下々のもの。加計学園グループの英数学館小中高の現実。 | ハムハム放送局

ハムハム放送局

ハムハムハムッハー
ハムー


テーマ:

加計学園理事長は、加計孝太郎。その長男が役(わたる)氏で副理事長の座。彼はさらにもう1つ学校法人の理事長になっています。それが、広島にある英数学館小中高を経営する学校法人「広島加計学園」です。

ややこしいですが、「学校法人加計学園」と「学校法人広島加計学園」は、行政上は違う組織として扱われます。

学校法人加計学園……大学を有するので、文部科学省が直接監督する

学校法人広島加計学園……高校までなので、広島県 学事課が監督する

こう違います。

 

その広島加計学園には、安倍昭恵夫人がズボズボの関係です。

そして、安倍首相の「腹心の部下」である、自民党の下村博文(安倍政権下での文科大臣)も、

夫人が「教育審議委員」という肩書きをもらって、ズボズボです。

森友と一緒ですね。政治家直接ではなく「夫人」が裏金取引の役目で暗躍するみたいです。

加計孝太郎は、かわいい息子に、学校1つポーンとプレゼントして「自由にやってみろ」としたようです。

これが、その凛々しい息子さんです。

彼が岡山のクラブホステスに言った言葉は、多くの日本国民をヒートさせたことは記憶に新しいです。

「自分の家族は庶民とはレベルが違う。 俺くらいになったら下々のキミたちとは違うから」

 

でも、たたき上げでもない、息子の経営はどうだったかというと

あれ?息子が経営を開始した平成25年からどんどん、学校の資産が目減りし

あれあれ?英数学館小中高は根抵当10億円がつけられ、借金のカタに。

それにしても、10億円とは大きくいきましたね!ご立派

hamurindayoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス