園長面接

テーマ:

来年の4月から幼稚園に通うプウ子。

 

先日、幼稚園の入園面接がありました。

(※面接といってもお受験をして入る幼稚園ではなく、願書提出の先着順で受け入れてくれる近所の幼稚園)

 

 

 

前日の夜、お風呂で一応練習しておくことに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂の壁にペタッと貼るおもちゃを一枚おでこに貼ってもらい、何のキャラクターかを当てる遊び。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大盛り上がり。

 

 

そして翌日…

 

 

AM 8:30

入園願書を提出するために早朝から幼稚園に並んでくれたマイケル。その後仕事へ。

 

 

 

面接ではまず、物の名前や色や形が言えるかどうかのテストをされ、その後に園長先生による親子面接。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供への質問中は、決して出しゃばってはいけません。

我が子を信じて優しく穏やかに見守るようにうっすらと微笑みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいぞいいぞ。いい調子だぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うふふ。おままごとかな?お絵描きかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか嫌な予感…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掘り下げる園長先生。

 

 

 

 

 

いや、踊ってはないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして園長先生は不思議そうな顔で私が書いた願書をじっと見つめ…

 

 

 

 

 

 

一言。

 

 

 

何が?何がなるほど?

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら園長先生は「大阪人=おでこにおもちゃをくっつっけて裸で踊る」というイメージをお持ちのご様子。

 

大阪人の名誉のためにもそこは全力で否定しなければと思ったのですが…

 

 

 

 

 

 

いまいち聞いてもらえず…

 

 

 

 

 

誤解は解けませんでした。

 

大阪の皆様ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?まさかのタモリさん…?

 

 

 

 

 

 

 

 

何はともあれ 4月から楽しい幼稚園生活が始まりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

1ヶ月以上ぶりの更新です。

家族が一人づつ順番に体調を崩したり、周富徳の真似をしすぎてうっかり手首を痛めたり、立て続けの学校行事、幼稚園準備、長女の中学入学に向けての部屋の模様替え…何となく落ち着かない日々を過ごしていました。

更新できないでいる間、心配してコメントやメッセージをくれた方々どうもありがとうございます。私は元気です。

これからまたマイペースに更新していきます。

 

 

 

 

 

書籍発売中です☆

 

 

 

 

ESSE12月・1月合併号で、以前書いた「すっぽん小町」の記事を紹介して頂きました。

すっぽん小町毎日かかさず飲んでます☆