HANAIプロダクションのBLOG

HANAIプロダクションのBLOG

HANAIプロダクションのスタッフからの手話関連のBLOGです。

こんばんは、スタッフの西島です。

 

私は先日「手話対応スタッフ」として某イベントに参加してきました。

 

クライアントさんは「HANAIプロダクションさんのホームページを見て、オシャレだと思って」と言ってくださった会社です。

 

内容は防災対策。

 

他に英語通訳、中国、韓国のスタッフと4人でのチームでした。

 

8年前の3月11日。私は神奈川県にいましたが初めて経験する震度4。コンビニやスーパーからは食品が無くなり、ガソリンスタンドには長蛇の列。

 

怖かったですよね。思い出すと鮮明に甦りますが、普段は考えることってあんまりない…かも?

 

それじゃいけない!と、防災対策を「自分の事」として捉える事ができるように、との意味を込めた企画でした。

 

最初、クライアントさんには「宣伝をあまりしていないし、言語スタッフも公表しないので、ろうの方は来ないかもしれません」と言われていました。

 

始まってみて、うーん…料金フリーで受付もないイベントなので、ろうの方が来ても気付かないかも?と不安でした。

 

でも、数分後に英語通訳のスタッフが「アメリカ人に話しかけたら、耳を指差して手を振られたから、手話が必要かも!」と。

 

アメリカ人…。ジェイドさんと知り合ってなかったら、行かなかったかもしれませんが、「今行く!」と走りました!

 

その後も、私の名札の「手話で対応します」を見て、話しかけてくださった、ろうのビジネスマン。手話で会話していたろうのご夫婦。通訳には程遠い私の拙い手話で説明をさせて頂きました。

 

詳細はあまり書けませんが、印象に残ったやり取りです

 

①「あなたに一番必要な防災対策は何?」の質問に「手話を覚えてくれる人が増えること」と、ろうのご婦人が返答してくれたこと

 

②「このイベントの説明を、文章だけでは理解しづらかったから、手話で補足してくれてありがとう」と言ってもらえたこと。

 

③イベント開始前のスタッフ間の雑談で、たくさんの聴スタッフに「震災の時って、聞こえない方には何を配慮したらいいの?」「被災地で聞こえない人に会ったら、大丈夫?一緒に頑張ろうって手話で話しかけても失礼じゃないよね?どうやってやるの?」等、聞かれたこと。

 

④実際に手話をしているのを見て「カッコいいーー」と見ず知らずのお客様に写真に撮られたこと。(手話を知ってる人が見たら、全然ダメな手話なのに…すみません)

 

⑤NA花井盛彦手話教室の生徒さんが2人も来てくれたこと!

 

初めてのイベントで心細かったので、ものすごーーく嬉しかったです!

 

冷たい雨や風に吹かれた3日間。すごく勉強になりましたし、普段知り合うことのない、たくさんの人とお話しさせてもらいました。

 

もっともっと手話を勉強し、簡単な手話ならどこでも当たり前に通じる様な世の中を目指していきたいと思います。

今回初めてHANAIプロダクションの通訳の仕事を仰せつかり、行ってきました。

 

某会社のイベントです。参加者の1/3の約60人がろう者でした。

 

HANAIプロダクションから、ベテラン通訳のAさん(初対面でしたが、こころ強い)と二人、他からもう一人の三人で通訳を担当しました。

 

ステージ下の司会者の隣に通訳のお立ち台がありました。ろう者は、通訳近くに座って頂きましたが、なんと!ステージのスクリーンにも通訳が映し出されることがわかりました。(聞いてないよ~)

 

始まる前は、ろう者と雑談も少ししましたが、いざ本番となると・・・。

 

正面を向いたまま微動だにしない男性がいて気になる。伝わってないのかな?不安になる。

 

Aさんに代わるとうなづいている。

 

あ~、やっぱり伝わってない?

 

そのことをAさんに言うと「難しい内容だったから、しょうがないよ」と慰めてくれた。

 

でも、難しい内容でもちゃんと伝わらなくては、通訳したことにはならない。

 

頑張れ、私!

 

でも、「そうそう」や「そうなの?」と反応してもらった時は、伝わってると実感できた時もあった。

 

今思うと、反応がない時は言葉に追われて必死に手だけを動かしていただけ。余裕はなかったけど、HANAIプロダクションの手話教室に通って身につけたCLで表現した時や目線に気をつけた時には反応があった。これって、通訳する上でとても大切なことなんだ。

 

ろう者の半分以上がステージに上がって しまった場面では、通訳が見えないし、スクリーンも見えない。

待機していた席から、ステージに向かって手を動かしていた。

もしかして、これも花井講師から学んだ対応力なのかも。

 

怒涛の4時間半は、長かったのかあっという間だったのか?

 

今回の反省は、次に繋げられるようにHANAIプロダクションの手話教室で、もっと勉強していきたいと思います。

 

夢の国の近くで、現実と向き合ったデビュー戦でした。

こんばんは。スタッフの西島です。

 

新体制で始まったNA花井盛彦手話教室、第4期は今月で終わります。 

 

4月からは第1期がスタートしますので、現在通ってくださっている生徒さんはもちろんのこと、たくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています。

 

先日、手話を生で見るのが全く初めての生徒さんが、花井代表とkumeとの3人のみの会話後に「花井先生とkumeちゃんは手話が第一言語でしょ?だから、外国でひとりぼっちの気分だったわ」と言っていました。その生徒さんは笑顔で言ってくださいましたが「外国でひとりぼっち」は想像するだけで心細く、不安で怖いでしょうね。 

 

逆に一般社会では、ろう者も同じ思いをしている事がもっと、もっとたくさんあるんだろうな…と思いますし、聞こえる聞こえないにかかわらず、何人かの人が集まれば、誰かしら疎外感を感じてることってあるんだろうな…と思います。

 

そこにいる全員と話題を共有するのって結構難しいですけど、疎外感を感じる人が一人でも減ると良いな…と思い、スタッフとしての気配りや、HANAIプロダクション専属通訳派遣のコーディネーターとしての任務をしっかり果たして行きたいと思います。

 

 「外国でひとりぼっち」というフレーズを聞いて、ふと気付きました。

 

私は海外旅行が趣味ですが、外国語は全くわかりません。一人旅をする事はないですけど、現地で一人でエステに行ったり、自由行動をする事はよくあります。なので、言葉の通じない場所で一人ぼっちになる事がよくあります。

 

以前は、困らないように綿密にエステ等のメニューを調べて、もしレストランに入るなら、オーダーを通じやすい発音の物のみにして…(なので飲み物はSpriteばっかりでした)話し掛けられてもわからないので、相手が諦めてくれるまでニコニコしてるのみ…が基本のスタンス。

 

でも「ん?最近海外でSprite飲んでないな?」「最近、店に着いてからコースとか選んでるな?」と気付きました。歳を重ねて図太くなった、という理由も少しはあるでしょうが、私はNA花井盛彦手話教室のおかげだと思っています。

 

だって、言葉が通じないだけで諦めて、自分の世界を狭くするなんて勿体無いって思えるようになりましたし、以外とコミュニケーションって何とかなるって知りましたもん。花井代表や他のアシスタント、受講生さん達には「いやいや、西島さん、もうちょっと手話は勉強しないと、何とかなってないよ?」と思われているかもしれませんが、本当に私自身は世界が広がり「何でも(誰でも)来い!」くらいの度胸はついたと思います。しかも、どこの国でも頑張れば通じてるし!

 

コミュニケーションの方法は1つでなければいけない決まりはありません。「伝えたい、知りたい気持ち」を根底に、イメージ、想像、工夫。いつもレッスンで言われている言葉ですが、本当に大切だと実感しています。そして、適切な指導ができる講師のもとで訓練しないと、自己満足で終わってしまう気がします。

 

この教室だから学べることがたくさんあります。花井代表も過去や今の自分に満足せず、どうしたらより良い指導が出来るのか、日々自分に向き合い、努力しています。

 

自分を変えたい。

手話通訳士になりたい。

表現力を身に付けたい。

ただ、楽しい事をしたい。

 

どんな理由でも、NA花井盛彦手話教室は、しっくりとハマると思います。

 

奥が深い日本手話。私も入り口に立ったばかりです。一緒に楽しく、成長しましょう!

 

ぜひ一度、体験レッスンにご参加ください!