GWに滞在したTファミリーの屋久島旅行記 その2 | 屋久島HANA MANA日記
2011-05-15 10:22:04

GWに滞在したTファミリーの屋久島旅行記 その2

テーマ:屋久島世界自然遺産
  ◆関西在住のT(子ども兄弟と両親の4人家族+犬の竜馬)の旅行記 その2



☆1日目(嵐のち晴れ) 宮之浦から時計と反対回りに島を一周 ☆


永田いなか浜で子どもたちは砂山を作り、竜馬も走り回り、波と格闘。


$屋久島HANA MANA日記



ウミガメの産卵場所です。

近年は、ウミガメの上陸数は増加している半面、産卵数は減少している悲しい現実があるそうです。

産卵期の観光客が大きく影響しているようです…。(うみがめ館にて)



横川渓谷では、竜馬は、手足に乾燥した杉の葉が絡みつき飛び上がりながら森林浴を。


屋久島灯台への細道では、対向車とのすれ違いに、脱輪!

浜でも渓谷でも一緒になった複数の観光客の方々が寄り合い、ご協力により車を持ち上げました。

街中での、どうしよう?とか責任のなすりあいは全くなし!

携帯の電波は入らないし、JAFもなし。

自分たちでするしかない。自転車の彼も、バイクの彼も、ご夫婦も、親子も・・・。

感動的でした。 グー

直後、助けてくださったご夫婦のレンタカーがパンク!! 何故だかホイルがはずれない。

汗だくで、タイヤ交換。

日頃は、何気ないハプニングで自己責任のもと、その道のプロを呼び処理する事。

誰も見向きもしない事…。

あの時間を共にしたみなさんありがとうございました!




西部林道は、大型車は通行不可。森の中を徐行しながら散策できるとっても素敵なエリアです。


屋久鹿・屋久猿は、本土の鹿や猿より小さめ。観光地の彼らのような凶暴さは全くなし。


$屋久島HANA MANA日記
 

あちこちで、親子連れに出会い自然の姿を見せてくれました。

空は晴れているのに、霧が出たり、日が差し込んだり…。

音はなし。音が吸い込まれていく感じ。

時々鳥の鳴き声が。

名もなき小さな滝が各所にあり、沢ガニの姿も。


 

次男が車から降りると、動物を追いかけ

森の中へズンズン入っていくので、ひやひやしました…。

運転手は、対向車に要注意のため、森を眺める余裕はありません。



大川の滝は、大きい川の滝でした。清流だそうです。

お腹がすいて、堪能する余裕はなかった。

どこにもなにもない。

タンカンジュースが、120円程度の缶ジュースが400円で販売されている。

2つ注文し、4人で分けました。

自然満喫したいのですが、

もう限界。



フルーツガーデンを目指しました。

観光目的ではなく、何か食べさせてもらえるかも。

フルーツジャングルを探索する場所ですが、

探索後に食する予定のフルーツ盛り合わせを先に頂きました。

探索後も、紫イモのアイスを追加注文しました。

すべておいしかった。

探索?おもしろかったかな?ゆっくり撮影したビデオで楽しみます。



おなかぺこぺこ。そういえばお風呂は種子島で前日お昼に入ったけ?

部屋はどこ?ご飯はどこ?

くたくたどろどろの状態で、HANAMANAさんと初対面。

本当に悪態すみませんでした。

お勧めの「春」でおいしい食事を頂き

素敵な露天風呂に入ると、癒され、こころを取り戻していきました。



ベッドは、最高。至福の時です。

初めての寝心地。

HANAMANAの中身すべてが最高級のもの。

子どもたちは(親も…)、3段ボックスとパイプベッドしかしりません。

壊せば、捨てて新しい物を買う生活。

本物に触れると、いつもは片付けができない子どもたち、

物を大事にする瞬間を発見できました。

屋久島の自然と共存する同様のマナーを親子共に学びました。


つづく・・・


$屋久島HANA MANA日記




にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村 ←よかったらクリックお願いします

ちよさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス