民間救急ハーネスケアのブログ

病院から病院・入退院・一時帰宅など様々な搬送事例を記録していきたいと思っております。


テーマ:
【鹿児島→大阪へ】
早朝7時に患者様を迎え、当社の搬送車で鹿児島中央駅へ。
今回の行き先は大阪でした。九州新幹線「みずほ」の多目的室を使っての搬送となりました。
{0406B935-5CAB-4F1B-8F9D-9B0F550BFC0C}


患者様は気管切開があり、痰吸引の必要があり、弊社から看護師同行で対応させて頂きました。

両下肢麻痺でベット上では上体を起こした姿勢が安楽との事でしたが、、
新幹線、多目的室の簡易ベットは
「完全にフラット」です。
ギャッジアップ機能はありません。

布団やクッションなどを使い、角度を付ける等の工夫が必要でした。

鹿児島中央駅発車から吸引4回、体位変換を数回行い、約4時間で新大阪到着。
{6BF9D934-8BBA-45D3-BD39-6A66A475C302}
{70BDD2A1-F883-4F5F-B2D5-6E11D5B674E4}


そこから大阪の民間救急車で排泄交換させて頂き、搬送1時間。
鹿児島の病院を出発してから7時間が経っていました。

1番速い移動手段とはいえ、7時間かかりましたが、鹿児島から900km。
長い道のりを経て無事に到着出来て何よりでした。
{2F801D92-255E-4893-B1FE-17E3EC4602A8}

{1CE2C2BC-6889-49CD-8A91-71A687C4A5C4}



もし今回の搬送が、搬送車両を使った場合、ストレッチャーにはリクライニング機能も有り、クッションや器材を常備している為、様々な姿勢変化に直ぐに対応出来ます。
そして衣類着脱や排泄介助等も何時でも可能で、何より、目的地に直行出来るメリットが有ります。

※夕方出発して、就寝時間に合わせて出発すると一晩で大阪まで行くことも可能です。

車両搬送か新幹線か、患者様の状態に合わせて慎重にお選び頂きたいと思います。

●少々の不便を我慢しても、スピードを取るか

●時間は掛かっても楽な姿勢と機動力を選ぶか

ソーシャルワーカー、担当看護師、理学療法士と十分に打ち合わせを行う必要がございます。
また、各駅のエレベーターの奥行きも大切な判断材料になります。

鹿児島中央は、ある程度ギャッジアップ出来る方でないと、まずエレベーターに乗り、ホームに上がる事が出来ません。

博多、新大阪も同じく、病院のエレベーターより奥行きが浅いタイプでした。
やはり、ある程度、背もたれを起こせる患者様でないと厳しいかと思われました。

長距離搬送をお考えの際は、
専門スタッフが対応致しますので、お気軽にご相談ください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。