橋本顕公式ブログ
写真の活動はこちら
『gekichap』
https://gekichap.com

橋本スケジュール
8/3-11
「人狼 TLPT
エディンバラ fringe公演」GM
http://7th-castle.com/jinrou/perform.php?en01

8/31-9/2
「ロードス島戦記 WAR→P」出演
http://7th-castle.com/war-p/lodoss/

9/9
「人狼TLPT X ブレフェス2018」出演
http://7th-castle.com/jinrou/perform.php?x011
  • 26Mar
    • 人狼TLPT間も無く開幕!!皆さんに相談。明日から始まるこちらの公演なんだけど、...

      View this post on Instagram 人狼TLPT 間も無く開幕!! 皆さんに相談。 明日から始まるこちらの公演なんだけど、 4/1から私の出番が始まります。 実は4/1が記念すべき私の100stでして。 まだまだお席がありそうです!! 活躍できるかはわからないけれども、是非現地で!! 現地で応援してほしい!! 皆さんのお越しをお待ちしております。 詳しくはこちら↓ http://7th-castle.com/jinrou/ #人狼TLPT #橋本顕 #jinroutlpt #俳優 #人狼ゲーム #ウォルター #japanese #桶 #水汲み Ken Hashimotoさん(@m.akea.ne.ffort.ken)がシェアした投稿 - 2019年Mar月26日am6時27分PDT

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 25Mar
  • 24Mar
    • 檸檬稽古も残すところあと1日。少し今日も試したことがあった。影響を与えられてるとい...

      View this post on Instagram 檸檬 稽古も残すところあと1日。 少し今日も試したことがあった。 影響を与えられてるといいけど。 ------------------------------- 〆切非常事態旗揚げ15周年記念作品 Project 〆KIRI #8「檸檬」 2019年3/28(木)~3/31(日) 得体の知れない不吉な塊。 忘れもしない高校二年生のあの日 テレビからこぼれる声、悲鳴、怒声、二機目の飛行機、世界が止まった。 あれから10年、僕が出会ったぼくと彼女。 それぞれの10年と、未来。 悲しくても、先が見えなくても、先がなくても、僕らは進まなきゃいけない。 そんな記憶の断片を紡ぐ物語。 脚本:天野順一朗 演出:佐藤優次 振付:中村萌 【キャスト】 石岡遼士 長尾真奈美 橋本顕 柴田茉莉 ZiZi(平熱43度) 関麻衣(株式会社CESエンタテインメント) 三小田昌充 山岸拓生(拙者ムニエル) 【公演スケジュール】 3月28日(木)14:00/19:00 3月29日(金)14:00/19:00 3月30日(土)13:00/18:00 3月31日(日)12:00/16:00 ※受付開始、開場は30分前 【チケット価格】 前売り 3,800円 ペア割(前売りのみ)7,000円 当日 4,000円 ※全席自由席 ※精算は当日、受付にてお願いいたします 【会場】 北池袋・新生館シアター 東京都豊島区池袋本町1-37-8中村ビル2F ※東武東上線・北池袋駅より徒歩1分 【チケット予約】 https://www.quartet-online.net/ticket/lemon?m=0kjccgf Ken Hashimotoさん(@m.akea.ne.ffort.ken)がシェアした投稿 - 2019年Mar月24日am5時43分PDT

      テーマ:
  • 22Mar
  • 20Mar
  • 18Mar
  • 17Mar
  • 16Mar
  • 27Feb
    • 最終決定権がどこにあるか

      事務所選び、ならびにお仕事のやり方についてです。先日のブログでも書きましたが、信用が一番大事です。https://ameblo.jp/hashimoto-ken/entry-12442189290.htmlこの信用を勝ち取っていく上で、自分の仕事の最終決定権がどこにあるかがとても重要になってきます。お仕事が来た時に、やるかやらないかは誰が決めてますか?あなたですか?それなら良いと思います。もしそれが事務所のマネージャーや、社長だった場合は危険だと思った方がいいと思います。それはなぜか?信用を勝ち取っていくことが難しいからです。事務所に所属しているとよくあるのが、事務所がやれと言ったからやっている仕事、もしくはオーディションというものがあると思います。それはあなたが本当にやりたい仕事ではありません。また、やらされてる仕事である以上モチベーションが高いわけありません。そんな仕事をこなしていて、お客様の信頼を勝ち得れるでしょうか?一時的には人気が出ていいかもしれません。ですが、30代になった時に、あなたに財産が残っているでしょうか?ファンがいてくれるでしょうか?疑問が残りますよね?ギャランティも知らなければ、台本も読んだことない作品にどういうモチベーションで臨みますか?仕事だからSNSでお客様に来て欲しいと訴えられますか?それは普通の精神だったら難しいと思います。もちろん業界の先輩である社長やマネージャーと相談できるなら別です。相談しながら仕事について決めるならいいでしょう。ですが、絶対的に向こうが決めるのであれば、少し考えた方がいいでしょう。その人がこちらに興味がなくなったら終わります。あなたに力がついてなくて終わります。とにかく信頼できる人と二人三脚が一番良いと思います。これからの時代のエンタメ業界で生き残るには、とにかくセルフプロデュースです。自分もやれることをやっていきます!!

      5
      テーマ:
  • 26Feb
    • これからの時代の就職

      30歳を超えてくると、周りでも役者を辞める人が結構います。役者を辞める理由は様々です。もうしんどくなった結婚する子供ができた大半の理由はこの3つでしょうか?役者を辞めること自体は全然否定しません。役者をやることだけが人生じゃないし、違う夢が出来る場合もあるので、全然否定しません。ただ、辞めた後にもし普通に就職する気であるのならば、それは危険だなと思います。これからはAIにより、職業が変化していきます。大半の仕事は人間ではなく、機械がやる時代になるでしょう。そんな時代に、普通に就職することが果たして良い方向なのか?という疑問です。せっかくエンターテイメントの世界にいたのだから、それを活かして起業するなり、仕事に就くのであれば良いと思います。もしくは、将来的にヴィジョンがあれば。ただ、目の前のお金の為に就職するのは危険だということです。就職したところで、その職業がなくなる危険性があるからです。今の時代って、本当にキツイ時代だと思う。高度経済成長期はとっくに終わり、日本の人口は減り続けるばかり。人口が減るということは、国としての経済的な回復は見込めない。日本銀行はマイナス金利ただ定年まで働いて、銀行に預けておけば利子がついて、将来年金で暮らせる時代ではなくなってしまったんです。個人が資産をきちんと持ち、ひとつの肩書にとらわれず、能力を上げていかないとダメな時代になってます。でも。やっぱり共演者とか、同じ事務所だった人とか、同じ業界の人には、思い入れがあります。その人には不幸になってほしくないし、後悔してほしくない。よくそんなことを言うと偽善だとか言われるけど、本当にそう思ってる。そんな思いを込めて。

      テーマ:
  • 23Feb
    • 面白いといえる作品に出続けること

      どの仕事でもそうですが、「信用」これが一番結果に繋がります。役者でいう信用とは、プロデューサーや、演出家、監督からの信用が一番フューチャーされがちですが、食っていきたいなら、お客様からの信用これが一番大事です。具体的に言うと、面白いと思ってもらえる作品に出続けること。これがとても大事です。つまるところ役者のギャランティは集客力で決まります。集客力はお客様に何人来てもらえるか、何回来てもらえるかによって決まります。それはつまり、面白い作品でないとお客様は来てくれなくなるのです。顔が格好良い、スタイルが良い、お芝居が上手いもちろん全部大事だし、武器にすべきです。ですが、出る作品が面白くない。こんな役者だったらどうでしょう?応援したいですか?なんのために役者をやってますか?作品を見て面白いと言ってもらいたいですよね?自分のお芝居を見てほしいんですか?自分が格好良い瞬間を見てほしいんですか?違いますよね?面白い作品を見てほしいんですよね?そしたら、面白い作品に出続けなきゃダメです。「あの人が出る作品は面白いから、今回もきっと大丈夫」そう思ってもらえなきゃダメです。そういう信用を積み重ねていかなければダメです。自分自身も「今回あんまりだなぁ」と思ってたら、声をかけにくいし、宣伝しにくくないですか?それはお客様にも伝わります。なので、最近は絶対的に信用している主催者からのお仕事。そうでない場合、必ず台本を読んでからオファーのお返事をするようにしています。確かにオファーきたら嬉しい!!わかる!!受けたくなる!なんでもかんでもうけたくなる!!でも一度考えてください。それが自分自身のブランディングになることを。バイトをやめよう!役者で食っていこう!!

