1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-21 15:20:18

片思いの彼をどうにかして振り向かせたい

テーマ:片思い
多かれ少なかれ、恋愛では
この人を手に入れたい
と思うものです。


でもね、今までの恋愛を
よーく考えてみてください。



そういう気持が強くなればなるほど、
上手くいかなくなる・・・


ような気がしませんか?



好きでない人には関心をもたれるけど、
肝心な好きな人には関心をもたれない。


そんな経験はありませんでしたか?





もし、「彼を振り向かせるぞぉー」という気持ちで
彼に接して上手くいったのなら、

それは、彼も「あなたに関心があった」ということです。



つまり結論をズバッと述べてしまいますが、

「どうにかして彼を振り向かせたい!」

と意気込んだ恋愛は

うまくいかない

ということです。



男性ならば、ある程度彼女に関心を示すと
彼女の心を開くことはあります。


女性は関心を示されると
本気で嫌ではない人であれば、
彼のことが気になりだすことがあるからです。



しかし、女性から男性を追いかけると

「結婚を意識してくれない付き合いになりやすい」

というパターンに陥りやすくなります。



あなたはすでに知っているかもしれませんが、
もしくは実感しているかもしれませんが、

本気で追いかけたら、男性は逃げます



これはテクニックでも何でもないんですね。

男性というのは、そういうものなのです。



そして、もう一つ忘れてはいけないこと。


特にみんな、普通の時は理解していることなのに
1人の男性に盲目になっていると
忘れがちになってしまうものがあります。


それは・・・


相手の自由意志を変えることはできない

ということです。



ましてや、相手にその気がないのに、
自分から攻め込んでいった場合は
彼が距離を取っている、
という状況になりやすいのです。



つまり、あなたが
「この人でなければだめだ」
と考えていても

相手が嫌だというのに、その気がないのに、
彼1人にこだわっているとき、
それは上手くいかない、

ということです。



執着はあなたの世界を狭めてしまいます。



まだ恋愛は始まっていません。

ですから、彼1人に絞らず他の男性をよく見ていく段階です。


他の男性とのコミュニケーションも楽しんでください。

それは、ただの友達としてでもいいのです。

そうして、悪循環に嵌らないことが大切なのですから。


大丈夫です。

あなたはステキな恋愛ができますから。



関連記事
花好きな人に好かれる方法とは?
花彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
花彼氏ができないのは、それを選んでいるから



桜恋愛力アップメールマガジン
登録した方限定で、特別レポートを進呈中!(中身は以下のとおり)

特別レポート「男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」
■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」― 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
などなど


メールマガジンのご登録は以下をクリックしてください。
down   down   down
http://kalmia-ex.jp/fx/3

※携帯の方は、@love-solution.com からのメールが受信できるように設定をしてください。
※携帯アドレスの方は、入力間違いが多いですので気をつけてください。
すぐに返信メールが届かないなら、迷惑メールに入っているか、
メルアドの入力間違いだと思いますのでご確認をお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017-10-19 19:20:51

負の感情の扱い方:彼と喧嘩をしなくなりました

テーマ:教材購入者様のご感想
恋愛すると、とても感情的な自分が出てきます。

これまでにない喜びや満足感を感じることもありますが、
その反対に、怒りや悲しさ、罪悪感、満たされない感じといった
ネガティブな感情もたくさん出てきますよね。


まず1つお伝えしたいことは、

あなたのネガティブな感情をそのまま相手にぶつけないこと。

これは鉄則です。
絶対に守ってください。


この方法で、自分が望むように相手が動いてくれたり、
事が運んだことはないはずです。

なぜなら絶対失敗する方法だからです。


これを辞めるだけでも、関係に変化を起きてくるんですよ。

という体験談(教材「好きな人に愛される秘訣」)
をいただきましたので、ここでシェアしたいと思います。



【名前(仮名可)】
 しろねこ
【年齢】
 28
【都道府県】
 群馬県
【感想】
教材を購入したきっかけは、彼との喧嘩が増えてきたことでした。
ネットで一生懸命色々調べるけれど、何かピンとこなくて。
色々見ているうちにブログへたどり着きました。

何日も読み続けて、なんとなく小さな喧嘩が減ってきたかなと思ったある日、
連絡も取れなくなるほどの大きな喧嘩をしてしまいました。
泣きながら、半分ヤケのような感じで購入したのですが…

最初から最後まで読み通したら不思議と気持ちが落ち着いていました。
いつもなら何度もメールを入れて、話し合いたい!と伝えていましたが、
今日は仕方ない、と思える自分がいて、なんとも不思議でした。

教材を参考にゆっくり気持ちを伝えることができて、
それ以来特に喧嘩はしていません。

私自身が不安定で危なそうな時は、
なるべく教材を読み返すようにしています。
本当にありがとうございました!




しろねこさん、どうもありがとうございます。
とても苦しい状態から、
ここまでご自身を落ち着かせて
彼にお気持ちをお伝えすることができたことに
大変感銘を受けております。


教材を読んだからとはいえ、
実際に行動に移してくださったのは、
しろねこさんご自身ですから、
こうしたご経験を通してできたことに関して、
大いにご自分を褒めてあげてくださいね。



男性というのは、何よりも、
女性の負の感情を受けるのを嫌がります。


内容そのものよりも、
女性の態度とその雰囲気が嫌で、
耳を閉じて、我関せずのモードに入ってしまいます。


または、負の感情をぶつけられたことにより、
怒りで応答する傾向があります。



女性も男性も、自分なりの

「こうして自分を認めてもらいたい」
「こうして自分に優しくしてもらいたい」
「こうして自分を愛してもらいたい」

というのがありますし、
それをパートナーに期待してしまうのですね。



その期待が裏切られたと感じてしまうと、
とても悲しいし寂しさを感じます。


すると、むくむくと沸いてくるこの負の感情を
相手にぶつけてしまいたくなるんですね。

または、すねてしまいます。
「もういいよ」って。



でも、ちゃんと落ち着いて、
自分が何を感じているのか、
何を相手に求めていたのか、
どうしたかったのかを自分で理解して、

それを伝えることができたのなら、
相手だって、耳を傾けてくれます。




何かうまくいかないことがあったら、
あなたは1つの方法に固執してしまっているかもしれません。
しかも、失敗する方法に。


なので、まずは落ち着いてから、
他の方法を探してみてください。

あなたの気持ちは、まずは自分で理解してあげてくださいね。




関連記事
花彼に不満がフツフツと・・・どうすれいいの?
花彼とのケンカの仲直りの仕方
花彼に「お前のこと好きなのか分からなくなった」と言われた



桜恋愛力アップメールマガジン
登録した方限定で、特別レポートを進呈中!(中身は以下のとおり)

特別レポート「男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」
■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」— 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
などなど


メールマガジンのご登録は以下をクリックしてください。
down   down   down
http://kalmia-ex.jp/fx/3

※携帯の方は、@love-solution.com からのメールが受信できるように設定をしてください。
※携帯アドレスの方は、入力間違いが多いですので気をつけてください。
すぐに返信メールが届かないなら、迷惑メールに入っているか、
メルアドの入力間違いだと思いますのでご確認をお願い致します。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-14 21:47:09

男性はこんな女性から逃げ出したくなる

テーマ:男性心理・男心と女心
どんなに好きな女性であっても、
その彼女があることをしでかしたら・・・

それが、会う度会う度にそんなことをやられたら、
男性は、その女性から距離を取り始めます。


なんだと思います?

いくつか思いつくでしょうか?






あなたは、彼に次のようなことを言ったことありませんか?


「体もうちょっと休めなよ。」

「夜更かしするのやめなよー。」

「家に着いたら、電話ちょうだい。」

「出かける前に、何か食べなよ。」



あります?


