iPod Classic SSD換装 | hase813のブログ

hase813のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

長年使っていた iPod Classicからカラカラと異音がするようになり、iTunesでの同期時にもディスクエラーを返すことが頻繁に。いよいよハードディスクの寿命だと観念して、Appleサイトを調べてみると、まさかの保証修理対象外であることが判明。

  

同容量120GBのiPod touchは音楽を聞くだけなのに、カメラがついていたりしてサイズも価格もやたら大きいので除外。他メーカーを探してもディスク容量が100GBを超えるものはほとんどなく、かといってこれまで全く整理もせずに溜め込んでいる曲を一から整理する作業は考えるだけでも面倒なので、手元のiPod Classic のディスクを自分で交換することにしました。

残念ながら中身の1.8inchハードディスクの新品は入手困難なので、いま流行り?のSSDに置換することにしました。 

 

iPod  Classicは1.8inchのハードディスクをZIF接続しているらしいので、一般的なSSDの接続仕様mSATAからZIFへの変換アダプターを介する方法がよいだろうと調査を開始。  

  

さっそくAmazon様を調べてみると、変換アダプターがしっかりありました!  

サイズ的にもiPodに格納できそうなので即購入。

  

mSATA SSD→ZIF/CE変換アダプター PA6007 \1,550

 

 

あとは、本命のSSDの確保。   

Transcend SSD 128GB mSATA3 6Gb/s  \7,480  (\9,201 が19%OFF)

 

秋葉原に出て行かなくてもほんの30分ほどで必要な部品をしかも格安で揃えることができました。便利。(*^^*) 

 

翌日には、Amazon様より注文した部品が届き、作業開始。  

 

以前から聞いていましたが、iPod Classicがなかなか開かない。

専用工具とともにiPodと格闘すること1時間以上。。。

 

あ、iPod開腹の専用工具は1本だけだとはまず無理です。2本使いながら徐々に隙間を大きくしていく必要があるのでケチらず2本買いましょう。

 

なんとかiPodオープン+指の負傷2か所。 

iPodのなかってほとんどハードディスクが占有していて、基盤部分は意外とガラガラなんですね。

水色のシールが貼ってあるのが今回交換するハードディスク。MADE IN CHINAな東芝製。下のケーブルを引き抜いて外します。

さっそく、変換アダプターとSSDを合体させ、iPod Classicと接続。電源を入れてみる。。。 

ん!?

物理的につながっても認識しない!

ケーブルの向きか?いや、認識しない。。。なぜ!?  

 

いろいろWebで調査したところ、iPod Classicには第6世代と第6.5世代の2段階があり、私のは第6.5世代120GBのMB562J/A というモデル。この世代の違いが致命的でした。   

多くのWebサイトででているこの変換アダブターとの組み合わせは第6世代のみだけで有効な組み合わせで私の6.5世代では物理的な接続はできても認識できないとのことがわかりました。(遅)   

   

さらに海外のサイトを調べてみるとどうやら6.5世代ではThe iFlash iPod Adapters というアダブターが有効そう。   

   

iFlash-Sata $40.00  

https://www.iflash.xyz/store/iFlash-Sata/   

とりあえず、藁をもつかむ思いでiFlash Sataというアダブターを$40で購入。  

海外便なので待つこと10日。(2/3に注文して2/13に到着) 

郵便ポストに届いていました。  

アダプター本体はこんな感じ。 

失敗して購入した変換アダプターの2倍くらいの大きさがあります。 

 

iFlash-SataアダプターとSSDを合体させ、 

 

iPod Classicと接続。 
接続して気づいたのですが、このアダプターの形、しっかりiPod の空間にマッチしてグラグラしないように設計されてるのね。 
無事にぴったり収まりました。すごい。 

 

ケーブルを接続して電源オン! 

今度は無事に認識してiTunesでも初期画面が現れてくれました。やれやれ。  

 

調査不足によるアダプターの買い間違いはあったものの、延べの交換作業2時間と部品コスト\13,000ちょっとでiPod Classic SSD換装ができました。  

SSD化してからの感想ですが、 
(良い点) 
・ハードディスクとるのでiPodがものすごく軽くなります。 

・iTunesとの同期処理も体感でわかるくらい速くなります。 

・SSDなので運転中の振動など全く気にならなくなります。 
・新しいiPod買うより圧倒的に安いです。 

 

(良くない点) 

・推奨されない改造なのでアップル様から今後一切相手にされません。 

・同期時のバッテリー消費が激しいです。(バッテリー劣化のせいかも) 
・バッテリー交換も一緒にやっておけばよかったです。 

知識ゼロからですがWebからの情報だけでできちゃいました。  

自分でやってみてよかった。  

 

大満足の巻。  

 

 

 

 

hase813さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス