こんにちは!

 

愛♡お金♡欲しいものを手に入れる

読むと憧れ女性になるblog

 

憧れ女性のわくわく✧work style✧

キモノ複業ママ maikoはんです♡
 

 


お申し込みスタート!

目指せ0円生活♡
知ってるひとは得をする
やりたいことを我慢しない
節約セミナー





さてさて、

maikoはんの鳥取推しがすごい話

シリーズ化しておりますが

大好評頂いております(笑)





Facebookファンの皆様は

すでにご存知の通り、

この2週間は観光大使として

鳥取の魅力をお送りしております♪











maikoはんといえば

そう!!!




鳥取育ちのド田舎ムスメ♡

鳥取をこよなく愛する

鳥取観光大使です♪











Facebookではこの帰省中

鳥取の魅力を配信しており、




maikoはんの
鳥取推しがすごい話

すでにシリーズ33に

至っています♪













皆様いつも応援

ありがとうございます♡








さてさて、



お盆が始まりましたね。

鳥取を満喫しまくってますが

今回の帰省はこれが目的です。





わたしは5歳のときに

父を病気でなくしています。





ですから、

父が迷わず

家に帰って来られるようにと、





年長さんのときから

お盆の迎え火を

焚いているのです。







迎え火で花火をするのは

我が家の習わしです。



罰当たりと思われる方も

いらっしゃるかもしれませんが、




父がいなくなった代わりに

行うようになった行事。





当時姉は中学1年生、

兄は小学4年生でした。



子どもたちにとって

楽しみになるように、




母が考えてくれていたから

だと思います。




わたしたちが大人になっても、

お盆の迎え火は

花火をしていました。




今は孫たちが

おじいちゃんを花火で

迎えています。





わたしの姉は、

父が亡くなったときの

年齢になりました。





また、わたしの息子は

今年年長です。




幼い我が子を残して

この世を去ることを思うと




父がいかに

早く亡くなってしまったのかと、




子どもたちの寝顔を見ながら

しみじみと思いふけっています。




そして


母が本当に苦労して

わたしたちを育ててくれたんだなと




感謝の気持ちで

いっぱいになるのでした。






わたしは

父との思い出がありません。




父に愛されて育っているのですが、

生身の姿を覚えていないのです。





母が話してくれる

思い出話や写真が

わたしの思い出になっています。




わたしが

父の生身を覚えているのは、

父のお葬式での姿です。



 
悲しい思い出のように

聞こえるかもしれませんが、



父のお葬式で伯母が

5歳のわたしを抱っこしてくれて


「まいちゃんのお父さんよ。
    覚えておいてね。」

と言って

棺桶を上から覗かせてくれました。





そのおかげでわたしは

生身の父の姿を

覚えていられたのです。





幼くして肉親を失うことは

決して不幸ではなく



そのおかげで

沢山の幸せを感じる力を

得ることができました。




幸せは

いつも近くにあるものです。



幸せなはずなのに

なぜか心が満たされていない、



いつも自分ばかりが

損をしていたり、



自分ばかりが

傷ついているように

感じているのは




あなたが不幸せだから

ではありません。




自分の人生が幸せなはずなのに

なぜか落ち込んでばかりいる方、

満足できていない方に、





9月6日、

わたしから

お伝えしたいことがあります。





9月6日の

シンデレラマインド

1DAYセミナーは

まもなく満席となります。





ずっと気になっていたけれど

なかなか申し込めずにいました

とおっしゃる方々が




ここに来て次々と

お申し込みをされています。





ご興味があっても

申し込む方と

そうでない方とでは




この先の人生で

大きな違いが出てくると思います。




大人になって

勇気を出すというのは




抵抗感があることかも

しれませんが、





やって後悔することは

ほとんどなくても




やらないで後悔することの方が

断然多いのです。





シンデレラマインド

1DAYセミナーの


詳細&お申し込みは







maikoはんの

鳥取推しがすごい話







未来が全く不安じゃない

今の生活を絶対に変えたくない

という方は、

わたしのメルマガには

決して登録しないでくださいね。




石野 麻衣子の

読むと《愛とお金に恵まれる憧れ女性》になるメルマガ