あの時の映画日記~黄昏映画館

あの時の映画日記~黄昏映画館

あの日、あの時、あの場所で観た映画の感想を
思い入れたっぷりに綴っていきます


テーマ:

回路

2001年(日) 黒沢清監督作品

 

ちょっと変わった感性の作品を作る黒沢清監督が最近(ようやくかよ)気になって立て続けに鑑賞してみた。

 

主人公の周りの人間が開かずの間に入ったことをきっかけに次々と自殺していくホラーだが、残念ながら全然怖くない。

 

ストーリーにも無理やり感が漂い破綻が生じているありさま。

 

ラストの終末観は前作『カリスマ』(1999)にリンクしているものだろうか。

それも唐突なのでよくわからない。

 

某作品のホラーアイテムビデオテープがフロッピーディスクに変わっただけとも言える。

 

劇中のインターネット接続が、

ダイヤルアップ接続なのがなんだか懐かしい。

前作『カリスマ』が訳が分からないなりに面白かったのとは対照的につまらない作品になってしまったのは残念。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