先日行った2次オーディション、なんと合格しました〜!

 

なんかね、オーディション受けた時点で結構満足していた私。だから正直合格したと連絡もらって驚いた。嬉しかったけどマジ、でどうしよ〜。

 

合格通知のメールにあったリンク先には歌の振り付けの映像。「え、私は歌いたいだけで踊れないよ!?」

 

当日までは自主練?

 

あれ、あれ〜

 

これはまあ私の安心の領域を結構出ている。先のプランが全く見えない。私はリードで歌いたいけどどうも踊りながらみんなと歌うのかな?とか。パートわけするのかな?とか。まあ細かい事だけど、気になる。だっていきなりぶっつけ本番で会った事ない人たちとうまく出来る?とか。いやリハーサルっていつよ?とか。

 

グループで応募してないから一人だし勿論こういうの一人で行くの初めてだし笑い泣き

 

とまあ様々な葛藤を通して自分と向き合って私は数歩先に不明要素があるとなかなか決断して進めないんだなぁってわかった。納得してないと進めない。

 

衣裳も自由で、ってみんなどのレベルのドレスアップするの、しないの?いや、メイクやヘアとかもどうする?

 

もしひとりだけ浮いたらどうする〜?とか。

 

実は人の目をすごい気にしているんだなともわかった。キョロキョロ

 

いや〜もっとサクサク行きたいyo!

でも怖いyo〜

 

とまあモヤザワ悶絶した結果は、、、、、

 

出ます!

 

損してもいい。

先のことがわからなくても不安を小脇に抱えて進んでみる事にしました。

いつもの自分と逆のことをする=先は良く見えないけど流れに身を任せてみる。モヤモヤしたまま行ってみる。

 

命を取られるわけでもなく、

大した事でもないかもしれないけど

まあ今の私にはそれだけの勇気がいったのね〜おねがい

 

いいじゃないか。

当日までのプロセスを楽しんでみよう。

 

人生、一見無駄に見える事にこそ

大切な気づきがあるような気がする。

 

何もなかったとしても、プロセスが楽しいのは間違いないもんね。

 

早速映像見ながらやってたら、うちの全く踊れないダーリンがやってきて、「こんなの簡単だよ」と一緒に踊り出した。(勿論、全く出来てないけど本人は出来てるつもりウシシ

いや〜初めは「そんなのに出て何になるの?」とか言ってたのに、私のやりたいことはほぼほぼサポートしてくれるありがたいダーリンです。