どうも、はむばねです。

$あなたに送る独り言byはむばね-130114_1735~0001.jpg

一昨日の決意と共にポチったものたちが届いたよー\(^o^)/
とはいえこれ読み終わったところで途切れては意味がないので、今後は新たな指針に従っていきたいと思います。

まず第一に、気になったらポチる。
消費のペースとか、まだ積ん読いっぱいあるしなー、とか考えずにポチる。
というか、どう考えても消費を上回るペースでポチる。
「さぁ何を読もうか」となった時に、消去法ではなく積極的に選べる選択肢が常にあるようにしておくことでモチベーションを保つ作戦ですね。
今の積ん読ラインナップとか最長10年近く積んでるもんなので、どうも今更読む気がしなくて結局本を読むという選択肢を避ける、というパターンが往々にして発生してますからね。
とりあえず、供給の量だけでもかつて(高校時代)に近づけるところから始めよう。
全てのライトノベルを割とガチで読むつもりだったかつての私にとっては、「どの本を買うか」というのは結局「どの本を先に読むか」以上の意味を持ちませんでした。
あの頃の熱をもう一度!

そして第二に、有名作も積極的に読む。
どちらかといえば、こちらの方が重要。
いまだ根強い厨二病に侵されている私にとってマジョリティに迎合するのは忌むべきことであり皆が既に知っているものに今更触れたくないという思いは消えないのですが、ここはグッとその衝動を抑えよう。
好みの差はあれど有名になるもののクオリティは総じて高いはずなので、とりあえずそういった安牌で慣らしていきましょう。
本当は、「皆が面白いと言ってるから読む」とか一番やりたくないんですけどね。
いずれ、有名になる頃にはとっくに知ってる状態になるまで、その主張は一旦引っ込めよう。

というわけで、「趣味は?」の質問に「読書です(ラノベだけどな!)」と言える状態復帰目指して頑張っていきたいと思います。
ちなみに、今は「趣味は?」と聞かれたら「読書でした」と答えてます。
最近、ホントに自分が何を楽しみとして生きてるのかわからない。