吃音のツレさんを持つママですよー
吃音知っていますか?

言葉が円滑に話せない。

個人差が大きい。

吃音症であることが分かり易い人もいますが、全く気付かれない人も多くいるのです。



〈ツレの吃音の特徴〉

・吃音の調子に波がある。滑らかなときも、言葉の半分くらい発せないときも。

・「おはようございます」が言い難い

・人の名前が言い難い

・日によって言い難い音がある。例えば、あ行の音。

・周りの人には気付かれないことがほとんど。





あいさつ、名前を言うのが苦手な人が世の中にいるんです。

知ってますか?



苦しんでいること知ってますか?





ツレの吃音とうつとのお付き合いは時々やりづらいけど、

ツレとこどもちゃんと楽しい日々を送っています♡



吃音症をもっと知ってほしい!

吃音症の人とその人に関わる方々ともっとつながろう!

をモットーにブログを書いていこうと思います。








  • 24Jul
    • ツレの近況報告

      さてさて、ツレなんですが元気です。去年、入院した以外元気なんです。一昨年、このブログでも書いたと思うんですが、ど田舎勤務で本当に環境が悪かったなって、ツレもやみやみでした。そして、昨年度はというと、これがびっくり。職場のスタッフと仲良しこよし。今でも、職場のおばちゃんとメールし合っていて、10月に家族ぐるみでバーベキューをしようという話に。あのバーベキューですよ!!声がでにくくなるバーベキューですよ!!環境が良いと吃音を気にしなくてよくなるんです。吃音はもちろんあります。だけど、周囲がツレを愛でるモードになれば吃音も問題になくなるのです。(そりゃそうか。)さて、今年度から研修で数ヶ月単位で職場が変わり吃音にはよろしくない環境なんですが、今の所大丈夫です。最初に行った職場が、これまたツレを愛でるモードでツレは毎日楽しそうに仕事に行ってました。夏から、職場が変わり仕事内容はハードなんですが、なんとかうまくこなしているようです。なんとそのハードな職場なんですが、そこの上司も「昔吃音でなやんだことがあるんだよ・・」と話してくれたそうです。おお、なんとまぁ、環境よろしそうです。そして、昨年働いていた職場のスタッフ、先月まで働いていた職場のスタッフが、ツレを見にわざわざ今の職場によってくれたそうです。これには私も本当に愛でられていたんだと感心しました。今年は今の所、順調な滑り出しをしました。ツレと何かある度に話すのはジェットコースターの人生だと、吃音によい環境であればハッピー、そうでなければ真っ逆さまに転落。ずっとこれの繰り返しです。できれば、その振り幅が小さい方が良いなと思っています。ある当事者の方が言っていました「吃音の調子が良い時は、調子が悪くなる日が来ることを思い、吃音の調子が悪い時は、調子が良くなる日を思ってすごしなさい」と。本当にその通りですよね。良い時、悪い時があるのが吃音。悪い時は良い時を思い、まるで「恋い焦がれ」苦しみがその落差の分深まります。良い時は悪い時を忘れて、まるで「羽目を外す」ような気持ちになります。知ったようなことを書いてすみません。ツレを見て思ったことです。これを読んでくださった全ての人に良いことがありますように。

      5
      4
      テーマ:
  • 20Jul
    • 近況報告

      こんにちは1年ぶり?びっくりするくらいの久々の更新です。元気です。2人目も生まれました。2人目妊娠後、出血が結構あって切迫早産で安静にしていました。そんなスタートだったので、出産するまでヒヤヒヤしてしまい妊娠経過を書けずすみません。そして出産後は、家族皆(私以外)が入院になり私も肺炎になったりと全滅してました。赤ちゃんが入院になったときは、不安マックスでしたがなんとか乗り越えられました。その後復活したと思えば、また転勤のための引越。やっと最近落ち着いたところでした。最近、吃音関係で集まりに行きました。そしたら、ブログを見ていてくださった方にお会いして嬉しかったです。こんな更新していないブログでしたが、こうやって見守ってくださる方いるとは!ブログをやっていて本当に良かったです。今日はこのへんで

      5
      4
      テーマ:
  • 06Sep
    • ゼリア新薬の件

      お久しぶりです。今更ながら、このニュース聞いた当時、ひっかることが多かったのであくまで、私の推測のもとこの記事について考察してみました。本当に余計なことですが。。統合失調症を発症と書いているが、2013年4月に入社し、5月に自死されている。統合失調症の診断には、通常、数ヶ月要するが本当に発症していたのだろうか?吃音を知らない医療者からすれば、吃音による苦しみは「大袈裟」「被害妄想」としか受け止められないことがある。吃音を隠していれば軽度なのにそれで死ぬわけがないと思うのが、吃音を知らに人の普通の考え方だと思う。今回は、それによって、診断された可能性があるのではないかということ。もう一つ、親御さんが吃音はなかったと話しているが、これは吃音あるあるで。当事者だけが苦しんで、周囲の人、つまり家族ですら吃音があること気づかないということ。幼少期にあったとしても家族は消失したと思っている。何故かと言えば、当人は一生懸命隠すからである。幼少期に親御さんに吃音に対する否定的(些細な言葉であっても)な言葉を聞いて、吃音=あってはいけないものと感じた当事者は一生懸命隠すようになる。吃音を生じそうな言葉を話さないようにしたり、他の言葉の置き換えや助走など多様なテクニックを使えば、気づかれない。ただし、その隠そうとする努力はとても疲れることも忘れてはいけない。入社して間もなく亡くなられているが、吃音あるあると思う。環境が大きく変わる、就職時期、吃音を苦になくなるということは決して少なくない。これはあくまで、吃音をある程度以上知る人が感じたことで、もしかするとこの方は本当に吃音はなかったのかもしれない。ただ以下の前提があってどうしても気になってしまって。私だけの心に留めず、知ってほしいと思って。吃音を家族すら知られず、一人孤独に戦っている当事者の方は本当に少なくないということ。また、吃音を知らない人からすれば、たった1ヶ月も我慢できずにと思ってしまうが、吃音があれば我慢できなかった可能性は高いだろうと吃音を知る人間からは予測できてしまうということ。吃音は思っている以上にきついのです。憶測に過ぎない記事、本当に申し訳ありません。当人の気持ちがわからなければ、真相はわからないですね。(以下、毎日新聞の記事より)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーゼリア新薬工業(東京都)の男性新入社員(当時22歳)が2013年、入社研修中に男性講師の言動で精神疾患(統合失調症)を発症し過労自殺したとして、東京労働局中央労働基準監督署が労災を認定していたことが分かった。千葉県内に住む男性の両親は8日、同社と講師などを相手取り、約1億510万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。 労災認定は15年5月。労基署の決定などによると、男性は13年4月の入社直後から8月までの予定で研修を受講。4月10~12日に研修会社実施の「意識行動変革研修」を受けた際、講師から「吃音(きつおん)」と決めつけられ、いじめられた経験を同期入社42人の前で言わされた。5月18日に一時帰宅する途中に都内で自殺した。労基署は労災認定基準の「ひどいいやがらせ、いじめに該当する」と判断した。 両親によると、男性が吃音と診断されたことはないという。父親(59)は都内で記者会見し、「会社は責任を認めようとしないが、訴訟を通じて軍隊的、洗脳的な研修に警鐘を鳴らしたい」と話した。 ゼリア新薬工業広報部は「まだ訴状を受領していないのでコメントは控えたい」としている。

