ゆるくないべさ Vol.2

ゆるくないべさ Vol.2

「この道を行けばどうなるもの・・・」でもないんです。行けばわかるさ。ただのヨタ話。

頭隠してシッポ隠さず。

 

もちろん、正確な統計を取っているわけじゃありませんが、いつもの公園はノーマスクの方が増えてきたような気がします。(とりあえず、絶滅危惧種であろうマスク警察の尋問に備え、マスクを腕に通したくらいにして。(笑))

気が付けばこんな記事を目にしました。

これって、ワクチンって効果ないんじゃないの?的な記事で、コロナ脳という病におかされた方は、「変異するから。」とかいろんなご意見があろうかと思いますが、お国(厚労省)の発表ですから、数字は数字です。杜撰な数字の拾い出し、屁のツッパリや嘘はいかんでしょう。

鳥も鳴かずば撮られまい。

 

キッシーは、国民にマスク装着をお願いし、ノーマスクの海外要人とお会いする際、自身は相手に合わせてノーマスク。

根性あるところ見せてみろよ。などとヤンキー的な熱い思いが脳裏をよぎりますが、その辺は小さな声でつぶやくことにします。

 

そんなに、コロナって・・・ワクチンって・・・。

 

この国においては、経済的に「失われた30年」。コロナに「失われた3年。」どれもこれも、わからない時は様子を見る。それなりの対策を講じる。わかってきたら、それ以前と別な方策を決める。為政者の無策に翻弄されるのは今に始まったことじゃないのですが、何とも・・・

 

野生動物は、ただひたすら己が生きるために生きている。決して遊んでいるわけじゃないんですね。

すべてを自分ルールで生きていくってのも、かなり大変だろうけどね。

 

まあ、同調圧力に付き合ってあげないと、変な人とされるわけです。

まだしばらく、この国のフツーに扱ってもらいたいヒトはマスク生活です。

#52

麺厨房 あじさい 札幌エスタ店

札幌市中央区北5条西2丁目

 

おかげさまで白くはなってきたものの、自身の頭髪はオオメです。若い頃、「あんたの場合、料金二倍ね。(笑)」と床屋の父さんに冗談を言われたこともあります。となると、髪の少ない方は半額?そうはならないべ。(;^_^A

ところで、"セクシュアルハラスメント"とは「相手方の意に反する性的な言動で、それによって、仕事をする上での一定の不利益を与えたり、職場の環境を悪化させたりすることだそうで、自分の認識じゃ、多くは男性が女性に対して行うことで問題になるものだと思っています。

ところが、英国じゃ「ハゲ発言」で女性が男性へのセクハラ認定

笑っちゃ失礼ですが、元国会議員もセクハラで訴えられちゃうかもしれません。当たり前ですが、言葉ってTPOをちゃんとわきまえないと、どう受け取られるかでハラスメントになるから気を付けましょうね。

そんなわけで、髪ふさふさのオッサンたちの締めの一杯です。

函館の雄。あじさいさん。

ホールのオネイサンは一人で、大変お忙しそうです。ちょっとイラついたペッパー君みたいに「イラッシャイマセ トウテンワ シオアジガオススメデス。オミズ チョウミリョウワ アチラノテーブルニゴザイマス。」と、次から次からとお客さんをお迎えしています。

ほんのりと魚介感漂う塩味。

 

なんですが、今の世の中どこでも人手不足。かといって、経営上、働き手を増やすと経費が増え、それこそお店が回らない。

雇用側は「低コストで賄える優秀な人材募集。」てのが本音なんでしょうが、屁理屈をいうと「優秀な人材」なんだから高給であってしかるべき。でしょ。なんてね。

 

浮かれ気分の高度成長とバブル景気。リーマンショック以降の失われた30年、コロナ不況・・・オッサンたちの昔話の締めには、ご時世なのか、ちょいとしょっぱい感じがするお店の一杯でした。

いつも何かに怒っている人っていますよね。会社なり組織なりスポーツなり、どこの集団においてもルールがあるにも関わらず、噛みつき怒りをぶちまける方がクルマという密室でしかも隣に鎮座している(そもそもお付き合いしなければいいw)状況の中じゃ、なんともはや逃げ場がないもので、とりあえずコンビニ寄りますねと一拍置くしかありません。

ググってみるとストレス耐性は脳内の「セロトニン」というのが関係しているらしく、ほほーといったところです。

そんな時は、タンパク質が心穏やかに持っていける食材の一つのようです。

なんてことはありませんが、お好みの固さの茹で卵を拵え容器にポン。お好みの麺つゆなりウスターソースなりの液体投入。中蓋を落とせば表面張力のおかげで汁がゆで卵全体を覆います。最後に外蓋を押さえ、しばし待つこと数時間。

ほーら、美味しい味玉の出来上がり。

 

この調理器具を先日のいつも怒っている人にオススメしたところで、「何でそんなことしなきゃならんぇんだよ。めんどくせーな。」となるでしょうから、「そーなんですね。」と、そんなイライラには付き合ってあげず、ココロは丸く聞いたふりしてあげるのが身を守る術なのかもしれません。

 

ダイソーの味付けたまごメーカー、マイブームです。(^^)/

#51

らー麺 山さわ

札幌市白石区栄通2丁目8−25

 

左寄りの方は不快になるやもしれませんのでお読みならなくって結構です。

討論番組を見ると、昨今のウクライナ情勢において、この国の置かれている状況を鑑み「打撃力」やら「憲法改正」、「核武力シェア」が議論されています。なんといいますか、左寄りの方は、議論することすら否定するわけですから・・・その方が、国会議員ともなると、もはや税金の無駄遣い以外の何物でもないと思いません?

ウクライナの姿は、明日は我が身。しかも、極東に鎮座するホッカイドーって危ないでしょ。

おでこに「憲法9条」って書いたところで、だれも守ってくれません。助けてくれません。

いくら仲良しなふりをしても、最後は、自分がカワイイわけですから。

思えば、戦後地図上で、留萌と釧路に直線を引き北側はロシア、南側は日本にする的な話し合い?案?があったとかで・・・

もしもそうであったなら、妻と出会うこともなく、面白いボンズたちの子育ても楽しめなかったわけです。

 

平時であるが故のラーメンです。

色相は、セメント系ですがドロッとした感は無く、味わいは濃厚な煮干しです。

 

他者なり、知りえない事柄に対し否定から入るのではなく、知らないことは知らない。→味わってみる。→旨いんじゃね!?

 

あっさり煮干しを食した連れは、中々の度量があるようで、これもイイネ。

やはり、日々大きくなっている感のあるお腹と同じく、人としての度量も大きくなっているようです。

少しだけ細くなる努力が実ってきた自分にとっては、懐の深さが浅くなりつつもあり、対局にある大御所にはかなわないと思わさる母の日です。

#50

麺乃夢恋(メンノムコウ)

小樽市春香町361-1

 

今年のGWは10連休って方もいらっしゃったようですね。10連休最終日ですよ。社会復帰の準備はできましたでしょうか。動的ストレッチでもしてカラダを温めておきましょう。(大きなお世話でした。すいません。)

 

↓最近は毎朝コレやってます。

 

たまにこちら方面。宿題店でした。

チャーシュー、メンマ、アジタマ、ネギ。の定番はもとより、カイワレ、タマネギ、糸唐辛子等々でにぎやかに覆われた煮干中華そば。

ストレート麺を選択。プリッとした麺。

品のある一杯。

たまに足を延ばすと、美味しい出会いが有ったりします。

 

お休みが長かった方もそうじゃない方も、日常に戻りましょう。

美味しい日常が続くといいです。

#49

何処にでも鬼門的な場所ってありますね。

新しいお店ということを知り、ググってみたら、あの場所・・・

勇気凛々、のれんをくぐり食券を購入。

しばらくして登場。

なんともまあ・・・・

 

気を取り直して百均。

あ、これこれ。欲しかったやつ。

お好みの茹で加減のゆで卵ができてしまえば、あとはコイツのお世話になるだけ。卵状の形状と中蓋(液体の表面張力を利用)がいい感じ。

 

もう母は他界しており手紙を書くこともありませんが。

「母さん、自分の毎日はおかげさまで大体の幸運に恵まれています。

とはいえ、たまにラーメンを外したりもしています。」

 

母の日に手紙書いたことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

#48

ラーメンの味龍

札幌市東区東苗穂7条3丁目6−3

 

毎日、毎日、風の強い日が続きますね。

以前携わった仕事じゃ、風速10m/sが強風とされており、作業を中止しなければいけない悪天候なわけです。当然、自分にとっても、先日手に入れた中古バイク、物置で眠っているスポーツサイクル、へなちょこ鈍足、二本の脚も作業中止です。

緊急事態もマンボウもないGWというわけで、少しだけ人の移動が多いように見受けますが、マスクのルールは曖昧なままで、ふと垣間見るクルマの中じゃ、とある家族連れはノーマスクで談笑やら4人すべてがマスクだったり、いろいろありますわな。とはいえ、ドライバー一人なのにしっかりマスク。???

最近は、マスク警察?自警団?なる種族もすっかりと息をひそめた感がありますが、屋外のバス停や歩行者もしっかりとマスクをしていらっしゃいますね。

でもって、今日みたいな強風時、本当にマスクって必要なのか考えてみると、風速10m/sなら、時速36km/h(時速(km/h)=秒速(m/s)×3.6)ですから、自分の吐いた息が時速36km/h(街中のクルマの走行スピード程度)で動いていくわけで、もしも対面した方と瞬時に交差すると、互いに反対方向へ向かうわけで、36km/h×2だから時速72km/h。高速道路の遅い流れみたいなスピード。

屋外じゃ2m離れてみたいなことも見聞きしたこともあるんですが、今日だったら、ハイスピードでこっちもあっちも吐息が希薄になりつつ風に飛んでいくんだから、屋外ってマスクっていらんっしょ。(笑)

 

そんなわけで、着丼までのマスク装着のパフォーマンス。

いいラードの照りに覆われたしょうゆ味に浮かぶネギダク。

スッキリとした醬油の旨味と、ほんのりお酒が香るモモ肉のチャーシュー。

茹で加減もいい感じです。

少し値上げしたようですね。このお店で初めて見た4桁のメニュー。(チャーシューメン)

 

キッシーの支持率は高いようですね。「何もしないから。」(何かをしだすと、野党やメディアが騒いで、足を引っ張る)という評論もありますが、この一杯を含め民間人は何でも値上げ値上げの逆風の中で頑張っている。

マスク一つとっても、誰かが(政治が)ガイドラインを決めなきゃならんのだろうけれども、検討士キッシーじゃ無理だろうし。参院選終わらないと無理かなというあきらめもあります。

 

逆説的に、キッシーは風を読むのが上手いのかもしれません。

#47

拉麵いそじ

札幌市豊平区月寒東5条18丁目8-16

 

こちとら、Z世代と比べりゃもちろんデヂタルオンチだと自覚しております。('◇')ゞ

このご時世、必要に迫られて先般作った銀行口座。今どきはキャッシュカードは貰えるものの通帳は無いんですよ。「スマホのアプリで・・・」ということなので、BANKのオネイサンの言われるがままポチポチっと利用させていただいております。

ところがどっこい、山口県の新型コロナの給付金の手違い問題。役所と銀行のやり取りが「フロッピーディスク」だった(記憶じゃ30年前くらいには利用していたくらいの記録媒体?)というのも驚きで、今のPCじゃ外付けドライブを購入しなくちゃいけない時代でしょや!?(笑)

これほどまで、過去を踏襲するというのも、役人の頭のというか組織の硬直性にあきれちまう次第です。

そんなわけで、これぞミソラーを欲したものでいそじさんです。

美味しいですよね。しっかりとしたけやき系の味噌味。美味しい麺。

ジューッ、ガンガンと炒められたであろうひき肉を最後まで味わおうと蓮華で啜り続け、気が付けば完汁。

辛いラーメンも人気があるようです。(自分的には、フツーの味噌ラーメンで汗だく。)

コロナ禍、原材料高、ご苦労しつつも進化しているんだろうね。景況感に振り回されない役所とは大違い。

 

そんな事より、間違った役所は間違いとして謝罪しているんだから、受け取った(自分なら受け取らないけれどもね)方は、速やかに返納すればいいのにね。人間したことしか返ってこないわけだから、同じくらい痛い目を見るよ。明日は我が身。

 

取り巻く環境の変化を読み解き、前に進み、頑張っている。お店の清潔感といい誠実さを感じる一杯です。

そば哲 本店

勇払郡安平町東早来259-39

 

蕎麦屋さんのかつ丼はいいですよね。セットものだとかなりのお得感で、美味しい丼×2なわけで幸せ至極。

甘辛いかえしを真面目に作っている証拠です。

いいでしょう。このかつ丼。

美味しい蕎麦です。上手ですよね~(偉そうですみません。)

サイドメニューに苦みが嬉しい、浜ボウフウの天ぷら。

 

卓を囲む面々は齢を重ね、「幼少の頃はピーマンやセロリ、コーラ、コーヒー等々苦みのあるものは食べられなかったってーのに変わったもんだね。」「子供ってーのはさ、なんか、苦いものは、毒だという認識を持つから食べられないんだよね。大人になると、味覚やら知見が増え学習するらしいんだよ。」などと、チコちゃん顔負けの蘊蓄が出てきたりして。「黙食」の掲示が意味の無いことになっちまいました。(失礼)

 

そうはいっても、未だにお子ちゃま嗜好チックに、甘じょっぱい汁に覆われたカツが、美味しい白いご飯の上に鎮座するかつ丼は。老若男女。自分の齢がどう変わっていこうと、愛すべき丼ものです。

美味しいかつ丼、美味しい蕎麦。幸せ~。(^^)/

#46

ブタキング札幌環状店

札幌市東区伏古1条5丁目6−13

 

人間は未来を予測できないわけで、「専門家」と言われる方でも、ロシアのクリミア侵攻の可能性について、ごく一部の方は「ある。」大多数は「ない。」と予測していたわけです。

話は違いますが、昔、「ノストラダムスの大予言」というやつで、1999年に恐怖の大王の降臨があるとかで、終末思想を予言していたにもかかわらず、見事に何もなくのほほんと暮らしていましたね。今でも読み解く方がいらっしゃるようです。第三次世界大戦、UFO、大洪水、世界の基軸通貨「米ドルの崩壊」。等々、さもありなんという予言の数々

どう、受け止めてよいのやら。(;・∀・)

まあ、結果論として後付けの解釈次第じゃ、「最悪のケースにならなくとも、そういった事象は少なからずともそういった予兆みたいなことは起きたわけで信じるのか信じないのかはあなた次第です。」みたいなところに落とすんでしょう。

 

そんなわけで、ラーメン。(アブラマシ)チャーシューがアブラにうずもれていますが(笑)

まろやかで、滑らかな味噌ラーメン。いい感じの一杯。

シャリシャリっとしたニンニクもいい感じです。

少しヤワメに茹で上げられた麺。

時間軸でいうと、過去を学んだ結果としての現在の有り様。悲しいかな人は過去から現在そして未来へのベクトルが続くことを「予測」し未来像を描くことしかできません。渡辺真知子氏の「迷い道」の歌詞に真理があるのかもしれません。

 

今日も、何処にしようかと迷いつつこの一杯。

これからも、迷うことなくこの味を守り続けてほしいものです。もちろん「これからも続く。」予言や予測ではありません。

 

未来への希望の無い世の中には絶望しかありません。

数多のネガティヴな予言が、またもや外れることを願います。