八犬堂ブログ

八犬堂ブログ

アート・デザイン制作を営む「八犬堂」のブログです。
2010年11月11日に設立。
美術は銀座、デザイン制作は川崎で活動していました。
2014年11月より池尻のものづくり学校に移転、念願の自社ギャラリーも構えました。
主に展示会のお知らせをいたします。

ブログの更新ってなかなか思うようにいきませんね!

約半年ぶりになってしまいました。

半年の間に~告知していた八犬堂ギャラリーの企画は無事に終わり~

10月にKENZAN-見参-が新宿パークタワーで行われ~

画廊では11月に小林望美個展と12月に川口絵里衣個展が

ありました~。

どちらもおかげさまで無事に終了いたしました。

川口絵里衣展ではむつ市の市長さんにも来ていただいて、光栄でしたー!

 

そしていよいよ、初の年またぎのアートのチカラが伊勢丹新宿店6階アートギャラリーで開催されます。

今年は「青春かるた」というものを作りまして、

45人の作家さんが読み札を考え絵札原画を描きました。

その絵札原画45点がすべてアートのチカラで展示販売されます。

かるたは300個ほどご用意しておりますが、

原画は世界に1点でございます。

ぜひ、ゲットしてくださいませ。

題字は山びこくんでお馴染みの高橋祐次さんが作りました。

尚、かるたはお値段以上の3,300円(税込)になっております。

アートのチカラは元旦をのぞき12/28~1/7までの会期になっております。

恒例の絵馬は1/2からの展示となりますので、年末も年始も来て頂けると嬉しいです。

 

制作室は12/28~1/5は冬休みをいただきます。

それではみなさまよいお年を!

 

今年の夏は川越が熱いんです!

東武東上線川越特急「池袋・川越アートトレイン」に使われた

古家野雄紀の原画が可愛い日傘になりました。

これ売っていなくて、実は川越で無料レンタルしているのです。なんと川越の商店街など37カ所に設置されています。川越に行ったらぜひ使ってみてください。

美味しいうなぎ屋さんの前にもあります。

 

取扱店はこちら。

 

ルールはこちら。

 

9/30まで!傘がなくなりませんように!

 

 

川越日傘は7/19からレンタル開始。

八犬堂ギャラリーは7/19から沖綾乃初個展!

昨年の見参で八犬堂ギャラリー賞と準オーディエンス賞W受賞の沖さんの待望の初個展です。

こちらもぜひお越しください!

5月は池袋回遊派美術館を応援のため、画廊企画をお休みしておりました。

さて6月になり、今は中島綾美展ー映し鏡の森ーを絶賛開催中です。こちらは12日までとなっております。

中島綾美さんが挑戦している新しい世界をぜひご高覧ください。

 

そして6月15日からは

黒木美都子・丁子紅子二人展が始まります。

こちらも初めて二人の定番ともいえる背景色が入れ替わるという

非常にエキサイティングな展示になっております。

28日までです。ぜひお越しを!

 

また、場所をちょっと川越に変えて

八犬堂主催の展示があります。

その名も

ー東武東上線川越特急誕生記念ー

『次世代作家が描く川越風物詩アート展』

こちらは小江戸蔵里つどい処展示蔵ギャラリーという

文化財の蔵で展示を行います。

 

ぜひ浴衣で遊びに来ませんか?

皆様のご来場をお待ちしております。

 

伊勢丹新宿店のたんざく展も6/26から始まります。

銀座新井画廊でも2年ぶりのたんざく展を行います。

これはもう夏のアートフェスティバルです。走り出したら止まらない八犬堂です。

ぜひよろしくお願い申し上げます。

花冷えの季節ですね。

今、八犬堂ギャラリーでは平面と立体を操る3名の作家、

大場咲子・杉野郁・真鍋由伽子三人展を開催しております。

これ、ほんとうに飽きない展示です。

 

 

飽きない理由はいろいろ。

大場さんのこの絵みてて飽きない。

ランチパック持ち寄り大会です。

 

そして杉野さんのこっそり覗く人のおうち。これも飽きない。

 

 

たおやかな真鍋さんの線も、立体化された真鍋さんワールドも飽きない!

 

楽し~い展示です。ぜひ見に来てください!

 

 

さて、古家野雄紀さんの東武東上線・川越特急がお陰様でいろいろな媒体に掲載されました。特に「美術の窓4月号」で大きく掲載されております。こちらもぜひ読んでください。

 

また、川越で春をみつけようのインスタキャンペーンでは

#川越の春 でインスタグラムに投稿すると

抽選で非売品の池袋・川越アートトレインデザインハンカチなどが当たる模様です!ふるってご参加を!!

 

この川越では、6月末に古家野雄紀をはじめ、

<東上線川越特急誕生記念>

ー次世代アーティストが描くー 川越風物詩展を行います。

 

詳細はまた後日~

だいぶたちますが・・・
あけましておめでとうございます



八犬堂は2019年1月、BIGニュースが続きました。
ひとつは…昨年末取材に来ていた「じゅん散歩」が無事に放映されたことでしょうか!?
今まで世田谷ものづくり学校に“有吉くんの正直さんぽ”、“マツコの夜の巷を徘徊”するなど、数々のロケが来てもスルーされていた八犬堂に、初めて来たテレビロケ!!しかも高田純次さん、超かっこよかった~~~
そしてちゃんとそれを見て「磯﨑菜那日本画展」に来て下さったお客様もいて、お買い上げもいただいて、これは本当に嬉しい出来事です。

 



そしてそして、我らが古家野雄紀さんの作品が東武東上線、川越特急に選ばれたこと!
大勢の人に愛される特急になりますように。陰ながら祈ります。

 



そんなこんなで2019年は喜びの幕開けです!
喜びがあれば悲しみ、苦しみもあるのが人生!
それは社長が、松葉杖をつくほどの大怪我を年始に背負ってくれたので、もう大丈夫そう!!
(社長、ありがとうございました。)

 



写真は八犬堂で個展中の磯﨑菜那とレセプションに来てくれた木下武です。
カップルではありません。「藝大日本画現役合格コンビ」です。

2月はお馴染み銀座の新井画廊にて「KOWAII展vol.IX」があります。
また、八犬堂ギャラリーにおいては謎の大型新人?「桁山晃(けたやまひかる)個展」があります。
どちらも超楽しそうな企画になっております。
本年も八犬堂をよろしくお願い申し上げます。

さて、実は本日より

松坂屋名古屋店× 八犬堂プレゼンツ
ヤングアーティスト公募展
いい芽ふくら芽

というイベントをやっております。

 

国内外においてプロの美術作家としての活躍が期待される方々を発掘、更なる活躍の場を提供したいという思いからこの公募展を開催することになりました。
入選者は松坂屋名古屋店で展示をし、その展示期間中の更なる審査(最終審査)によりグランプリ他、各賞を決定いたします。 

百貨店が主催となる公募展は非常に画期的であります。

今回準備期間がとても短かったにも関わらず約100名の応募があり、内入選30名の作品が並んでいます。

今回の応募は自力で設営・撤去ができる人という条件もあったので、入選者のみなさんは頑張ってくれました。

吹き抜けのとても気持ちのいい場所での展示です!

 

またこのオルガン広場という会場で、「アッパレ!アートパレード」も同時開催しております。

いい芽ふくら芽が白い壁、アッパレが黒い壁になっています。

アッパレではお馴染みの作家さんに加え初参加の作家さん、

そしていい芽ふくら芽では新鮮な作家さんがいっぱい!実は高校生の入選者もいるようです。

ぜひぜひ皆様ご来場ください!

10月6日(土)
玉川麻衣さんの個展に合わせて

〈文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション〉『死』の巻 刊行記念
東 雅夫× 玉川麻衣 オープニングトークショー 開催しました。


 

定員15名@八犬堂ギャラリーにてと告知したこの企画、
当日の朝iid事務局から「プレゼンテーションルーム」が使えますと急遽言われ、SNSでつぶやいた所、定員の倍くらいの人が集まってくれました!
本当はみんなから「このギャラリーに15名人が入れる?」と心配されていたのでとても助かりました。もちろん入る計算だったんですけどね。

 



そしてとてもいい感じで始まったトークショー、
東雅夫さんのトークは各地で聞いたことあるのですが
(博識でお話し上手でいつもとても面白いのです)
玉川さんのトークは初めて!
こちらもちょっと緊張しちゃったのですが
どっこい、ですよ。


玉川さん、トーク上手!!イメージと違った!

 



そうか~玉川さんの龍ってこうして出来上がるのね。

龍をつかまえるために足腰を鍛錬しているのね!
その結果、そのナイスバディなのね!!

いや、違う、

その結果凄まじく繊細な生きているような、

その龍が描けるのですね!
と深く染み入りました。

狼もそう、玉川さんたぶん狼を家に飼ってるよね。

いやはや、トークショーは時間がとても短く感じました。
でもその後のレセプションでも沢山お話が聞けたので
楽しかったです。

 


 

わたしどうしても大島怪談がツボです。

内容はネタバレになるから書けないけど・・・
他にもきっとツボの話がつまっているに違いない、
〈文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション〉『死』の巻 は
汐文社から来年の2月刊行予定です。

 

お陰様で玉川さんの作品もだいぶお嫁入りしまして、

でもこのあとも、八犬堂企画にたくさん出てくれますので

今後の玉川麻衣作品もお楽しみに!!

 

ずっと眠っていた八犬堂ブログですが、

この吉本ばななさんのブログをリブログしたくて

目を覚ましました!

伊勢丹で個展を開催していたキノタケこと木下武の絵が、

あの吉本ばななさんに絶賛されている!

これは嬉しいです!!

 


昨日より八犬堂ギャラリーにおいて始まりました展示の御案内です。

 

展示会名:珠美の会

会期:6/3(土)~16(金)※11時~19時

会場:八犬堂ギャラリー

昨年、一昨年と東京藝術大学日本画専攻の学部生、院生によるグループ展「のびるのはな」という展示を行いました。

基本的には我々とJIANが運営している「見参」にご参加いただいている方達の中から我々がお声がけをさせていただいています。

当初、見参は藝大日本画専攻の学生が非常に多く、そこに着目して前述の「のびるのはな」というグループ展を開催しました。

ここ数年、多摩美、武蔵美の日本画専攻の学生の見参参加者か増えてきているという現状を見て、他の美大日本画専攻の方達によるグループ展を開催するはこびとなりました。

 

展示会名もあえて固くしました。長く継続していくこと願って。

 

 

まだ肌寒い日が続きますが、そろそろ本格的に春の到来ではないでしょうか?

そんな春の始まりに相応しい華やかな展示のお知らせです。

 

-生命を描く-古家野雄紀日本画展

会期:4/20(木)~26(水)※最終日は午後6時にて閉場

会場:東武船橋店5階5番地美術画廊

 

東京藝術大学学部生の頃から精力的に作家活動を続けていた古家野さんの個展です。

作家として注目を集めたきっかけとなる「群像図」シリーズをはじめ、富士山、龍、虎など、伝統的なモチーフを鮮やかに生まれ変わらせています。

 

非常に明るく、楽しい絵柄ながら、作品に込めるメッセージは「生命賛歌」、ひたむきに、真摯に描かれた数珠の作品約40点を展示販売いたします。

 

皆様の御来場を心よりお待ちしております。