皆様、こんばんは。


既にご覧の方もいらっしゃるかと思いますが・・・
本日5/15(水)の中日新聞朝刊に、
NPO法人ドリームの記事が大きく掲載されておりました。
(21面です)

 

https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019051502000002.html

 

「脳卒中体験 講師で生かす」というタイトルで、
ドリームで働く当事者スタッフの皆さんの
講師派遣事業が紹介されております。

当事者として自らの体験談を語ったり、
リハビリ実習に参加して患者役を務めたり・・と、
自身の障害を社会貢献につなげる活動をしています。

私も、義肢装具士の専門学校へ同行させていただいたことがあります。


実際に、生徒さんが装具を作り、患者役のドリームスタッフの皆さんの脚に
装着して、歩行訓練をする場面もありました。

学校の実習で、そこまでできるって、すごくいい勉強になりますよね。

スタッフの皆さんも、ざっくばらんに意見を言ったり、
患者としての心情を自身の体験に重ねて生徒さんに伝えたりして、
すごく充実した表情をされていらっしゃいました。

 

この新聞掲載以外にも、実は・・・
5/23(木)東海テレビ「スイッチ」で、
ドリームが紹介されます!

「脳卒中の予兆」というテーマで、
当事者の元家族であった職員さんや、当事者であるスタッフのお一人が取材を受けた他、
再現ドラマも放映されるとか。

1999年の結成以来、地道にコツコツと活動を続けてこられたドリームが、
こうして取り上げられる様になるまでには、
本当に色々な苦労があったことと思います。

これからも、脳卒中障がい者の生きがいづくりをテーマに、
ドリームの輪が更に更に広がっていくことを、
私もボランティアの一員として願うとともに、
その一役を担えたら嬉しいです。

お時間のある方、ぜひぜひ、23日は東海テレビをご覧くださいませ♪