      14
      テーマ:
  • 31May
    • 吃音という字

      こんにちは。どうしても書きたいことがありましたので、更新いたします。ツレと1ヶ月前くらいにフと話したことなんですが。当事者のツレからすると「吃音」という名前に違和感があるとのこと、確かに言われてみると私もどうしてこの名前にしたんだろうって疑問が湧いてきました。「吃音」や「どもり(吃り)」って言葉、私はツレと出会うまで全くもって知りませんでした。きっと、「吃音」、「どもり(吃り)」という文字が見えたり聞こえたりしてもスルーしていたと思うのです。その言葉に全く馴染みはありませんでしたし、症状を連想させることも全くなく想像できないのです。私は「どもる(吃る)」という言葉も知らなかったわけで、「吃」って文字も、もちろん知りませんでした。言葉や名前って人に認識してもらうためにあると思うのですが「吃音症」という正式名称に「吃」を使うのは何か違和感を感じがします。私のように「吃音」の「き」の字も知らない人がいる一方で、当事者の方からすれば「どもり(吃り)」は正に差別用語。「吃」の字を見るのも嫌だっていう当事者の方は少なくないと思うのです。ツレも、3月までいた職場で、「どもり」と、吃音当事者のご高齢の方をバカにする職場スタッフの人を見て、どれだけ心を痛めていたか。職場スタッフの方が、当事者の方が帰った後に「今日の⚪︎⚪︎さん、どもりがひどかったね。笑」とバカにしていたそうです。当事者は、「どもり(吃り)」に対する言葉に含むまれる差別(バカにされる)に苦しんでいるわけです。なのに、正式名所に「吃」を入れる。「吃」という感じを分解すると、「口がほしがる」という意味になります。正に当事者の気持ちを訴えているのかもしれませんが、その言葉の意味が切なすぎて、感情的な言葉というか。少なくとも医療現場で使う用語としての「吃音」は、正しくないと思うのです。医療はなるべく客観性が求められます。只でさえ人の体のことで感情的になりやすい医療の現場で、感情を含んだ字を採用するというのは、違うのではないかと思うのです。昔々、「認知症」は、「痴呆(意味:愚かな人)」や「ボケ」と言われていました。しかし、今や「認知に問題がある病気」としての病名をつけているのです。昔々、「統合失調症」は、「精神分裂症」と名付けられ「精神が分裂する病気」と人格否定されるような名称でしたが、「感覚の統合が困難になる病気」として病名を付け直しているのです。こうやって、病名というのは、主観や人の感情を揺るがさないように客観的な名称にする、もしくは改められています。「どもり(吃り)」は差別用語として認められているのにも関わらず、なぜ正式名称に入れたのでしょうか。ちょっと考えると「どもり(吃り)」の認知度が高いからということになりますが、差別用語の認知度が高いからといってそれを踏襲されるのは??な感じがします。そもそもです。「どもり(吃り)」という言葉をさらに考えてみるとなんですが、、「どもり」という言葉はまずまずの認知度はあるとおもうのですが、「吃り」という言葉・漢字の認知度は半減するのではないでしょうか。「どもり」という言葉が使われる場面というのは、日常の会話の中で「あいつはどもりだ」のような「聞く」言葉であって、読む言葉として「吃り」を使うことは少なく、「どもり」という言葉を使っている非当事者でも「吃り」という漢字があることは認知されてはないではないかということ。ただ単に、吃音に対して敏感にならざるをえない当事者が「吃り」という漢字を知っているくらいで、世の中一般的には「吃」という字は、認知度が格段に低いと思うのです。「吃音」という名称をつけられた方は、知恵を絞って認知されやすいようにと名付けてくださったとは思うのですが、よくよく考えて見ると、余計わかりにくくしている名称のような感じがします。吃音症の学会ができましたよね。「吃音・流暢性障害学会」って、ツレと私とで話をしていたのですが、吃音って「流暢性障害」だよねってこと。もちろん、流暢性障害には、吃音以外も含まれるので、吃音と限定するならわ「発話流暢性障害」とか「発語流暢性障害」とか、これだったら、吃音のことを全く知らなかった私でも並べられた漢字を見るだけで連想できますし、何より、差別的な意味合いが全くないので客観的に疾患を捉えることができると思うのです。医療従事者が、連想できる名称にするってことも大事だと思います。医療の現場では、「誤嚥」やら「褥瘡」やら「胃瘻」やら、難解な言葉で溢れています。沢山勉強しなければならない医療従事者のためにも、わかりやすい文字を採用することは、吃音の認知度を高めることへの第一歩になるように思うのです。「どもり」から「吃音」へ変更し、差別を回避したハズなのに、「吃」は採用。認知度は下がるだけで、非当事者に「吃音」と言っても「??」ってなって説明しなければいけない始末。なのに、なぜか差別的意味合いを含む文字だけが残るという顛末になってしまったような。。なんかおかしい!!と思ったので。

      22
      9
      テーマ:
  • 12May
    • お久しぶりです。

      ずっと更新できずで、お久しぶりです。どうして更新していなかったかというと、、昨年末、ツレとの喧嘩が絶えず、、昨年末のある日、ツレがこのブログを久しぶりにふと見たのです。ツレには話さないでいたことを書いていたのでショックを受け、しかも、当時、メンタルもだいぶ落ちていたため、このブログの情報が追い打ちをかけたようでした。以前書いたバーベキューの記事などをはじめ、私との喧嘩の中で嫌味をこめて記事のことを言われ、ツレのダメージになっていることは明白でしたので、アメーバ限定記事とさせていただきました。本当に、ツレにとって住みにくい場所でした。というのも、実は今年3月末に引越をしました。やっと落ち着いてきたのですが、私の体調が優れなかったりでパソコンから遠のいていました。吃音のない私からすると、ツレの行動は「なんで?そうなるの?」という行動がとても多い。でも、そこに「吃音」を入れると、「そうか。しかたがないね。」に変わる。あそこに住んでいた2年間、毎日がこれの繰り返しでした。久々に、ヤフーの検索バーで「吃音」を検索していたら、悩み相談の記事で、定職につかない夫さんのことを相談されている方がいましたが、夫さんのその言動、わかるなぁ。奥さんの悩み感もわかるなぁ。と一人納得してしまいました。吃音ってなんなんでしょうね。当人のツレもわかりません。もちろん私はもっとわかりません。さてはて、2年間のツレさん、メンタルギリギリでした。昨年の今頃は、家で横になっていることが多く、「うつ」が忍び寄ってる感満載で、私も家にいるのがいたたまれないし、何よりもぼうやちゃんマンにツレの姿を見せたくなくて、何もないあの場所をウロウロしていました。ツレの性格は崩壊し、治療で打ちのめされている私をさらに打ちのめすというわけのわからない、ルーチン。(といっても、治療のことを愚痴らなければそんなことも少なかったのですが、愚痴ったらいなや斬られまくってました。)ツレの性格がなぜ崩壊したか、それは職場環境。職場の人を心から嫌っている様子でした。吃音×ツレの性格×職場の人の性格×職場をとりまく条件これらが複雑に絡み合って。吃音の調子も人生最高に悪いしで、ツレも吃音様様に追い打ちをかけられていたわけです。そんな2年間を過ごしたわけで、ツレの吃音に対する捉え方も2年間で変わりました。そして、それは私にも影響しています。また書くかもしれませんし、またお休みするかもしれません。できる限り続けるつもりではありますが、私も前のような気持ちで吃音のことを書けられないというか、なんかどう書いていいのか地盤が揺らいでいます。それではまた。

      12
      テーマ:
  • 29Dec
    • BT27 6w5d セカンドオピニオン

      BT27 6w5d 12/28昨日、モニター病院で心拍確認できなかったのですが、セカンドオピニオンというか年末だし、スッキリしたいと思いが強く。尚且つ、実家帰省のためもともと本日博多から飛行機に乗る予定、しかも夕方、ばっちり時間がある!ということでいっそのことセントマザーに行ってしまおうと、行ってきました!昨日、たまごメールしたときに、予約をしていたのですんなり内診!メガネをかけた若い先生がみてくれました。そしたらば、すんなり心拍確認!!ピコピコと私の目でも確認できました。さらに心音も聞かせて頂きました。なんども「よかった、よかった」としか言葉がでてこず、内診中思わず泣いてしまいました。昨日確認できなかったことに先生もびっくりしてる様子で「むしろ順調ですよー」と言って頂けました。胎芽も測定してもらい、6.4mmでした。そして、茶色の出血が一週間ほど続いていることを伝えると子宮内を診てくださり、絨毛膜下血腫があることがわかりました!21.4×12.0mmと大きめで今後出血がひどくなる恐れもあることを教えてもらいました。モニター病院では、今できることは何もないからとあっさりばっさりなかんじてしたが、原因がわかってホッとしました。昨日は、胎嚢すら測定してもらえず、胎芽もあるのかないのかわからず、とどめは心拍確認できず散々でした。尚且つ、出血もスルーされてしまい、セントマザーに来て本当によかったです。それと、体外受精(私は顕微ですが)の場合、週数のズレがほぼないので、精度の良いモニターで、且つ、6w後半で心拍がないのは問題ありありなのです。なので、昨夜から今朝にかけてかなり私は思い詰めてました。なので、涙も。最後に流産予防のhcg注射もしてもらい、お会計はモニター病院よりも安くて、昨日は本当になんだったのかなという感じ。さてさて、なぜこのようなことが起きたのか、なんですが。一重にモニター病院のエコーの解像度(精度)が悪い!!!田舎の古い病院だからしょうがないですね。考えてみると卵胞チェックのときも、セントマザーとの誤差が激しかった!!セントマザーにかかる方は、モニター病院選びは慎重にした方がよいかもです。私の場合、日帰りで帰れる病院がそこぐらいしかなかったから止むを得ず。セントマザーを通院していた方で利用された方はもちろん全くなし、私からモニター病院へ出向いてお願いした経緯もあります。AIHなどの不妊治療もここ数年?していなかったようで助成金の書類の記載も全くダメダメでした。セントマザーで遠隔治療する際にはモニター病院のリストを見せて頂けますが、なるべく推奨された病院がいいのだなと今更ながら思いました。

      テーマ:
  • 28Dec
    • BT27 6w4d 心拍確認できず

      BT27 6w4d 12/28モニター病院にて胎嚢と卵黄嚢を確認。心拍確認できず、胎嚢は前より大きくなっているとのことですが計測してくれず。そうそう、BT18のモニター病院受診の翌日より、茶色の出血(茶オリ)が少量、一日置きくらいに出るようになりました。

      テーマ:
    • BT18 5w2d 胎嚢確認

      モニター病院にて胎嚢と卵黄嚢を確認。胎嚢の大きさを聞くとこの時期は測れないといいながらモニターに計測されたよたいな数字11.7mmでした。でも、口頭での説明はしなかったのでこれがそれなのかもわからず。

      テーマ:
  • 11Dec
    • BT9 判定日

      BT 9 判定日。妊娠検査薬で陽性がでました。検査薬の結果をはります。不快な方は閉じてくださいね。まずはダミー。これは小倉のイルミネーションです。だんだん閉じて濃くなってきています。採卵から14日目今日が判定日だったので、セントマザーへたまごメールで報告しました。今までプラギノーバ1錠朝夕とルトラール2錠朝夕でしたが、明日からルトラール中止でルテウム膣錠に1錠朝夕に変更になりました。これから、胎嚢および心拍確認です。年始年末にかかるので時間がかかりそうです。

      テーマ:
  • 04Dec
    • 9周期ー移植

      12/1は移植日でした。初めての2個移植。ともに5AA。アシステッドハッチングをお願いしていましたが、自力で孵化してくれて必要なしに。培養士さんがとても優しく、自分の力で出てきてくれたんですよ〜と、思わず涙がでてきました。移植は院長にお願いしました。残り3個の桑実胚は、2個、1個で2本凍結になりました。

