松山市駅前の鍼灸院 | 花園鍼灸院

松山市駅前の鍼灸院 | 花園鍼灸院

松山市駅前にある花園鍼灸院です。日本の鍼(はり)とお灸を行っています。


        寒暖の差で風邪などひいておられませんか?


        季節の変わり目に各種アレルギーなどに悩まされる方


       そろそろセルフケアのお灸を始めてみませんかひらめき電球

おはようございますニコ

当院のある松山市の花園町では、来週より開催するイベントの準備で地元商店街組合の皆さんを中心に、今年6月頃より準備が着々と進められていますアップ

今回、当院は出店することはないのですが(というより、事情により当日の参加もできませんぐすん)、来月以降は何か考えたいなと考えております音譜

 

ところで、そのお世話を中心的にしてくださっているお一人で、Fさんという方について、少しかいてみたいと思いますUFO

 

その方は背が高く、50代後半から60代半ば(と見受けられる)方なのですが、なんせいつも明るいのですロケット

 

些細なことでも、人に何かお願いしてしていただく場合、それがその方の利益に繋がるようなことであっても、なかなか快く協力してくれるとは限りませんとかげ

 

Fさんもそういう立場の方ですので、大変だなあと思っているのですが、Fさんから人に対するマイナスなコメントを聞いたことがないのですヒヨコ

 

そこでラインでのやり取りの中で、私が「いつも明るくて良いですね!」とメッセージを送りましたヒヨコ

 

すると「いつも心で泣いています(笑)」と返信がありましたペンギン

 

「顔で笑って、心で泣いて」。そういうのあったなーと、ちょっとハッとして、しみじみと感じ入りました足あと

 

そうなんですよね。いつもニコニコしている人が、おおらかで、明るくて、「(その人になら)何言っても大丈夫な人」な訳ないですし、実際のところ、そんな人なんていないんじゃないでしょうか?

 

Fさんにしても、今はそのように振る舞えても、仕事が増えすぎたり、人間関係上の負担が大きくなりすぎたり、あるいはご自身が歳をとって体力に余裕が無くなったり、なかなか改善しない体調不良をきたしたりすると、そうはいかないかもしれません。

 

〜明るい人なんていない。明るく振る舞っている(振る舞えている)人と、そうじゃない人がいるだけだ。〜

 

それはちょっと言い過ぎでしょうかてんびん座

 

大事なのは人が明るく振る舞えるような状況を作ること、そして自分が健康でいることじゃないかなと思いますクローバークローバー

ひさしぶりの投稿です真顔

こんな感じで、思いついたようにするやり方を「タヌキが石を投げる」というのだそうですショックポータルサイトに鍼灸に関する記事を書いたり、患者さん向けにラインにメッセージ投稿したりしている間に(そちらの方も決してマメではないのですが)、ブログが(事実上)ほったらかしとなっておりました・・・ショックショック

 

さて、今回は開院した当初から今までを振り返って書いてみたいと思いますニコ

 

私がここ松山に鍼灸院を開いてから、今年の5月で丸20年が経過しました音譜ひとえに家族と信頼して通ってくださる患者さんのお陰だと思っております手紙

 

思えば開院してからしばらく(10年間ぐらい)、私は「なるべく早く良くなって頂くことが重要で、リピートしてもらう(長く通ってもらう)ように誘導するのはいかがなものか」と考えていましたロボット

 

というのも、なかなか良くならない症状の中には、鍼灸という、医療を含めたあらゆる施術にはないアプローチだからこそ改善できるものもあると思っていましたし、出来るだけ早く結果を出すことが重要だと思っていたからですカギ

 

もちろん、今でも出来るだけ早く改善した方が良いと思ってはいますが(急性の症状についてはそうですね波)、当初とは少し考えが変わってきたところもあります手裏剣

 

それは、それまで「施術所本位なのでは?」と躊躇していた「リピート」ですが、必ずしそうではなく、ある意味「患者さんにとっても大切なこと」かもしれないと思うようになってきた、ということですサーチ

 

この20年の中には、10年以上、継続して通ってくださる方も何人かおられます。ある程度、長く営業している施術所ならどこにでも、こういった患者さんがおられると思いますあし

 

つまり、そういった方を通じて、なかなか完治しないもの、つまり一生を通じて付き合っていく病や不調というものを抱えておられる方(気づくと私自身もそうでした笑い泣き)が、思っていた以上に多いということを実感したのですね(今さらではありますが将棋

 

ですので例え「完治」できなくとも、自分にとって「緩和」や「軽減」ができ、多少なりともQOL(生活の質)をあげられるできる場所がある、というのは日々のくらしの中で重要なことなのではないでしょうか宝石白

 

患者さんの様子をご一緒に確認しながら、患者さんといっしょに少しでも症状が改善されるように施術やアドバイスをさせていただく・・・それは一見、「リピート」のための手続きのようではありますが、患者さんの「受けないより、受けた方が良い(ラクになる)」という実感がなくては成り立ちません。ですので患者さんにとっても手応えがあり、当院に対して信頼を寄せていただく中で、結果としてリピートに繋がった、ということだと思うのですヒヨコ

 

この「結果としてのリピート」なのだと思うと、「もっとリピートして頂きたい」と思うようになるのですから、不思議なものですしっぽフリフリ

 

あまりたいしたことはできないのですが、どうぞ今後とも当院を宜しくお願いいたしますキラキラキラキラ

 

6月最後の日曜日ですねびっくり

 

思えばこの半年、あっという間に過ぎ去ってしまいました新幹線前

 

3月後半より全ての出張がなくなり、ラインやズームを使った会議や研修などが恒例化していますPC

 

週末はほぼ出ずっぱりでしたので、当初は体もラクでいいなと思っていたのですが、さすがに3ヶ月も経つと出たくなってきますベル

 

街中にも人出が戻ってきましたあし

 

さて、そうは言いながら、6割強は「withマスク」状態ですので、「そうだこのうちに」と金曜日にイボとシミを取りに、三番町の「SAORI皮膚科」に行って参りました病院

 

特に5、6年前からできたイボ(5ミリと1センチ強)がどうしようもなくなっていたのですバレエ

 

部分麻酔を2、3本ほどして削っていただき(無痛)、あとはシミを「パシッ」と焼いていただきました。この「パシッ」という音とともに発する強くて赤い光と痛みは、一瞬とはいえ、結構インパクトありますテニス

 

事前に「痛い」とは聞いていましたが、実際に体験することができましたので、今後もし「鍼灸を受けたことはないけどシミ取りレーザーを受けたことはある」という方が、「鍼の痛みって、レーザーと比べてどうですか?」とご相談されたら、「レーザーの1ショットを「痛み」で表現するなら、鍼は(鍼が)触れた感じすらしないと思いますよ」とご説明できるかと思いますねアップ

 

2週間はシートを張ったまま過ごすことになりますが、化粧も普通にできるとのこと化粧品もちろん、シート部分は化粧では隠せませんがガーン

 

「工事部分」の大半はマスクから出ちゃっていますので、実際にはマスクで隠せてはいないのですが、顔面から受ける強いインパクトを軽減してくれています18禁

 

あとは、このウィズマスクの季節を利用して、歯の治療やホワイトニングなんかもいいですよね歯

こんにちはニコ
暑さの盛りは過ぎましたが、何となく体がだるい、ということはありませんか?
そこで✨10月6日に花園町通りの東側芝生エリア(当院のすぐそと)で
 
夏の疲れをとる お灸カフェ
 
を開催します✨
季節の変わり目に体調を整えて、味覚の秋を満喫しましょうニコ
皆さんのタイプにあったセルフケア(ツボの場所)をご紹介いたします。
詳しい内容は、下のサイトからご確認ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScgqNGLAPj0yR83qM0VOf2GQ77jND6ATTtjl7gmdtrysWiU-A/viewform

こんにちはほっこり

すっかりブログの更新から遠ざかっておりましたガーン

ほぼ毎日更新していたころが

大昔の事になってしまいましたぶーぶー

 

そろそろぼちぼち始めさせて頂きたいと思います

 

久々にAmebaにログインしたら

フェイスブックとの連携サービス近々終了するようですね・・・流れ星

 

月日の移り変わりについていかないと、ですぶーぶーぶーぶーぶーぶー

 

こんばんは、と言っても外は明るいですねショック
急なことで大変申し訳ありませんが、明日は終日お休みいたします。

ご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちはニコ

年があらたまり、すでに10日目を迎えましたが

この所の冷え込みは本当に厳しいですねゲホゲホ

 

さて、先日お伝えした愛媛新聞カルチャースクールの

お灸とケアの内容について加筆・修正させてください

 

1月:花粉症

2月:皮膚のトラブル

3月:肩こり

4月:「こころ」の準備

5月:目の疲れ

6月:膝痛

 

 

となりますてんとうむし

 

今月は「花粉症」で、1月13日(土)13時~15時となりますモグラ

 

皆様の体調に合わせたツボとお灸のタイミングについても

ご紹介させていただきますので

どうぞよろしくお願いいたしますおやしらず

 

受講のお申し込みは

3ヶ月単位(1月~3月、4月~6月)となっております天使

 

お申し込み先

愛媛新聞カルチャースクール事務局

TEL:089(935)2361

FAX:089(934)2471

こんばんは
今年も残すところわずかとなりましたウインク
しみじみとゆく平成29年をかみしめたい感じもしますが
実際には年内に終える予定にしていたものをどうにかこなそうと慌てていますかたつむり
でも、難しそうですガーン
ところで、当院の鍼は、いわゆる日本的な浅い鍼ですが
その効果は、東洋医学の「陰陽論」が関係していますモグラ
「陰陽論」とは、簡単に言うと
世界(現象)を二つの対立した概念に分けて、それらの関係(関わり)から
起こっている現象などを説明しようとする考え方ですペンギン
浅い鍼が、体の深いところで営まれているメカニズムに作用する、というのは
「鍼で神経を刺激する」という説明だけでは、カバーしきれないところがあるのですが
でもそれが鍼灸の面白さでもありますねおやしらずおやしらず

こんばんはUFO
特にクリスマスを感じることもなく
26日まで過ごしてしまいましたうーん
ところで、来月1月から、毎月(基本)第3土曜の13時から15時まで、久しぶりに愛媛新聞カルチャースクールでの講座を再開することとなりましたニコ
受講希望者の方が、事前に3回分の申し込みをされることを考慮に入れて
毎回色々なテーマでお灸で出来るケアを紹介しつつ
3回で「東洋医学ってこんな感じ」をつかんで頂ける内容にしたいと思っています虹
6日(土)はお灸で出来るケアのテーマは「こころの準備」です
心が春先にちょっと不安定になる方、今のうちからかるーく備えませんか?
ご興味のある方は 愛媛新聞カルチャースクール事業部までご連絡くださいおやしらず


電話 ‭089 935 2361‬
メール jigyo-cul@ehime-np.co.jp