建築家の思いつくまま日記

建築家の思いつくまま日記

岡山の建築家です
思いつくまま、日々の出来事をつづっています


テーマ:

この秋は週末の度に台風がやってきて、いろんな予定がだめに

なった人も多いのでは

今週末は、久しぶりに秋らしい過ごしやすい天気となりましたね

 

 

 

 

私は今週、来週とお客様を家の見学に案内します

個別に案内しますので今からでも受付できますよ

お問い合わせは下記HPからどうぞ

みなさまも良い週末をお過ごしください

 

上平設計室ホームページ


テーマ:

豪雨被害にあった倉敷市真備町で3軒相談を受けています

全壊の場合、修繕は補助金が200万円、建替えは300万円

既存の家の解体に対してもほぼ公的資金で賄えますし、修繕も

建替えと変わらないくらい費用が掛かるので、みなさん建替えを

選ばれました

ここは、ご自身の年齢、住宅ローンの有る無しによって思案の

しどころですね

 

 

さて、先行して進んでいるS邸のプランがまとまってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

当初は住んでいた親世帯と娘さん3人で建替えする予定でしたが

この機会に長男さん家族(夫婦+子供一人)も同居しようという

ことになりました

住宅ローンもシェアして負担を軽減します

 

 

 

 

 

 

玄関と風呂は共有する計画でしたが、打合せを重ねるうちに、玄関から

風呂まですべて別個、つまり2軒の家を一軒にした形に・・・

そこで、三世帯を三層構造に計画しました

屋根勾配を利用し、1階の親世帯と娘さんの家には吹抜を設け、2階の

長男さん家族の家にも吹抜とロフトを設けました

 

 

 

 

解体に関しては、倉敷市にやってもらう方法もありますが、抽選となり

いつになるかわかりません

今回はこちらで解体業者を手配し、掛かった費用を申請して受け取る

こととしました

10月中に解体の手筈がつきましたが、かなり早いほうだと思います

 

 

西日本の水害で、こらから家をどうしようと思いあぐねている方も

多くいらっしゃいます 私だけでは微力なので、所属するグループ

「建築家と作る木の家」で少しでも力になれればと思います

相談は無償でさせていただきます

上平設計室HPからお問い合わせください

 

上平設計室ホームページ


テーマ:

お盆休みに入りましたが、厳しい暑さが続きますね

熱中症には十分お気を付けください

 

さて、数年前に「高梁 I 邸・・・矩計図」をアップしましたが、

今でも矩形図で検索していただくことが多いようです

そこで、参考までに矩計図と完成写真を対比して見てもらいます

矩計図と書いて、かなばかりずと読み、家の断面を

詳細に描いた図面になります

 

 

 

 

 

岡山K邸の矩計図です

南から北へ上がっていく屋根、天井もそれに沿って上っていき

吹抜となります

ロフトの屋根は逆方向に上り、屋根どうしの高低差を利用して

採光用の高窓を設けています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉備高原N邸の矩計図

K邸と同じように屋根は上っていきますが、屋根は互い違いとせず

切妻屋根としています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根勾配をLDKの天井に活かし、1階とロフトは一体化しています

構造がシンプルなためにローコスト化が図られ、大きな空間が

得られます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉敷S邸の矩計図

切妻屋根としてLDKの上部は吹抜、それ以外の空間はロフトとして

収納のために使います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家のプランを考えるときに、一番大事なのはもちろん平面図ですが、

矩計図で家を考えると、広がりを感じられる居住空間を実現できます

 

****************************************

 

西日本の水害で、こらから家をどうしようと思いあぐねている方も

多くいらっしゃいます 私だけでは微力なので、所属するグループ

「建築家と作る木の家」で少しでも力になれればと思います

相談は無償でさせていただきます

上平設計室HPからお問い合わせください

 

上平設計室ホームページ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス