ハルタケのブログ

ハルタケのブログ

ブログの説明を入力します。

Takemmy Awards!

SIAM SHADE VI


欧米にはドリームシアターという超絶技巧の音楽集団がいますが、正に和製ドリームシアターはこの方達。SIAM SHADEです。

よくバンドにありがちな、ギターは上手いけどドラムはイマイチとか。
ベースはノリ良いのに、ボーカルが下手とか。

いやいや。
このバンドは全員、音楽超絶技巧集団です。

僕の青春時期には、このバンドの存在がありました。


よくこっち系を知らない方でも、るろ剣の主題歌の1/3の純情な感情は知ってる人は多いと思います。

この方達ほど、シングル曲で憶測してはいけないバンドですね。

ぜひアルバムを聴いて欲しい。

でも、どのアルバムを聴けばいいの?って言われたらこのアルバムを薦めます。


『SIAM SHADE VI』


当時、高校生の僕は色んな音楽のコピーをしていましたが、このバンドは手をつけませんでした。

というより。
手をつけれませんでした。

何故なら…
難し過ぎてコピー出来ないから。

そーゆー意味では、コピーバンドが多かったLUNA SEAはよく出来てます。
高校生がコピーしても気持ちいいフレーズや、フィルが随所にあります。
(勿論、LUNA SEA側はバンドキッズがコピーし易いようにわざとそーゆー音にしていると思います。後キーボードもそこまでいらないので、バンドサウンドでコピー出来るのも理由の1つ。)

なので、当時コピーバンドにLUNA SEAが多いのは絶対的にそーゆー意味だと思います。

同時期にコピー合戦になった、ラルクやGLAYはキーボードがどーしても必要になります。

ラルクのHONEYが世論的に代表曲なのは、売上枚数よりもラルクには珍しくキーボードもなく、バンドサウンドでコピー出来る曲からだと個人的に思ってます。

ただ演奏していての気持ちよさと、客観的に聴いてみるのとでは全く異なるのを味わうのもLUNA SEAの醍醐味です。
LUNA SEAも難しい事を平然とやっていますが、そう見せないので、奥がかなり深い。

話が戻って。このSIAM SHADE。
もっと一筋縄ではいかない。

このバンドをコピーするなら、その地区全体のスーパーギタリスト、スーパーベーシスト、スーパードラマー。
そしてカリスマ性とハイトーンボイス&爆音に負けない声量と音程を持つボーカリストが必要なわけです。

偶然、1学校の軽音部の生徒にその方達が全員居るわけもなく、皆さん演奏を諦めてしまうわけですね。


少なからず僕の周りにSIAM SHADEのコピーをして納得する演奏をしたバンドは皆無でした。

1/3の純情な感情だけ、知ってる方達。
良い曲だし、俺も好きでカラオケでも歌います。

ただね…
その曲だけでは、この人達の魅力は1/3もわかってないですよ。

このアルバムには、ほぼ一曲丸々タッピングで弾くギターや、変拍子ばかりの曲、Wボーカルの曲など。
良くここまで多彩に詰め込んだと思います。

是非、興味があったらこのアルバムSIAM SHADE VIを聴いてみてください!

んじゃまた!