イトちゃんと、ターちゃん

テーマ:

7/18に  避妊手術の前の検査をしてもらった

ヨーキーのイトちゃん


(病院で写真を撮り忘れたので、
トリミング時の写真であせるあせるあせる


血液検査は問題なかったが


何だか、膣に近い部分に腫瘍らしきものが

エコーで確認できた、、、と


それが何なのかは、エコーでは

はっきりとは分からないらしく、、、



もしかしたら、その腫瘍が尿道を巻き込んでいたら


お腹に、オシッコを出す穴を開けないといけないかもしれない、と


それは、お腹を開けてみないと分からないそうで、、、


そして、ちょうど 骨盤の裏側にあるために

お腹を開け、さらに骨盤をきり開いて

中を見てからの判断になるだろう、、と

かなり ややこしい手術になる可能性が高いため


十分に対応出来るようにたくさんの器具を揃え

他の手術は一切入れずに

手術に挑んでくれます!


7/23    

いとちゃん!!

手術頑張って 帰っておいでグーニコ







たーちゃん。。。


19日に 目蓋の 再縫合を頑張ったんだけど





今朝、、、あきらかに 様子がおかしい


全く動かず


ずっと、 目を細めて何だか辛そう、、、



口許に レトルトフードを近づけると


少しだけ食べてくれたけど


それ以上は顔を背けて食べない


目からは涙と目やにが出ていて


拭こうとすると 痛がって嫌がる


薬を飲ませ、目薬を入れて様子を見る




今日は息子のバスケの地区大会だったから


応援に行き、試合の間は娘に連絡して

たーちゃんの様子を確認


夕方、試合が終わり 急いで帰ると




ありえない程 目が腫れている!!!!!!


目からは膿の様な 目やにが 溢れ出し




グッタリとしている


たーちゃんを 連れて 急いで 病院に走る



目の手術をした 病院は日曜日で休みだったので

夜 9時まで診療している 

あんちゃんや、ぴんちゃんが手術をした
病院へと 車を飛ばす





たーちゃん

痛くてたまらないんだね、、


もう、飛び出してしまいそうなくらい

腫れ上がった 左目、、、


何度も 激痛に耐え 目蓋を縫われて

目が飛び出さないようにと 処置されてたけど


もう



限界のようだ、、、





今までの経緯を 先生に話して

たーちゃんから 痛みを取ってください!と

お願いした


獣医師も  

「もう、、、ここまで腫れていると

目蓋を閉じて目を引っ込めるのは

無理だろうね、、」と



小さなたーちゃんは 想像も出来ないような

痛みに襲われて

弱ってきているのかも、と、、、


このまま入院して点滴で 水分と薬を入れながら

タイミングを見て、出来るだけ早急に

眼球摘出術を行うことにした




たーちゃん


目の回りはただれてしまい

拭き取ろうも激痛で、できない



手術で眼球を取ってしまうと

顔面がイビツな形になるが



今感じている激痛を取ってあげられるなら

この子を苦しめるものは


その目だって   要らない


どうか 手術がうまく行き

元気になって帰ってきますようにキラキラキラキラキラキラ