建築家の思いつくまま日記

建築家の思いつくまま日記

岡山の建築家です
思いつくまま、日々の出来事をつづっています

新年明けましておめでとうございます

 

今年もよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

準防火地域内の準耐火木造住宅完成いたしました

後日報告させていただきます

 

 

 

上平設計室ホームページ

岡山市北区南中央町、ビルが密集した街中の土地

敷地の奥行24mに対して間口は3.8mしかありません

 

 

 

 

鉄骨4階建てのテナントビルが建っていて、これを住宅としてリノベーションしたいというご依頼でした

建物が出来たのが47年前、耐震基準が現在と大幅に違い、耐震補強してリノベーションをすると

多額の費用がかかることがわかりました

 

そこで建物を取り壊して新築をすることになりました

常識的には準防火地域内で木造の建物を作るは制約が多く、鉄筋コンクリート造か鉄骨造にするのが一般的です  ただ敷地間口から工事が難しく、コストもオーバーします

そこで制約が多い木造でチャレンジすることにしました

 

 

 

 

準防火地域内で木造を建てる条件は準耐火建築物にすること

屋根30分耐火、外壁45分耐火、床45分耐火、間仕切壁45分耐火、柱と梁45分耐火

階段30分耐火、外部建具は防火戸とする必要があります

具体的にどのように耐火仕様にするかはまた図面で説明いたします

 

 

 

間口が狭く奥行が長いまさにうなぎの寝床のような家

どの部屋からも通風と採光が確保できるようプランを考えました

 

2階にある子供室は天井を高くして吹抜とし、ハイサイドライトから陽の光と風をとりこみます

 

 

上平設計室ホームページ

先ずは外観から紹介いたします

 

ビフォー

 

アフター

 

 

 

 

 

 

 

 

焼杉板の既存建物にガルバリウム鋼板のキューブが貫入しているイメージ

 

素材を合わさずに少し違和感をもたせました

 

 

 

では内部の紹介を

 

ビフォー

 

 

アフター

 

 

 

 

 

 

 

 

写真では広く見えますが9.65帖しかありません

 

先のブログでも紹介いたしましたが、机のレイアウトを変えるだけで授業、自習に対応できます

 

天井はシナベニヤ、壁はセラミック塗装のガイナ塗り

 

断熱性もある高機能な塗装です 色は迷った末奥様の好みのグレーに 落ち着いた色調ですね

 

床は厚さ30ミリもある杉板  足ざわりは最高です

 

ホワイトボードはキッチンに使うホーロー鋼板を使いました

 

 

 

 

 

机も大工さんに作っていただきました

 

少し重いのですが、スチール製とは違い暖かみがありますね

 

大工さんは囲炉裏のある別荘を施工したいただいたベテランのUさん

 

今回もいい仕事をしていただきありがとうございました

 

 

上平設計室ホームページ