HANAIプロダクションのBLOG

HANAIプロダクションのBLOG

HANAIプロダクションのスタッフからの手話関連のBLOGです。

Amebaでブログを始めよう!

こんにちは。かなへびです。

今日はHANAIプロダクション【手話クリニック】初日でした。

ホームページを見て参加を決めた方、NA花井盛彦手話教室の生徒さん等参加者は色々です。
自己紹介や「どこから来たの?」「手話始めてどのくらい?」などお互いに質問しあって
はじまる前から和やかな雰囲気でした。
遠くは3時間もかけて参加された方もいらっしゃいましたよ。

はじめのテーマは【CL】。
【CL】って言葉としては知っていても実際にはわかっているようなわからないような・・・
たとえば「パン」の手話。表現は知っているけどどんなパン?
“食パン”“メロンパン”“クロワッサン”“コロネ”etc...
「事故」の手話。この表現だけだとどんな事故かはわかりません。
事故をおこしたのは“人と車?””“車と車?”、
ぶつかり方は“正面衝突?”“玉突き?”etc...
色々な状況がありますが【CL】なら一瞬で表現できます。

みんなで【CL】を使った表現を考えました。
「ビルの屋上から鉄パイプが落ちてきて人に当たった」
「ホームで押されて電車との隙間に落ちた」
「雨の日に自転車で道を渡ろうとしたら自動車事故が起こった」
などいろいろな例が挙げられました。
どうしても説明が長くなってしまったり、何がCLで表されているのか曖昧だったり・・
本当はもっと短く直感的に表現したいのにいざ流れを考えると
頭の中で日本語で考えそれをそのまま表現しようとする自分に毎回反省してしまいます。

休憩時間はみんなで近くのコーヒーショップへ。
内装が木を基調とした造りの清潔感のあるお店です。

その後、NA花井盛彦手話教室の発表会の話になりました。
発表会は大勢の生徒さん達がテーマを決めてグループごとに発表しますが、台本などは無く練習も手話だけで行われます。
最近の発表会では、その場でMCや通訳を任されるなど臨機応変に対応することを求められました。
そうすることで手話も格段に上達するそうです。

過去の発表会で興味深かったテーマで
【語彙】【日本語と手話のズレ】というものがあります。

【語彙】ですがたとえば「好き」という表現。
手の動きは同じでも表情や間の取り方によって
すごく好きからまあまあ好き、好きでもないまで表現できます。
「おいしい」の手話表現もも同様です。
「嫌い」とか「まずい」などの直接的な表現を使わなくても微妙なニュアンスまで表すことが可能です。(私にはまだまだ難しいですが・・・)

【日本語と手話のズレ】については四字熟語や慣用句など漢字や単語をそのまま手話で表現してもろう者には意味がつかめないことを教わりました。
「膝が笑う」とか「目茶苦茶」なんてそのまま日本語を手話に直して表してみても本来の意味は伝わりませんよね。

その後は遠方から参加した方の地元の手話を教えてもらったり
花井先生の「アレンジももたろう」のお話を見たり・・
この「アレンジももたろう」、最高です。
手話を全く知らない人が見てもきっと面白いと思うに違いありません。
その表現力に驚きながら改めて【CL】の大切さを実感しました。

盛りだくさんな内容でこの楽しさを伝えきれないのが残念です。

クリニック終了後は場所を移して交流会。
手話だけで過ごした充実の一日でした。

次回12月15日も楽しみにしています。
花井先生、参加者の皆さん本当にありがとうございました。

こんばんは、HANAIプロダクション通訳のHです。

 

今日は、日本一の繁華街に来ています。

待ち合わせ時間は夜の20時…。今から二時間半のイベントの通訳です。

 

内容は…「猥談を語る」。

 

HANAIプロダクションからは「安全なイベントです」と言われましたが、実際は…本当に明るく爽やかにセックスを語り合っていて、勉強?になりました。

 

途中、知らないワードがいくつか出てきて、身振りを見ていて「ああ、アレの事か!」みたいな…。身振りで聴とろうが語り合っているのを見て、基本的に世界共通の行為なんだなぁ…と、しみじみ思ったりもして。

 

今回の通訳、私で良いのか?もっと若い子や、男性の方が良いんじゃないか?と思いましたが、依頼主は「内容が内容なので、来てくれるだけで有難い」と。 以前、同じイベントに参加した事があるそうで、その時は通訳はつけずに一人で行ったそうです。

 

「世界共通の行為」なので、相手の言っている事は、なんとなくわかる。

でも、自分だけ明らかに笑いのタイミングが少なかったり、リアクションが微妙に回りと違う…。自分の話も披露できない。

せっかくお金を出して参加しているイベント、しかも人気があり、会員以外は気軽に参加はできないような貴重なイベントです。

 

ここは、痩せ我慢して楽しみを半分以下にするより、通訳同伴で行こう!と決心し、そこから通訳探しをしたそうです。

HANAIプロダクション以外は「個人の依頼は受けない」「通院や試験、会議など、生活に必要なものしか受けない」「猥談?ダメです」「2週間前までに依頼するのがルールです」 ひどいところは、問い合わせメールだけで「依頼とみなされ、金額の折り合いがつかずに断ったらキャンセル料を請求された」経験もあったそうなので、HANAIプロダクションに問い合わせた時も、ドキドキした…と。

 

どんな内容であっても、そこに手話が必要なら、HANAIプロダクションはそれにお答えすると思います。(犯罪はダメですけど)私たち通訳士は、仕事ですから偏見を持ったり、変な目で見たりはしません。

 

色んな経験を経て、人間としての深みが増します。「人として」深く成長させてくれる依頼主はもちろん、HANAIプロダクションに感謝です。

こんにちは、たかのんです。

先日、「NET119」の説明動画の撮影に行ってきました。

ここ数ヵ月で、HANAIプロダクションから通訳の依頼を頂き、達成感のある難しい通訳から、自分まで楽しめてしまうジャンルの通訳まで、楽しく仕事をさせてもらってます。

花井代表との出会いは手話教室に申し込んでから。

対応手話が身に付いていた私は「喋りながら手話をする」事が癖になってしまっていて、声こそ出さないものの、口パクが中々直らず、花井代表に指導を受けました。

「日本語を口にすると手話のスピードが落ちる」
「日本手話の口形と見間違えてズレが起きる」
「下手に見えてしまう」

通訳を目指す私には、どれも直さなければ私の手話人生に関わる大問題。特に司会業に携わっている私は、下手に見えるのは困ります。
通訳も、対象は一人の時でも必ず「人に見てもらうお仕事」上手に、綺麗に、誤解なくできる手話をHANAIプロダクションで学びました。

さて、ワイプでの防災の仕事は他の依頼で経験したことがありましたが、全面、自分が映る撮影は初めて…。

以前のワイプでの仕事は、HANAIプロダクション以外の会社だったので「行ってきて」と言われて、前後のフォローはなく、合ってるのかな?ととても不安でした。

今回はHANAIプロダクションから西島さん、制作会社やクライアントさんも来てくれて、自分が悩んだ表現や、ついウッカリ間違えた表現など、直してもらったり、「みんなで作った」感じがあって、とても勉強になりました。

最初「音声と手話は一緒にして」「淡々とやって」と言われてどうしようか悩みましたが、最終的に「日本手話」でろう者に伝わる表現で!と話がまとまり、三時間の撮影でしたが、すごく充実してました。

出来上がった作品を、早く見たいような…怖いから見たくないような…でも「ろうに伝わる」表現を頑張った作品です。

たくさんの人に見てもらい、NET119の導入や存在が、日本全国に広がることを願ってます。