本気で鍛え備え繋げます❗

テーマ:
2011年3月11日に東北日本を襲った東北地方・太平洋沖地震(東日本大震災)から7年が経過した。ゆえに東日本大震災は過去のものとして、メディア、行政、住民などの間では「復興」に話題の中心がシフトしてきている。だが、本当にそれだけでいいのだろうか。筆者には、はなはだ疑問に思われる。 なぜならすでに新燃岳の火山活動が活発化しており、筆者は、直下型地震、プレート型地震、火山噴火との間に密接な関係があると考えているからだ。そもそも、これら3つの現象を引き起こすのは、東北日本の場合、北米プレートとその下にもぐり込む太平洋プレート、西南日本の場合にはユーラシアプレートとその下にもぐり込むフィリピン海プレート4枚のプレートの動きがカギを握っている。そこから導き出せる結論は、新燃岳の噴火などは、筆者が「南海トラフ地震」を四国沖—東海沖地震に範囲を限定せず、「スーパー南海地震」と呼ぶ巨大地震の前兆であり、2020年の東京五輪までに起きる可能性が極めて高いということだ。

こうした心配を今日という日だからこそ、

私たちは「活かす」で応えたいと考えます。

絆ジャパンは今年、大きな力を得て、

4月より大きく運営において「チェンジ&チャレンジ」に向かいます❗

カウンターパートナーの養成

カウンターパートナー間の災害協定の推奨

災害時初動救援支援チームの発足

詳しくはまた、ここで✨