どうも、はむばねです。
今日は結構冷えましたねー。
久々に手袋先生に出番が回ってきましたよ。
長いこと使ってなかったんで今年はもう引退してもらおうかと思ってたんですが、一応カバンの中に控えててもらって良かった。
まぁでも、お昼休みはそんなの関係なくノー上着で外に出てますけどね!
2月末に脱いでから、そのまま。
また寒くなってきたからといって、この私が気温によるフレキシブルな対応などとると思うなよ!
一度脱いだら脱ぎっぱなのが私のジャスティス。
気温調節(脱ぐ・着る)出来るのは年二回だけなので、慎重な判断が必要です。


さてそれはともかく、世間ではビッグマック200円とかいうキャンペーンが行われているようですね。
正直、私としては普段の価格が200円以上であったことにやや驚きを禁じえない。
平素の値段がいくらか知りませんが、ビッグマックってどうなんですか?
なんとなく、ハンバーガーとチーズバーガーを1つづつ頼んだ方が満足度が高そうな気がしていつも頼まないのですけれど。
やっぱ、重なってると違うもんなんですかね?
個人的には、食べにくそうで逆にちょっとアレなんですけれど。

ところで「ビッグマック」なのか「ビックマック」なのかわからなかったのでとりあえず「びっくまっく」と打ったら、普通に「ビッグマック」と変換された。
やるなGoogle日本語入力。
でもよく考えたら、「ビック」なんていうのビックカメラだけな気がしてきた。
なんであれ、「ビック」なんですかね?
……と思ってwikiってみると

>会社の公式発表では『「ビック(bic)」とは英語の方言で「(外見だけでなく中身も)大きい」の意である(元はbig)。創業者の新井隆司が、バリ島を訪れた際に現地の子供たちが使っていた「ビック、ビック」という言葉に、「偉大な」という意味があると聞いて社名に使った』とされている。

とのことです。
やっぱり、意味合い的にはビッグなんかい。
そしてそれより何より、ビックカメラが全国で40店舗しかないことに驚き。
まぁ確かに、大きいところにしかないイメージはありますよねー。