未来をつくる知識

 

私の母は小学校の先生を
していました。

母が教師をしている
表の顔は知らず、
家で見る
教師という仕事の裏側だけを
見ていたら
教師の仕事のいいところは
まったくわからなかったので、

「私は絶対、
先生にはならない」
と思っていました。


そんな私ですが、
なんの因果か

今は、
白衣を着て
人の体のケアをしたり、

時には人前に立って
人に知識を伝える人になり、

「先生」
と呼ばれるように
なりました。


で。

先生という立場になると、

「〇〇したら
ダメですか?」

とよく聞かれるんです。

本当に、よく。


これは。

「おやつに〇〇を
もっていくのは
ダメですか?」

みたいなやつかなあ、
と思ったりします。
(ちがうか。笑)


そうやって
気になってみると、
日本では、
「〇〇べからず」
「〇〇しないでください」
という禁止の注意を
されたり、
気にしたりすることが
多い気がします。


駅でも電車でも
トイレでも、
そういう注意書きやアナウンスが
本当に多いなあー、
と思います。

(ほかの国では
そこまで書いたりアナウンスしたり、
はないと感じます。)


それが公共の場での秩序を保つのに
役立っているのかもしれないので、
そのことが
「いい」「悪い」という意見は
特にないのですが。


話を戻すと、

私が人から聞かれるのは、
もちろん体のことについてです。


私は、基本的に、
「禁止事項は作りたくない」
と思っています。

やりたいことは
なるべくやってもらいたい。


「ダメ」というよりは、

何をしたいなら、
どうなりたいなら、
こうした方がいい、

という「オススメ」の方法を
お伝えしています。


たとえば。

よい姿勢をつくるためには、
寝る姿勢としては、
「あお向け」
がオススメです。

という話をした時に、

「うつ伏せはダメですか?」

というご質問がありました。



人間の寝姿勢としては、
「あお向け」
「横向き」
「うつ伏せ」
の3種類が考えられますが、

寝ている間に
いい姿勢になるには、
「あお向け」がオススメ、
ということです。


私自身も、
腹痛だったり
咳が出たりする時には
痛みや症状が緩和する
「横向き」や「うつ伏せ」を
選ぶことがあるので、

「あお向け」以外の寝姿勢はダメ、
ということではないのです。


先のご質問には、

「首がねじれたり
アゴがゆがむのを
気にしなければ、
うつ伏せでも
ダメってことはないです」

と姿勢の観点からの
回答をしました。


質問者の方からは、

「アゴがゆがむのは
嫌ですね。(笑)」

と返ってきました。


まあ、そうですよね。。。笑


大事なのは、

どの選択肢には
どんなメリットがあって、
どんなリスクがあるのか、
を知っておくことであって、

その時々の状況や
お好みで選べばいい、
と思います。



体の使い方については、

いろんな選択肢がある時に、
目的や希望や優先順位に合わせて、
何を選ぶのか、なのです。

人の体の構造上、
生死にかかわることとか、
「それやったら体壊れるよね」
ということは、
最低限、誰でも知っておいてほしい、
と思っていますが、

できることに比べれば、
危険なことは
それほど多くありません。


姿勢ケアの現場では、

お客様の、
「こういうふうにしたい」
「こうなりたい」
というご希望に合わせて、

「それだったら
こうしてやってみましょうか」
という体の使い方の提案を
させてもらっています。


肩こりや腰痛がつらいからって、
簡単に仕事のやり方を
変えたりはできないので、
体の向きや物の配置のコツなどを
一緒に考えて、提案します。

ちょっとした工夫一つで、
体ってちゃんと変化します。



「こういうふうにしてみたら、
体がらくになりました!」

といったご報告をしていただくと、
すごくうれしくなります。


そういえば、
教師をしていた母も、
毎年正月に、
教え子から年賀状をもらって、
どう成長してどうなっているのか、
の報告をもらうと
うれしそうな顔をしています。


仕事は違うけど、
自分の知識や伝えたことが
誰かの未来に変わることが、
「先生」という仕事の
喜びの一つになるのかな、
とふと思いました。




+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
  体を知る、姿勢を知る時間
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


肩こりや腰痛、消化不良など、
体の不調や異変は、
体の使い方に
問題があって起こることがほとんど。


本来体はどんなつくりになっていて、
どう使うようにできているのか、
を知っておいて、

何が正常で、何が問題か、
がわかれば、

「こうしたら痛くなるから、
こうしておこう」

というふうに、
自分で工夫ができます。


体については
知っておいて「得すること」はあっても、
損することはありませんね。



★人の体のしくみと姿勢とケアについて、一日でまるっと知る★

知らなきゃ損する「姿勢」の秘密〜「”姿勢改善” のすべて」がわかる1day講座
 ⇒ https://resast.jp/events/284106/



★お金と体の知識を身につける★

働くオトナの姿勢×マネー講座:第2回 姿勢をよくする運動 & 資産運用(全4回)
 ⇒ https://resast.jp/events/277741/



★夏休みの自由研究 親子向け、おたすけ企画★

親子のための姿勢のワークショップ
「姿勢のフシギ、カラダのひみつ」


(小学校1~3年生とその保護者向け)
 ⇒ https://resast.jp/events/279311/

(小学校4~6年生とその保護者向け)
 ⇒ https://resast.jp/events/279316/