コロナ禍で譲渡会に出るチャンスがなかなかなかったよもぎちゃんですが、預かって13か月半経った10月9日、やっと譲渡会デビューできました。
 

 場所は平塚です。よもぎちゃんが保護されていた愛護センターのお膝元。
 予定より1時間ほども到着が遅れるというハプニングもありましたが、よもぎちゃんは疲れることもなく、むしろ車でのお出かけが楽しいという感じで、譲渡会が始まってからも落ち着いて参加者の方々をお迎えしていました。

 残念ながら引き取りたいという申し出はありませんでしたが、よもぎちゃんが車が好きなこと、初めての場所で知らない人が大勢行き交うような状況にも順応できることがわかっただけでも、大収穫でした。

 譲渡会は翌週の日曜日にもチャリティーイベントを兼ねて行ったのですが(このイベントについてはこちらを)、このときも車の中ではるんるん気分、会場でも不安な様子は見られませんでした。
 

 夏の終わりに傷めた前足が治りきっていないなかでの遠出でしたが、平塚でも横浜でも、譲渡会では足を引きずるようなこともなく、よもぎちゃんなりにいつもと違う「お出かけ」を楽しんでいたのではないかと思います。
 

 1年一緒に過ごしても知らないことがあるなんて、犬っておもしろいものです。

 

平塚の譲渡会場で。

 

 

生き生きした表情で車の窓から外の風景を見ているよもぎちゃん。