1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年02月22日(木)

平成30年第1回定例会(7)

テーマ:ブログ

 提出済みの主意通告書です。

 

 

 

 何か心配でお問い合わせをいただいておりますが、上記だけです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年02月20日(火)

平成30年第1回定例会が開会しました(3)

テーマ:ブログ

 申し添えますが、戯言ですよ、ざ・れ・ご・と。

 

 先例・申し合わせ

 187 議場での服装について

 本会議・委員会の出席者は、議会の品位を損なわない範囲で、上着・ネクタイの着用は自由とする。

 

 ただしこれをどう解釈するかは、その議員個々の「人間力」でしょうね。(笑)。

 

 さて別件。これまたお問い合わせを連続していただいたものですので書きましょう。

 

 船橋市には専決処分は存在しませんよ

 (上記をクリックしてください。)

 

 ってまじっすか?って立て続けに聞かれたんです。

 

 その通りだよ。と。まず、臨時会は1日あれば開会できるようになりました。前例ができましたからね~。

 

 それに言われている条例改正案は、これまた前例があるわけですよ。改正遡求可という前例をこれまた作ったんだから。

 

 何が専決処分でなければならないのかと。あり得ないでしょうね。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年02月20日(火)

平成30年第1回定例会が開会しました(2)

テーマ:ブログ

 さて昨日より、定例会が始まりました。ブログを書きましたら、何を書いているかわからないというお叱りを頂戴いたしました。

 

 奥歯に物の挟まったような書き方するなと。

 

 じゃあ、書きます。

 

 昨日の定例会開会日にお着物で議場に入場なさった議員さんが複数いらしたのです。

 

 なんでかな?ってことです。

 

 で、そのお召しになっているお着物が、お着物をお召しになる方々の「自由」でしょ。という考え方の方。

 

 私は、お着物というのは、日本古来の伝統で、その価値や意義を世界的にも認められている我が国の誇るべき事柄であり、日本固有の文化だと思っています。

 

 ここでいう文化とは、その格式、由緒などから始まって、先人の知恵と工夫をはじめとして、様々なことがいっぱい詰まっており、日本人として誇るべきものでもあります。

 

 前回も書きましたが、私が大変お世話になった森喜朗元総理も和装振興議員連盟会長として、長年にわたり「和装」の振興にご尽力をされ、いまでも伝統文化の継承として、「和装」を重んじていらっしいます。

 

 お地元には、加賀友禅など素晴らしい高度な芸術品とも言えるものがありますから大切になさることにもうなづけます。

 

 ですから、ご一緒させていただく際にも、伝統文化芸術に関するお話はよく聞かせていただいた記憶があります。

 

 だからこそ、前回記述したように国会における「和装」は、意味意義のあるものなのですが、うちはなに?そういうものの関連産業でもあるんかい?って話です。

 

 無いよなあ~。旧正月だからじゃないですか?っていう人がいましたが、あ~そういうこと?中国かい?この国は?って。(笑)。

 

 でね、百歩譲って、お着物の議場入場は結構ですが、まさに「格」の話になった時、それは違うんじゃね~か?って「格」と思われるんです。

 

 最も村田一郎議長の時の議員新年会で、振袖着てきちゃった方ですから、着物の格やTPOもやんちゃなのかもしれません。

 

 お着物に詳しい方にお伺いしたら、「紬」「絣」は、議会のようなところにお召しになるものではないとのこと。

 

 どんなに高価な紬であっても格TPOともに違いますよ~。まあ簡単に申し上げますと、ルイ・ヴィトンのジーンズってお高いですわよね。でもだからと言って国会議員さんが、それをおはきになって、国会に登庁なさるようなものだとイメージなさってよろしいのではないでしょうかね。

 

 まあ、なんて申し上げるのかしら、ルイ・ヴィトンの歴史や価値もわからない「成金さん」かしらねえ~。と。

 

 また、お召しの素材もねえ~。っておっしゃって絶句なさいました。議会でしょ?議会なんでしょ?と繰り返しながら。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年02月19日(月)

平成30年第1回定例会が開会しました

テーマ:ブログ

 さて本日より、定例会が始まりました。

 

 昨年もそうだったのですが、結構カジュアルな格好で開会日に臨むことが流行りだしたのでしょうか?

 

 まあ、服装の規定が緩和されている船橋市議会ですから、自由ですが、なんとなくジーンズでお越しいただいている様な感じでした。

 

 国会においては常会が始まるのが1月(正月)であること。

 

 天皇陛下ご臨席のもと、開会式が行われること。

 

 和装振興議員連盟所属超党派の議員が、和装の常識を理解した上で、和装で出席しメディアに報道されること。

 

 などによって知られていますが、2月のただ単なる船橋市議会ですから、カジュアルお着物でお越しに違和感がありませんが、なんで最近2年だか3年はお着物なんだろうと思っています。

 

 私の拙い知識では、着物の格と種類があること。

 

 帯の格と種類があること。

 

 着物のTPOがあること。は最低限押さえておいた上で、それらに見合った振る舞い、仕草、言葉使いとでもいうんでしょうかね。

 

 前述した様に、服装規定が緩和されていますから、とやかくは言いませんが、日本の伝統文化のなかでも重さのあるものが、「和装」だと思います。

 

 更に言えば「議場」というところは先輩たちから言われ続けている限りの話で言えば、その議場の「位置付け」「格式」からして、なんか違和感のある「格式」だった様な気がするなあ~って思いでした。

 

 そうそう、私が議長の時に、オーデンセ市の副市長をお迎えした時の、現議長のお着物は帯も含めて国際プロトコールにも合致したものだったと思います。

 

 そうそう着こなしもね。着付けも大事だと思うなあ。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年02月18日(日)

船橋市立船橋高等学校を考える(9)

テーマ:船橋市史関連

 さて、ちょっと時間がかかりましたが、市立船橋高校設置にかかるまでの書類が出てきました。順次アップします。

 

 まずはこれです。なるべく原文のままにしていますが、一部旧字体でパソコンにて再現できないものもあります。

 

陳情書

 船橋市が東京都と一連の市街地により隣接する衛生都市として各般に亘り一大飛躍の時に際し市の行財政に於いても教育行政に於いても非常な御辛苦を重ねられ市政の発展とわれわれ住民の福祉増進のため日夜御奮闘下さっております事衷心より感謝申し上げます。

 然し併らこれと同時に私共中学校の父兄にとりましては遂年の人口の増加と高校進学志望者の激増のためその大半の第一志望校公立高等学校への入学が甚だ狭き門の現状を呈してゐることにつきましては憂慮に堪えないものがあります。殊に当市に於きましては県内でも他校区に比較して最も困難であります当路者に於かれましても御承知の事と存じます。

 尚之が障壁のため義務教育に専念致さねばならぬ中学校教育が本来の道から外れている現状で著しくゆがめられる事が余儀なくされてゐる生徒父兄教師の心労苦痛は年々増加する許りであります。

 人口十二万擁する船橋市に県立一校では正に戦前の態勢で中卒者の五割以上が進学する現状では当然甚しく不備と言はざるを得ないと存じます。

 市といたしましても市政並びに教育施設に万全の措置を講ぜられ御配慮の事ではございますが更に次代の船橋市を担う第二の国民養成のため昭和三十二年度に備え市立高等学校を新設下さる様学区民PTAといたしまして強く要望する次第でございます。

 何とぞ大船橋市発展の遠大なる構想の上に立たれて、われわれの真情を御考慮下さる様切に御願い申し上げます。

昭和三十一年度六月二十五日

市立葛飾中学校PTA

会長 峯川佐吉

外四名連署

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース