Harmony with Nature

Harmony with Nature

ブラックタンのトイ・プードルと2.6kgのチビトイ・プードル、
ロングコートチワワに保護ネコが加わり賑やかな我が家♪♪
ワンコとニャンコ、花と緑の世界へようこそ!





NEW !
テーマ:


10月9日

襲われた公園をモカは避けてるので、最近よく近所の神社に行きます。



ここはチイが苦手な子供もボール遊びしてる人もいない安全地帯。



連休の間に、ナナのお腹にシコリと炎症をみつけた。

すべての傷口は回復に向かっているのに、初めてみつけた腫れ。

悪いものでないといいけど・・・と落ち込みました。

連休明けに、早速病院へ連れて行くと、獣医さんから

これは、体内を縫っている糸の端だと教えてもらいました。

知らなかったけど、体内でも何か所か縫っているみたいで、

改めて傷の深さに恐怖を覚えました。

体に吸収される糸だけれど、もし、膿んだりしたら、摘出するそうです。

今月末まで様子み。



10日

散歩中に会う犬を怖がるモカ。

気分転換に車で園芸店まで連れていきました。

ハローウィンのカボチャ芸、モカはカボチャに前足を置いて、一周回ることができます~♪



そして、10月10日は、イブの命日。

生きた13才と同じ歳月が経ちました。。。

御影石でメモリアルプレートを作っていましたが、地震でいろんな物が落ちたので、

落ちたら危ない御影石から、クリスタルの小さなメモリアルプレートにしました。



いつまでも大好きなイブとロナ。

思い出して、急に泣いてしまうのは、ロナの死。

イブの死を乗り越えたのは6年後だからね~・・・。



10月12日

ツルツルしてる白い場所は毛根が死んでいるので毛が生えません・・・。

あともうひといき。 

ピンクの場所が皮膚色になったら、エリザベス服を卒業させたいです。
 


テーマ:


10月になりました!

台風24号におびえましたが、何事もなく過ぎ去ってくれました。

台風の後は、数日晴天の散歩日和♪



犬に会わないよう、時間とコースを選んでます。



10月4日

モカとナナでの散歩時に、進行方向遠方にラブラドールの子犬がみえました。

子犬といえども、もうモカより大きい。

すれ違うのは難しいと思い、マンションの駐車場の死角へ逃げたんですけど。。。

オヤツをあげても食べないぐらい、モカが怖がりパニックになりました。

抱っこしてもバタバタ暴れます。

子犬の方が、多分、こっちに気が付いてないぐらいなのに。

オヤツを食べないほど怖がるのは初めてなので、ショックでした。

後でふりかえると、子犬の装着していた収縮するリードの音が

襲われたあの日の記憶をフラッシュバックさせたのではないかと思います。

あの日、公園に入る前に、モカのリードを紐から収縮リードに付け替えてました。

あくる日に、まだ家に置いていた収縮リードは捨てました。

たぶん、もううちの犬は収縮リードは付けれないと思います。

あの日、血だらけになった手で、チイ・モカ・ナナのリードを触り、カバンを触っていたのでしょう。

血の色が付着していたのは服だけでしたが、あくる日にモカがものすごいニオイをかぐので、

首輪もリードもカバンも、身に付けていたものは、全部洗いました。




10月5日

翌日に控えたシャンプー・カットの予約前に最後の診察です!

もう傷口はふさがってます。

お風呂に入れて、かさぶたが自然に取れても大丈夫とのことでした。

ただ、ちょっと残念だったのが、やはり傷口の白くなってる皮膚からは毛が生えないとのこと。

縫った後はキレイなのですが、穴が開いた場所は毛根が死んでいるようです。



見事な復活!!

トリマーさんもビックリするほとの回復でした。

傷の写真をみて、ほんとうに、治ってよかったね・・・(;-;)と。

私も未だに襲われた時の映像が脳裏に浮かぶと寒気がします。

せっかくトリミングをしたので、エリザベス服から普通のシャツに変えようと持参していましたが、

車の中で、傷口をなめたので、帰ってから再びエリザベス服を着せました。

傷口のピンク色が肌色になるまで保護しとくつもりです。

服の下の毛が薄くなってしまって・・・。

はやく服なしで過ごせたらいいんだけどなぁ!


テーマ:


9月22日

夜、10:30頃、急に後ろ足の左側をなめ始めた。

執拗になめ続け、ヒステリーのようになり、止めたくても止めれない。

なめてないと、部屋を逃げ回る。

肉球や指の間をみても、何もないから、精神的なものか?

なめ続けると炎症するので、抱っこした。

抱っこして、私の部屋で赤ん坊をあやすようにウロウロゆ~らゆら。

ナナの息づかいが落ち着くまで抱っこ。

夜中の1時にやっと下ろして寝かせることができた。

私も立ちながら寝そうになったわ(--)


23(日)

公園でナナが襲われた時、一緒にいた犬友と、話しを聞いて心配してくれていた犬友が

近所の公園まで会いにきてくれた。

久々の再会にナナの反応を心配したけど、ちゃーんと、

知ってる犬と知らない犬の区別をつけている。

吠えることもおびえることもなく、普通に過ごせました。

お見舞いに美味しそうなオヤツをもらったよ!



24日

どんどん傷口が小さくなってる!

病院で包帯を取るたびに驚きを隠せない。

獣医さんに、みんな、こんな感じで回復するのか聞いてみたら、

ナナは標準より早いとおっしゃった。

ナナ、スゴイ~~~!!



25日

襲われてから、1匹づつ散歩に出していたけど、

ナナとチイを一緒に出してみた。

速度がほぼ同じなので、問題なく歩けました。



26日

襲われて手術してから、初めて3匹そろって近所の公園へ!



9月28日

襲われてから22日目。

あんなに大きな穴が開いていたのに・・・。

ここまで回復して、ほんとうに、ほんとうに良かった!


テーマ:


9月15日は、ナナの容体も安定していたので、Pet博へ行き、

栄養ありそうなものを沢山買って帰りました!

メガネクッキー、可愛いでしょう?(^^)


次に傷口の写真が出ます。

見たくない方は他のサイトへ飛んでください。








16日、通院時、獣医さんに、ナナが夜寝てくれない・・・と言うと、

 
「そろそろ大丈夫かな?」 と抜糸してくれたんです!

 
予定では、2週間後に抜糸だったので、3日早い。
 
この日は、夜11時に寝て、2:30am に一度起きたのですが、
 
1時間マッサージしたら、その後は朝まで寝てくれました!



17日(敬老の日)

抜糸したので、ずいぶんリラックスして過ごすようになりました。

糸が引きつって違和感があったんだろうね。

ブラシをした後、エリザベス服を脱がし、包帯服だけに。

(獣医さんが大丈夫だと思うと許可してくれたので)

これがダメだった!!

昼間は普通に過ごしていたのに、夕方6:40ごろ、母が 「なんか落ちてる・・・」 と

私に言ってきたので、拾ってみて 「ヒッーーーーーッッッ!!」 

息を吸い込んで悲鳴ですよ。

なんと、傷口を再生するためのパットを取って、傷口をなめていたんです。

包帯服をめくりあげたんだぁぁぁ。

祝日だったけど、獣医さんの携帯に緊急電話。

ナナの行ってる病院は、ご自宅の1階が病院で、2階に住んでおられます。

事情を話すと、出先から帰った後、対応してくれることに。

獣医さんから連絡がきて、まさに飛んで行きましたよ。

洗浄・軟膏塗り・包帯巻きなおしをしてくれました。

ほんとうに、ほんとうに感謝です。

もうエリザベス服は脱がさない!って思いました。



18日

15分程度の散歩の許可が出た。

ベル鳴らしをしたり、生活のリズムが戻り、夜も寝てくれるように。

ナナは治るんだ!!って安心したのか、体が重く、微熱がでました。



19日

今まで聞いたことがなかったのに、寝ながら吠えてました。

犬に会って怖い目に会った夢でもみたのかなぁ・・・。

車内からも犬をみたら吠えるし、まだまだ怖さが残っています。

今まではよその犬に吠えたことなかったので、悲しい。



20日

9:00am 通院。

傷口の洗浄に通うたびに傷の大が小さくなっており、回復しているのが目に見えて嬉しい。

1つはふさがっていました!

毎日通ったのが1週間。

その次は1日あけて通院が2回、で3日あけてと

だんだん間隔をおいても大丈夫になってきてます。



テーマ:


9月12日。 やっとクローゼットから出てきて寝るようになりました。

お腹を上にして、かなりリラックスしてます!

でも、私が寝る時間になると、寝てくれないんですよね~・・・。

夜、寝てくれない間は、かなり辛かった。



13日、怪我してからはじめてブラシをする。

体中毛玉だらけでした。

特に、脇の下はねぇ~。

次に傷口の写真が出ます。

見たくない方は他のサイトへ飛んでください。







14日。診察台で足が震えながらも気丈に治療を受けるナナ。

傷口は回復に向かっているが、新たにもう一つ穴が開き、

穴が3つになってしまった。

四角いはんぺんみたいなのは、傷口を再生するのを助ける絆創膏です。



もう、膿みは出てないそうで、あきらかに傷口がキレイなのが分かります。

飲み薬も3種類から2種類になりました。



ガーゼを止めるテープをはがす時、痛くて2回鳴いた。

でも、その時だけ。

後は、ずっと笑顔で頑張ってました。

毎回、病院へ行くのが分かってるハズなのに、私の膝に飛び乗り、

進んで診察へ行きました。

後から聞いたのですが、ナナは手術が終わったあくる日に、

獣医さんや看護師さんをみて、シッポを3回ほど振ったそうです。

お尻の傷が痛いだろうに、なんて前向きな子なんだろう。

みんな、驚いてます。



15日。

毛玉やフェルト状の塊ができていて、ブラシをすると取れる。

全体的に薄毛になってしまいました。

夜、相変わらず部屋をウロウロする。

私は睡眠時間2時間でした・・・。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス