懐かしのあの場所

テーマ:

こーくんと二人でデートしてきました。


行先は ここ!

hanamor

こーくんが2、3歳の頃によく遊びに行った場所です。

まさに7年ぶり!帰ってきたよーーー(笑)



ここはライオンとかトラのような猛獣はいないんだけど

絶滅が危ぶまれる動物たちが暮らしています。


のんびり穏やかで、こじんまりとした印象はあるけれど

結構広くてアップダウンもあるので、歩きごたえがあります。


まだ本当に小さい頃のこーくんとここに来た時のことを思い出して

あれこれ話しながら歩いて、すっかり回想モードになってしまいました。




コアラもいますよー。

ガラス張りの部屋にいるんだけど、けっこう間近に見えます♪


hanamor

ぺったんことくっついて眠っています。

めっちゃかわい~。



「ほのぼの広場」 には、ポニーやヤギ、ヒツジなどがいます。

hanamor
なんとか手を伸ばしてヤギをなでなでするこーくん。

手洗い場があったので、土日にはふれあいOKなのかも。




実はこの日は、自然教室から帰った翌日。

「自宅学習」の日でした。

でもねー・・・たまには二人でお出かけしたいのよ。母は。


というわけで、「生物の勉強をしに行こう♪」と出かけてしまいました。



ショウちゃんが学校から帰るまでのタイムリミット付きだったので

動物園にいたのは3時間ちょっと。

それでも、こーくんの万歩計は13000歩! いい運動になった♪





「どこに行きたい?」と聞くと「動物園!」と即答したこーくん。

もう5年生なのに・・・と思いつつも、

変わらないこーくんが可愛く思えたりして。


いちばん良かったのは 「ゾウ」 だって。

小さい時からゾウさんの前では長かったもんねー。



園内の池で見つけたおじたまじゃくし
hanamor
後ろ脚が生えています。

カエルになる日も近いぞー。


最近のわたし

早い!早すぎるっ!

もう6月ですよ。


えーと5月は何してたんだっけ?


サッカー・・・は書かなくても分るよなー。


そう!

春休みぶり(変な表現だな)にTちゃんちに遊びに行ったんだ。

7、8時間いたんだけど、こーくんはいつも言う。

「まだ10分くらいしか遊んでない!」

楽しい時間はあっという間だよね。

かーさんだって、あれだけ喋っても喋り足りないもの(泣)



あとは何してたかなー。



今年は子供会の会長を引き受けちゃったのと、

PTAの成人教育委員もやってるので、

学校の運動会、自治会の運動会、家庭教育学級の準備・・・

と、アタマ完全にパンク状態で過ごしてました。

運動会が終わったので、ちょっと余裕ができました。かな。



今年は早々に梅雨入りしちゃって、

最近は週末のサッカーも中止続き。

雨が降る平日は、家にお篭りして、You Tube祭り。

あ。雨が降らなくてもお篭り率かなり高かったかも(^^;

CD聞いたり、DVD見たりしてました。


今日はねー。

大好きなRAGFAIR(活動休止中)の礼央くんが立ち上げた

新しいプロジェクトが動き始めました。

曲も配信されて、朝から気分いいんです♪


なんてことはないけれど、こんな感じの最近です。

サッカーネタが続いてるなぁ。ま、いいかー。


15日の日曜日、行ってきました。等々力へ♪

 

この日は練習後、キックオフまで時間があったので

等々力公園内に設置されたフロンパークへ♪

hanamor

4人のサッカー小僧とうろうろ。

 




この日の対戦相手は、鹿島アントラーズ。


hanamor



アウェイ席にはたくさんのサポーター。

hanamor

真っ赤!




結果は3-2で勝利☆


ジュニが決めた~!しかもアシストは憲剛~!

山瀬は移籍後初ゴールを決めた~!

この間のジュビロ戦で初ゴールを決めた悠も決勝点を決めたし、

大好きなノボリもシュート打ったし♪


後半ロスタイムで鹿島に追加点を許しちゃって

やや追い上げられ気味の中での勝利だったけど、

勝ってよかった♪





この日の衝撃的は、「ブーイング」。

選手紹介の時、鹿島サポーターからブーイングが。

私はびっくりしたけど、どうやら普通らしい。

でも、フロンターレはブーイングしないよね?

他チームに移籍した選手も拍手で迎えるもん。

私たちにとっては、初めてのスタジアムが等々力で、

こうやってフロンターレを応援しているもんだから、

拍手で迎えるのが当たり前だと思ってたんだけど、

ちがうんやねーーー。びっくり。


移籍した選手だけじゃなく、力のある選手にもブーイングですよ。

こういうもんなのかい?軽くショック。


他のチームに嫌悪感を抱く、とかでは全くないけど、

「これがサッカーなんだね」と思うと同時に

「フロンターレのサポーターでよかった♪」と思いました。