心理学&コミュニケーション学・晴香葉子

心理学&コミュニケーション学・晴香葉子

~自分の歩幅でコツコツ努力~
『小さなことに落ち込まないこころの使い方』(青春文庫) 著者
作家/心理学者≪執筆/講演/メディア監修・出演/著書多数≫


晴香葉子(ハルカヨウコ)  専門 : 心理学・コミュニケーション学 + 博物館



 


晴香葉子 はるかようこ (作家・心理学者)


東京都出身。文学修士。学芸員資格取得。早稲田大学オープンカレッジ心理学講座講師。企業での就労経験を経て心理学の道へ。研究を続けながら一人一人の幸せにつながり、広がる、心理学について、様々な角度から情報を提供。執筆、講演、監修などの活動を続けている。メディアでの心理解説実績、著書多数。近著『人生には、こうして奇跡が起きる』(青春出版社)。



メディア監修・解説実績 『金曜イチから』(NHK総合)『ごごナマ』(NHK総合)『Rの法則』(NHK Eテレ)『オトナヘノベル』(NHK Eテレ) 『スタジオパークからこんにちは』(NHK総合) 『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日)『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 』(テレビ朝日)『あさチャン』(TBS) 『スッキリ!!』(日本テレビ)『みんなのニュース』(フジテレビ) 『ナカイの窓』(日本テレビ) 『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京) 『20世紀美術の巨匠ルネ・マグリットの摩訶不思議な世界』(BS-TBS) 他、100番組を超えるテレビ番組で監修・解説実績がある。



ご依頼⇒こちら



主な著作・寄稿



             


NEW !
テーマ:

エンタメの「今」がわかる「クランクイン!」にインタビュー記事が掲載になりました。 

 

「犯罪ドラマに女性がハマる理由とは?」

 

クランクイン!

https://www.crank-in.net/interview/58279

(文:清水久美子さん/撮影:高野広美さん)

 

FBIの最強プロファイラー・チームが凶悪事件に挑む犯罪捜査サスペンスドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』。

 

全米ではこの秋からシーズン14に突入する超ロングヒット番組です。

 

女性ファンも非常に多く、観ると「スッキリする」「よく寝られる」という、意外な感想も寄せられているそうです。

 

ホラー映画をはじめ恐い映画やドラマは、男性は一人で観る人も多いのですが、女性は誰かと一緒に観る傾向があります。

 

『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』は、私の周りでも「一人で観てる」女性ファンが多数。

 

そこで、シーズン1は全て、その他のシリーズも何話か観直してみたところ、確かに女性も惹きつけられる要素が満載でした。

 

ぜひ、読んでみてください。

https://www.crank-in.net/interview/58279

 

 

~ドラマは8月20日より放送開始~

ドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』のシーズン1は、8月20日(月)より放送開始になります。

全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)

毎週月曜日から水曜日22:00~22:54

 

私はコンピュータを駆使するテクニカル分析官、ペネロープ・ガルシアが特に好きで、

彼女のユーモアやファッションも毎回楽しみにしています。

 

ちょっと話は逸れますが、心理学検定には「犯罪心理」の領域もあります(私も合格しています)。

 

検定合格を目指して勉強中の人であれば、

「あ、これは、地理的プロファイリングのことだな?」など、

ちっと違った見方ができて、勉強へのモチベーションも上がるかもしれません。

 

ブログにアクセスしてくださって、ありがとうございます。

 

素敵な週末をお過ごしくださいニコ

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス