8年経った家の表情

テーマ:

西日本豪雨により被災された皆さまへ

心よりお見舞い申し上げます。
皆さまの安全と一日も早い復旧を

心よりお祈り申し上げます。

 

――――――――――――――――――――

 

雑誌「優しい木の住まい」の

取材がありました!

 

今回の取材先は

築8年のM様邸です。

 

 

うんざりするほどの快晴です(^^;)

 

 

玄関周りに植栽があり、

 

 

玄関に水槽があるので、

緑と水の音で涼やかです。

 

 

玄関の洗い出しもきれいなままです。

 

伺った際、奥様は

お庭の畑の手入れをされていました。

 

お家に入ってみると、

玄関特有の靴の匂いや

湿気を感じません。

 

 

あれ、玄関明るい・・・

 

天井の障子は

照明ではなくトップライトです。

 

玄関には窓がありませんが、

十分な明るさです。

 

 

玄関引き戸には

目隠しの暖簾を突っ張り棒で

設置されていました。

 

開けていても中が見えません。

 

 

さりげなく置いてある小物がかわいいです。

 

 

直階段の途中に

踊り場を設けたパターンです。

 

 

ダイニングの天井に何か付いていました。

ワイヤレスでテレビの音や

音楽プレーヤーの音が飛ばせる

スピーカーとのこと。

 

「これで音楽聞きながら

掃除したんですよ~」とのこと。

 

お話し中もBGMが流れて

まるでカフェのようでした(^^)

 

 

築8年ということもあり、

片付けて頂くのは

大変だったかと思います。

 

でもそれでも、

新築とは違う、

8年暮らしてみて

ご家族がどのように過ごされているか

家がどのように変化したかを

今回取材させて頂くことができて、

本当に参考になりました。

 

 

掃出し窓の外にグリーンカーテン

 

 

お庭には様々な野菜、

植物が植わっていました。

 

 

帰り際に、これは何だろうと

まじまじ見ていると、

この実で作ったジャムを頂きました。

(ブラックベリーでしょうか・・・?)

 

 

M様ご家族の皆様、

本当にありがとうございました。

 

今後ともよろしくお願い致します。

青と緑

テーマ:

西日本豪雨により被災された皆さまへ

心よりお見舞い申し上げます。
皆さまの安全と一日も早い復旧を

心よりお祈り申し上げます。



ーーーーーーーーーーーー





青い空、
緑の芝生、
麦わら帽子の川上。


芝生は定期的に刈って短くしないと
下まで光が届かず、
茶色になってしまうそうです。
(というかちょっと茶色になっていますね)


こんもり


表は雑草がすごいので、
放置しておくと田んぼみたいになっています。


アプローチの竜のひげが
もりもりしている。

西日本豪雨により被災された皆さまへ

心よりお見舞い申し上げます。
皆さまの安全と一日も早い復旧を

心よりお祈り申し上げます。

 

――――――――――――――――――

 

昨日は、

「勝木の家」の上棟でした。

 

 

朝からこの日差しです。

 

 

まずは柱を立てていきます。

 

 

とんとん

 

 

 

「上棟」じょうとう

「棟上」むねあげ

「建前」たてまえ

「柱立て」はしらだて

 

など、色んな呼び方をして

お客様は混乱されるかもしれませんが、

お家の骨組みを組み立てて、

屋根のてっぺんの材料「棟木」むなぎを

上げるので、

「上棟」と言います。

 

 

 

柱がぎっしり

 

 

次に外周の横にかける材料を

かけていきます。

 

 

レッカーを使って持ち上げます。

 

 

外周が終わったら、今度は内部の

横にかける木をかけていきます。

 

 

 

 

2階の床組が完成したら

水平、垂直を確認して

 

 

床を貼っていきます~

この板、軽そうに見えますが、

重いです・・・

そして畳の大きさなので

持ちにくいです。

 

それを持ってひょいひょいと

歩く大工さん・・・

 

 

床に敷いていき、

がっつり釘打ちします。

 

 

そして2階の柱を立てて・・・

(途中略)

 

 

棟上げ完了です!

朝8:00から始めて、

11時過ぎにはこの状態です。

 

あっという間に

お家の形になりました♪

 

 

雨が上がって

一気に暑くなりました。

 

大工さんの

熱中症対策も様々です。

 

 

ヘルメットに布を付けて

首元に直射日光が当たらないようにしたり、

服に扇風機が付いていて

送風して熱気がこもらないようにしたり、

皆さん工夫されています。

 

休憩外でも水分を

取るようにしたりしましたが、

みんな真っ赤で汗だくです。


 

なんかもう・・・

体の表面ちょっと溶けたかもしれない。

今年の木工教室は

お盆明けの8月19日(日)です!

 

昨年はリモコンホルダー付きの

ティッシュケースを作りました。

 

 

参加された方、

使って頂いていますでしょうか??

 

 

その前は小さなイスを作ったり

 

 

 

その前は飾り棚を作ったり

 

 

その前は小さな踏み台、

プランター、

鳥の巣箱など。

 

 

どうせ作るなら

すぐ飽きるものじゃなくて、

長~くさりげな~くお家で

使ってもらえるものがいいな~と

毎年悩んでいます。

 

今年もそろそろ考えなくては・・・

何にしようかな~

夏の朝の恐怖

リビングやダイニングなど、

家族が集まる場所は

南側に配置することが多いです。

なので、水廻りは北側に配置されます。

 

では、その他の居室である

寝室や子供室はどうでしょうか?

 


お客様とお打合せをしていると、

ご家族によって

色んな意見があるな〜と思います( ^^)人(^^ )

 


「子供室は明るい南向きにしてあげたい」

「明るい方が勉強する」

「寝室は寝るだけだから日中は暗くてよい」


この場合、寝室は子供室に追いやられて

北側などに配置されます。

 


一方、

「子供室は暗い方が集中して勉強する」

「早く出ていってもらいたいから

個室の居心地を悪くする」

「勉強はリビングでさせるから

子供室はどこでもよい」

「寝室から直接バルコニーに出たい」

 

この場合、子供室は北側、

寝室は南側や東側に配置されますね。

 

 


 

東側の部屋は

①夏の朝は暑い

②夏の朝は5時くらいに目が覚める

③必然的に早起きができる

 

北側の部屋は

①冬は窓が結露しがち

②冬は寝るとき寒い

③夏の朝、夜が涼しい

④休みの日に朝寝坊ができる

 

 



暑がりな私個人の意見としては…

寝室は北向きに1票(。・∀・)ノ

 

結露や寒さに関しては窓の性能を上げる、

インナーサッシを付ける、

外に雨戸を付けるなどすれば

改善されます。

 

朝の明るさも、

北向きでも十分な光は入ってきます。

 



それよりも何よりも…


夏の朝日が恐怖(´・д・`=´・д・`)ィヤィヤ

 

 


子供室を東向きや南向きにすることによって

子供が朝寝坊せずに

自発的に起きてくるようになるし、

バルコニーが隣接していれば

自分でひょいっと

布団を干すようになるかもしれない。

 


いつか子供たちが出ていって

南向きの部屋が空くようであれば

夫婦が部屋替えしてもいいし、

洗濯物干しスペースにしてもいい。

 

 



「子供に良い場所を」

という考えではなく、

「子供が自発的に」

を促してあげることができればいいと思う。

 

 

 ただ、これは、

暑がりな私個人の意見です( ´艸`)





皆様のお家では

ご家族がどのように過ごされていますか?