彼に言ったこと。
似たようなこと言ったことありますか?


これはですね、やはり女性としたら、
自然と口に出てしまうことかもしれませんね。



もちろん、しっかり者には言う必要ないことかもしれませんが、
そうではない男性の方もいますからね。



この「しっかりしてる」というのは、
日常生活のことを指しています。

仕事姿がカッコイイ男性は、たくさんいるでしょうし、

友達との関係もしっかりしている男性も多いでしょう。


でも、そういう男性全てが、
プライベートで日常生活がしっかりしているとは限らないんですね。



バリバリのビジネスマンが、
ビシッとスーツでキメてる男性が、

家ではなぜかだらしない。

部屋がちらかっている。

なんてことは、よくあることです。



あ、心当たりありましたか?(笑)



そんな男性とお付き合いすると女性としては、
先ほどのセリフを言ってしまいます。

これね、自然に口に出ちゃうんだと思うのですよ。



でも残念ながら、こういうセリフは、お母さんが3歳児に

「昼寝の後は、クッキーを食べますからねー。」

と言ってるのと大差ないのです。



つまり、いつの間にか、彼のママになってしまっているということです。



また、彼に「何をやってたか」「これから何をやるのか」を聞いて、

彼の行動に探りを入れるのも、ママ的な行動です。



たとえば、彼がいつもより1時間遅く家に帰ってきました。


それは、もしかしたら、
仕事がいつもより長引いてしまったのかもしれないし、

友達の相談にのっていたのかもしれないし、

同僚と軽くビールを飲んできたのかもしれない。



でも、あなたに毎回自分が何をしていたか説明しないといけない。

そんな風に彼が思ってしまったら、次に彼が感じることは、

自分の「自由」が奪われてしまうということです。



彼女といると、自分がなくなっていくような気がする



そうなると、次に彼がしてしまうことというのは、

隠す必要もないのに、ウソをついて彼女をごまかす、

ということです。

それは、自分の自由やテリトリーを守るためです。



別に非難されるようなことなんてしてない。

でも、自分の自由やテリトリーを守るために、
彼女にウソをついてしまうのです。



もし、あなたが彼を縛り付けるような言動をしてしまったら、

もしそれが続いたら、
彼は自分の自由を守るために、
そこからの逃げ道を探し出そうとします。


そして、それが女性にとっては、
距離を取られていると感じてしまうのですね。


彼に自由を与えられる、心の広い心を持つ。

というのも必要な時があるのです。



関連記事
花男の本性と草食系男子の関係
花男性の好きな女性のタイプを聞いたことある?
花自分の内側を見る女性・自分の外側を見る男性



桜恋愛力アップメールマガジン
登録した方限定で、特別レポートを進呈中!(中身は以下のとおり)

特別レポート「男性を自然に惹きつける愛され女の12の秘密」
■彼があなたを心から好きになるのに必要なもの
■男性が女性を手に入れたくなる瞬間とは?
■彼にあなたをカワイイと思わせる方法
■彼から本気で愛されない恋愛をしていませんか?
■彼にアプローチされるメールの出し方
■好きではないタイプの人ばかりに好かれる
■男性が追いかけたくなる女性とは?
■愛される女と愛されない女の一番大きな違い
■恋愛の初め方はとても重要です
■忙しい彼「彼に会いたいよー(泣)」― 男女の違いから男性を理解する
■[恋愛相談]どうすれば男性に好かれるか知ってるけど、それは本来の自分じゃない
■[恋愛相談]好きな人に好かれる方法とは?
などなど


メールマガジンのご登録は以下をクリックしてください。
down   down   down
http://kalmia-ex.jp/fx/3

※携帯の方は、@love-solution.com からのメールが受信できるように設定をしてください。
※携帯アドレスの方は、入力間違いが多いですので気をつけてください。
すぐに返信メールが届かないなら、迷惑メールに入っているか、
メルアドの入力間違いだと思いますのでご確認をお願い致します。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>