ハレルヤおじさんのブログ

ハレルヤおじさんのブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

イエス・キリストのことば  

4つの福音書から学ぶ 「ヨハネの福音書」から。その5

 

「わたしがいのちのパンです。」  (ヨハネ6:35)

        

6:35 イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。

 

 

 イエスは自分をいろいろなものに例えた。神のことば、世の光、神の子等があり代表的なのは「道、真理、命」です。自分がどのようなものかをイメージさせ皆に分らせるためである。羊飼いに例えたこともある。羊はほぼ盲目で歩く速度が遅い。羊飼いが守ってくれなければ安心して生きていくことができない。だから当時のユダヤ人のとって、羊飼いのたとえはイエスは自分達にとり守護神の役割りだ、という理解だ。ここでは自分を「いのちのパン」に例えた。パンは必需品だ。

 

 当時のユダヤ社会は飢えた状態だった。ユダヤ民族の歴史にはエジプトでの奴隷状態から解放したモーセの物語が聖書の中に出エジプト記をはじめ多くの箇所に書かれています。彼が率いた二百万人の民に神がマナという食べ物を天から降らせ、いのちのパンを与えられたことを知っていた。だからイエスのこの例えもよくわかった。他方現在の日本人にこのイエスのたとえが分かるだろうか。飽食の日本、飢蛾と無縁の日本人にはわからないだろう。二千年前のユダヤはおそろしく貧しかった。国民の多くはその日暮らし、食べるものも十分ではなった。

 

 だから「いのちのパン」を求めそれにイエスが応えた。イエスが示したパンはその日だけものではない。「決して飢えることがない」ものだ。そんなパンがあるのだろうか。決してという言葉は永遠ということに結びつく。だとすると永遠に飢えることがないという日本人が経験したことがない味わったことがないものだ。だとすると理解できないが興味はある、イエスは魂の救済だけではなく肉体に必要なものからも目を離さなかった。すぐれてリアリストである。そして例え話の天才でもある。

 

 

イエス・キリストのことば  

4つの福音書から学ぶ 「ヨハネの福音書」から。その4

 

「まことに、まことに、あなたがたに告げます。子は、父がしておられることを見て行う以外には、自分からは何事も行うことができません。」 (ヨハネ5:19)

 

昔日本の武士社会には「忠ならんと欲すれば孝ならず孝ならんと欲すれば忠ならず」という平清盛の子重盛のことばがあった。主君に忠誠忠義を尽くそうとすれば親への孝行に逆らって不孝となり、親の意に従おうとすれば主君に背いて不忠義となるということ、両者の両立は難しくこれを矛盾無く行うにはどうすればよいか、容易に解決できない矛盾を命題として武士たちは抱えていた。イエスは世界の宗教で始めて神を父と呼んだ。そして自分は子であるとした。それを当時のユダヤの地方の言語アラム語で「アバー」といった。それ以来イエスを信じる者は神を「アバー、父なる神さま」というようになった。神のことを父と言う宗教は世界でキリスト者だけである。その意味でもキリスト教は非常にユニークな宗教だ。孝とは親子関係において親に従順なことをさす。親の言うことに従うということだ。忠とは忠義でありそれ自体正しい道、言い換えれば義ということになる。義とは聖書では正しいということである。イエスは親である神に徹底的に従い孝という道を貫いた。そして忠なること、義という正しい道も進んだ。十字架につけられる前夜、祈りのときに「アバ父よ。あなたにおできにならないことはありません。どうぞこの杯をわたしから取りのぞけてください。しかし、わたしのねがうことではなく、あなたのみこころのままを、なさってください」と言いました。イエスは親である父なる神に従いまず親に孝を立てた。そして神の計画である義の道、十字架の正しい道へと進んで行った。その意味で忠を立てた。イエスは孝と忠という矛盾する命題を解決したのである。

イエス・キリストのことば  

4つの福音書から学ぶ 「ヨハネの福音書」から。その4

 

「まことに、まことに、あなたがたに告げます。子は、父がしておられることを見て行う以外には、自分からは何事も行うことができません。」 (ヨハネ5:19)

 

 

5:19 そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。子は、父がしておられることを見て行う以外には、自分からは何事も行うことができません。父がなさることは何でも、子も同様に行うのです。5:20 それは、父が子を愛して、ご自分のなさることをみな、子にお示しになるからです。また、これよりもさらに大きなわざを子に示されます。それは、あなたがたが驚き怪しむためです。

 

 

 昔、日本の武士社会には「忠ならんと欲すれば孝ならず孝ならんと欲すれば忠ならず」という平清盛の子重盛のことばがあった。主君に忠誠忠義を尽くそうとすれば親への孝行に逆らって不孝となり、親の意に従おうとすれば主君に背いて不忠義となるということ、両者の両立は難しくこれを矛盾無く行うにはどうすればよいか、容易に解決できない矛盾を命題として武士たちは抱えていた。

 

 イエスは世界の宗教で始めて神を父と呼んだ。そして自分は子であるとした。それを当時のユダヤの地方の言語アラム語で「アバー」といった。それ以来イエスを信じる者は神を「アバー、父なる神さま」というようになった。神のことを父と言う宗教は世界でキリスト者だけである。その意味でもキリスト教は非常にユニークな宗教だ。孝とは親子関係において親に従順なことをさす。親の言うことに従うということだ。忠とは忠義でありそれ自体正しい道、言い換えれば義ということになる。義とは聖書では正しいということである。

 

 イエスは親である神に徹底的に従い孝という道を貫いた。そして忠なること、義という正しい道も進んだ。十字架につけられる前夜、祈りのときに「アバ父よ。あなたにおできにならないことはありません。どうぞこの杯をわたしから取りのぞけてください。しかし、わたしのねがうことではなく、あなたのみこころのままを、なさってください」と言いました。イエスは親である父なる神に従いまず親に孝を立てた。そして神の計画である義の道、十字架の正しい道へと進んで行った。その意味で忠を立てた。イエスは孝と忠という矛盾す