報担当者にとって必要なことをお伝えして、外部からサポートします。


小さな事務所の小さな私でも日経新聞やヤフーニュースに載りました。あなたの会社もきっと!


●ブランディング支援


ブランドは約束です。「こうありたい」思いと、「どんな風に見えるか?」を設計。長く愛されるブランドづくりを支援します。


●情報発信支援


インターネット上の情報発信支援、ガイドラインづくり支援。ホームページ、ブログ、ソーシャルメディア、オウンドメディア、プレスリリース  メディアをバラバラに使っていませんか?  感情を動かすメディアの流れをつくりましょう。


●印刷メディア・コミュニケーションデザイン パンフレット、カタログ、DM、リーフレット、名刺、社内報 などなど


●社外片腕・前田めぐるへのお問い合わせは HPから


●ほかにもブログがあります。


→  ワークライフバランス・バリュー化支援のブログ


→ 「ほどよい敬語」敬語のブログ 


●Facebook


→ Facebookページ https://www.facebook.com/megumaga/


→ 個人ページ https://www.facebook.com/meguru.maeda


●Twitterは→ 前田めぐる

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019年04月19日 06時00分00秒

信頼しあえるパートナーシップをどう育むか?

テーマ:京都コラボレーション キョートコラボ

今日は、パートナーシップをどう育むか?

について。

 

 

「前田さんは顔が広いですね」と言われます。

そりゃあ、30年も仕事をしているので

何かを進める時に必要な情報を少しは持っているかもしれませんが

人並み以上に顔が広いとは思いません。

 

むしろ、ライフイベントがあるたびに

スクラップ&ビルドのような感じでやってきたので

人よりも顔が狭い(なんて変な言い方)。

 

しかも、私にはこんなふうにめんどくさい↓考え方があり

https://ameblo.jp/hasso365/entry-12454140064.html

もしかしたら、ビジネスのスピードを鈍らせているかもしれない

とさえ思います。

 

それでもやはり人に対しても情報に対しても

誠実でありたい

 

パートナーシップとは、お互いに頼り頼られる関係性。

依存せずに、信頼する。

相手のキャリアとスキルに対して、敬意も費用(←ココ大事)払う。

 

「この人と、この会社と、一緒に仕事していけたらいいなあ」

そう思えるような人とは

ていねいにやり取りを重ねたい。

 

たとえば、初めて出会った人、知り合ってまもない人に

私は、うかつな頼みごとをしないし、できません。

 

つながったばかりの人に

「これをメルマガで紹介して〜」とか

いきなり頼めません。

 

なんとなくですが、基本のところで

「頼みごとは最低3回会ってから」

というマイルールがあるんです。

 

もちろん、

遠方で会うことができない場合

「善は急げ」のような緊急の場合

初対面でもご依頼できるような、まれな相性の場合

キャンペーンで、前のめりにご紹介くださる場合

そんな例外的なケースがないとはいえません。

けれど通常の仕事では、じっくり知り合ってからがいいなあ。

 

自分を伝えて理解してもらう前に

まず、こちらも相手をちゃんと知る。

一方的に、したいこと、やりたいことを伝えるのではなくて

相手の関心に合っているか、相手のスキルと合致するかも大事。

 

今は、 SNSやブログがあります。

しっかり読んで

どんな仕事をしている人か

どんな考え方の人か

依頼するなら、どんな条件か。

わからなければ、見積もりも依頼する。

 

一定のやりとりがあって

それなりの信頼感を積み重ねるような関係性があって

初めて

頼んだり、頼まれたりがあると思う。 

 

それとは別で

「この時、司会をしてくれないかなあ」とか

「ちょっと手伝ってほしいなあ」とか

「あの人に聞いたら教えてくれるかなあ」とか

その人に頼りたい場合のこと。

 

そういうことを頼めるような関係性は、そう多くはありません。

 

むやみやたらと人脈を増やすのは意味がない。

1000人も2000人もは、無理です。

多分、5人ぐらいいれば万々歳では?

めちゃくちゃ多くっても、30人ぐらいが限度ではないでしょうか。

 

自分もその人を頼りにしていて

その人からも頼られる。

頼られたら全面的に応えたいと思えるような。

 

令和の足音もすぐそこ。

新しい時代は、間違いなくコミュニケーション元年となるでしょう。

 

今これを読んでいるあなたが、本物のパートナーシップを育まれることを

また、私自身もそうありたいと心から願っています。

 

【補足】

あ、これは、もちろん、講演や研修の依頼とは別の話ですよ。

研修や講座なら、

「HPを見て」「本を読んで」などされて

初めてのご依頼があることも多いです。

それはそれで、ありがたいと思っています。

 

■ポイント

頼みごとは最低3回会ってから。

または、オンラインでしばらく対話を重ねてから。

自分の言いたいこと、やりたいことを押し付けるのではなく、お互いの理解が大切。

 

 

↓このブログの更新をチェック!

前田めぐるの LINE@


https://goo.gl/DHWdDL

フリーランス30年の経験値でご相談に応じます。
副業したい、独立したい、起業したい、フリーランスで働きたい。
何から始めるか。どこに行きたいか。どんな順番で学べばいいか。
ひとりで考えてもわからないことが明快になります。
 

↓個人向けご相談はこちらで

https://goo.gl/DHWdDL

 

●元賀状プロジェクト

改元だもの。ちゃっかり、おもしろいコト、たくらもう。

https://www.maedameguru.com/gengajou.html/

 

 

●新刊好評発売中!

 

   

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)を10倍活用するページ

 

Value Promotion 前田めぐる

2019年04月18日 09時57分28秒

シェアもひとつの情報発信

テーマ:情報発信・SNS活用と文章術

フェイスブックは便利だけれど、大事な情報もどんどん埋もれていってしまいます。


私はよくいい人みたいに言われるけどそんなことはなくって、基本的には「課題の分離」が得意なタイプです。
 
でも、
 
・役立つ情報をしっかりまとめている方
・自分の仕事をがんばっている方……
 
記事を読んで、その想いに触れてしまうと、少しでも、一人でも多くの方に知ってもらえたらなって思うんです。

多分、同じ働く人として、共感するからなんでしょうね。
ささやかな、けれど万感の思いをこめて
「この情報はきっと誰かの役にたつ」と思ってシェアします。
 


つまり、シェアという行為は自分が共感したり、発見があったり、それをさらに誰かに知ってもらいたいからするわけであって、
 
シェアも一つの「情報発信」。
 
それを「いいね!」と思って、見たり聞いたり買ったりする方もいると思うと、何でもかんでもパパッとはシェアしたりはできません。
「あれ?」と少しでも違和感や疑問を思ったら、たとえ親しい方の記事であっても、一次情報を確かめたりします。
 
たとえば、こんな感じで
https://ameblo.jp/hasso365/entry-12454140064.html 
 
人間だから完璧とはいかないけれど、ね。

 

■ポイント
シェアもひとつの情報発信。いいと思っても、自分なりに確かめてから。

 

↓個人向けご相談はこちらで

https://goo.gl/DHWdDL

 

↓このブログの更新をチェック!

前田めぐるの LINE@

 

●元賀状プロジェクト

改元だもの。ちゃっかり、おもしろいコト、たくらもう。

https://www.maedameguru.com/gengajou.html/

 

 

●新刊好評発売中!

 

   

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)を10倍活用するページ

 

Value Promotion 前田めぐる

2019年04月14日 06時00分00秒

情報の出処を確かめる

テーマ:危機管理広報

 

「H.N.T.」で情報の本質を知る

これ、体に良さそう。

これ、あの人に教えてあげよう。

これ、Twitterで広めよう。

 

情報化時代には、あっという間に情報が拡散します。

テレビや新聞だけでなく、SNSやブログなどのソーシャルメディアもそれに一役。

 

書くことは、平等に与えられた権利なので

有名評論家でなくても、誰でも持論を展開することができます。

 

共感してくれたら嬉しいし、役に立てたら誇らしいですよね。

 

私がいつも気をつけたいと考えているのは

発信する前の一呼吸。

 

『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術』 (青春文庫)の

 

N:「なぜ?」と疑問を持ち

H:「本当に?」と深堀りし、

T:「多面的に」眺める

これを大事にしています。

 

 

258ページでも書いています。

 

 

情報の出処(しゅっしょ)を確かめる

特に、「本当に?」と疑問を持った時には

・検索する

・出処(しゅっしょ)を調べる

これを大事にしています。

 

たとえば、

Twitterでリツイートが流れてきた。

共感した、あるいは疑問を持った。

だから、自分の考えを書こうと思った。

 

そんな場合でも、すぐに自分の考えを書いてしまうと

憶測に過ぎないとうことがあるかもしれません。

 

憶測に過ぎないことを書いてしまって

誰かがそれをリツイートしたり、シェアしたりすると

思わぬところで迷惑をかけないとも限りません。

 

先日ある飲食店での不適切な動画で

あたかもその店であるかのように特定しかねないツイートがありましたね。

店を間違えて特定してしまったことで

全く関係ない店に被害が及んでしまいました。

こういうことは読者や関係者に迷惑をかけるだけでなく、損害賠償も問われかねないのです。

 

他にも、

役に立てばとシェアした記事が、詐欺広告だということもあり得ます。

 

だからこそ、慎重に。

肯定する場合でも、批判する場合でも、です。

 

1・リツイートの元になった記事をさかのぼり、最初の出処を知る

2・言葉や画像で検索して詳しく知り、熟慮を重ねる

 

特に、「情報の出処」は大事です。

Twitterでのネタもとが、本当の出処ではない場合もよくあります。

その記事の中に、写真や記事の出処が書かれていないか確かめてみてください。

 

出処の記事にたどり着いたからといって、安心できません。

「情報のポータルサイト」と書かれていても、会社概要がいい加減だったり

署名があっても、プロフィールがない、匿名に近い、どこの誰かわからない人だったり。

サイト自体が、ネット上の記事を集めているだけのこともあります。

 

また、検索しても最上位の記事がネタ元とは限りません。

人気ブログはどうしても影響が大きくなるので、上位に表示されますが、その影響の大きな記事が必ずしも出処とは限りません。

だから、少なくとも、ヒットした1、2ページは目を通します。

それによって、本当の出処がわかることは意外に多いからです。

 

場合によっては、紙の媒体も読みます。

必ず、こうした作業を経てから書くようにしています。

 

特に専門家として発信している人には

「この人の記事は必読」と思ってブックマークしているファンも多いでしょう。

だからこそ、責任感を意識したいですね。

 

■ポイント

興味深いネタを見つけて、持論を展開する場合でも

「かもしれない」「ではなかろうか」ではなく

・ネタの元になった記事や、その出処を調べてから書く

・言葉や画像で検索したり(場合によっては、ネット以外でも調べるなどして)熟慮を重ねる

 

 

フリーランス30年の経験値でご相談に応じます。
副業したい、独立したい、起業したい、フリーランスで働きたい。
何から始めるか。どこに行きたいか。どんな順番で学べばいいか。
ひとりで考えてもわからないことが明快になります。
https://goo.gl/DHWdDL ↓個人向けご相談はこちらで

https://goo.gl/DHWdDL

 

↓このブログの更新をチェック!

前田めぐるの LINE@

 

●新刊好評発売中!

 

   

この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)を10倍活用するページ

 

Value Promotion 前田めぐる

2019年04月11日 19時39分55秒

靴のはき間違いを防ぐ工夫

テーマ:発想のネタ・販促のヒント
靴を間違わないよう気をつけてください」という張り紙は、
お店や病院でよくあります。

「間違えないように」と注意喚起するのは簡単。
でもそうは言っても、わざと間違える人はほとんどいません。
間違うときは間違うものです。
(傘はね、いるとおもいますよ。わざと間違える人)

そこで、です。
注意喚起だけでなく
「間違わない工夫を提供」できれば、さらにいいと思うのです。

これは、ある小さな病院の玄関でのこと。
高齢の患者さんが多い、地域の診療所です。



手描きのイラストを洗濯バサミにつけて
心のこもったメッセージ。

クールではないかもしれませんが、
手作りのぬくもりが伝わり、患者さんはほっとできますね。

いい病院だなあと思いました。

注意喚起に終わらず、実際にそうできるような一工夫、
考えてみませんか?


