{8BF65C57-7CA7-469D-9F7E-4FDC567D621C}

監督
スティーブン・スピルバーグ

キャスト
メリル・ストリープ
トム・ハンクス
サラ・ポールソン
ボブ・オデンカーク
トレイシー・レッツ
マシュー・リス
ブラッドリー・ウィットフォード
ブルース・グリーンウッド


{A8C15C47-7720-4AF9-9FE4-32B36162F042}



1971年、ベトナム戦争の長期化により、
反戦の気運が高まっていた。

ある日、ニューヨークタイムズ紙は
国防総省が作成したベトナム戦争に関する膨大な機密文書の一部をスクープ。

ワシントンポスト社も同じく、
この機密文書のコピーを入手。


政府は情報漏洩だとして、
ニュヨークタイムズ社に差止めを求め控訴する中、
ワシントンポスト社では
記事掲載に対して意見が対立。

経営と報道の狭間で
社主のキャサリン・グラハムは掲載するか否か決断を迫られる。


{3BEF4C9E-5A55-4CB2-B37E-1597E667CA3F}


意外や意外‼︎

普通の専業主婦だったのに
夫の死により、
思いもしなかった『社主・発行人』になった女性(ケイ)を軸に描かれた作品。

メリル演じるケイは
経営を揺がしかねない大スクープの掲載の決断を迫られるんです。
その葛藤は大変なもの。

トム演じる編集主幹のベンが
グイグイと引っ張るだけの男っぽいモノかと。
いい意味で裏切られました。 

気品と優しさ溢れる普通の主婦が
社主としてどうするべきなのか。
その姿勢に共感、尊敬せずにはいられません。

ケイの台詞は素晴らしいものばかり。
心に残りました。

歳を重ねて来ると
『目を瞑る』とかそれこそ『忖度』なんかが
まるで常識の様に思えてきたりします。

ふっと襟を正してくれた。
そんな作品でした。