●●謝長・複写長・向上長・視点長・宴会番長を兼任中:灰谷幸の言葉磨きとオモロイこと探し(大阪風味)

●●謝長・複写長・向上長・視点長・宴会番長を兼任中:灰谷幸の言葉磨きとオモロイこと探し(大阪風味)

タイトル変えてみたけど、細かいことは考えてないので、また変わるかも(2016.2.23)


テーマ:

 

 

 

 

●年賀状の悩みを解消!

 

 

 

11月1日から、郵便局の「年賀はがき」の販売が始まりましたね。

 

はい、イキナリ本題。

 

【年賀状講座】のご案内です。

 

10月は、大阪商工会議所さんから始まって、経営者の会の月例会や、シルバー人材センターさんにもお招きいただき、すでに100名の方に受講していただきました

 

11月・12月も続々と開催します。

 

年賀状の困りごとを解決するヒント満載です。

 

 

上記チラシのテキストを、以下に転載しておきますね。

 

奮ってご参加ください☆

 

---------------------------------

 

定番・形式だけの年賀状にサヨウナラ

字が下手でも、絵が描けなくても、文章が苦手でも大丈夫

 

販促効果もアリ!

簡単で楽しみにされる年賀状講座

 

 

年賀状を送った相手から「楽しみにしています」と言われたり、「あなたと仕事がしたい」と思われたら嬉しいと思いませんか?

 

この講座は、絵手紙や筆文字、文章、写真、イラストといった「手法」をテーマにした講座ではありませんので、受講後、「気が楽になった」「楽しくやれそう」という感想が多数寄せられています。

 

 

年賀状の困りごとを解決するヒント満載!

 

● 仕事用、個人用、家族用など種類が多い

● デザインや文面を考えるのが憂鬱

● 形式だけの年賀状から脱出したい

● キレイな年賀状を作れない

● 作るのに時間がかかる

● 楽しみにされる年賀状を出したい

● 相手(もしくは自分)が喪中

 

 

以下のような仕事の方におすすめ!

 

セラピスト、カウンセラー、保険、士業、

金融、講師、美容、エステ、健康、介護、

医療、飲食、接客業、営業職、

クリエイター、アドバイザー、コンサルタント、

商品・サービスを提供する仕事、

クライアントの悩みを解決する仕事など…

 

 

■日時

11/12 (月) 15:30~17:10

11/12 (月) 18:00~19:40

12/4 (火) 13:30~15:10

 

※上記3日程からお選びいただけます(開場は各回20分前)

 

 

■場所

一般社団法人地域創生プランニング

大阪市中央区東心斎橋1-3-10

(長堀堂ビル804)

地下鉄「長堀橋駅」から2分

 

■参加費

3,000円(資料代含む)

 

■申込方法

申し込みフォームにアクセスしてお申込みください。

 

■講師

灰谷幸 はいたにみゆき

 

 

ライター/エッセイスト

株式会社リクルートでの営業職・制作職を経てフリーランスに。 広告や取材記事のライティングのほか、「夕刊フジ」「大阪日日新聞」、朝日新聞社「暮らしの風」など新聞・情報誌にエッセイ連載実績も多数。オフィス・ハッピー代表

 

 

 

 

 

 


テーマ:
 
 
 
●台風:要る心配、要らぬ心配
 
 
 
近隣マンションを見渡すと、ベランダに洗濯物やハンガーをぶら下げたままの部屋がたくさんある。
 
飛んで無くなってもいいけど、さ。
 
人や車、家に当たったらどないすんねん!
 
飛ばさんといてや〜。
 
以上、要る心配。
 
 
 
停電になってエレベータ止まったら、50階まで階段のぼらなあかん。どないしよ。
 
…って、うち、タワマンちゃうやん。
 
以上、要らぬ心配。
 
 
 
 
 

テーマ:

 

 

 

 

●隠れた問題点



今朝から困っています。

たったの二文字やのに、メモした文字が読めません。

小さくて読めないわけではありません。

字が汚いのも問題やけど、それ以上に問題なのは…。



昨夜寝る前に書いたのに、朝、全然思い出されへんことです。

 

 

 

 

 

 


テーマ:




●効果抜群:聴き流すだけ!




座ってる人は1畳に2~3人、立って並んでる人は1畳に3~4人。


お盆のお寺、人口密度高っ!


「待つ時間」は長いのに、

「持ち時間」はメッチャ短い。


当然、お経もヘビーローテーション。


「おんさんまやさとばん」


部分的に聞き取れるようになってきた。


聴き流すだけで、「お経耳」になったんか?



なんぼ聴いても、英語は「英語耳」になれへんのになぁ。






テーマ:




●スイカ激ヤセ




もう、立ってるのがやっと



2年半ほど前に一度お会いしただけの方からひょっこりメールが来た。


「変だと思わないでいただきたい」というか前置きがあり、「すいかを送りたい」と。


その方の地元の特産品。


スイカが大好物というのを覚えてくれていたのかもしれない。


「変でも、何かの間違いでも大歓迎。送ってーっ!」という気持ちを伝えた。


火曜日に届いた箱は、見るからにス・イ・カ。


6Pチーズと並べて記念撮影。




独り者の家に、10キロほどありそうな「へその緒」付きのスイカが丸々1個。


切って冷やすとき、冷蔵庫の板ガラスが重みに耐えられるか心配になった。


ご近所へのお福分けなど一切せず、独り占め。


これ、一週間持つかな


鮮度の心配ではなく、一週間経ってもまだ残っているかどうか。


火曜日スイカ、

水曜日スイカ、

木曜日スイカ、

金曜日スイカ、

土曜日スイカ、

日曜日スイカ




スイカで激ヤセ。




ちゃうちゃう。


スイカが激ヤセ。


すっかりスリムになったスイカちゃん、もう、立ってるのがやっとです。










Ameba人気のブログ

Amebaトピックス