デジタル庁を訪問し、河野太郎デジタル担当大臣にお会いいたしました。

参議院地方創生デジタル特別委員長として、先日能登半島に入り、デジタルの観点で災害対応支援状況に関して現場を回らせていただきましたが、災害現場におけるデジタルの活用について河野大臣にご報告、デジタル庁幹部も交えて意見交換いたしました。特に災害の現場においては、その状況に合わせて対応できるアプリが必要という声があり、テックフォース(緊急災害対策派遣隊)(デジタルフォース)として、現場の状況に機敏に対応できるアプリの技術を持ったプロフェッショナルな人材の派遣が必要であることを大臣にお伝えし、様々意見交換させていただきました。

 

今朝は、早朝日課のジョギングをして、明治神宮を参拝し、今年初めての「ウグイス」第一声を聞きました。まだうまく「ホーホケキョ」とは鳴けてない鳥でしたが、春の訪れを告げる鳴き声のようでした。

東京は昨日とは打って変わって寒い一日ですが、育てているミモザがほぼ満開になりました。

近くではジンチョウゲの花も咲き始め、雨模様にもかかわらず街中に春の香りが漂いはじめたところです。

 

上川町から佐藤町長がご来訪されました。佐藤町長とは地域の長年の課題であった層雲峡地区の廃屋撤去に係る件についてお手伝いさせて頂き、整備計画として環境整備が進められることになりました。現在四期目で、任期満了を迎える4月をもって引退されるとのことで、御挨拶にお越しくださいました。また、札幌市中央卸売市場経営展望推進委員会 カネシメ高橋水産高橋社長はじめ皆様でお越しくださいました。皆様とは、札幌中央卸売市場の機能強化を通して、ホタテの輸出を始めとする北海道の農水産物の海外への販路拡大、販売戦略について取り組んで参りました。現在の状況について様々意見交換させていただきました。