何が治るか分からない『驚異の自然治癒力MAX』

何が治るか分からない『驚異の自然治癒力MAX』

将来の健康を見据えて徹底的に行う予防医療情報を発信します。

いつもこのブログに訪れて下さいましてありがとうございます。

 

「自然治癒力を最大限に引き出すために何をすれば良いのか!」

 

予防医療センター『HAP』バイタルリアクトセラピールームからの

 

健康と幸福を手に入れて頂くための情報発信です。

 

今日のテーマは

『ストレートネックが会社を滅ぼす』 

 

数年前に北貞夫著『ストレートネックが会社を滅ぼす』 

~これでは会社を辞めるのも当たり前~

という書籍を読んで記憶に残っていました。

云わんとする

「慢性疲労、うつ、頭痛、めまい、など従来不定

愁訴といわれた原因不明の諸症状は首の

カーブが失われたことに原因がある」という見方で

これにより会社を休職する社員が沢山増えて

これらの社員にかかる経費で会社が食いつぶされ

滅びて行くという話でしたが私には納得できました。

 

そして私の患者様である大企業の社長さんは

最近会社の敷地の中に社員専用の

スポーツジムとカイロプラクティック治療を

受ける事が出来るスペースを作られました。

先進的な考え方に敬意を表します。

 

少し昔にはストレートネックと言う言葉もなく直立

頸椎と呼ばれ、レントゲンでの検査でもこのような

首はあまり見る事は無かったように思いますが、

最近は不定愁訴、自律神経失調症等を訴えられ

る患者様のレントゲン検査を拝見するとストレート

ネックになっている事は珍しくありません。

 

ここ20~30年で確実に頸椎に異常が見られる方が

急増しています。

花粉症やアレルギー症状などの過敏症状や、

逆に反応が鈍くなって起こっていると思われる

症状などで首の改善が進むと、これらの諸症状

が緩和する例は沢山経験しています。

 

という事は頸椎のみならず脊椎全般での歪みは

何らかのかたちで脊髄神経の役割である脳と

身体の通信システムを障害しているのでしょうね。

 

脊椎を整えて通信障害が回復すると諸症状が

緩和すると考えられます。

であるとすれば、私たちの身体に不調が起きた

時には最初にそこから手がけるべきではない

でしょうか?

 

特に私たちが行うバイタルリアクトセラピー

優しい振動刺激を神経に加えるだけですから

危険性も副作用も無くて安全な治療です。

 

~VDT症候群にご用心~

最早、私たちの仕事や家庭生活でもパソコンの

無い生活など考えられない時代ですね。

文明の利器の発達は、われわれの暮らしを大きく

変えてしまいました。

しかし、そんな便利さの影に思わぬ落とし穴も

隠れている事を知っておいて頂きたいです。

 

「VDT症候群」です。

 

VDTとは、Visual Display Terminal

(コンピュータの表示機器)の略。

 

毎日パソコンやスマホのディスプレイを見つめ

続けたために起こる眼精疲労や、長時間に渡る

パソコン作業により発生する、体の痛みなどが

おもな症状となります。

 

ときに深刻な眼病、ストレス障害も引き起こす

ことがあるため、15年ほど前から、前述の書籍の

ように社会問題としてクローズアップされつつあります。

しかしながら、個人レベルの認識はまだ浅いようです。

 

●VDT症候群による症状

少し前のデータによると

1位「目の疲れ・痛み」

2位「首、肩のこり・痛み」。

3位「腕、手、指の疲れ・痛み」

4位「腰の疲れ、痛み」

5位「背中の疲れ・痛み」

6位「足の疲れ、痛み」

 

●3大症状を分析すると…

 

それでは、トップ3の症状を詳しく見てみることにしよう。

あてはまるものがあれば要チェックして下さいね!

 

【目の疲れ・痛み 】   

眼精疲労は多くの人が感じるいわゆる「疲れ目」と

呼ばれるものです。眼精疲労が引き起こされるしくみ

は、大きく二つのタイプに分けられます。

 

ひとつは、「筋肉疲労タイプ」、もうひとつは最近特に

増加している「ドライアイタイプ」です。

 

「筋肉疲労タイプ」

ものを見るとき、目の水晶体というカメラのレンズに

あたる部分の厚みが変化してピントが調節されます。

水晶体の厚みを変化させるのは、水晶体の周りに

ある毛様体筋と呼ばれる筋肉です。

 

遠くを見るときは、毛様体筋の緊張がゆるみます。

逆に、パソコンなど近くのものを見るときには、毛様

体筋が緊張するのです。

 

また、スマホなどパソコンよりも近くのものを見ると、

毛様体筋がさらに緊張します。毛様体筋がコリ固

まって、その結果、目が重く感じたり、視力が低下

したり、日の奥が痛んだりします。

 

日常生活では、毛様体筋がゆるむことが少なく、

緊張状態が持続していることが多いため、毛様体

筋に大きな負担がかかり疲れ目の症状が現れて

頭痛や肩こりを引き起こすのです。

 

「ドライアイタイプ」

 涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が

低下することによって、目の表面を潤す力が低下

した状態をドライアイと呼びます。

 

現在、日本では約800~2,200万人ものドライアイ

の患者さんがいるといわれ、オフィスワーカーに

おいては3人に1人がドライアイという報告もあり

年々増加傾向にあります。

 

ドライアイの症状

 目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・

まぶしさ・目の疲れなど、多彩な慢性の目の

不快感を生じます。目を使い続けることによる

視力の低下も起こります。

 

ドライアイによる目の障害

 涙は目の表面を潤すだけでなく、角膜や

結膜の細胞に栄養を供給しています。

ドライアイでは、目の表面の細胞に傷が

できやすくなります

 

【首肩のこり・痛み 】

キーボードを叩き続けたり、長時間、同じ姿勢を

とっていると筋肉疲労が起こります。血行も悪化し、

首から肩にかけ痛みやこりが頻発。とくに腕を

宙に浮かせたり、前かがみになっていると、

頚椎や首の筋肉に負担がかかり過ぎて痛みが

生じやすい。極端な目の疲労から、これらの

ひどいコリや頭痛に発展してしまうこともあります。

 

【腕、手、指の疲れ・痛み】      

首や肩が凝ると、次第に腕にも痛みが広がるように。

「だるい」「しびれ感がある」といったうちはまだよいが、

ほうっておくと耐え難い激痛に悩まされるように…。

 

このようなパソコン作業による、首や肩、腕の疲れ・

痛みを「頚肩腕(けいけんわん)症候群」と呼んでいる。

 

また、長時間、入力作業をしていると「腱鞘炎

(けんしょうえん)」という手指の炎症に発展することも!

筋肉と骨をつないでいる腱とそれを包む腱鞘がこすれ、

炎症を起こしてしまうのだ。

ひどくなると、手首の親指側や指の付け根などに激痛が

はしったり、曲げた指を伸ばせなくなることも起こります。

 

心の病にもつながる!?

「たかが疲れ目くらい」「肩こりなんてよくあること」などと

放置しておくと、頭痛や睡眠障害、食欲不振、過食、

生理不順、不安感、抑うつ状態などさまざまなストレス

症状を招くこともあります。

 

ときには心の病「テクノストレス」を引き起こす場合も

あるのです。

とくにパソコンにしがみついているうちに、イライラが募り、

うまく対人関係が結べなくなる「テクノ依存症」は深刻。

体のトラブルは、心の不調のサインでもあります。

気をつけましょう!

 

これはストレートネックになっているのに気付かない

ままで放置して骨や椎間板に変形を来してしまい

その変形が神経を圧迫してしまう事により起こると

推測されます。

 

定期的に骨格のチェック特にストレートネックの

チェックを受ける様にして頂きたいですね。

 

原因はパソコン環境と姿勢

それでは、VDT症候群を防ぐためにはどうしたら

よいのだろう?

 

ポイントは長時間のパソコン作業を避けることと、

作業環境を整えること。知らず知らずのうちに

自分でも気が付いてない悪い癖が身について

しまっている場合が多いです。

さっそくご自身の作業スタイルを見直して

頂きたいです。

 

◎ 1時間作業したら必ずタイマーをかけてでも

  10~15分休憩をとるようにしましょう。

  出来ればその際、体を軽く動かしたり、遠くを

  眺めるなどのリフレッシュを。

 

◎ ディスプレイの明るさは室内と同じくらいに

  調整する。

  位置は目線とほぼ水平の位置に。

  モニターが小さなサイズは長時間の仕事には

  向きません。

 

◎ キーボードを置くデスクは奥行きがあり高さの

  調節できるものを。

  作業時に腕が浮くようなものを選ばない。

 

◎ 椅子の選び方も大切です。何よりもリラックス

  して座れる事。

  骨盤を真っ直ぐに立てて座れて背もたれ部分

  が十分に支えてくれるものが良いでしょう。

  座面の高さは、足裏全体が床につくくらいがベスト。

 

◎ 意識的にまばたきをしよう。

  目が乾かない様に自分でも意識したり専用の

  目薬も効果的です。

 

このほかマウスやソフトウェア、キーボード、

テンキー入力機器なども、ストレス無く作業

しやすいような物を選ぶことが大切です。

 

●パソコンやスマホを使い過ぎていませんか?

VDT症候群は、パソコンやスマホ中心のライフ

スタイルが引き起こす生活習慣病のようなもの

となっています。

 

さらに突き詰めれば、仕事至上主義や人間関係の

希薄さによりコミュニケーションからの逃避がそもそもの

原因、ともいえるかもしれませんね。

 

職場では同僚との会話を楽しみながらランチしたり、

家族で囲む食卓ではテレビを消してスマホも収めて

会話を楽しみながら食事をするように心がけては

いかがでしょう?

 

「もしかして、VDT症候群?」と思ったあなたは、

一度生活そのものを見直してみよう。


●絶対にやっておくべきはストレートネックのチェック

いろいろ書きましたが結局のところ皆さんに

訴えたいのはストレートネックの予防をしっかりと

して頂きたいのです。

 

ストレートネックになっているのに気が付かないで

放置すると必ず椎間板や背骨自体が変形して

しまいます。

ですから大切な脊髄神経の通り道である背骨を

変形させない様に定期的なチェックをして頂きたい

のです、バランスを崩したままで放置すると必ず

変形してしまいます、変形により神経が圧迫される

と脳と身体の通信障害が起こり様々な不調が

始まります。

 

脳と身体が神経を通して正しく通信が出来て

いると自然治癒力がしっかり働いていつも

健康な状態に回復させてくれるのです。

 

この生まれながらに与えられた素晴らしい

能力を疎かにしないで、しっかり守ることが

健康に幸せに生きるために最も大切なこと

だと早く気付いて下さいね!!

 

そのために頸椎や骨格全般のカイロプラク

ティック的なチェックを受けてみて下さい。

 

お近くのカイロプラクティックオフィスに問い

合わせるとその方法は教えてくれると思います。

 

分からない方は私共の『PLAY HAP CLUB』で出来ます

のでお問い合わせください。

 

 

 

 PLAY HAP CLUB フォローしてね!

 

 

「もしも知り合いが整体師だったら」なかなか便利です! 登録しておいて損はありません。

休みの日に急に「ぎっくり腰」こんな時どうしたらいい? 友達登録しておくと便利です。 

 

コンピューターが作り出す

特殊な周波数の刺激で

一つ一つの背骨を丁寧に

整えて正常にして行くと

カラダの無駄な力が抜けて

頑固な肩こりや腰痛が

いつの間にか消退!

自然治癒力がMAXに!

 

気になったら

ポチッと!

友だち追加

@691dmivn