      テーマ:
  • 28Nov
    • これまでの治療(1周期〜8周期)

      H27.10 地元クリニックにて卵管造影検査半年タイミング療法にて通院(そのうち数回、天候不良のため受診できず)片道2時間以上かかるためAIHが困難、体外授精へステップアップするが、精子の奇形率が高いなど不良のため顕微受精へ。1周期目H28.04.01 D3 セントマザー初診夫が来月でないと来れないことを伝えると原則的に受精させての凍結になるとのことで精子が準備できない今周期は見送り、次周期スタート。2、3周期目H28.06.01 D5 ロング法H28.0606 D10 誘発が合わず、卵胞が1個しか育たなかったため→採卵キャンセル通院数(モニター病院2回)4周期目LUFが見つかり、ピルを飲んでお休み周期5周期目H28.07.14 D3 アンタゴニスト法H28.07.22 D11 採卵(G2:1個、G3:5個、変性卵:1個)→顕微受精1個するも退行卵へ。通院数(モニター病院1回、セントマザー4回(天候不順で帰れず、薬がないため急遽セントマザーへ1回通院している)、(採卵時期周辺で託児のためセントマザーの通院に母に来てもらう))6周期目H28.08.12 D2 ショート法H28.08.22 D12 採卵(G1:2個、G2:5個、G3:4個、変性卵)→顕微受精6個受精。→凍結:桑実胚4個を1個、1個、2個の計3本で凍結。→新鮮胚移植:採卵周期(BT:拡張胚盤胞4AA1個)→陰性通院数(モニター病院1回、セントマザー3回)7周期目H28.09.30 D21 凍結胚移植:自然周期(ET:桑実胚〜胚盤胞1個)→陰性通院数(モニター病院3回、セントマザー1回)8周期目H28.10.30 D23 凍結胚移植:自然周期(BT:3BB1個)→陰性通院数(モニター病院5回、セントマザー1回(移植日が日曜のためセントマザーの託児所が利用できず母にきてもらう))まとめてみたけど、ひーってなる今までシンプログに書いてましたが、今後はこちらに書こうか検討中。私がいろんな方のブログを参考にさせていただき、とても助かったのでこの記事などもゆくゆくは全員に公開する予定です。

      テーマ:
    • 9周期目ー採卵セントマザー

      D11 採卵。11/26は採卵日でした。前日7:15に来れるか電話がありましたが、セントマザーの託児所が空いてないので8:00来院になりました。託児所の入り口が薄暗かったためかぼうやちゃんマンがお預かりを超絶拒否され、4才の力は強く押さえ込んでお預かりしてきました。普段ここまで拒否することがなく(昨年の登園拒否以来)、なんでこの日に限ってと朝から心が折れてしまい、泣きそうになりながらの採卵でした。採卵前の内診で両側とも5、6個あるとのこと。内膜10.2mm採卵結果はG1:2G2:3G3:7Dなし

      テーマ:
  • 24Nov
    • 9周期目ー採卵周期D9セントマザー

      今までシンプログで更新してましたが、こちらに移動します。ゆくゆくは全員公開にする予定です。D9です。注射後の卵胞チェックでセントマザーに来ました。右:16mm左:22mm、20mm、18mm卵胞数も少なく、サイズもバラバラなので1個上手く行ったら御の字なかんじです。土曜、採卵となりました。天候が悪く、前日入りしました。そして、もし予定通り今日出発していたら、交通機関がストップしたため、来れなかった。昨日、早めに決断して本当に良かった。けど、採卵できるか不安です。

      テーマ:
  • 22Oct
    • 吃音症で名前が言えないということ。人生ハード。

      先日は愚痴吐き記事お見苦しくてすいません親友やブログに書いたことによって大分心が楽になりました。本当にありがとうございました!最近のツレの吃音、実はすごく調子が悪いんです。ツレの話しによると、ツレの人生のなかで一番悪いそうです。実際に私もあれ?って思うことが多いです。ツレの調子の悪さにまだ気づいていなかった1〜2ヶ月前くらいの話、ツレから電話がかかってきたのです。しばらく無音。あれ?って感じで笑っているのが聞こえ(ツレは声が出なすぎて笑ったみたい)、テレビ見ながら電話してるのかなと私は思って、やや怒り気味になって「もしもし!」って。数秒待つとツレ「もしもし、ごめん。声が出なくて」私「あっ、そうだったんだ。ごめん」(怒ってごめん…)こんなことがあって、電話だけでなくて日常会話でも頻繁に声が出ずに数秒待つことが最近度々出てきました。もちろん仕事に支障がでないはずがありません。先日、近くの同業者に挨拶する用事があって、自己紹介の名前が出てこず。名前が言えないと相手の反応がどうなるかって想像したことがありますか?「はじめまして、山田花子です。よろしくお願いします!」「・・・無音・・・。(7秒カウントしてみてください) あ、あさのです。よろしくお願いします」7秒待ってくれることがまず一つのハードル。仕事中の会話で7秒寛容に待ってくれる職場にいる方は、何割くらいでしょう?言えたところで、その人への印象はどうなるでしょうか?ここにはいろんなハードルが、知的知能指数の印象、挙動不審な人の印象、オドオドしている印象、何よりも生きる上で大事な格付け。ここで格付けはどこに入るでしょう。私なら自分以下に感じると思います。その人を見下すことはしませんが(残念ながら吃音を知る前は見下していたと思います)、すごくホッとして親しみを感じる(あくまで今は)と思います。もちろん、この格付けは、のちのち変わることだって十分にあります。ただ、吃音を持つとそれを覆すことにもハンデがあるといえます。なんで吃音の大変さってここまで書かんといかんのだろう。今日は他にも書きたいことがあって。というか、上の表現、大分シビアに書いてしまいました。当事者の方、ごめんなさい。私が思う、、感じる現実を書いております。ので、主観ももちろんおおありです。ただ、非当事者の方には、吃音の現実に向き合ってほしい、一人でも多くの人にと願っています。主観を交えた表現方法でしか、吃音の苦しさを伝えなきゃいけないところが、吃音を伝えることの難しさであったりもします。。さて、今回のことでびっくりしたのは、吃音は年齢とともに落ち着くと聞いていたのですが、それがそうでもなさそうだということ。年を重ねているのに、吃音がひどくなるなんて。症状がでていることはしょうがないのですが、大事なのはうまく付き合えるかということです。もちろん、症状が重くなっているので辛さが増すことは度々あるのですが、今のところ仕事ができないわけではないレベルなので大丈夫だそうで。そして、先日、転勤前の職場に電話したところ声が出なくて、警備員さんに不審者扱いされ、目的の相手まで電話を回してもらえなかったそうです。結局、目的の相手に電話するために、同僚に電話番号を教えてもらえるようメールを送り、数日後、直接携帯電話にかけたそうですが。たった一本の電話、なんでここまで手間がかかるのでしょうか。この日のツレは流石にがっくりして、帰ってからずっとフテ寝してました。吃音をもつと、人生なかなかハードです。

      16
      6
      テーマ:
  • 11Oct
    • 吃音と思いやる心

      最近、ツレと喧嘩が絶えません。離婚も頭をよぎるほど腹ただしくなることがあります。発端は、不妊治療のことです。私が治療が辛くなりそれを吐くと、「治療ができるだけ恵まれているのにどうしてわからないの?」「どうしてそんなにメンタルが弱いの?」って言われる始末です。親友には、治療の辛いことなどポロポロ吐いていましたが、積もり積もってツレに言ったら、まるでそんなの悩みじゃない、なんでそんなことで悩んでいるの?と、言われたように感じました。治療の辛さも確かに理解しにくいですよね。男性だと尚更。だけど、私とツレの関係ってなんだろうって思うんです。私はツレの吃音のこと理解しようと努力しました。吃音のことを想像してみました。だけど、私の治療に対しては理解しようとも想像しようともしてくれないのです。なんでと聞いたら、今働いている場所の人間関係が悪く、思いやるなんて無理と言われたんです。もともと、そういうことできる人間じゃないんだ、無理なこと言わないでとも。以前から、ツレは「吃音以外のことなら我慢できるし、辛いとも思わない。それだけ吃音を持ったら辛いんだ」っていいますし、フと「吃音以外の苦しみなんて苦しみになんてならないよ」みたいな、他の苦しみを軽視するようなことをいったりもします。苦しみすぎて、他の苦しみを想像する余裕がなくなっている拠。でも、でもです。私は、妻として苦しむという感情を表してはいけないようです。ツレ以外の人に相談すればいいということのようです。でもこれって、人としてどうなのだろうと思うのです。思いやるって、人と人との営みの中で一番かけがえのないことなんではないでしょうか。それができないなんて。それができないことを悪いとも思っていないなんて。しんじられないです。私はツレよりも強くあれということでしょうか。私のこの苦しいって気持ちはどこに運ぼうか。

      20
      12
      テーマ:
  • 27Sep
    • 吃音×見た目

      ツレが昨日髪を切ってきた。今まで、ツレはボウズだったのだが、ここ1ヶ月ほど髪型を変えるべく、伸ばしていた。ツレがボウズにした訳はだいぶ昔にブログに描いた。理由は、吃音から併発した多汗症があってのこと。仕事中、汗が気になってヘアバンドとかしていた時期があったのだが、そうやってみみっちく気にしてるのに嫌気をさしてある日、ツレはボウズになった。ボウズになってから、強面風になったので丁度良かったのではと私は思っていた。吃音でバカにされることが多い日々、見た目だけでも強面になっていればバカにされるのも少なくなるのではないかなって思った。ところがどっこい。違った。昨日、髪型を変えたツレはなんだかナヨナヨしくて思わず似合ってないし、強面風のボウズが気に入ってた私はボウズに戻したらとツレに怒った。そうしたら、髪型を変える理由をずっと教えてくれていなかったツレがその理由を教えてくれた。「強面の印象の人がオドオドしていると、ギャップが激しくて余計バカにされるんだよ。どうしてオドオドして見えるかはわかるよね。吃音だよ。」そう、ツレが私に怒って説明した。そっか。想像してみた。強面の人がたどたどしく話していたら、周囲の反応はどうなるんだろう。(なんで緊張してるんだ。笑)(見た目にビビったけど、ビビらせないでほしい。弱いじゃん。笑)まぁ、マイナス方面に想像しているんだけど、性格の悪い私だから余裕で性格の悪い人間の気持ちを想像してしまう。かなしいかな。お互いケンカ腰に話してた私とツレだったけど、ツレの話を聞いて私の心が思わずシュンとなった。「ツレ、かわいそうだね」それしか、言えなかった。吃音の人がバカにされる、下に見られるってわかりますか?家族だったら、怖くて想像するのを止めてしまいませんか?関係ない非当事者はこのブログを読み切ることは難しいのかもしれない。想像する工程手前まで奇跡的に辿り着けたとしても、想像する工程で面倒になるのだろう。今日も眠れない。

      16
      6
      テーマ:
  • 13Aug
    • 愚痴

      ツレさんは来ないのー?どこにいるのー?計2人に聞かれました。聞いてくれるのはまだマシで、聞いてない人こそ苛立っているのかもしれない。あー、胸がぎゅーーっとします。吃音があるので参加できませんなんてわけのわからない理由はいえない。私は今、ほんと特殊な環境にいるのだと思う。でもね、この環境に来ることになったのを辿っていくと、結局、吃音なのよね。吃音さまさまですわ。

      13
      6
      テーマ:
  • 11Aug
    • 吃音のこと。檻のなかにいるということ。そして、私の醜い心の中。

      長文です。ごめんなさい。今日は地域のバレー大会だった。ほんと小さい小さい地域のバレー大会。でもこのバレー大会は、ここの人たちの名物で帰省してきた家族とともに地区に分かれてする。今回参加が初めて。結論からいうと、とっても楽しいと思った。地域の人が一丸となって、ワイワイいいながら試合をする。顔見知りの人の新たな一面なんかも知れてなお楽しい。あーだね、こーだね、ごめんねー、よかったねー、みんなで掛け合って。もちろん、そこにはツレはいない。楽しーーーーーを満喫した後に、思ったこと。ツレも参加できたらいいのに。参加できないツレに胸がぎゅーーーーーっと傷んだ。頭の悪い、不出来な私はまたわけがわからなくなった。どうして参加できないの?黙ってでも参加してたら楽しめるんじゃない?いやいやいや、いろんな人に声をかけられる。その度に吃音が邪魔をして、言いたい言葉がでない。人が多いから、リズムが取りにくくなって余計しゃべりにくいだろうし。結局飲み会と一緒。ある方が教えてくれた。吃音があると、喋っている集団の中で、たった一人檻の中に入っているようだということ。わかりますか?つまり、目の前でスラスラ喋れることを自慢されるんです。吃音を持つ人は。そして、あーそだね、こーだね、だったよねって、相づちですら自分でコントロールができたりできなかったり、言いたいこを話そうとタイミングをとっている間に話しがかわり言いたいことも言えず。結局、自分だけのなかで仲間外れになっているんです。周りには見えない、吃音を持つ人だけが見える檻。理解してもらいたくて似たようなことを何度も書いてしまうのですが、、ある偏った見方をすれば、私たち吃音がない人たちは、ある意味、吃音のある人たちを知らずに檻の中に閉じ込めてしまって「話すこと」を見せびらかしてしまっているんです。(非当事者は、この話なかなか理解しにくいかもしれない。分かりにくかったらごめんなさい。もしかすると、以前の私のように大袈裟!!って思うかも。それはあんたのツレだけだろって思っているかもしれない。でも、吃音のことを知ろうとなんどもなんども考えていると、ふとわかるときが来ると思うんです。)この話を聞いた時、私はなんてことをしていたんだ!!って思った。なんて恐ろしいことを強いていたんだって。自分のなかでスーーーッとツレの苦しみが理解できたような気がした。まだまだわかってもいないことも多いのだけど。参加して吃音の苦しさに苛まれるより、人と付き合わないことを選んだ方が心が平穏。だからツレは参加しなかった。さてはて、上ではツラツラと吃音のことを分かったようにかいているんだけど。ツレの奥さんである私の本当の心の中はどうなんでしょうか。。私は欲深い人間。ツレのことを思いやる一方で、僻んでいる。家族で来ているところは、奥さんが子供をみて旦那さんが審判とかをして役割分担だった。私の家は私とぼうやちゃんマンだけ。試合が進むとこどものお友達の家は旦那さんを残して夜が遅いと帰ってしまい、帰省してきたこどもが残っていたものの知らないこどもとは遊べないぼうやちゃんマンはひとりぼっち。ボールと一緒に転がっていた。私は駆け寄りたいけど、点数番をしていたからいけなかった。あ、、ツレがいたらなって思った。ずっと、何年も住んでいる場所ならいいけど。「いなくなる人」扱いの転勤族の私たちは、こういった狭い地域では肩身が本当に狭い。家族2人ってどれだけさみしいんだろう。ツレがいたらどれだけ心強いか。せめて兄弟がいたら、ぼうやちゃんマンはどれだけ寂しい思いをしなくてすむんだろうか。私がこどもを守らなければ。吃音を持つ人の伴侶はきっと強くなくてはならないと思う。周りには決して理解されない、付き合いの悪い伴侶をフォローする必要があるんだから。(でも、きっとそんなことはこんな田舎だから思うのかも。都会だったらライトな関係だからここまでは感じないのかもしれない。それに転勤族じゃなければ、もっと親しい人ができてここまで気にならないのかも。ネガティブなことを書いてます。本当の心の中を書いています。お見苦しい記事で申し訳ないです。)帰ってきたあと、ツレは悪くないのはわかっているけど、ワガママな私はツレにあたって冷たい。ツレがどん底に落ちた時を思ったら今はどれだけ幸せか。人間ってどんどんよく深くなる。もっとほしい。これがほしい。あれがほしい。本当は、どれだけ感謝してもしきれない。支えてくださった人たちに感謝しないといけない。今こうやって、ご飯が食べられることに。皆さんにいいことがたくさん舞い降りますように

      16
      6
      テーマ:
  • 27Jul
    • 最近のこと

      最近は吃音のこと全然書けていません。昨年から始めた不妊治療ですが、今は俗に言う体外受精に入ってます。私の住んでいる地域では人口受精(AIH)をするのが困難で飛ばしてのステップアップ。しかも、体外受精ではなくさらに進んだ顕微受精です。治療は全くうまくいっていません。状態が悪くまともに移植までいかないのです。治療にいくために、たくさんの犠牲が必要です。職場、地域の行事関係、子供の行事、幼稚園などなど。しかも、こんな田舎に住んでいるので家を出て外泊していると必ず所在を聞かれます。地域の行事にも人が少ないので参加してほしいと言われるのですが、結局、治療で予定がたたず。答えが曖昧になってしまったり、急に病院に行ったり急に行く必要がなくなったりと、意味不明な行動になってしまうので説明が必要な場合には正直に不妊治療のことを話しています。ただ、不妊治療の辛さは、なかなか理解されず。2人目なので余計に理解されません。しかも、こんな狭い地域なので不妊治療も噂話の扱い。言ってない人にも当たり前のように伝わっています。治療してるの知られるのは構わないと思っているのですが、治療について知識がないので妊娠したんじゃないかとまともに聞かれることが何度もあり、本当にそれが辛いです。できなくてすいません。できなくてごめんなさい。いろんな思いが心の中に押し寄せます。こんなにしんどい思いで治療しているなんて、近くに住む人には到底理解できないと思います。しかも相当な田舎に住んでいるので私の場合は特殊で泊まりがけで治療にいくないといけないのです。治療の時間以上に、移動の時間も必要なのです。他人からすれば旅行気分でいいですねって言いたくなるかもしれないけど、旅行気分なんて無理です。お金も桁が違います。お金と時間と人との関わり、たくさんの犠牲にするんです。現にボランティアのことは予定調整が困難も困難なので自粛しています。一回一回の治療を無駄にしたくなくて最善を尽くしたいと思ってしまいますし、こんな思い詰めた気持ちではいけないと思い直したりと精神的にも追い詰められていくのです。なんとか不妊治療に関係ない人にも理解してほしくて文章を書いてみたけど、このドロドロとした追い詰められた気持ちわかりにくいですよね。先日の結果、相当良くありませんでした。このなんとも言えない気持ちと共に生活していかないと。長期戦か諦めるか。あの吃音のことで混乱したときに抱いた赤ちゃん。赤ちゃんにポタポタ流れた涙。どうか神様、今度は笑顔でどうかもう一度赤ちゃんを抱かせてくれませんか?しんどい。

      14
      2
      テーマ:
  • 22Jun
    • 子連れハワイ旅行レポート♡最終日

      最終日は私の大好きなウニのパスタのお店ですアランティーノというイタリアンのお店ガイドブックにも書かれていたので楽しみにしてました。ちょっと早すぎて待ってから。中に入るとこども用の塗り絵とクレヨンをいただきましたハワイのいいお値段のお店に行くと塗り絵はよくあるかんじが、、最後のお食事なのでビールで乾杯パルメザンチーズも削り立てイカスミも大好きそすて念願のウニパスタ最終日なので近くを散策して帰りました次が最後~

      11
      1
      テーマ:
topbanner

プロフィール

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス