書家だんきょうこ オフィシャルブログ 

書家だんきょうこ オフィシャルブログ 

書家の“だん きょうこ”です 。仕事として、『いいちこ』の商品ロゴや NHK大河ドラマ 『功名が辻』の題字などがあります。日々の暮らしの中から生まれる私の書のことなど、私の日常を綴っていきます!


現代アートのスペース、“SPACE DAN”


   詳細は下記にて ご確認くださいませ。






宝石緑━─━─━─━─━─━─━─━─━宝石緑









だんきょうこ


 宝石ブルー商品のロゴ、 TV番組や書籍のタイトル、CM内の文字、ホテルやキラキラ


    店舗名のロゴなどを筆文字で書くカリグラフィーの仕事を続けてきて


   います。代表作に 『いいちこ』 の商品ロゴや 大河ドラマ 『功名が辻』の


   題字などがあります。個展では 書作品の発表も重ねてきました。


   私の書を多くのかたに知っていただければと、ブログを始めました。


   現在 私の書を愛して下さる皆さんと 自宅で書の稽古 


   も行なっております。





宝石紫書作品の無断使用は禁じます。            


     

    「書家だんきょうこ」 の書に関しましての


     お問い合わせは下記までお願い致します。           




   dankyoko_sho@ybb.ne.jp


            





























テーマ:
自分でやってしまったのでしょうが、この記事を削除していました。全く記憶にないのが情けない。

なので、写真を貼り、簡単な記事にしました。あしからず。

それから、この記事をみてくださっていたら、ekuboさん、御室駅と電車が見えるカフェの写真を一番最後に貼りました。もし、懐かしの御室を訪ねることがあったら、おすすめのスポットです。




神社のひとつ目。御室にある、
福王子神社。
宇多天皇の母君、班子皇后をお祀りしています。宇多天皇ゆかりの仁和寺の鎮守神。
班子皇后が王子をたくさん産んだことから、この名の神社となっているらしい。


↑こちらは重要文化財

秋祭りもあるんですね。


二つ目は、護王神社。京都御所の西側にあります。
狛犬ではなく、狛猪が神社のあちこちにいる神社。

喜多門から入りました。
平安京建都に貢献された和気清麻呂公をお祀りしている神社。足腰の守護神。

http://www.gooujinja.or.jp/inosisi.html



猪が和気清麻呂公をお守りしたという逸話があるんですね。


ここへ連れてきたかたが、本人たちより、しっかり拝んでくれていたから、足腰は大丈夫かな?!





そして、京都御苑。
東京では新宿御苑が似た感じのスペースでしょうか。もっとも雰囲氣は違います。

この鳥のかたはよく遊びにみえるんでしょうか。別の日と、二回確認していますが。

京都御苑内の猫は姿がお美しく、お澄ましさんでした。





さて、ekuboさん、こちらが御室のカフェ、GREEN CAFEさんです。↓窓から御室駅が見えています。




テーマ:
仁和寺 正門の二王門。



御室という地が嘗ての平安京のあった場所に近く、また歴史上に名を残す人々が移り住んだ隠遁の地でもあると今回の旅では実感したのでした。
仁和寺の二王門から見渡す景色の中央に双ヶ岡があります。↓下の説明にもあるとおり、この岡はたいそうな場所です。
古墳時代の話が書いてある…。

そして、吉田兼好が庵を結んだと。



ほかにも和泉式部や式子内親王、道綱の母、西行など、平安時代の著名な歌詠みの方々に因んだ場所もあるよう。短歌好きの亡き母は、雅な平安時代のこのかたたちを物語にして自費出版しておりましたので、これもご縁です。他にも、京焼の野々村仁清が故郷、美山の大野を出て、窯を設けた場所だの、尾形乾山の窯があった場所だとか、陶器好きな私にはまさに呼ばれたような場所。

そんなこの地のセブンイレブンは瓦屋根。
そして、今回の旅のブログはこれまで。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス