⋆ ✤ 。 *   LES CINQ SENS   * 。✿ ⋆


  • 18Sep
    • デイリーワイン☆ France ☆Italy  …&♡の画像

      デイリーワイン☆ France ☆Italy  …&♡

            フランスワイン専門店ラ・ヴィネさんへ新着ワインを調達に。今回は、オール ブルゴーニュとなりました。先ずは、早速飲んだ赤(ボトルに写り込み…)ドメーヌ・ミシェル・ジュイヨ 2017ピノらしい穏やかなタンニンとミネラル感2日目、香りはさらに開花して…♡熱く語る阿保店長の、おススメはヴィレ・クレッセ シュール・ル・シェーヌ / ドメーヌ・ミシェル2017(右)樹齢60年以上のブドウを使用しており辛口ながら一部には貴腐果も使用している為蜂蜜やスパイスの甘美で複雑なアロマに満ち溢れている。非常に滑らかな口当たりと果実味そして圧倒的なボリューム感を備えており、余韻も長大…という、説明。ラインナップも豊富なヴィネ人気の白ワインまだ飲んでいないけど、楽しみ!VIRE CLESSE LA BARRE 2016 DOMAINE MICHEL2016年がセラーに1本残っていたのでそちらを先に飲んでみた旨~~美味しいシャルドネの味わいを求めるとこの独特のアロマと、トロリとした蜂蜜感口福だ~♡蕎麦粉のガレットを焼いて、ミルクレープ風に重ね♡ Caviar トッピング!(最近のマイブームは、干し野菜↑蕪)      ステイホームを強いられた春頃から昨年のイタリア旅行の思い出をたどりシチリアワインばかりを飲んでいた。フェウド・アランチョ ダリラこれは楽譜のエチケットが可愛くて購入楽譜の曲はシチリア古来からの歌なのだそう。テッレ・ネーレ エトナ・ロッソ 2018火山灰土壌由来の豊富なミネラル感よくピノノワールにたとえられるけどもっと骨太な感じ。…エトナ山の雄大な姿を思い浮かべながら。シチリア旅行中に気に入った、ネロ・ダヴォラ甘みのあるしっかりした味わいが特徴の葡萄品種こんなに美味しくて、この価格でいいの?って、何度かリピート買いした。今はちょっと飲み飽きたけどシチリアワインにはかなりリーズナブルでも美味しく飲める固有品種のワインが沢山ある。パレルモのリストランテで食べた一皿を再現タコとジャガイモのサラダごくシンプルな味つけ、美味しくできた イタリア食材も …色々このレモンオリーブオイルというのがなかなか使えるトマトサラダなど、凄く美味しくなる。フルーツサラダには、オレンジオリーブオイルで。この時季いつも送っていただく「白井の梨」みずみずしくて、とても美味しい大玉梨秋の楽しみ ☆ オマケ ★この夏、大活躍した25㎝のガラス皿前菜、デザート、何でもこなす重宝さ夏に限らず通年ヘビロテしそう。

  • 10Sep
    • ☆小林モー子さんの PINZ! & shoesの画像

      ☆小林モー子さんの PINZ! & shoes

      ひと月ぐらい前の「せかほし」再放送後にはweb shop のアクセサリーほぼ、All sold out !となっていた!その少し前だったけど品薄でもまだ選べるくらいの在庫があり可愛いのはだいぶ少なかったけどなんとか1点購入することができた小林モー子さんの、ビーズアクセサリーエスプリの効いた小さなピンズ2,3個一緒に着けたら絶対カワイイ♡様々な技術があるオートクチュール刺繍の中でもリュネビル法を用い小さなヴィンテージビーズを一粒ずつ刺繍したアクセサリ-です。使用しているビーズは全てフランスで直接買い付けました。そのほとんどは1930~50年代頃に作られた希少なものです。独特な発色や、普通の針では通らないような極小サイズのものを厳選し使用しています。♡♡♡手に入れた富士山ピンズ!実物は、思っていたよりもビーズが細かく緻密にキッチリと仕上げられている小さくても存在感バッチリ、他にも色々欲しくなる。“ブタに真珠ブローチ” 本当はこれが欲しかった(もちろん売り切れ)背中を丸めた黒豚ちゃん黒豚に黒真珠となると、なんだかオシャレです♡コンセプトは『piece de conversation』= 話題の手がかりアクセサリ-を通じて、会話が盛り上がる素敵なコミュニケーションツールだ。ネットで色々検索していたら、偶然見つけたMINNETONKA×MOKO コラボ商品のビーズモカシンミネトンカのモカシンに、可憐な雪の結晶この可愛さ見逃せない!と、即買い!ぴったりサイズがあって良かったー♪イロチのネイビーも可愛いかったけどサイズ無し。(楽天ショップにて)ソールはクッションが効いて、履き心地も goo-♡profile2004年に渡仏パリEcole Lesage broderie dʼ Art にてオートクチュール刺繍を学びディプロム取得2010年に日本へ帰国maison des perles (メゾン・デ・ペルル) を設立刺繍アクセサリーの制作を本格的に開始…小林モー子さんはパタンナーのキャリアがあり服飾関連ではプロフェッショナル一つ一つ丁寧な仕事を旨とする savoir-faire持ち前のアーティスティックなセンスを活かし個性の光る素敵なアクセサリーを誕生させた頑張っている女性は輝いているな~♡ちょこっとアクセサリーを購入して応援したいような… すっかりファンになった♡以前はビーズアクセサリーというと安っぽい印象があり興味の範疇外だったけどこの繊細さは別物!アート作品です。じっくり見ると極小ビーズがギッシリと隙間なく縫い込まれていて、技術の高さは一目瞭然古い時代のフランス製アンティークビーズ微妙なグラデーションが、たまらないな~♡2017年には国立西洋美術館の『アルチンボルド展』にてコラボレーションアクセサリーを発表…と、プロフにあったけどアルチンボルト展は、見逃したんだよネピンズとかもあったんだろうなー行けなかったのが、今さらながら悔しい。☆ オマケ ★この真っ白スリッポンもお気に入り♡今年の夏も、またまた足の不調でバレエもほとんど出来ず。。。やっぱりぺたんこシューズは、歩行が一番楽でMINNETONKA ばかり履いていた。昔、フリンジブーツが流行った時に持っていたけどここ数年ミネトンカは忘れていた存在だったリーズナブルで履きやすいし、ハマっている最中。

  • 05Sep
    • 「真珠」海からの贈りもの  松濤美術館の画像

      「真珠」海からの贈りもの  松濤美術館

      この日渋谷は、息苦しいほどの暑さだった…静かな涼しい室内で美しいものと、じっくり向き合う日常の雑念をしばしリセットできるアート鑑賞の時間は♡至福のひと時期待していた以上に素晴らしい展示内容で久々、眼福に喜ぶ。渋谷区立松濤美術館世界最古の宝石のひとつである真珠貝をあけ、そのなかから取り出される真珠は、カットや研磨など人間の手を加える前から美しい輝きを放ち、古くから人々を魅了してきました。真珠があしらわれた宝飾品は、富や権力の象徴でもあり王侯貴族はこぞってそれらを身につけました。本展では、古代から近代に至るまで英国をはじめとするヨーロッパ各国で製作された真珠の装身具を展示します。これらの装身具は素材の美しさはもちろんのこと洗練されたデザインや、職人による精緻な細工が施されたもので真珠の宝飾文化のすばらしさを伝えています。これは3世紀頃のものだったと思うけど失われていない真珠の輝きや金を緻密に編んだ素材使いに驚く現代でも通用するフープ型のモダンなデザインにも感心。パール&ホワイトエナメル ペンダント「ライオン」白いエナメルのライオン、頭にルビーのアクセント足先で揺れる真珠は、遊び心があって可愛い。(1600年頃・スペイン)このブローチは、よほど印象深かったのか夢の中にまで出てきた!笑鮮烈なインパクトだったのは揺れるぶら下がり装飾の鋭く尖ったところアクセサリーでは定番の雫型を逆さにしただけで明快な調和とリズムが生まれる私は、こういうデザインが好きなのだ♡シードパール、ネックレス&イヤリングセット(19世紀初期・イギリス)シードパールとは、2mm以下の極小サイズの真珠まるでレース編みのような繊細さ女性なら誰でも一度は身に着けてみたいと思う憧れのネックレス♡シードパール ティアラ(19世紀初期・イギリス)…極小パールというのは制作意欲をかきたてイマジネーションを膨らませてくれる素材だけど実際の製作にはかなりの根気が必要。私の場合だと最近は大粒の南洋真珠を好んで扱う歪みやエクボといった個性もチャーミングな大粒真珠あこや真珠より、ずっとお洒落だし。白蝶真珠の大きなピアスをつけている女性…と言えばフェルメールの、あの青いターバンの少女だけど…  こちらの女性(妻)も、同じものをつけている。↓どちらの絵も、ピアスばかりが気になってしまう、、、というお話 縦サイズは2cmぐらいだろうか魅惑的な輝きを放つ ブラックオパール素晴らしく希少な宝石!その煌めきは深く鮮やかでいつまでも眺めていたくなる♡金に淡い配色のエナメルの翼も素敵中央のターコイズは、ワイルドな表情だけどちょっとエキセントリックなこのデザインには合っている。パール、エナメル サファイア&ダイヤモンド ネックレス(1880年・イギリス カルロ・ジュリアーノ作)帯留 「桜」  (1908-1912)鼈甲かんざし帯留 「花車」  (1935)第一会場は、西洋アンティーク穐葉アンティークジュウリー美術館による出品が多かった細い遺髪をさらに細かく裂いて絵柄にした小さなブローチモーニングジュエリーはながめていると何とも言えない気持ちになる。ハードストーンカメオのコーナーも素晴らしいものがありとても見応えがあった。第二会場ではミキモト真珠による養殖真珠の発展と明治時代以降のデザインの歴史などが紹介されている。***MOURNING JEWELLERY(モーニング ジュエリー)とは喪に服する期間に故人を偲んで身に着ける装身具をさします。特に髪は、神秘性・永遠性の象徴であるとともに失った愛する人との絆でもありモーニングジュエリーの中で重要な役割を果たしています。

  • 01Sep
    • ☆かき氷、Frappe & デュカスのソフトクリーム★の画像

      ☆かき氷、Frappe & デュカスのソフトクリーム★

      食べたい衝動には忠実に!夏の冷んやりSweet の鉄則六本木ミッドタウン「とらや」かき氷はハーフサイズがあったので抹茶グラッセのセットで。“宇治金時” ではなく “宇治みぞれ”氷の下にあるのが小豆ではなく白餡トッピングの白玉は1個から追加できるのがいい(3個デス)甘さ控えめ、抹茶の風味はとても上品なかき氷でした。けど、白餡が少なかったのがチョット不満ピエール・エルメ 青山店フラッペマカロンアーモンドミルク、フレッシュマンゴーパッションフルーツ、クレームシャンティ&マカロンExotic の名の通り夏にピッタリな南国果実の味わい、美味しかった~渋谷スクランブルスクエアル・ショコラ・アラン・デュカス ソフトクリーム  ショコラ/フランボワーズ 2種類ショコラにフランボワーズの酸味を効かせた味わいはケーキでも大好きなので新フレーバーの“フランボワーズ” を迷わずチョイスヴィジュアルも美しい~乳製品不使用って凄いなーほとんどカカオだけで練り上げているのか、とっても美味!コーンも美味しかった。「ル・ショコラ・アラン・デュカス東京工房」こちらも以前、衝動的にどうしてもかき氷が食べたくなって伺った。まるで苔玉のような濃~い緑の、抹茶かき氷!シロップをたっぷりかけて…♡ショコラアイスクリーム(だったと思う)こちらもトロッ~っと溶ける、シロップの演出日本橋の東京工房は、中2階にカフェスペースがあり下を覗くと、まるで大きな工場の中にカフェがある感じ食べていたら夜になってしまったので、ガラガラな店内。コロナ感染者数は、やっと減少傾向に?。。。食べるのに30分とかからないカフェやイートインは、まあOKだけど“絶対にうつりたくない!” と、思っているので夜の外食に出るには、感染リスクがまだまだ心配…カフェで隣の人達が、ずっと喋っていたりするとマジでムカつくし“密”も気になる神経使って楽しめないのは、やっぱり嫌だなこの歴史的な異常事態下の我慢、いつまでつづくのか。。。

  • 29Aug
    • シチリア ☆ Taormina  ② 海景、モノクロームの画像

      シチリア ☆ Taormina  ② 海景、モノクローム

      Sicilia2019タオルミーナ②バードシンガーのさえずりが聞こえてくる♡“薔薇色の夜明け” さあ、今日はイイお天気だ!ホテルは海に突き出た断崖に立っているけどこの辺は“タウロ山”という山の中腹さらに上の方にも建物がひしめいているイタリアではよく見かける、危なっかしい景色。春だったのでエトナ山には、まだ雪が残っていた。晴れていても、すぐに雲が湧きだし冷たい空気が流れ込む山の天気はめまぐるしい。この辺にも赤い実をつけたサボテンが沢山実は食べられるっていうけど、どんな味だろう?ありました! ここにもメリーゴーラウンド ギリシャ時代、紀元前3世紀に建てられたシチリアで2番目に大きいギリシャ劇場タオルミーナ古代劇場ギリシャ劇場の一番高い所からの景色はまさに絶景!南側にイオニア海と、エトナ山北側にはメッシーナ海峡が望める。1年中観光客で賑わうイタリア有数のリゾート地であるタオルミーナ爽快な海の景色は、やはり素敵だ♡Isola bellaは、映画「グラン・ブルー」でも登場した海辺美しい海岸線、今頃はこんな感じかな? (VR散歩)…数分の間にも、雲行きは直ぐにあやしくなる。車中から適当に撮った写真が、けっこうお気に入り逆光のせいなのか、鈍く光る海モノクロームのイイ感じの海景がしばらく続いた。メッシーナ港から、フェリーで本土へ渡る。 … シチリア旅、終り。

  • 22Aug
    • Sicilia ピアッツア・アルメリーナ ②「カサーレの別荘邸」の画像

      Sicilia ピアッツア・アルメリーナ ②「カサーレの別荘邸」

      Sicilia2019ピアッツァアルメリーナ②Villa Romana del Casaleタオルミーナから移動中、羊の大群に遭遇!あ、カメラ目線 「ゴッドファーザー」にでも 出て来たようななだらか山の景色これもまた、シチリアらしい1コマ♡ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレピアッツァアルメリーナの郊外約5㎞の場所に位置する古代ローマの別荘ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレの建設が始まったのは4世紀のはじめの頃と推測されているヴィッラの建設目的は複数考えられているが、1つは住居用の目的でありヴィッラの持ち主であるラティフンディアの農園経営者の邸宅というものであるまた、公的な目的として役所の機能も果たしていたと考えられている。ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレが完全に放棄されたのは、12世紀の頃であり当時、ヴィッラに居住していた住民は現在のピアッツァ・アルメリーナに移動したと考えられるヴィラの発掘作業は、19世紀初頭から開始された。かなり広い敷地に、部屋がいくつもあり様々な場面が繊細なモザイク画で描かれているしかし、4世紀頃から建てられたというのだからよく美しく残っているものだ。☆ここへ来たら絶対に見ておかなくてはいけない“ビキニの女性”水着姿だから、ビーチバレーでもしているのかな?昔々にしては、すっきりオシャレな水着スタイル♡表彰され冠をかぶる娘もいる感動的に綺麗に描かれていて、一見の価値あり。“オルフェオの何とやら…?” と書かれてあったが翼の天使が沢山!見るからに年代が古そうこのエリアは “アリオンの館” というガイドの説明も面白くその時は“ふんふん、なるほどねー”と聞いていたけど今ではモチロン失念。ここは教会があったのか、大きなスペースCG で再現できる映像コーナーがありました。“シチリアと言ったら遺跡めぐり”アートは好きだけど古代ローマからの歴史をふまえながらの見学というのはムズカシイ。。。けど、せっかく来たのだからやっぱり見ておかないとね… って“今日も明日も遺跡めぐり” ばっかしな旅。

  • 15Aug
    • Sicilia ☆ピアッツア・アルメリーナ ① 黄褐色の美しい町並み              の画像

      Sicilia ☆ピアッツア・アルメリーナ ① 黄褐色の美しい町並み              

      Sicilia2019Piazza Armerinaピアッツァ アルメリーナ①標高700mの場所に位置するピアッツァアルメリーナの町17世紀初めに建てられた大聖堂が町の一番高い所に構えている。Chiesa di Santo Stefanoサント ステファノ教会遠くに見える大聖堂まで歩いて行く。…町の建物は遠くから眺めた時よりも黄色く町全体がワントーンの印象Chiesa di San Rocco扉が開いていたので、チョット覗くと…駐車場と更にその上が中庭になっている様子こういう造りは初めて見た。Chiesa di Sant'lgnazio di LoyolaChiesa di Convento di S. Annaエントランスに階段を設えた教会を多く見かけた曲線をアクセントにした優美なバロックの雰囲気がステキだ。こちらは廃墟になっているけど、曲線のインパクト朽ちても美しいなあ。階段と、だらだら坂を歩き続け…Cattedrale di Maria Santissima Delle Vittorieピアッツァアルメリーナの大聖堂到着!ピアッツァアルメリーナは内陸に位置しているシチリア南東部に“はちみつ色の町”と呼ばれているノートというバロック様式の町があるがそこではモディカ産の石材が使用されているこの町のオークル色の石もノートの石と同じだろうか?と、ふと思った。…イタリアに限らずヨーロッパでは良質の美しい石材が豊富に採掘されるそして美しい建築が生まれるのだな。ピアッツァアルメリーナと言えば古代ローマの遺跡「カサーレの別荘」が観光スポット② へ続く。

  • 14Aug
    • K-BALLET COMPANY 『運命 FATE』 動画配信

      Bunkamuraチャレンジ × K-BALLET COMPANY 『運命 FATE』いま、バレエダンサーは何を想うのか?映像で描くK-BALLET COMPANY× Bunkamuraからの唯一無二のメッセージ。ベートーヴェンの大曲『運命』にのせ劇場のバックヤードを含むさまざまな場所を舞台にダンサーか踊る振付は、Kバレエカンパニーのプリンシパル宮尾俊太郎さん。本編は 06:06 から総合監修/熊川哲也 演出・振付/宮尾俊太郎出演/K-BALLET COMPANY(小林美奈、成田紗弥、杉野慧、関野海斗) 音楽/ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調「運命」作品67 第1楽章 映像監督/小川 弾 ☆ 第九も良かったけど“第5番”もカッコイイな~、素晴らしい映像です!    

  • 12Aug
    • シチリア ☆ Taormina  ① 海と山の絶景!タオルミーナの画像

      シチリア ☆ Taormina  ① 海と山の絶景!タオルミーナ

      Sicilia2019Taormina  タオルミーナ ①タオルミーナはシチリア島の他の都市と同様に古代ギリシャおよびローマ帝国の支配下にあり当時の神殿や遺跡を今に伝えている。火山があり、美しい海がありシチリア随一の人気リゾートはいかなるところか?期待を膨らませ、街歩きへ porta Catania南側のカターニア門からメインストリートのウンベルト通りを歩く。Piazza Duomoドゥオーモ広場噴水のてっぺんタオルミーナの町のシンボルといわれる「女ケンタウロス」の像Duomo di Taorminaタオルミーナのドゥオーモこの歴史を感じさせる石柱はかつてギリシャ劇場に置かれていたものだそうドゥオーモ内いたるところに大理石の装飾があり目をみはるものがあった。タオルミーナで採掘されるという赤い大理石がふんだんに使われている。Pazza 9 Aprileウンベルト通りの中間に位置する「4月9日広場」「聖ジュゼッペ教会」聖ジュゼッペ教会の高い位置から広場の先に海が見渡せる、素敵なロケーション!夜景(VR)下を見下ろすとプール付きの別荘が並んでいる。あの崖の上に立つのが泊まったホテル… 遠目に見るとお城みたいだな。フィレンツェで良く見かけた“オマタ” またあったネ~!これ、気になってるんだけど調べても出てこない。。。「聖カテリーナ教会」古代からのパーツを使用したジュエリーのお店をウィンドウショッピング狭い路地もリゾートらしい雰囲気がある。ジェラートタイム1件目はトッピングが色々ある綺麗なジェラテリアピスタチオ&リモーネ1件目のほど近く店名“ジェラートマニア”というのがイイね~こちらの方がレモンの風味がずっと良くてとっても美味しかった(レモン&バニラ?だったかな)。。。相変わらずジェラートばかり食べているネ。笑Porta Messina門を抜けて、この先の方へは行かなかったけどにぎやかで、B&Bのような宿泊施設が多い感じ。シチリアはオレンジの木がそこら中にある勝手にもいで食べていいのかな?…と度々、思ったけど(皮がむけたオレンジが落ちているから、多分いいのかな)***  宿泊ホテル  ***利便性で選んだ、エクセルシオール・パレスイオニア海とエトナ山が目の前に眺められメインの観光スポットにも近く、絶好のロケーション♡!☆1泊分だけ、ディナーが付いたけど。。。料理の写真はボケていて没!というより美味しくなかったので、ほとんど撮らなかった。デザートのチョコレートケーキだけまとも。朝食はハムやらチーズやら、スープやらパスタ、デザートまで、超・ガッツリといただき元気いっぱいで観光に出かける!夏のヴァカンスシーズンだとこんな景色いいな~今度は夏に行きたい♡

  • 03Aug
    • ♡ マスカットのパフェ & ♡ 無花果のパフェの画像

      ♡ マスカットのパフェ & ♡ 無花果のパフェ

      近頃 週末のパフェ作りが定着し。。。マンゴーに始まりこれから美味しいフルーツがどんどん出てくる季節何だか、エスカレートしそうな予感シャインマスカットよりも皮が薄くて食べやすい瀬戸ジャイアンツが手に入ったのでマスカットのパフェ作りました!一粒がとても大きいので、デコレーションが難しかった  アイスクリームサンドものせて残っていたマンゴーも少しプラスして “夢の饗宴!”美味しかった~ 無花果のパフェ食べ頃に熟れたイチジクはとても甘いのでカスタードソースも作ってアイスクリームと、下の方はキウィで色取のアクセント。。。。実はもっと、色々なものが入っていて夫に“何を味わっていいのかわからない”と、言われたまあまあ美味しかったと思うけど。良い素材なら simple is best !盛りつけも、もう少しオシャレに工夫しなきゃ。       、、、なのだそうじゃ、8月2日は ハニーの日なんだね。☆ 頂き物のハチミツがあったので …(蜂蜜の在庫が、どんどん溜まっている)ラム酒に漬け込んだドライレーズンをたっぷり入れパンケーキを焼いた…でも、甘いから蜂蜜って少ししかかけないんだよネ~クリームチーズも一緒につけて食べたらさらに美味しく…♡チーズとハチミツって合う。ワインにもそろそろ、和梨が届く頃アサコさんのパフェをインスピレーションにパフェのアクセントとなるハーブゼリーでも作ってみようかしら。

  • 28Jul
    • エブリデイ・ショコラ! ♡ Hotel Chocolateの画像

      エブリデイ・ショコラ! ♡ Hotel Chocolate

      最近のお気に入り、英国のチョコレート・ブランドホテルショコラPart. 1種類が豊富で、粒チョコはなかなかの可愛いビジュアル♡そして、なんといってもリーズナブルに購入できるところが良い!ステイホーム・モードで確実に甘いもの摂取量が増えましたからね~オンラインで購入できるスイーツに、ついつい…イギリス全土に100以上の店舗を構える国民的チョコレートブランドホテルショコラ が日本に初上陸良質なカカオにこだわり200種類以上の商品を展開既存の高級チョコレートの概念にとらわれず、常に新しい商品や価値を提案をするカカオブランドとして人気に。カリブ海にあるセントルシア島ではカカオプランテーションを自社所有しカカオの栽培からお届けまでを一貫して行っています。14個入り、人気の Everithing H ボックスフロレンティーンはプラリネで、食べ応えがある フルーティーH ボックス手前左からマンゴースムージー、ストロベリーパンナコッタレモンチーズケーキ …と色々楽しいプチケーキ感覚の味わい。リカ―コレクション No.1グリーンのはモヒートだったかな?洋酒を使ったショコラも種類が豊富デザートの〆に調度いい!お酒のショコラ♡これはセレクターという、6粒入りのシリーズで1個¥850だけど3個セレクトすると¥2000と、お得に。ピンクシャンパントリュフこのまん丸、レモンショコラも美味しかった12粒あるけど小粒だから、これもセレクター賞味期限が近いものなど50%OFFで販売されていたり、いろいろ組み合わせて¥4000以上で送料無料になるので迷いながらセレクトするのも楽しいですよ~☆只今、リピ注文中『RABOT 1745』はカリブ海のカカオ農園の香りを楽しみながら自然に優しい方法で肌を清潔にし、栄養を与え心身を穏やかに改善するよう促します。 環境に配慮し植物のパワーから誕生したRABOT1745のコレクションには、ボディローションボディバター、アロマキャンドルなどがある。

