茶道というと、かた苦しい、正座がにがて、順番がおぼえられない。。など、あまり楽しいイメージは持たれていないことが多いように思えます。悲しい。。。

 

 

お茶って「かたち」から入ります

「かたち」とは、点前、歩き方、立ち方座り方、障子の開け閉め・・・茶室で行われる所作すべてが「かたち」と言っていいでしょう。

 

「そんなん、覚えられなーい」と思いますか?

覚えるに越したことはありませんが、覚えることは目的ではないですね。

 

目的も何も、右も左も分からないまま、「かたち」から入るんです。何か月も何年も続けていると、ある日ふっと気づくことがあります。「そういうことだったのか」と。

 

image

 

 

「そういうことだったのか」このセリフは、去年大ヒットした映画「日日是好日」でも出てきます。

 

 

世の中には、すぐ分かるものと、すぐに分からないものの2種類がある。・・・・お茶を始めて24年。そういうことだったのか・・・」と。

 

「お茶はねーまずかたちなのよ。初めにかたちを作っておいて、後から心が入るものなのよね・・・・頭で考えないで自分の手を信じなさい」と先生の樹木希林も。

 

 

お茶は「すぐ分からないもの」の最たるもので、「一生が稽古」と呼ばれています。

 

 

30年やっていて感じるのは、まだまだ修行せねば、まだまだ分からない・知りたいことが山ほどある。だから楽しい!ということ。

 

 

 

「かたち」から入り、やがて理屈が腑に落ちるには、何年もかかります。それって、茶道だけじゃないと思うんです。

 

ファッションもかたちから。

骨格診断や同行ショッピングは「かたち」から入っています。選んでもらった洋風を着るのは、「かたち」から入ろうとしているからですよね。

読書もかたちから。

題名だけで本を選んだり、中身を1ページも読まないでアマゾンで本を買ったり。尊敬する◎◎さんが勧めていたから、即アマゾンで注文。こういうのも「かたち」から以外の何物でもない(笑)

 

 

お金(お財布)もかたちから。

金運に恵まれるお財布のかたちやカラー。お財布を使い始める日は、一粒万倍日がいい。新月にお財布をフルフルするとか(アヤシイ)。やっぱり「かたち」からですね。

 

 

誰だって、最初からセンスの良い洋服が選べるわけではないし、本を読んで即実行に移せるわけでもないし、ましてや一攫千金は現実的ではない。

 

 

だから「かたち」から入って、自分の理想に近づけようとするんじゃないかな。

 

 

茶道もかたちから入れるもの。誰にでもできるものなんです。あなたと一緒に茶室で一服いただきながら、おしゃべりを楽しめると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

長文の原稿は、執筆していて「行き詰まり」を感じることがあります。7~8万文字ある書籍なら、一気に書き上げるというスッバラシイ~ことが起きないかぎりは、小さいの大きいの「行き詰まり」が来るときがあるものです。

 

行き詰まりのサインというものがあり、私の場合は、あと何文字かなと文字数の「カウントダウン」を始めるのが、それです。

 

こんな時は、もちろんリフレッシュ、リセット、気分転換です♪

 

週に1度のお茶の稽古がタイミングよく来れば、リセットされる。

 

ファッション雑誌を読むのも、気分転換ですね。

 

 

そしてそして、ハズせないのは、やっぱり美味しいもの!

 

 

image

こういうのとか。

 

 

image

 

お饅頭も、ほっこり一息つけます。

 

 

 

あなたのリセットや気分転換のしかたは何ですか?

良かったら、コメントくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

デジカメのデータを、ハードディスクにバックアップ「してるよ」と答えたけど、実はバックアップしてなくて、消えちゃった!

 

そんな事件が起きました。

 

我が家では、ここぞという時はNikonデジカメで写真を撮ります。ここ最近では、2017年の6年生の運動会、2018年の小学校の卒業式、中学の入学式ですね。

 

 

2018年の歳の瀬に、年賀状用の家族写真を撮るときに、夫に聞かれました。

 

夫「バックアップとってる?」

妻「うん、とってる」

夫「ほんとう?大丈夫?」

妻「うん、大丈夫」

 

 

妻から力強く返事があったものだから、夫はスッカリ信じて、家族写真を撮る前に、2017と2018年のの大事な写真を「削除」しちゃったんです。

 

 

で、年が明けてこの連休初日の12日土曜日。

バックアップをとっていないことが発覚。

 

夫は自分のモノを大切にし続け、捨てることはあまりしない。モノを失くす・モノが無くなることが、大っ嫌いなんです。耐えられないみたいですねー。で、私はというと、ないモノはサッサと諦めるタイプ。

 

まぁこの時はさすがに、完全に私のミスなので、やばいなーと思いながらも、心のどこかで「しょうがないやんか」と。間違っても口にはゼッタイ出しません。

 

 

「本当にバックアップとったの?とったよ、って言ってたじゃん」と夫に何度も何度も詰め寄られる妻。

 

最終的にバックアップは勘違いだったと分かり、私は謝るしかないので、「ごめんなさい<(_ _)>」しか言葉がなかったです。こういうときは、何を言われても、反論もゼッタイしないです。(相手が気が済むまで、聞くのみ。)

 

 

けっこう、夫のお腹の中は怒ってたと思うんですよね。でも、「どうするんだ!」とか声を荒げて怒ることはありません。

 

その日私は、午前中に買い物に行って、昼と晩ご飯を作り、お昼から中学の保護者会、夕方は剣道の稽古へ直行。という過密スケジュール。お昼前に家を出て、剣道から帰ったら夜9時もまわった頃。

 

 

「どうなった?」と私から聞くまでもなく、夫から「できたよー」と笑顔。(ホッとしました。)復元ソフトを使って、写真のデータを復元したことを聞きました。

 

わ、わ、笑ってるやんかー。

 

ソフトは1万円くらいのを見つけたけど、もう少し探したら5千円のがあったこと。

データが幾重にも保存されていて、同じ名前のファイルが同じ写真なのかどうか、判別が難しかったこと。

おかげで、復元作業で一日が終わり、休み一日がパーになったこと(笑)。

 

色々と話してくれました。最終的にはデータはもとに戻ったので、夫のキゲンも元に戻りました。あー良かった。

 

 

それを聞いていた息子は、

「えー ママのミスで5000円も損したん?ありえへん」と。

 

ここでもまた「ごめーーん」と謝りまくった母でした。

 

私はオッチョコチョイなので、こういうことがあるんですが、いつも夫が助けてくれます。ホンマできた夫だー。と今日も夫ジマンな記事になってしまった。

 

わざわざデジカメで撮った大切な大切な写真。削除する前に、バックアップしてるかチャント確認するように、気をつけたいですね。夫婦ゲンカになるとタイヘンだから。

 

普段ほっとんど怒らないし、実は笑うのもあまりないポーカーフェイスな夫。夜には笑ってたので、「雨降って地固まる」ってヤツですね。