早いもので2月も終わり。今週は走らないので今月の仕上がりはこのような感じに。


右足の腸脛靭帯炎は日常生活では痛みが無いが、左足首は歩きでも違和感があるため、Atuさんが教えてくれたケアを重点的に実施している。

痛いのはこのあたりだ。


Atuさんのおかげで痛みが引いてきている。このケアは故障が治っても継続しようと思う。Atuさん、ありがとうございました照れ

さて、私がエントリーしているレースで開催可否が決まっていないのは佐倉とチャレ富士だが、ここ数日の国内の動きやIOC委員の発言からすると開催は厳しいと思っている。現に4月と5月のレースで中止が出始めている。

ということで、10月末まではレース予定がないため、練習は継続しつつ、趣味の登山も楽しんでいこうと思う。行きたい山は数多くあるが、基本的に単独のため自ずと通い慣れた地元の南アルプス北部に足を運ぶことが多い。ただ、今はせっかく単身赴任で静岡にいるため、未踏の南アルプス南部にも行ってみたい。

以前も記事に載せたが、白峰三山の前衛である鳳凰三山は登山初心者にオススメのプチアルプスだ。花崗岩の砂浜を独り占めした稜線歩きは極上の一言。

薬師岳から観音岳

観音岳から薬師岳

北岳(2位)、間ノ岳(3位)、農鳥岳(15位)の白峰三山を西に見ながら地蔵岳に向かう。


地蔵岳のオベリスク。


一度登ったが、下りるときに震えた。


そんな鳳凰から眺める白峰三山。やはり登った方が楽しい。山に登ると自分が抱えている悩みがいかにちっぽけか分かる。

北岳山頂からの間ノ岳。デカい。


間ノ岳に向かう途中で振り返った北岳。
デカさが伝わらないくらいデカい。


ロードだけでなくトレイルも楽しむお仲間と一緒に行きたいと毎年思っているが、なかなか実現しない。今年こそは…。鷹さん、トシ姉、さとるっちさん、まっさん、それからそれから…。


今年も10月末は水戸黄門漫遊マラソンにてシーズンインする予定だが、その2週間前のハセツネに出場して過去の自分を超えてみたい気持ちがある。山谷さんの8時間14分に2時間15分を足したサブ10.5くらいか…(山谷さんやはり凄い)。6月1日午前10時まで悩み、一瞬で終わるクリック合戦に参加するか決めたい。

ということで今年はロード一辺倒ではなく、久しぶりにトレイルも取り入れて強くなっていきたい。