ネット上の一つの意見として | すぱイしー ているず

すぱイしー ているず

支倉凍砂の日常と、とりとめもない思考を書き記すブログ。


テーマ:
いつもブログをご覧になっていただきありがとうございます。
本日は、一つお伝えしたいことがあり、記事をポストさせていただきました。

ネット上において、私が徒党を組んで橋本紡氏を匿名で誹謗中傷していた、という話が出回っています。
ネット上の噂は現実のものと同様、時が経てば自然消滅するし、事実無根であればなおのことだと思っていましたから、そのように行動してきました。
そのため、匿名掲示板においての書き込みを見てこの件についてツイッターで尋ねてきたファンの方には、「ネット上の情報に右往左往していると、大切なことを見失いますよ。」とお返事いたしました。
特に、今回このような噂が再び持ち上がったきっかけとなった杉井光氏は、自身のブログで自らの行いは一人で完結したものだと記していますし、以前に同じ話が持ち上がった際には、誹謗中傷の被害を受けられたという橋本紡氏が、自身のツイッター上において私(と別の方。当時は杉井光氏も含まれておりました)に関しては誤解であると述べられています。
そのログも残っています。
ですから、この件について調べれば、自ずと判断はできるだろう、と考えていました。

ですが、一晩考え、私の態度はある種の無責任ではないかと思いました。
私は普段からブログやツイッターにおいて、自分の考えや行動を記し、それについて意見や感想をもらい、それに対する返答も(いつもではありませんが)します。
そして、今後も作家としての営業の一つの手段として、どちらもこれまで通りに用いていきたいと思っています。

そのような状況において、ネット上に広まっている噂に対して沈黙を貫きつつも今まで通りに振る舞うのは、ある種不誠実なことなのではないかと思いました。
私がブログやツイッターのような相互に情報をやり取りできるツールを持っているにも関わらず、自身に関わる問題に沈黙することはあらぬ誤解を助長し、また、この件に興味を持った人に対して自力で情報を検索し、まとめ、判断しろ、というのは傲慢なことなのではないかと思いました。

また、ネットの言説の性質上、公平な議論がなされているわけではありません。私はそれでも、冷静な方ならば情報を吟味し、真実を判断できるだろうと、あるいは、偏った論調に対してはおかしな点を指摘できるだろう、と思っていました。
事実そういう方もいらっしゃいますが、情報を集めるにはとても労力が要りますし、ネットに不慣れな方もいらっしゃるという当たり前の事実に気が付きました。
なにより、仮にこの件に興味を持った読者の方が情報を検索して判断しようとする際、その参考にする情報群の中に、当然のこととして「支倉凍砂」というパーソナリティーの発した情報も含まれる、また、含まれるべきなのだと私はようやく気が付きました。
そういう意味で、私は作家というパーソナリティーで公にメッセージを発信することについて、理解が甘かったのかもしれません。
その点についてはお詫びいたします。

上記のような前置きが長くなりましたが、


私、支倉凍砂は、橋本紡氏に対して、徒党を組むか組まないかに関わらず、ネット上で匿名で誹謗中傷などをおこなったり、その扇動をしたことはありません。


以上のことを完全に証明する手立ては、残念ながらありません。
現状の私に確実にできることは、ここで私の行いを主張することだけです。
ただ、ネット上の情報のつなぎ合わせ方に対して、私の主張とは異なる考えを持つ方もいらっしゃるかと思います。それは悲しいことですが、私はやっていないと主張する以上の証拠を提出できるわけではないので、諦めるほかありません。
また、私はこの記事で、私に疑念を抱くすべての方の考えを翻そうとは思っておりません。
この件に興味を持ち、検索してここにたどり着いた方の判断の一助となるため、また、そうすることがブログやツイッターという情報発信機能を使用している者の務めだと思い、この記事をポストいたしました。
ご理解いただけたらと願うばかりです。

長文にお付き合いありがとうございました。


                 支倉凍砂

hasekura2さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス