す べ て の
コ ト バ に 
 が あ る 。

 

コトバ家 吉井春樹(ってこんな人?)です。

コピーライター、クリエイティブディレクターを経て、

写真詩集を出版。詩人、エッセイスト、などの傍ら、

コトバの自己表現トレーニングの「コトトレ」主宰。

 

わないコトバ」「さしいコトバ」「されコトバ」の

自己表現、コミュニケーション、アサーションをテーマに、

コトバを心地よく書く・話す・伝える&読む・聞く・受けとる、

そのための考えや視点やコツを伝えたり、サポートをしています。
 

おすすめ ▶︎ 「やさしいコトバのはじめ方」へ

 

 

「書く大義名分」

 

いろいろな方とやりとりを

 

させてもらうことがあります。

 

そして、いろいろな人は、

 

いろいろな理由があって

 

いろいろなコトバを生み出します。

 

 

 

「新しいパソコンを買ったから」

 

「つづけてた仕事を辞めたから」

 

「勢いでブログを開設したから」

 

「映画をみて感動したから」

 

「離婚した」

 

「コロナが流行ったから」

 

 

 

これらのあとに続くのは、

 

「ふしあわせになった」

 

かもしれないし

 

「しあわせになった」

 

かもしれないし

 

「やる気がなくなった」

 

かもしれないし

 

「やる気がみなぎった」

 

かもしれません。

 

 

 

前もって

 

おこる出来事は

 

それによって

 

未来が決まるわけじゃなくて。

 

 

起きた出来事を

 

どのようにジブンにとって

 

都合のいい方へと生かすか、ですもの。

 

 

 

試験に落ちても、

 

パソコンが壊れても、

 

パートナーと喧嘩しても、

 

髪の毛が決まらなくても、

 

大切なのは、

 

そこで○しないこと。

 

 

藤岡弘さんみたく、

 

「、」です。

 

 

 

試験が落ちたから、

 

っていう理由で

 

生まれるコトバがある。

 

 

パソコンが壊れたから、

 

っていう理由で

 

生まれるコトバがある。

 

 

その瞬間は

 

すこし嫌な感じがすることも

 

それをどのように生かすかで

 

生まれてくるコトバがあるのです。

 

 

悲しいことがあったり

 

苦しいことがあったり

 

いやなことがあったり

 

つまらなかったりして

 

ふにゃーっとなることや

 

無気力になることだって

 

あるものかもしれません。

 

 

 

だから、

 

どんな出来事があっても、

 

それを理由に、それを根っこに

 

それを素材に、それを大切に、

 

コトバを生み出してあげてください。

 

 

 

あなたが読んでくれるから

 

コトバを書いてみています。

 

あなたが読んでくれないから

 

コトバを書いているのです。

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------

 コト  記事中にいいコトバをみつけたら、

 ト  コトバハントを!(ルパン気分で)

------------------------------------------------------------------

▶リブログやコメントもらえたら嬉しいです!

 

この記事に共感してもらえたなら

ちょっと興味を持ってもらえたなら
ぜひもうすこし深く、近く、
コトバを磨いて、深めて、愛でてみませんか。

 
  記事を気にいってくれたら、ぜひ登録を!



▶︎シンプルなコトバの愛情表現のきほん
4つの愛されことば 4日間講座」