      5
      テーマ:
  • 21Feb
    • SNS禁止の危険性

      よく聞く話なのですが、事務所さんによっては、TwitterやLINEなどのSNS使用禁止としているところがあります。これにはSNSへの誤解や偏見、なにか問題があった時や、事前のリスクヘッジの為という目的があるようですが。非常に危険です!!なぜかというと。理由は簡単。時代に逆行しすぎているからです!!今このブログを読んでいるあなたも、主な情報収集源はSNSですよね?そうなんです。SNSをやっていない俳優、タレントには、ファンがつきにくいのです。そして、ファンが仮についたとしてもそのファンが情報を得られない為に、定着しにくいのです。そりゃそうでしょう!あ。この人格好良い!!ちょっとTwitter見てみよっと。あれ?Twitterやってないんだ?じゃあ面倒くさいし、いっかー。そんなもんでしょ!?そこから各事務所のHP探して、わざわざファンになる人います?いないですよね?そうです。そこで興味が削がれてしまいます。今や完全にSNSから情報を取得する人がマジョリティです。それを情報が流出したら嫌だからとか、管理できなくなるから嫌だとか、そんな理由で禁止にしていたら、絶対にファンがつきません。事務所が絶対にファンをつけてくれて、絶対に売ってくれるならいいですけど、完全に今はセルフプロデュースの時代です。個人が目立っていかなければ、売れていきません。テレビではよく見るタレントに、ファンが意外とついていないのは、この構造があるからです。その事務所があなたが売れようが売れまいが、あなたの人生を責任持って面倒見てくれるのなら別ですが。そして、理由を聞いてみると、「何かあったら嫌だから」「SNSのやり方がよくわからないから」「決まりだから」というのが理由の大半です。まるで学校の校則のようですね。特に理由もなく旧態依然であるか、もしくは調べもせずにリスクを恐れる。売れずにくすぶってる人をかかえてたり、売れない人にかけるコストの方がリスクだと思いますが。とにかく!現状そういう事務所に所属されてる方は、マネージャーさんにご自身の活動の一環として、相談してみることをお勧めします!!極論、それを受け入れられなかったら、その事務所は辞めましょう!!ちなみに、SNSが現代における皆様の情報収集源であることは、昨年行いました写真展「役者100人展」(総来場者数2128名)で証明済みです。主にTwitterで各役者に拡散してもらったのみです。紙媒体に印刷等は一切していません。もう誰かにおんぶに抱っこで売れる時代じゃなくなってる。自身で勝ち上がっていくしかない時代なんだ。

      5
      テーマ:
  • 19Feb
    • 【永遠の一秒 埼玉公演2019】

      埼玉芸術劇場!!橋本自身初めての戦争物!Wキャストだけど、名前が一番上にあるということは??そういうことです!!絶対見に来てください!自身のブログでも書いてますが、絶対に面白くなると確信できる作品にしか出演してません。今回は初めて出演する作品ですが、台本を読んで出演を決めました。いつも本気だけど、今回はもっと本気!!本気で来て欲しい作品です!!―――「第27回 池袋演劇祭」優秀賞受賞作品・演劇【永遠の一秒 埼玉公演2019】―――埼玉県文化振興事業の一環  埼玉演劇界の登竜門に!!後援 : 埼玉県・さいたま市・蓮田市・三原観光協会・テレビ埼玉・Nack5・埼玉新聞社・埼玉県物産観光協会■演目:舞台【永遠の一秒 埼玉公演2019】          ■日時:平成31年5月2日(木)~5月6日(日)       5/2~5/5 14:00~/19:00~       5/6のみ  13:00~/17:00~※受付開始は各公演時間の60分前、開場は30分前からとなります。■場所 : 彩の国さいたま芸術劇場・小ホール     (埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1)■主催 : 株式会社アルコグランデ【ストーリー】1945年(昭和20年)春――。海軍大尉、大宮英機・石井義貴・細野十郎は、三人乗りの陸上爆撃機『銀河』に乗り組み、米艦船目指して宮崎基地を飛び立った。怪我をした戦友、原口千里を一人残して。払暁の空――三人を乗せた特攻機『銀河』が、「サヨナラ、サヨナラ」と発光信号を送り続けながら離陸する。原口はそんな機を見上げ、「戻って来い!」と叫んだ。『銀河』が南の空へ消えていく――。そして迎える最期の瞬間――。三人は、「新生日本!万歳!」と叫び、その21年というあまりに短い生涯を終えた……はずだった!【見どころ】「戦争もの」の舞台というと、悲惨で苦しく悲しいだけの物語・・・・・・と思われがちですが、本作品では、特攻隊の「生き残り」となった「原口」が住む現世に、当時の戦友がタイムスリップしてしまうことで、戦時中の若者と現代社会のギャップを喜劇的に描いており、くすりと笑える楽しい場面がたくさんあります。「戦争」や「その時代の人々」を軽んじる事なく、むしろ喜劇的な場面を取り入れる事で「最初と最後のメッセージが浮き彫り」になる・・・・・そんな、幅広い年齢層の方々の「心」に響く作品となっています。≪脚本・演出≫    畠山 貴憲(インヘリット)≪プロデューサー≫  木原 真弓≪アシスタントプロデューサー≫ 森田 桂介【キャスト】●星組●髙木 聡一朗中嶋 尊望若本 諒平橋詰 高志渡辺 英雄SATOCO小笠原 茉由牧野 美千子柳田 京香小坂 広夢岡田 ヒロシ・「星組」公演日/開演時間  5月2日(木)19:00~  5月3日(金)14:00~  5月4日(土)19:00~  5月5日(日)14:00~  5月6日(月)17:00~●風組●橋本 顕井上 将宏倉持 一輝鈴木 太一高橋 ゐさを末吉 恵美榛名 美桜堂坂 更夜香市川 明莉大島 輝幸美早紀・「風組」公演日/開演時間  5月2日(木)14:00~  5月3日(金)19:00~  5月4日(土)14:00~  5月5日(日)19:00~  5月6日(月)13:00~■チケット販売開始 3月1日(金)AM10:00~ ●前売り :自由席4500円(当日4800円)       指定席6000円(一部を除きオンラインでの前売りのみ、数量限定) ●店頭販売:「コバトンカフェ」さいたま市浦和区高砂3-13-3 衛生会館1階(県庁敷地内)【定休日:火曜日】「埼玉県物産観光館 そぴあ」さいたま市大宮区桜木町1-7-5ソニックシティビル2階【定休日:日曜日・祝日】「彩の国さいたま芸術劇場」さいたま市中央区上峰3-15-1【休館日:要確認】       ※販売期間3/1~4/26迄 ●手売り :キャストイベント時の直接販売       ※販売期間3/1~4/30迄 ●車いす席は各公演6席分ございます。メール( eien@arco-g.com )でご連絡ください。■チケット予約フォーム後日、発表します。■場所彩の国さいたま芸術劇場・小ホール  (埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1)◯JR埼京線与野本町駅(西口)徒歩7分■お問い合わせ主催 :株式会社アルコグランデ ・木原真弓eien@arco-g.com [県庁前営業所]〒330-0063さいたま市浦和区高砂4-3-11 浦和マンション201TEL 048-711-1337FAX 048-789-7896

      5
      テーマ:
  • 16Feb
  • 09Feb
    • model:Mio Kobayashi#model#portrait #contr...

      View this post on Instagram model:Mio Kobayashi #model #portrait #contrast #actor #japanese #女優 #影 #コントラスト #ポートレート #pentax #k_30 #東京カメラ部 #instagood #モデル Ken Hashimotoさん(@m.akea.ne.ffort.ken)がシェアした投稿 - 2019年Feb月8日am9時06分PST

      3
      テーマ:
  • 25Jan
  • 24Jan
  • 23Jan
  • 01Jan
  • 10Dec
    • 「でも」「だって」を使うやつに仕事はこない

      随分久しぶりになってしまいました。前々から思ってたことだし、これはきっと役者に限らずなことだと思いますが「でも」「だって」が言葉の頭にくる人には、絶対に仕事がきませんね。先日撮影現場で、ある女性がいまして、とにかく収入がもう少し欲しいと。今の仕事だけだと限界あるから、何か手段ないですかね?みたいな話をされたので、私はその人の半生がとても面白いものだったので、ブログとか、インスタにそれをストーリーにして載せたらどうですか?というアドバイスをしました。そしたら、「え、でもー私、文とか書けません」なるほど、でたでたと思いました。笑そしたら、横にいたイラストレーターの方が、「インスタとか、イラスト載せると結構見られて面白いんじゃないですか?」「え、でも私○○さんみたいに絵上手くないので」この時点で、「あ、この人本気じゃないんだな。別に今の人生から何も変わらなくても、一生文句言って人生過ごすタイプの人だな」と判断できたので、私は軽く話を流し始めましたが。○○さんは優しいので「イラストなんて上手くなくても大丈夫ですよ!とにかく面白いことが伝われば!」と優しくフォロー「だって、上手くない絵なんて見たいですか?」と返してきたので、心の中で「いや、知らねーよ」とツッコミましたが、笑「まぁねー。」と言って流しました。こういう人結構います!!なかなか業界が長くなってくると知り合いも増えるので、キャスティングをしてる人だったり、出演者を探している役者と知り合いになったり、そんなことがとても多くなります。そうすると、私のところにも、「こんな役者を探しているんだけど、誰かいい人いないか?」みたいな話がきたりします。例えばその時に頭に浮かぶのはどんな人ですか?普段から「でも」とか「だって」とかやらない言い訳ばかりを考えて実際に行動には移さない人ですか?それとも、「やります!」とか「いつですか!?この日なら空いてます」とか、即行動に移してくれる人ですか?キャスティングするなら、絶対に後者!!そんなものは明白です。今まで出会っても、「でも」「だって」を使っている人は、結局辞めていってます。仕事がこないですから。たぶん芸能だけでなく、クリエイティブな仕事はきっとできないでしょうね。言い訳が先に来てしまうから。仕事がこないなーと思ってる方は、まずはそこらへんから気をつけてみるのもいいんじゃないでしょうか?ポジティブ!!!バイト辞めよー!

      6
      テーマ:

プロフィール

橋本顕のプロフィール

橋本顕

性別:
男性
誕生日:
1986年9月17日
血液型:
A型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
橋本顕と申します。 俳優・モデル・時々カメラマン 中高保健体育の教員免許持ってます。 学生時代は...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