言葉の可能性

テーマ:

前回は秘めるのお話でした。

 

人前で表現することを全くしてこなかった僕が、演奏という機会が与えられ

 

皆様の視線と関心が自分という一点に集中するという体験をする…

 

そこにはすごい力が働きます。

 

増幅されるといってもいいです。

 

自分が普段考えていることが増幅されます。

 

お互いにもっているもの、それをひとつに集めるからすごいエネルギーです。

 

なので、どこで響きあうか

 

何を増幅させたいのか

 

それを意識することができました。

 

コンサートの瞬間だけがコンサートではなくなります。

 

錬金術という言葉がありますが、自分のなかで必要ものだけが残っていく感覚です。

 

コンサートが始まる前の、

 

視線と関心が僕に集まる瞬間

 

そして僕は皆様の、心の中にある

 

人として大切にしたいところを見つめる、ひとりひとりのなかにあるのを感じる

 

だからすこし時間をかけてはじめます。

 

生徒さんも、はじめは

 

皆様の視線と関心が自分に集中するときの、自分のなかで一番をしめている考えが増幅することに

 

とまどうかもしれません

 

けれども、普段の意識の持ち方が変わっていく体験をしていけます。

 

だから、秘めていけます。

 

形の奥

 

もっと、深いところから演奏していけます。

 

 

そして今回は、言葉について。

 

そこに体感があれば、気づきがあれば

 

言葉だけでなく、ニュアンス

 

文章になっていなくても

 

その人が言おうとしていることが

 

「わかります!」

 

ということになります。

 

言葉には無限の可能性があります。

 

あすはみやがわみちこさんとのコラボコンサート。

 

言葉、ハープの音

 

その奥行き

 

自分の深いところで、響く感覚をお楽しみいただけます。

 

そして、ここにきて出てきた京都のご縁

 

3月の30日はジョン・レノンがお忍びで通っていた老舗旅館、亀峰庵でのイベント

 

31日は京都左京区のギャラリーでのイベントがあります。

 

https://www.irishharp.jp/concert/

 

 

本当の安心

テーマ:

「ブログ見ています。」

 

と最近言っていただけまして

 

見てくださる方のために発信する喜び

 

そして、本当はアイリッシュハープを弾いてみたいと思っている方に、少しでも響くように

 

そして、ひとつのことを追求していくと、ベースは同じ

 

何かしら、共鳴していただけたらうれしいと思いながら、

 

それぞれの道を歩むご縁のある皆様へ

 

画面を通して向き合うこの貴重なひととき。

 

 

僕はハープを弾く前は人前で表現することはまったく意識していなくて

 

ちょっと弾けるようになると、「ここで弾いて」

 

と設定されてゆき、はじめはあまりに緊張するので何度かやめようと思ったのですが

 

あるとき「もう何年も忘れていたことを、この音を聞いて思い出しました」と…

 

この言葉をいただいた時に、ただ続けていこうと思ったのでした。

 

 

踊っている人が手を動かすと、ただ見ているだけでも電極で測ると同じところが反応しているそうです。

 

共鳴ですね。

 

僕が、ハープを弾いて幼少期の記憶がよみがえってからは

 

コンサート中に何も言わなくても、「子供の時の感覚がよみがえりました」

 

と言われることが増えました。

 

その後も、大切なことに気が付いて演奏すると

 

コンサート中に言わなくて、同じように共鳴する方が増えるのです。

 

だから信頼して秘めることにしました。

 

極力言わないようにしています。

 

人として、

 

育ちは違っても、考え方は違っても

 

大切にしたいことは同じ

 

僕がそこを秘めていれば、秘すれば…

 

同じものを持っているから、共鳴します。

 

 

かつて、僕は言葉で人と会話ができなくて

 

社会と接点が持てなくて

 

追い詰められて

 

すべての人と、響きあいたいと

 

真剣に祈ったことがありました。

 

コンサートをとおしてその願いが実現してきています。

 

北海道、沖縄

 

そして海外…

 

計画は進行中

 

「みつゆきさんの音楽は、海外の方が広まりますよ」

 

とよく言われていましたが、それもそのようになりそうです。

 

国境をこえても

 

人として、大切にしたいことは同じ

 

3月の23日宝塚の花カフェでは

 

生徒さんとの合奏をお楽しみいただけます。

 

すごい共鳴がおこります。

 

誰の前でも

 

秘すれば…

 

これから生徒さんと全世界の舞台にたっていくことが楽しみです。

 

まだ残席があります。

次々に解き明かされていく

テーマ:

自分の人生は、予測できない。

 

ほとんどの方はそうだと思います。

 

人のことがすごいよくわかる人がいますが、そういう方も自分の人生が予測できるわけではありません。

 

でも、あのときこれを選んだのは、こういうことだったのかと

 

ここにつながるのかと

 

あとで気づいたりします。

 

そうして点と点がつながっていきます。

 

僕のレッスンで、時々皆様からいただく言葉

 

「このことは、こういう意味だったんだとよくわかりました。」

 

レッスンでは、体感をとても大切にしているので

 

本で読んだり、聞いていたことが、体験で腑に落ちるようです。

 

お互いに少しずつ解き明かされていく人生の道のり。

 

先日の3月2日新宿での片岡航也さんとのコラボは、今までしてきたことがつながる一日でした。

 

これは、もう

 

本当に自分の道を、意識して歩んでいきたい方にはできるだけ聞いてほしいです。

 

次回は8月の大阪で開催する予定です。

 

この日に、前からハープを弾いてみたかったという方にもお会いできました。

 

実際に音を聞いていただけて、ハープの可能性を感じていただけたようです。

 

体験レッスンを受けていただくと、意識の使い方、体の使い方の真髄を学べて

 

本で読んだり、聞いてきたことが

 

つながる体験をしていただけます。

 

そして単なる趣味ではなく、一生をかけた探求になります。

 

この現代のなかで、次々と流れていく時間。

 

「本当はもっと大切にしたい!」

 

お互いのその思いを、目の前に

 

こめられるようにしていきたい。

 

僕はハープで

 

ある人は料理だったり

 

現代はスマホで写真を撮る瞬間もですね。

 

写真といえば、ここで宣伝です。

 

遅くなりましたが、インスタグラム始めました。

 

まだまだこれからなのですが、little_healing_irishharpで出しています。

 

写真のおもしろいのが、イベントがおわったあとの集合写真って

 

そこから、すごい

 

いい雰囲気が伝わるんです。

 

やはり、情報

 

写真は単なる2次元の世界ではなく、そのときの情報がはいっているんだと思います。

 

お互いの、そのとき、そのときの

 

かけがえのない

 

大切な瞬間

 

皆様のその瞬間も見させていただくのもとても楽しみにしています。