-------------------------


 


↓このブログの更新をチェック!


前田めぐるの LINE@



 


●元賀状プロジェクト


改元だもの。ちゃっかり、おもしろいコト、たくらもう。


https://www.maedameguru.com/gengajou.html/


 



 


●新刊好評発売中!


 


   


この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術 (青春文庫)を10倍活用するページ


 


Value Promotion 前田めぐる


2019年04月11日 08時36分02秒

パンテーンの広告を見て思ったこと〜新しい時代で企業が考えたいこと

テーマ:発想のネタ・販促のヒント

先日駅でパンテーンの広告「#この髪どうしてダメですか」を見て

https://pantene.jp/ja-jp/brandexperience/school-hair

(↑上記画像は、パンテーンサイトより)

 

地毛証明書なんてあるんだ、とびっくりしていたら

朝のTV番組「スッキリ」でも髪型に関する問題をちょうどとりあげていた。

 

(画像は↑日本テレビ「スッキリ」の画面から)

 

コメンテーターの大部分は「髪型は自由でいい」と答えていたし

私も同感。

多様性の時代だから、ほんとどうでもいい。

基本的に校則は「人に迷惑をかけない」ことに限定するだけでいい。

規律規律というけれど、要は管理しやすくしたいだけの話なんじゃないかな。

親の側から言わせてもらうと、もっと取り組むべき問題があると思う。

 

特に髪の色にいたっては、身体的素因もある。

もともと色素が薄い人もいるし、縮毛の人もいる。

それを黒く染めなさい、まっすぐに伸ばしなさい

(ストレートパーマはだめだけど、アイロンでならいいから伸ばしなさい)

という指導もあるそうだ。

 

今まで学校の中だけで語られていた問題が

こうやって表に出て、社会の声を喚起する。

良い傾向だと思う。

(さらに本音を言うと、子どもたちが声をあげてほしいけどね)

 

冒頭に挙げた企業の広告も一役買ったのかもしれない。

 

同時に、広告も変わったな、と思った。

 

これまでは、物を売るための広告が主だったが

これからは、思い、考え方、思想をつたえるための広告が増えるだろう。

 

「私たちはこう考えている」と

目の前の問題に誠実に取り組む企業が支持されるだろう。

広報的な広告というべきか。

 

いま、広告と広報は、それぞれの距離をはっきりと縮めつつある。

 

企業は、常に問われている。

時代に、社会に、地域に問われている。

「あなたは、どんな考えを持っていますか」と。

 

SNSが、企業と人を対等にしたからだ。

販促ツールではなく、コミュニケーションツールである SNSでは

あくまで企業も「一人の人」として見られ始めている。

 

それはもはやマーケティングを超えたところにあるのだけれど

もしかしたら、多くの経営者がいまだ気づいていないことかもしれない。

 

商品もサービスも大事。

でも、「社会の中でどんな役割を果たすか」はもっと大切だということ。

 

それを考えるために

企業という大きな枠組みで考えるのではなく

そこに属するひとりひとりが自分ごととして考えることから始まるということ。

 

一人の人として丁寧に生活する。

日々の生活の中で

自分の周りにいる人や地域の声を聞いて、見て、考える。

 

新しい時代を企業としてどう生きるか。

その答えは、一見なんでもないような、そういう当たり前の生活の中にきっと見つかる。

 

■ポイント

新しい時代を企業としてどう生きるか。

その答えは、自分の周りにいる人や地域の声を聞いて、見て、考える━━当たり前の生活の中にきっと見つかる。

 

 

 

Value Promotion 前田めぐる

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