  • 22Jul
    • ロンドンナショナルギャラリー展の画像

      ロンドンナショナルギャラリー展

      ロンドン・ナショナル・ギャラリー展国立西洋美術館13世紀後半から20世紀初頭までの名品約2,300点を所蔵するロンドン・ナショナル・ギャラリーがこれまで世界のどの場所でも開催したことがない、大規模な所蔵作品展です。所蔵作品の多くを常設展示しているため作品の貸出に極めて厳しく、これまで英国外で所蔵作品展が開催されることは長い歴史の中で一度もありませんでした。ルネサンスから19世紀末までの名画約60点を一挙公開!イタリア・ルネサンスからポスト印象派に至る、幅広い時代地域とジャンルの西洋絵画の名品を一挙公開。英国で築かれた、ヨーロッパ美術を網羅するコレクションの歴史を紐解きます。今回鑑賞した作品、印象に残った☆ My Highlight感想など。第1章イタリア・ルネサンス絵画の収集カルロ・クリヴェッリ 「聖エミディウスを伴う受胎告知」奥行きを感じさせる遠近法を駆使した画面あらゆるものが細密に描かれ、観ていて飽きない思わず笑ってしまうのは、解説要らずの滑稽な仕掛けこの画家はアイデアが尽きない人なんだろうな~(´艸`*)図録の表紙画でもあり、凄く面白かった!ドメニコ・ギルランダイオ 「聖母子」ヴェロッキオを師匠としレオナルド・ダ・ヴィンチの兄弟子でありミケランジェロの師であったギルランダイオの聖母子板にテンペラティツィアーノ・ヴェチェッリオ 「ノリ・メ・タンゲレ」ヤコボ・ティントレット 「天の川の起源」… 迫力ある神話の大作 “Milky Way ”第2章オランダ絵画の黄金時代レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン「34歳の自画像」オランダ絵画といえば、やはりレンブラントの展示からヨハネス・フェルメール 「ヴァージナルの前に座る若い女」フェルメール最晩年の作品窓から光が射し込まない室内だけど色彩や柄、意匠的にもバランス良くとても美しく描かれている絵だ。先ず手前のカーテンが目に入り女性が座った椅子の背もたれのペイントに目が行く静かな、チェンバロの音色が聞こえてきそう。ウィレム・クラースゾーン・ヘーダ 「ロブスターのある静物」スーパーリアリズムの絵画というものはじっくりと、いつまでも見ていたくなる…グラスの写り込みも、かなり繊細。第3章ヴァン・ダイクとイギリス肖像画アンソニー・ヴァン・ダイク「レディ・エリザベス・シンベビーとアンドーヴァー子爵夫人ドロシー」美しい女性の肖像画が多かったのは単純に楽しめた♡透き通るような肌の色、丁寧に描かれた手指ヘリット・ファン・ホントホルスト 「ボヘミア王妃エリザベス・スチュアート」白い肌を引き立てる、艶やかな黒いドレス洒落た装飾品にも目を惹かれる。遠近法の景色、灰色の空がドラマチック感を醸し出している上品な小さな手、この王妃の手も美しかった♡ジョシュア・レイノルズ 「レディ・コーバーンとその息子」“幸福の図”兎に角、子供たちが可愛い過ぎる!第4章グランド・ツアーカナレット 「ヴェネツィア:大運河のレガッタ」ひと目で分かるヴェネツィアらしい風景画と言えばカナレット本名はジョヴァンニ・アントニオ・カナル“カナル”は運河のこと。父親も画家であったため、「小カナル」=カナレットここはグランカナルのどのあたりかしら? と、確かに旅行気分が楽しめる素晴らしい!クロード=ジョセフ・ヴェルネ 「ローマのテヴェレ川での競技」第5章スペイン絵画の発見ディエゴ・ヴェラスケス 「マルタとマリアの家のキリスト」。。。ゴヤは 「ウェリントン公爵」エル・グレコは、「神殿から商人を追い払うキリスト」が、ありました。フランシスコ・デ・スルバラン 「アンティオキアの聖マルガリータ」バルトロメ・エステバン・ムリーリョ「幼い洗礼者聖ヨハネと子羊」子供のヨハネ ♡本当に可愛くて何度も引き返して観た、今回1番の画!。。。ヨハネが今にも抜け出て来そう… 生気に満ちている周りに人がいなくなり、この絵と向き合った瞬間ヨハネの指先が“ぴくり”と動き子羊は微かに震えたように感じた。♡♡♡あんまりジッと見ていると、不思議なことが起こる。バルトロメ・エステバン・ムリーリョ「窓枠に身を乗り出した農民の少年」この印象的な子供の絵も記憶にあるんだけどどこかで観たのかな? …思い出せない。第6章風景画とピクチャレスクジョゼフ・マロード・ターナー 「ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス」ターナー作品は、意外にもこの油彩画1点のみちょっと残念。ブログ記事にしなかったけどターナー展 「ターナー風景の詩」2018年に京都文化博物館で観ている。ダイナミズム溢れる海景画に感動したのは勿論のこと水彩画やエッチング版画も唸るほど素晴らしかったのを記憶している。第7章イギリスにおけるフランス近代美術受容ポール・ゴーガン 「花瓶の花」ジャン=バティスト=カミーユ・コロー「西方より望むアヴィニヨン」。。。この丘の展望台、行ったことあるかも。ピエール=オーギュスト・ルノワール 「劇場にて」開演前のワクワク感が伝わってきますね~オペラ座・ガルニエ宮、2階のボックス席では?エドガー・ドガ 「バレエの踊子」フィンセント・ファン・ゴッホ 「ひまわり」ゴッホの7点の「ひまわり」の中でも最高傑作と言われている作品ゴッホの「ひまわり」はロンドンナショナルギャラリーでも一番人気なのだそう。☆図録は表紙が2種類あって私は迷わず、このクリヴェッリの方を買ったけどもう一つはゴッホです。◇ 構成と主な作品 ◇国立西洋美術館・主任研究員、川瀬祐介さんによるとても解りやすい解説動画が7capterこちらを見ていただけるとさらに美術展が楽しめると思います!みどころあのロンドン・ナショナル・ギャラリー、ついに日本へ! 本展のみどころは、①世界屈指の美の殿堂ロンドン・ナショナル・ギャラリー、世界初の大規模所蔵品展 ②フェルメール、ゴッホらの傑作を含む全61作品、日本初公開 ③「イギリスとヨーロッパの交流」をキーワードに、西洋絵画史を読み解くartexhibition.jp

  • 16Jul
    • ♡マンゴーパフェ!作りました(*^^)vの画像

      ♡マンゴーパフェ!作りました(*^^)v

      夏のお楽しみ到着!7月になると心待ちにしている、石垣島から届くポトリ果マンゴー今年はやはりコロナのせいで航空便の確保など生産者さんはご苦労をされたようですが美味しい美しいマンゴーがいつも通りやって来て本当に良かった!ピッカピカの大玉さん♡箱を開けたとたんに広がるポトリ果マンゴーならではの、甘ーい南国の香りここ数年で一番の出来!糖度も満点ずっしりと重く15cmはある! 綺麗な卵型よく熟していて、届いたのは全部食べ頃連日の贅沢がつづき…♡☆ パフェに挑戦!このマンゴーで作るのは初めて下の方はマスカット、ヨーグルトソースラム酒を浸したビスキュイバニラアイスクリームとマンゴーにトッピングした、さくらんぼ紅秀峰もとっても甘くて美味 これ実は、ビールグラス高さはあるんだけど、口が狭いからあまり盛れないもっと大きいパフェグラス買わなきゃ。こちらは少し前に作った メロンパフェメロンを丸く繰り抜いて…下の方は、オレンジ&スイカのゼリーアイスクリームもたっぷりと。 これもボリュームがあって美味しかった!Asako Iwayanagi のリッチな味わいのパフェも大好きだけど待たされるし、密集してるしお店に行って食べるのはまだまだ恐い。“お家パフェ” でプチ贅沢作る楽しみもあるし、しばらくハマりそう~オマケ☆ こちらも夏のお楽しみ!お中元でいただく祇園ささ木 湯葉入りおじゃこ タップリ楽しめて、嬉しい!大容量京都のお店に行けないこんな時にでも“極旨が味わえて、ほっこり♡”…しみじみ有り難い。

  • 13Jul
    • ARTIZON MUSEUM  ◆ 新収蔵「パウル・クレー」の画像

      ARTIZON MUSEUM ◆ 新収蔵「パウル・クレー」

      ARTIZON MUSEUM2020・ 7月Ⅱミュージアムタワー京橋 1F高さ18メートルの吹き抜け「泡」をイメージしたと言うオブジェが素敵だ。***アーティゾン美術館は完全予約制広々としたスペース、密になることはないのでゆったり自分のペースで作品を見ることができる美術観賞はやはりこうじゃなくては!と思う。「セクメト神立像」 エジプト テーベ (ルクソール)花崗岩椅子のように見えるけど …館内の内装、インテリアは「トネリコ」というデザイン事務所が手掛けているそう1Fの泡をイメージしたオブジェも。シンプルモダンな楕円形の椅子安定感があって、これはとてもいいな~♡第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展Cosmo-Eggs | 宇宙の卵キュレーターの服部浩之を中心に美術家、作曲家、人類学者、建築家という4つの異なる専門分野のアーティストが協働し人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに構成されました。* ヴェネチア・ビエンナーレの日本館は石橋財団の創設者である石橋正二郎が建設寄贈1956年に開館しました。ガッシリしたダンボール階段の奥に「宇宙の卵」の入り口建築途中の家屋みたいな壁禁止ゾーンに入り込んでしまったかと思った。山本豊市 「若い女」 1956年乾漆古美術のコーナーは、まだ規模が小さい感じ展示室はかなり暗く雪舟の 「四季山水図」 目を凝らして見た。新収蔵作品特別展示:パウル・クレー新たに収蔵したコレクションは著名な日本人コレクターが所蔵していたものだそう新収蔵の24点に既収蔵のクレー作品《島》(1932年)を加えた計25点を一堂に展示(美術館が休館中に収蔵した作品は31点)「小さな抽象的―建築的油彩」 (黄色と青色の球形のある)1915年  油彩・厚紙月、チュニジアの市街風景先ずはクレーらしい明確な造形と鮮やかな色彩の作品「チューリップ」  1919年油彩・厚紙に貼られた紙「ストロベリーハウスの建築工事」  1921年油彩・厚紙「島」  1932年 油彩・砂を混ぜた石膏・板興味津々な素材使い、気になるテクスチャー顔を近づけ、じっくり覗き込む。「踏切警手の庭」  1934年パステル・神に貼られたダマスク織の布「重さと軽さ」  1937年テンペラ・紙「谷間の花」  1938年水彩・板に貼られた綿布「教師」  1939年水彩・油彩・綿布… どうにも金属のように見えたけどこの額縁のデザインが可愛かった♡1879年スイスにて音楽一家に生まれ子供の頃はヴァイオリニストを目指していたというパウル・クレークレーの芸術エッセンスには音楽を感じるどの絵からも何某かの音、リズミカルさ画面から音符が飛び出してくるようだ多様な素材使いも面白い。…1921年には、ドイツ・バウハウスの教授に就任造形理論の研究、講義、著述などを行った。 「勝利の女神」 1777-1857 大理石

  • 10Jul
    • ARTIZON MUSEUM ◆ 鴻池朋子 ちゅうがえりの画像

      ARTIZON MUSEUM ◆ 鴻池朋子 ちゅうがえり

      ARTIZON MUSEUM2020・ 7月Ⅰ待ち望んでいた美術館めぐりコロナが落ち着いた頃を見はかり…と、思いきやここ数日、東京の感染者数がまたしても100人越えとなり美術館が再度クローズする可能性も十分あるこの時期、私にとってマストな美術展は2つそんな中、まず行ってきたのは2015年から5年の休館を経て今年1月にリニューアルオープンしたアーティゾン美術館(元・ブリジストン美術館)所蔵作品は現在約2800点展示室は4階から6階までの3フロア旧美術館の約2倍の面積(約2,100㎡)に拡張された。これにより今まで実現できなかった大きな企画展(特別展)とコレクション展を同時に開催することが可能となった。石橋正二郎は「世の人々の楽しみと幸福(しあわせ)の為に」を信念としその実現に取り組んだ。新美術館では、それを基本理念として新たな活動に合わせてコンセプトを「創造の体感」と定めている。休館中も収集活動を継続し印象派のみならず古美術、日本近代洋画20世紀美術そして現代美術までその裾野を広げている。ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子鴻池朋子 ちゅうがえりアーティゾン美術館では、石橋財団コレクションと現代美術家の共演「ジャム・セッション」展を毎年一回開催する予定です。このシリーズ第一回に、鴻池朋子(こうのいけ ともこ)を迎えます。鴻池は、絵画、彫刻といった従来の美術手法から拡張して旅という時間と移動、歌や語りという音声言語玩具や手芸などという身近な生活の行為や手立てをメディアとして狩猟採集という人間の文化の「原型」というものを再考し芸術の根源的な問い直しを続けてきました。…展示室全体に行き渡る円形の大襖絵を中心としたインスタレーションが立ち現れます…この展覧会では、五感を通じて全身で作品と出会い観客の視点を軽やかに「ちゅうがえり」させます。◇先ず驚かされるのは、毛皮がぶらぶらと下がった部屋狩猟採集という人間文化の「原型」というコンセプトがあるのだけど…大きな一匹物、キツネなのか?オオカミなのか?こんなに沢山の毛皮をどうやって集めたのか動物愛護団体に非難されやしないかしら?などと、思いながら。。。… それでも、生き物への視線“愛着”を充分に感じられる作品に目を奪われこの作家さん、面白いなぁ~と、この辺からググッと、惹きつけられ…♡走馬燈のような影絵と音…ミツバチ、ウグイス、クマンバチ雨マルハナバチ、ヘリコプター、シジュウカラお隣のピアノ 2020・4月15日ー5月25日の東京の音を録音これはメイキングかな? 楽しそう!美しい刺繍、その手仕事には何か執念を感じる私も毛皮のコートは愛用するけど目の、心の向け方が全く別物なのは…言わずもがな。(石橋コレクション ギュスターブ・クールベ)銃声に驚き、雪の中を駆け回る鹿の絵このクールベの絵とのセッションである。 つい試してみたくなる、立派な木の滑り台私も!…と、一瞬思ったけど。笑素地の水晶やオニキス“ずっと持っていた石、襖に貼ってみた”と、鴻池さん。…こういう石ならウチにもドッサリあるよ将来私も何かに使えるかしら???(*^。^*)色々なものが面白い上、この襖絵に見る画力!なかなかあっぱれな作家さんです 参りました~~♡ 私はこういうコンテンポラリーなアート大好きですネ~自由な発想で思うように表現できるって恵まれた幸福なクリエイターの特権だと思うそういう作品のコンセプトに触れるのは楽しいものです。人間は一匹の動物として一人一人全部違う感覚で世界をとらえ各々の環世界を通して世界を眺めている。それらは一つとして同じものがない。同じ言葉もない。同じ光もない。芸術がそのことに腹をくくって誠実に取り組めば…と、語る作者の鴻池さん彼女は1960年生まれと聞いて、超驚き!やはり“永遠の子供心”がある人なんだよね。ここのジャム・セッションのフロアは6F5Fには第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」4F石橋財団コレクション選新所蔵、印象派の女性画家たちパウル・クレーすべて写真撮影OK!というのも嬉しい。

  • 06Jul
    • Virtual でも楽しい ☆ニースに行ってみた!の画像

      Virtual でも楽しい ☆ニースに行ってみた!

      「コロナのせいで行けなくなった旅行記」2020・6月の後半 。。。ニースでは海辺のホテルに滞在しモナコ、エズアンティーブ、サン・ポール・ド・ヴァンスなどなど巡っていた …ハズ。Virtual Trip海辺の朝のお散歩 …気持ちいいだろうな。日焼けだって、ニース海辺のメインストリートプロムナード・デ・ザングレこの通りのシービューのお部屋からの眺め楽しみにしていたのに…ヴァカンスが始まったみたいだし海辺はどこも大賑わいなんだろうけど…後先の事をよく考えないとね。さすがの存在感!ネグレスコ・ホテルアペロ利用ぐらいはしたかったな。ポールの上に彫像が立ち並ぶ、独特な雰囲気のマセナ広場一本道をまっすぐ行くとギャラリーラファイエット、マルシェなどもある繁華街丘の上の赤い邸宅は、マティス美術館南仏の海、窓辺からの景色イメージはやはり “マティスの絵”☆ ☆ ☆ ☆ ☆ニースとモナコの中間辺りサンジャンカップフェラという場所にあるロス・チャイルド邸この南仏旅で、とくに楽しみにしていた場所だ。。。次回のためにじっくり予習をしておきましょ♡!お天気の良い日に、時間をかけて夕暮れ時までゆっくり過ごしてみたい。 

  • 29Jun
    • 銀座 Shopping &Venchi ☆ジェラートの画像

      銀座 Shopping &Venchi ☆ジェラート

      去年、ナポリの空港で食べて以来 …☆ …けっこう並んだ!140年以上続くイタリアの老舗チョコレート・ジェラート専門店ヴェンキ(Venchi)ヴェンキ銀座店は2019年12月に松屋通りにジェラートラボとしてオープン合成香料、フルーツアロマ、着色料、添加物の使用をおさえ鮮度にこだわって作られる ジェラートイタリアらしい16種類のフレーバーを展開している。☆ カップとコーンの選択、いつも迷わずコーンで!2-Serectヘーゼルナッツチョコレートとレモンピールの入ったピスタチオ3-Serectマンゴー、イチジク、バニラのジェラート1粒チョコレートのアクセント♡味はまあまあだけどソルベよりジェラートばかり選んだのでまったりと甘かった。今度、ヴェンキのジェラートを使用したジェラートシェイクも試してみたい。♡♡♡PICK & MIX43種類のチョコレートを取り揃え自分の好みで1粒から選ぶことができる量り売りのスタイル見た目はなかなか可愛いけど味は、良く言えば素朴?かなとくにリピしたくなるような味わいでもなく。。。ナポリ空港でお土産用に買ったボックス入りのチョコの方が美味しかった!もちろん箱入りも数種類販売していますが。ヴェンキ Otemachi One店は、6月17日にオープンしたばかりなのだそう他にも、池袋東武店がある。      GINZA - Shopping本当の目的は友人への出産祝いを買いに三越伊勢丹へ 。。。ベビー用品選び、時間がかかるかな?と思ったけどMIKIHOUSE にて案外ささっと、迷わず選ぶことが出来た。しっかりしたお顔立ちのハーフの女の子♡送られてきた写真を見てイメージはピンクよりブルーだったのでこれに即決!ツーピースのお洋服とバスローブのセットふわふわバスローブ、着るとこんな感じお耳が可愛いこのバスローブは3才ぐらいまで着られるんですって。銀座通りの歩行者天国、ハンパない混みっぷり。

  • 20Jun
    • 食べたかったパエリア! ☆最近の料理、パスタ以外の色々。の画像

      食べたかったパエリア! ☆最近の料理、パスタ以外の色々。

      ♡♡♡日々の幸せそれは心穏やかに過ごせること…取りあえずちゃんとした御飯が毎日食べられること。もともと私は無精者なのでコロナ以前の生活で、息切れを感じていた時のスピード感には“ついていけないなー”という圧迫感を常に感じながら。。。けど今は、生活がnew normalに 変化し時間に余裕がもてるようになった様々な面で本質を見つめなおす良いチャンスだ。で、Cookingいつも1時間で用意していた料理も30分の余裕があると、ぜんぜん出来が違ってくる!写真を撮るのも苦にならないしネ。。。パエリアがずっと食べたくてテイクアウト出来るお店を探したりしたけど魚介が数種揃ったので、久々に作った(*^^)v今回は、普通パエリアにはあまり入れない新鮮な帆立がポイントかな~?有頭海老の姿が無いので見栄えはイマイチだけど外側はパリッとしたオコゲになって思った以上に美味しくできた!。。。 これを使ってこちらも、ずっと食べたかったものガレット♡!そば粉だと、生地がカリッとして焼き色もいいシンプル・簡単♡中の具材を変えて、また作ろう!本格ガレットには、やっぱりシードルが無いとねアマゾンで即配してもらった。☆冷やし中華、とっくにはじめてますウチでは、もう10回ぐらい食べた。(嘘)鶏肉とポテトのマカロニグラタンあつあつグラタンはいつも夫の評判良し!豆腐ハンバーグこれはかなりイレギュラーな料理です。この日、これと共に食したのは大きなホッケの一夜干しを焼いて ザ・和食Day!エビマヨパン、クロワッサンを作る夫がメゾンカイザーでパン、ジャムやらシュークリームやらと沢山買ってオマケでクロワッサンを3個も貰ってきた!(1000円購入につき、1個のオマケだそう)温めてサクサクなパイ生地感が増したクロワッサン海老のガーリック炒めにマヨネーズを和えて期待通りの味だった♡ニューオータニSATSUKI のエビマヨパン美味しいんだよネ~♡☆カレーライス以外の王道な御飯もの★牛肉たっぷりチャーハン(卵が多いけど)☆ビーフストロガノフ☆ オマケ ☆箸休め、と言うか夏は、枝豆、トウモロコシ…と簡単に出せる“もう一品”があって重宝する。。。。。。自粛制限の解除、待ち望んではいたけど行きたかった美術館や外食、取りあえず今は“不急”様々な部分でまだ規制が多過ぎるのが嫌だまだ自由を得たわけでは無い“自衛”というストレスはつづく。でもでも、本当に美味しいものだけ、少しでいいから食べた~い!出汁が豊かに香る、綺麗に丁寧に作られた美味し~い和の料理♡これは自分では作れないからね。

  • 13Jun
    • 芍薬、沙羅双樹、半夏生 …季節の花を見に行けなくてもの画像

      芍薬、沙羅双樹、半夏生 …季節の花を見に行けなくても

      いつも伺っているお店は3月、5月とキャンセルせざるを得ず5ケ月もご無沙汰となりつつある京都春から夏へ季節の花をめでることもかなわず京都への思いを廻らせている今日この頃“そろそろ見頃だろうな…”今一度、この時季に咲くあのお花たちが見たかったと、写真を引っ張り出して。妙心寺塔頭 東林院(2016年・6月撮影)初夏を迎える頃に咲く沙羅双樹とは、いわゆる白い夏椿のこと仏教で登場する“沙羅の木”とは別品種お釈迦様は、沙羅の木の元に横たわり入滅した涅槃図では沙羅双樹が要となっている。…平家物語の冒頭でも印象深い沙羅双樹真白く綺麗な花も、しだいに変色し朽ちてゆく華々しさは一時だけであり… 夢のごとく滅びぬと、物語ははじまる。山内図を見ていると、妙心寺というのはまさに“祇園精舎”なのだな…と思う立派な鐘楼もあるしここの“鐘の音”は、さぞかし趣があるのだろうな是非聞いてみたいものだ。建仁寺塔頭 両足院(2019年・7月撮影)開花時期に特別公開される半夏生の庭この半夏生というのも、また不思議な花で緑の葉がしだいに白くなり、化粧したように見えるので半化粧、半夏生と言う白くなった葉は、ふたたび緑色に戻っていくのだそう。真正極楽寺 (真如堂)(2019年・6月撮影)訪れた時にお花が咲いていたことに喜んだ♡菩提樹の木…けど、この話もお釈迦様が菩提樹の木の元で悟りを開いたというインド菩提樹とは別物で日本の寺院に広まった菩提樹は禅僧・栄西が中国から伝えたものだそう。初めて体験した菩提樹の香り♡なんだか御利益を得たような気分になった。真如堂の沙羅双樹も美しかった。☆ 自宅での季節のお花は …狩野元信  「牡丹図」“画”は牡丹、“生花”は芍薬括りは Peonyこの季節、纏う香りも ピオニー♡おうち写経~心と身体をリフレッシュ~新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い自宅で過ごす時間が増えたという方も多いのではないでしょうか。この自宅で過ごす時間を使って写経をして、心と身体のリフレッシュをしませんか?妙心寺派では6月末日までの期間写経用紙を無償で提供しております。(1回3枚まで)妙心寺HPで、このトピックスをみつけwebで申し込んだら、1週間で届いた!今回は、白隠禅師の御写経が頂きたかったので。写経体験はいつも京都だった三千院は幾度となく、西芳寺というのもあった記憶に新しいところだと八瀬の瑠璃光院…信仰に熱心な仏教徒ではないけど実は、般若心経を暗記していたことがある今は25%ぐらい覚えてるかな~? オマケ(2018年・1月 妙覺寺にて)狩野元信 「大涅槃図」  幅約4.6m、高さ約5.9m大画面、大迫力の素晴らしい涅槃図だった♡!妙覺寺は狩野派の菩堤寺狩野元信や永徳の墓がある日蓮宗寺院

  • 09Jun
    • 6/9 ☆Paris へ出発 …の予定だった。の画像

      6/9 ☆Paris へ出発 …の予定だった。

            1年先の予測もつかない“コロナウィルス禍”世界の混乱はいつまで続くのか。。。今までみたいに自由な海外旅行は多分これからは難しくなるのだろう。いろいろキャンセル手続きをしたパリ行きの航空券はキャンセル手数料を払わずに済んだ4件の購入済みコンサートチケット3件は自動的にキャンセル・返金処理が行われ1件においては、アーティスト支援として返金要求はしなかった。コンサートもバレエもまだまだチケットを購入する予定でいた3月下旬旅の準備に気合が入り始めた頃コロナの暗雲が広がり、またしても仕方なく旅行中止に。購入済みチケットシャンゼリゼ劇場へは、2公演に行くことになっていたオペラ「ポッペアの載冠」もう一つは弦楽とコンテンポラリーダンスのコラボ作品ソロ踊るのは マリ・アニエス・ジロー久々にマリ・アニエスが観れる!と、とても楽しみにしていた公演だったのに。デヴィッド・フレイのピアノ、モーツァルトだったかな?これも迷い中だった。。。日本と比べてチケットがとてもお安い!スケジュールの空欄に沢山たくさん、演奏会の予定を詰め込んでいた当日券でも行ければ!って感じで。一方、Parisオペラ座は夏場になると目ぼしい演目が少ないガルニエ宮の「PLAY」は、検討中でとりあえずバスチーユで行われる室内楽のチケットのみ購入した。バスチーユ広場からリヨン通り気持ちのいい遊歩道、プロムナード・プランテがあるインテリアショップもゆっくり見てみたいと、常々思いつつ…この道は、懐かしいな ♡♡♡と Paris Virtual walking!遊歩道をオペラ・バスティーユ方面に向かって端から端までず~っと歩いてみた以前歩いたときよりも、ずいぶん整備され植物もほどよく成長し、池もあって綺麗になっていた。今回予定していたパリからの小旅行♡小旅行と言っても、ニース周辺からマルセイユまで巡る1週間の南仏ヴァカンスニース・オペラ座で予定していたのはブラームスのヴァイオリン・コンチェルト(ルノー・カピュソン)ショスタコーヴィチの5番も楽しみだった。…7月に入ってからのイタリア旅行ではミラノ・スカラ座の「白鳥の湖」も購入を予定していたが予約開始直前で公演が中止となった。    パリは今年も、夏は気温が高くなると予測されていたし猛暑だったらどーしよー、と心配したりアパルトマン探しも大詰め、予約寸前だったパリでエアコン付きのお部屋はなかなか見つからないミニ扇風機は、このFrancfranc が2台ともう少し大きいのを1台用意して準備万端備えあれば患いなし!日用品の準備も、着々と整いつつあったのだけど。。。未練がましく、8月の帰りの便は未だキャンセルしていない…忘れないようにしなきゃ。頃合いを見て  ヴァーチャル・ウォーキング、南仏編でもしようかなー。BGMはルノー・カピュソンブラームス:ピアノ四重奏曲にしてみましたこれは、好きな曲♡