マダム池尻の

ミリオネアコーチングのお時間です。
 
 
最近流行っている?ミニマリストって
如何様に思いますか?
 
 
 
モノがないというより、
モノを持たない生活なのですが…
スッキリすぎて寂しい〜
 
 
 
そんな私は
ミニマリストには向かないのかも?
 
 
 
ミニマニストを云々言う前に
いらないものの処分をせねば...
これが一番の問題でございます!
 
 
 
と言うことで
’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’
本日のミリオネアコーチングは
「毒妻」は「毒親」の遺産?
 
‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’‘’
 
 
結婚はビジネス・夫は商品・家族はチーム
これが「THE MADAME.」のコンセプト!
 
 
 
ところが、結婚はビジネスと聞いて
勘違いする女性が多いのでございますのよ。
 
 
 
そんな女性は大方「毒妻」。
 
 
 
以前、不毛の妻、不作の妻をテーマに
その以前の以前には、悪妻、猛妻、恐妻、など
ブログに書いたことがございます。
 
 
 
今回はその3段と言うことになります。
 
 
 
何年か前に
スーザン・フォワードの「毒になる親」
が出版されて、「毒親」という言葉が流行!
 
 
 
「毒親」などあり得ないというひといれば、
いえいえ、やっぱり「毒親」はいるよと...
 
 
「毒親」はNHKでも取り上げられたそうで...
 
 
過激な言葉だからいろいろ意見は出ますよね。
そうだ、そうだ!といえば、いいえ、ちがう!
と反対論する人がいる。
 
 
いま、世間を騒がせている
子供を虐待死させたり餓死させたり 
そんな一見普通の顔した親がまさかのさか…
 
 
そんな親を「毒親」と言わなくて
なんと言えばいいのでしょうね~
 
 
 
さて、「毒親」についてはまた後から...
その前に本題「毒妻」についてです。
 
 
 
 
「毒妻」
モラハラ妻どころではございません!
まさかと思うでしょうが…
 
 
 
「昆虫妻」か「爬虫類妻」
と言った方がいいかもしれません。
なかでもオスを噛み殺し呑み込んでしまう
カマキリやタガメのように強烈...アングリ!
 
 
最近このような女性が増えたのも確か。
というのは、「毒親」のせいといえます。
 
 
 
毒妻の特徴】
*自分が常に正しい。
*夫をオントロールしようとする。
*平気で嘘を言う。
*常識を盾に攻撃してくる。
*誰に対しても感謝がない。
*細かいことで文句が多い。
*夫に厳しく自分に甘い。
*外では良妻賢母を演じる。
 
 
 
「毒妻」の親である「毒親」は
必ずしも母親とは限りません。
「毒妻」は父親にも影響されています。
 
 
 
自由だ!平等だ!
確かに自由も平等も大事!
 
 
自由や平等と引き換えに
女性らしさや妻らしさや母親らしさや慎ましさなど
失っていく女性が多くなりましたよね。
 
 
 
急激な社会の変化に人の心は付いて行けず、
失うものの方が大きいといえます。
 
 
しかし、出産は相変わらず女性の役割。
父親の育児参加と言ってもまだまだ・・・
 
 
 
出産や育児のストレスは本性をむき出しにする。
やがて、エスむき出しの赤ちゃんに心はかき乱され、
隠し持っていた強烈な毒が回り出すのです。
 
 
吐き出さないと自分に毒がまわり自滅してしまう。
だから、夫に向かって吐き出すのです。
おお〜、恐!
 
 
そんなことはないと思っているあなた、
グレートマザーという言葉を知っているでしょう。
ユング心理学の要、元型理論です。
 
 
母親はマリア様や慈母観音のような面と
子どもを呑み込む大蛇のような恐~いところを
持ち合わせているのです。
 
 
毒を盛られた子供は毒親になります。
 
 
【「毒親」に育てられた「毒妻」の特徴は…
*言葉を否定的に受け取る。
*被害者意識が強い。
*夫と口論するのが普通。
*疑い深い。
*「毒親への不満を夫にぶっつける。
*自分と夫が不釣り合いなことに気づいていない。
 
 
 
あなたに思い当たることありませんか?
「毒親」を変えたいと思っても無駄骨です。
「毒親」は絶対に変わりません!
 
 
 
「毒親」.を持った多くの人は
*.自分の苦しみが無くなるように親を
変えようとする。
*親の愛情を勝ち取るための施策を必死に考える。
*親の考えや言動に対して感情的に反応する。
*いつの日か親は真心のこもったサポートを
与えてくれるだろうとという幻想を持つ。
 
 
 
このように「毒親」に育てられると
生涯、愛情と理解と承認を求め奮闘し続け、
もがく人生を背負うことになるのです。
 
 
 
「毒妻」はもがいています!
しかし、ご亭主殿、
もはやあなたは救世主にはなれません。
 
 
あなたは神でもないし、仏でもない、
ましてや、セラピストのようにセラピーが
できるわけでもありません。
 
 
仏心から「毒妻」を助けようなど、
無謀にも荒海に飛び込むようなもの!
あなたが溺れ死ぬのは目に見えています。
 
 
それどころかカマキリやタガメ同様に
噛み殺されてしまいます。
 
 
気がつけば
家もない、家族もいない、仕事もない!
 
 
なん年か後には、TVのドキュメンタリー番組
「下層のひと」などといった番組取材を
受けているかもしれませんよ(笑)
 
 
いえいえ、私、
冗談をいっているのではございません。
 
 
 
自分の妻が毒妻」と気づくや
「即刻別れなさい!」
悪いことはいいません!
 
 
私は結婚カウンセラーではないし、
離婚カウンセラーでもありません。
 
 
私は心理セラピストでメンタルコーチです。
心理学的に申しているのでございます。
 
 
あなただけではない、あなたの大事な子供も
「毒妻」に毒を盛られ一生のたうちまわるのです。
 
 
それでもいいのですか?
 
 
ところで「毒妻」と思うそこのあなた、
思う節あれば今からでも遅くはありません!
あなたも変わることはできます!
 
 
 
セラピストのドアを叩く勇気があれば...
 
 
 
本日は少々過激でございましたかしら?
 
 
 
というところで、
マダム池尻のミリオネアコーチングでした!