赤城山へ

テーマ:


お盆です。

ゆんたんの姿がない初めての夏です。

ゆんたんは帰ってはきません。

叶愛の中で生きて居るので、

帰ってくるという概念が存在しません。

いつも今でも、一緒だよね、ゆんたん。



叔母の家に行きました。

真っ赤な鳥居が叔母宅近くの目印です。




古希を過ぎて若々しい叔母です。

小さな頃からとても可愛がってくれます。




いつも何か少しでも

お礼がしたいと思います。

精一杯のことをしますが、

帰宅するまでに、それの何倍も

色んな事をしてくれます。

今回も要らないと言ってたのに、

美味しいランチを作ってくれました。




手作り梅酒や野菜や高級なお菓子を

たくさん持たせてくれました。




一度も使ってないからと

シャネルの口紅をくれました。




何もくれなくとも、叔母が元気で、

神楽達を笑顔で迎えてくれれば、

それで良いのです。

。。。でも、やっぱり有り難く、

色々頂戴しました。

全部、きっかりしっかり使いこなします。


叔母宅近くの有名な、

トウモロコシ屋さんです。





ゆんたんと同じようにスムチカットして、

クリーム色の男の子@じゅん君。

優しい14歳の男の子でした。










愛桜が喘息の様な咳き込みが酷いです。

小さすぎる身体に咳き込みは体力的に心配です。

血を吐くのではないか、

低血糖になるのではないか、

呼吸困難になるのではないか。。。

夜中、心配のあまり、やっちゃんまで

起きてきて、愛桜をさすります。





病院で診察して貰った結果は。。。。

少し整理して、進むべき方向を決めたら

報告したいと思います。



心掛けたい事

テーマ:


その場にいない人の悪口は言わないように

心がけます。

1人に誰かの悪口を言えば、

10人の敵を作ります。

聞いてくれた人がノリノリで

相槌を打ったり、同意したりすると

仲間意識が出るかもしれません。

でも、それは脆くて薄すぎる仲間です。

本来なら「仲間」ではない様に思います。



黙って何も言わない人は、

その悪口を聞いて言ったあなたに

失望してるのかもしれません。

しかし、

ノリノリで話を聞いてくれる人より、

ずっと誠実で信頼できる仲間に

あなたの誠意次第でなれるかもしれません。





神楽は

「誰かを」

「誰かの」評価で見たくありません。


そもそも人は他人を評価出来るほど、

立派な者なのかと考えます。



自分の目と耳と心で、

誰と話すか誰と笑うか

誰と付き合うかを決めます。





「女性のホンネ川柳」に神楽の考えに

物凄く似てるなぁと思うものが

アップされてました。






ちょっとモヤモヤした気分の時は、

ワンコさん達と触れ合います。

みんな人好きな子ばかりです。

神楽もここに居るワンコさん達が大好きです。



ヨーキーの大地くん。



パピヨンの天君とチワワのゆず君。



今週もゆず君の笑顔が見られて、

抱っこも出来たし、

コッソリ?おでこにチュッしちゃいました!

ゆず君のパパママ、ごめんなさい。

でも、ゆず君の事愛してるから許してね(^^)


ちなみに、我がチビ栗達は、

明日の遠出に備えてお散歩なしの

お留守番でした。


若くないし病気持ちなので、

体調管理が難しいです。


奇跡の明日が迎えられます様に。

悲しみに暮れる者達に希望の明日が

来ますように。







ロクちゃん、追悼

テーマ:







愛桜ちゃん、ちゃんとご飯食べました。
でも、またきっと又、デトックスするね。




ゆんたんと同じ日付に亡くなり、

ゆんたんの同じ日付に身体を神様に

お返しするワンコさんが居ます。

パピヨンのロクちゃん。。。

シニアワンコさんの多頭飼いなど、

共通な所が多い上、ドッグカフェで

実際にお会いしてナデナデした事も。

働いてるママなのに、

ちゃんとママが居る時に

「またね」と旅立ちした事も、

寝たきりにならず、

少し前まで体調悪いながらも

普通に生活して居た事も

みんなみんな同じです。



神楽の足首にはゆんたんの形見の迷子札


3月7日と11日を思い出し、

頑張り屋のロクちゃんを思って泣き、

悲しむママの心を思って泣き、

神楽のゆんたんを思って泣き、

あの日あの時あの瞬間を思い出して泣き。。。



改めて涙は枯れる事がないと

ヒシヒシと感じます。





一番元気そうな愛理も心臓病ステージ4です。
毎日毎日、奇跡の1日なのだと思います。



愛されるワンコがみんなの悲しみの中、

家族の愛の中、旅立つのに、

誰からも愛されず、誰も愛さず、

人知れず消えていく命もあるのだと

ふと思いました。。。。




シニアワンコ

テーマ:


子供達や、やっちゃんが元気で

神楽の側に居ればそれで充分幸せです。



時々、その幸せを当たり前に感じ、

「お金が欲しいー」と思ったりもします。


愛桜ちゃん、今朝も1人デトックスです。






朝からご飯を食べません。

これから、短時間の仕事があります。

帰宅したらもう一度ご飯をあげてみます。






今月11歳になる愛桜ちゃんです。

充分シニアワンコさん。

少しの変化も見逃したくないのです。




先日の病院で

「おかーさんの勘ってやつで、

なんか調子悪く思います」

と堂々と言いました。




先生は丁寧に触診してくれますが、

ちょっと困ってるように思います。

分かってます。

ある意味、対処療法ですから。




涼しかった日、公園に

レジェンド「アズ君」が来ました。


16歳と2ヶ月のアズ君。

病気と共存してます。


お若い頃からのゆんたんの仲間です。

ゆんたんの仲間はシニアが多いです。

みな、可愛く愛しいシニア達です。







決意

テーマ:
「今、この瞬間に発作が起きて死んでも

なんらおかしくない検査結果です。

本来ならすぐに入院して、

静脈点滴を開始するべきですが、

病院でなくなる可能性が高いです。

皮下点滴をするので、連れて帰って、

家族と過ごした方がいいと思います。」



余命宣告受けた頃の叶愛。

優しい田中先生に強張った顔で

「余命0日」宣告された3月6日から

昨日で丸5ヶ月が過ぎました。


毎日の皮下点滴、療法食、ネフガード、

アゾディルを続け叶愛ちゃん生きています。



今朝の叶愛

医師から

「丸々してるし、目力あるし、毛艶もいいね」

と驚きのコメントまで頂きます。

体重も犬生最高の、

1.85キロ(適正1.5キロ)です。

腎臓病と闘う多くの子は、

最期ガリガリに痩せ細ってしまう姿を

ブログを通して見ています。

若く健康なら、適正体重を遵守しますが、

「食べられるうちが華よ」

とたくさん食べさせます。

食べるだけで叶愛は、天才なのです。




自分で器から食べられないので介助しながら、

食べるたびに「いい子だねー」と褒めます。

叶愛もその気になって、一生懸命食べます。

「食べる事は生きる事。」

まほらのかーちゃんの言葉が

いつも頭の中で繰り返します。


ゆんたん、今までも今でもこれからもずっと愛してます。


余命宣告0日宣告の翌日に、

まるで妹の代わりのように逝ってしまった

ゆんたんの命も叶愛の中で

メラメラ燃えて息づいているように感じます。

叶愛に何かあるときは、叶愛と同時に、

再びゆんたんをも失うのだと苦しくなります。








「半年生きれた子がいます」

とあと同じような血液検査の数値で、

頑張った子がいたと医師が話してくれました。

来月、その半年を迎えます。

迎えられます。

きっと、

クリスマスも大晦日もお正月も、

そして、

15歳の誕生日も絶対迎えてやります。




愛知県でチワワがシェパードに襲われて、

大怪我をする惨事があったようです。


週末恒例?ソファぶん投げての大暴れ掃除。



初老の男性が

2頭ひきで連れていたらしいですが、

コントロールしきれなかったようです。



スッキリしましたね〜



もし、我が子が襲われたらとぞっとします。

大怪我をしたチワワちゃんが

お気の毒に思います。

まさに命を張って守った、

飼い主さんのお気持ちも

よくよく理解できます。


お掃除してもチビ栗達の毛は0になりません。



こんな事件を度々目にする度に、

大型犬と暮らす責任の重さを感じます。

今回、シェパードが襲ったとの事ですが、

けして、シェパード始め、

大型犬が悪いわけでないと思います。


我が家で愛用してる、
虫除けスプレーとデオドラントスプレー
いい匂いと言ってもらえたので


全てはコントロールしなくてはならない、

飼い主の責任のみです。

大型犬がみな恐ろしく怖いと

思わないで欲しいと願います。


叶愛ちゃん、病院にて順番待ち中にお昼寝。



我が一族のシェパードのドン君も、

ローデシアンリッジバッグのボス君も、

超大型犬の部類です。

見た目はやはり、大きくて厳つい顔だけに、

威圧感を覚えると思います。


愛理と愛桜も今日は半日かけて病院day



でも人を襲ったり

他犬を傷つけたりする事はない、

心優しい巨犬達です。



チビ栗達に吠えられると

スゴスゴ引き下がってしいます。

それでも「獣」である以上、絶対はないと

必ず注意します。


愛桜ちゃんは、ドンとボスより強いです!
あいつら居たら吠えてやります!byまお




あまりの身体サイズの違いは、

大型犬はそんなつもりがなくやった事でも、

小型犬には命取りになる場合があります。



ドンもボスも飼い主の弟の命令は、

よく理解して、頭の良さを見せつけます。

しかし、弟以外。。。

例えば神楽の命令はほとんどスルーされます。


何か彼らが興奮するような事があれば、

身長165センチを超える、

大きな身体の神楽でも制御出来ないです。


愛理、ペロリを食べるようになって、
涙やけ綺麗になってます!

毛の生えた4本足の子供達が、

悲しい事故などに巻き込まれないよう、

大型犬も中型犬も小型犬も

全ての飼い主さんが

全てにおいて過信しない事が大切に思います。



お友達チワワのゆず君とパピヨンの天君。
今日はゆず君に逢えました(о´∀`о)


病気と闘ったり、共存したりしてる、

ワンコさんやニャンコさん、

そして寄り添う家族の皆様に、

今日よりステキな「奇跡の明日」が

必ずきますように。


今夜は特に。。。ロクちゃん踏ん張れ!!








初めてのワンコママ友達

テーマ:


ファーストワンコママ友達が遊びにきました。

ゆんたんが若い頃に職場で知り合いました。

ワンコを自分の子と公言する程、

大切にしてる初めてのワン友さんです。



ゆんたんの為に可愛いお花を持ってきて

お線香を立ててくれました。

ゆんたん、良かったね。



人付き合いは得意でなく、

時には人と会う事で消耗する事もあります。

これは、人それぞれですが神楽自身は

女性によくあるベッタリな関係も好みません。





彼女はいつもパワフルで明るくて元気で

笑顔が満開です。


桜の満開も花火の満開も素敵ですが、

彼女の笑顔の満開は、

とびきりの陽のパワーをくれます。




ある意味神楽のとっておきの

パワースポットの1つは

彼女の居るところなのかもしれません。


いつも楽しそうに笑ってる彼女は、

ゆんたんの最期の時を聞いてくれて

そして静かに泣いてくれました。



神楽は泣かずに彼女に報告出来ました。

きっと代わりに泣いてくれたのだと思います。




すぐ近くのカフェでランチタイムです。


マグロと新鮮野菜の生春巻き、気に入りました。

今度、自分で作ってみたいです。


期間限定の豚テキとキムチの丼。

甘辛タレだけでも、米3合いけそうです。



自宅に戻りお土産のスタバプリンを食べました。



濃厚で美味しいです。

プリン好きな神楽は大満足です。



彼女のワンコはケアンテリアとプードルです。

テリア気質が強い子で、

チビ栗達とは残念ながら、遊べません。

今の子はケアン三代目でまかちゃんです。

初代の小麦ちゃんは

ゆんたんとの思い出が大きく、

2代目のいっぽ君とは愛理との思い出が

鮮明です。

彼女は忙しい人で

なかなか会う機会がないのですが、

また会いたいです。


細くても長〜く大切に

お付き合いしたい友人です。


あまりコメントを書き込まない方だと

思っています。

それでも

記事を読んでコメントしたい気持ちに

なる時があります。



神楽自身のコメントは開けたことがないのに。

コメント書く事なんて、滅多にないのに。




その事は棚に上げてコメント欄が

空いてないと残念がるタイプです。













朝から愛理を洗ってみました。

洗面所で、シャワシャワ〜。








心なしか白くなりました?




お仕事から帰宅後は叶愛をシャワシャワ〜。


身体に負担をかけないように、

短時間で素早く手際よく!!





夜は君の番だよ。。。




愛桜ちゃんは綺麗ですよ byまお


愛桜ちゃんの願い?が通じたか、

ドライヤーが不調。。。

火花パチパチと飛ぶのです。


替え時といえば替え時な時期です。



ダイソンのドライヤーが欲しいけど、

高すぎます。

これぐらいなら出せそうです。



一応業務用でも使われてるらしいので、

チビ栗達のサロンの先生に、どんな感じか

聞いてみたいと思います。




エトセトラ

テーマ:



この漫画、1人きりの時に読まないと、

大変な事になります。



飼い主と猫のお互いを思う気持ちに

涙と鼻水が止まらなくなります。

猫さんと暮らした事はありません。

犬と同じように猫も素晴らしい家族なんだと

思います。



第3職場の同僚から家族で育てた、

キュウリとカボチャを頂きました。

いま、野菜が高いのでとてもありがたいです。




浅漬けにしました。

キュウリは身体を冷やしてくれるし、

浅漬けなら塩分補給もできるし

ヘルシーで美味しいのでいっぱい食べます。



カボチャは甘煮。

もう1つは、味付けなしで蒸して食べようと

思います。




先日食べたラーメンショップ鷲宮店の

ネギチャーシューです。

やっぱり美味しいです。

ラーメン好きな、

ココイっちゃんの飼い主さんと

一緒に食べてみたいなって思いながら

食べました。




ダンディ君、

本日16歳と丸7ヶ月になりました。

ゆんたんが届かなかった年齢を

可能な限り突き進んで欲しいと思います。


痩せたけど(むしろ現在標準体重)、

毛艶もいいし、目力もあります!










まだまだ泣ける

テーマ:
地元の花火大会で、夜空に登っていく、

花火を見て泣けてしまいます。




ゆんたんの魂が花火と共にお空へ

いくのだろうかとなぜか思ったのです。



今、叶愛の中に居ると感じるゆんたんが、

ヒュルルヒュルルと叫び空に向かう、

花火と共に遠くに行ってしまわないように、

叶愛の身体を抑え込みます。




今朝も、ゆんたんの写真を見て

声を上げてこどもの時のように

しゃくり上げて泣きます。



会いたい。会いたいです。

ただただゆんたんを抱きしめたいです。








貴女は、2頭の命を救えます。。。


あるワンコボランティアさんの言葉です。


里親さんとして、1頭お迎えすれば、

その団体に、1頭分空きが出来ます。

そしてまた1頭、消えてもおかしくない命を

団体に迎え入れられます。

つまり、2頭分の命を繋げるという事です。


本来なら、保護団体なんて

1つも無い方がいいと思います。

無くても悲しい思いをする動物が

いないという状況が一番です。

でも、「動物達の命後進国」という、

恥ずかしい日本である限りそれは無理です。





いつかきっとまた、

新しい家族を増やす時が来ると思います。

その時にはもちろん、

保護ワンコさん達も選択の1つです。



今は無理です。

無論、金銭的な問題もあります。



それ以上についつい優喜之介の面影を

見つけようとしてしまいます。

ゆきのすけの代わりを

探しているように思います。



ゆきのすけはゆきのすけ。

代わりなんていないのに。。。です。

頭では理解してますが心が求めてしまいます。