「人間は生きる希望とか夢とか情熱がなければ生きていけない。愛がなければ生き抜けない。私は誰かの心の支えになったり安らぎになるために歌う。それが私の祈りです」。

 

先日亡くなった佐藤しのぶさんの言葉です。

追悼番組で聞きました。


 

人間迷ったとき、悩んだ時は基本に戻れと言います。

基本ってこれだと私は思います。

 

誰かを笑顔にすること。誰かと笑顔になること。

まず目の前の人とそのことを。

 

 

今また「この仕事はどうも向いていない気がする」という思いが私の中を巡っています。

だらだら毎日を送ることの方が合ってるし。

大雑把だし雑だし。

この社会に合ってないし。


 

佐藤しのぶさんは貧しいバングラディッシュや放射能被害に遭ったチェルノブイリの子供達に歌を届けていました。先日の追悼番組で、その子供たちと接した後にこのようなことをおっしゃっていました。

「楽譜の中の人間模様をオペラで再現してきたけれど、今は楽譜を突き破って、本当の人間社会と言うものを体感している」。

「声は自分のものではなく神様からの預かり物。いつか神様に返す日まで世の中のために使う」と。

 


私にはそのような能力は何もないけれど、基本に戻って何をするべきか考えてみようと思います。

ゆっくり時間をかけて考えてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
今日は薄曇り。
だんだん冬に近づいています。
お野菜やフルーツもですが、お魚も季節を感じますよね。私のいきつけのお魚屋さんには真鱈やどんこが並んでいました。
迷いに迷ってイナダにしました。
お刺身とあら汁にしました。
 
イナダ刺身、高知のかまぼこ
ブロッコリー
茄子、しいたけ、人参の天ぷら煮
大根と人参のぬか漬け
お米
イナダの頭と大根玉ねぎ、人参のあら汁
 
 
夜ゆっくりお食事の支度をできないことが多いので、朝時間をかけてお食事を摂ります。
今日も健康であることに感謝して
行ってきまーす!
 
 
 
 
 
 
 
 
収穫の秋。
私自身の様々な種類の収穫を意識して過ごしています。
 
収穫はポジティブなことだけでなくネガティブな事も。というより上手くいかなかった事こそ、大きな収穫なのかもしれません。
 
人生を振り返ると、いくつかのステージがありました。幕が上がって幕が下りる。幕が下りて幕が上がる。今は何幕目だろう?人生は何幕まであるんだろう?
 
今日はお休み。
ゆっくりごはん作ってごはん食べながら撮り溜めしたテレビ見ながら何にもしないでだらだらするのです!
今日も昨日と同じように健康でごはんが美味しいことに感謝です。
 
 
茄子の出汁浸し
高知のかまぼこ
厚揚げと小松菜の煮物
うちのオクラのお味噌汁
温野菜サラダ かぼちゃ、ブロッコリー、さつまいも
米沢牛塩胡椒
お米
大根と人参のぬか漬け

 

昨日のパレードをテレビで見ました。

雅子皇后様のご苦労は容易にお察し致します。

それと同時に天皇陛下のご苦労ご心労も想像を絶するものだったとお察しします。

なのに苦労など微塵も表さないそのお姿に深い感銘を受けました。

 

天皇陛下にはそのお立場だからこそ立場を守ることと妻である皇后陛下を守ることの板挟みも多くあったと思うのです。その2つの相反する状況に立ち向かい、見事に雅子様を守り皇太子の務めを果たし、今日に至りました。

昨日は雅子皇后はもちろんのこと、改めて陛下の強さに思いを馳せた1日でした。

 

庶民と一緒にしては恐縮ですが、夫婦って似たもの同士ですよね。どちらかだけがおかしいとか立派ってあんまりないです。本人の自覚は別として客観的に見れば同じ種類です。一人一人の人格が二人の関係を作り、その関係を維持すること自体が最終的に自分に返ってくる。つまり相手の文句を言ってる人は自分の欠陥具合を公言しているってことです笑。

 

人間関係で何かあると「所詮他人だから」と言う言葉が出ますが、天皇皇后陛下は元は他人でした。しかし誰も経験することのない厳しい境遇の中、手に手をとって美しいとしか言いようのないご夫婦関係を築き、ご家族となられました。

 

人間関係を築くのが下手くそな私。

強さ、優しさ、誠実さ、勤勉さ、謙虚さ、勇気、行動力もろもろたくさん見習いたいです!

 

 

 

 

 

 

 
 
カラフルピーマンなのに、なぜ綺麗な赤や黄色にならないんだろうとずっと思ってました。
そしてピーマンにしては肉厚で甘いなあ、と思っていました。
 
ピーマンの苗を買うかパプリカの苗を買うか、その日迷っていました。しかしパプリカはあまり実がならないイメージがあったのでコスパの良いピーマンの苗を買いました。
買ったつもりでした。
しかし私が買ったのはパプリカの苗でした!
薄々違和感は感じていたのですが、見て見ぬふりをしていました。人は多少違和感があっても自分を騙す生き物です。先日台風の前にベランダを片付けてたら「パプリカ」と書いてあるラベルがエアコンの後ろから出て来ました。買った時に刺さっているやつです。
違和感から解放されました。
見て見ぬ振りは良くないと神様が教えてくれました。
 
 
時間をじっくりかけると、実はみんな綺麗な赤色になってきます。
 

 
♪パプリカの花が咲いたら〜晴れた空に種を蒔こう〜♪って
なんの種を蒔くのか意味が全然わからないんですが、つぼみも花もとっても地味です。なぜこの花が歌の主役なのか、、、。花言葉は「君を忘れない」らしいですが、同じ花言葉の忘れな草も地味で、どんな花かみんな忘れそうな花です。
 
 

まだまだ実を付けそうです。
今のところ40個くらいの収穫量です。
コスパめちゃいいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋らしい気候になりました。
少し前に「痩せた?」と言われました。
もりもり食べています。病気?いや、もしや食べても太らない体質になったのでは!?…と輪をかけてもりもり食べてたらあっという間にスカートが入らなくなりました。体質変わってなかったです。年取って顔がやつれただけでした。
 
めげずに今日も一日頑張ります!
 
 
自家製切り干し大根と人参、油揚げ
お豆腐ハンバーグとブロッコリー
生たらこの自家製粕漬け
サバかまぼこ、焼きかまぼこ
大根とえのきのお味噌汁
新米
 
 
 

ラグビーの公式練習というのを見ていて、不思議に思ったことがあります。
いちいち止まるんです。
タックルとかもゆっくりやってます。
思っていた練習と全然違います。
手を抜いてるのか、はたまた相手を欺く戦略か。

でもハッとしました。
ピアノも曲を続けて練習しません。
ワンフレーズだけで止まる。そこだけ何回も繰り返す。
ゆっくり、曲にならないくらいの眠くなるようなテンポで弾く。

「なんだ、同じじゃない」

視野が広がるとはこういう事ですね。
ピアノでは当たり前にやっている事なのに気づきませんでした。
へぇ〜、止まるんだー。
ゆっくりやるんだー。
ということは、私も一から学べばラグビーが出来るのでしょうか?

いえいえ。やりません。
横断歩道すら走れませんから。




 
先程三位決定戦を見終わったところです!
釘付けになりました!
あの手!
 
ラグビーの生ボールを見たことがないので大きさはわからないのですが、ホイホイホイホイ、ボールを持っては投げる、持っては投げる。
 
私は若い頃、初対面の人はまず手を見ました。「この手はピアノ弾いたら上手になるなぁ」と。
掌が安定していて指は細過ぎず太過ぎず、短過ぎず長過ぎず、指の関節はしっかりしつつ硬くない。爪はもちろん深爪です。
ピアノは指を動かしますが、掌が大事です。掌の支えがあるから指が軽くサクサク動くのです。
 
ラグビーボールはアーモンド型なのでちょうど掌の真ん中がへっこんで内側がいわゆる円錐形になります。屋根が出来ます。ピアノの理想の手です。
あれだけ手の平の筋肉や指先の圧力や関節の柔らかさがあったらどんなにいいピアノが弾ける事でしょう。
体幹もあるし言うことないですね。痛みに耐えた練習を常日頃からしてる訳ですから、痛くもかゆくもないピアノの練習なんて楽勝楽勝。
ラガーマンにしておくのは惜しいです。
 
手に見惚れている間に試合は進んでいきました。
そして応援していたオールブラックスの勝利がほぼ確実となる頃、嬉しい気持ちと同時に「ああ、あと残すは一試合か…」と寂しい気持ちになりました。
 
 
明日は決勝です。
もう終わってしまうんですよね。
ラグビーの話も出来なくなるなぁ…。
リアルタイムで観戦出来ないのが残念ですが、録画で充分楽しもうと思います!
 
 
 
 

 

「こんなに練習しても弾けない。子供の頃からやっていれば。。」

 

大人になってピアノを始めた方は皆様そうおっしゃいます。

 

日本に戦争があって、ピアノを弾くどころかピアノの姿を見たりピアノの演奏を聴いたりする機会もなかった時代がありました。

その頃はみんな食べるのに精一杯でした。

みんな生きるのが精一杯でした。

ピアノなんて夢のまた夢…。

 

そのピアノを今弾ける!

…と、始めたはいいけど耳も指もついていかない。

頭はもっとついていけない。

「子供の時やれていたらもっと色々弾けたのに」。

悔しい気持ちでいっぱいになります。

 

ですが、私はいつも思うのです。

「憧れのピアノを弾いている」、それだけで充分幸せではないか、と。

ずっと好きだった人と会える、お話が出来る、心に秘めていた思いを打ち明けることが出来る!それだけで幸せではありませんか〜。

 

子供の頃からやっていても続けられたか、わかりません。ピアノは始めるより続けることの方が百倍難しいんです。

「こんなに練習したのに弾けない」なんてこと、子供の頃からやっていたらもっともっとあります。


子供のうちからやっているということは、子供のうちから「こんなに練習しても弾けない」気持ちを味わい続けるということです。子供のうちに習ったから弾けるのではなく、子供の時に「こんなに弾けなくても」やめなかったから弾けるのです。

 

努力しても出来ないことが辛いのは、大人だけでなく子供も同じ。しかも子供はピアノに憧れたといってもほんの出来心笑。ただの見た目で始めてますから。あっけなく心置きなくやめます。

 

「子供は記憶力が良くていいわね」という声も聞こえてきますが、大人と違って頭が使えませんから音符を覚えるのも書くのも字を書くことすらとても時間がかかります。アイウエオをやっと覚えた頭で音符を何回も書いて覚える。やっと九九を覚えた頭で拍子を数える。やっとお箸を使えるようになった指で重くて大きい鍵盤を弾く。子供の方が大変なこと多いです。

 

上手になっている子供たちは、学校で6時間勉強した後練習をして、運動会で疲れている日も練習して、遊ぶ時間を練習に回して、練習しないとお母さんに叱られて、それでも続けているんですね。

 

だから大人から習い始めた方へ伝えたいことがあります。

子供のうちに習っていたら、なんて思わないでください。今頑張ればいいだけです。

確かに耳は子供には敵わない。そこに関しては苦労も沢山あるでしょう。ですが、頭を使える分、子供の頃やるより楽で有利なことが沢山あるんです。キツい言い方ですが、今頑張れない方はきっと子供の頃始めても頑張れずやめていました。

 

もし今初恋の人と会ってお話出来るとしたら、それだけでワクワクしませんか?片思いでも叶わぬ恋でも結ばれなくても、その憧れの人に人生の後半でもう一度出会えるなんて、なんて幸せでしょう。

体調がいつ悪くなるかしれない。

認知症になるかもしれない。

必ずこの世にさよならする時が来る。

それは明日かもしれない。

ですので今、ピアノを楽しんでください。

片思いでもいいんです。

 

 

私も今、やっと自由に楽しんでピアノ を弾けるようになりました。ピアノへの片思いを謳歌しています。この気持ちを持てただけで人生上出来です。

 

 

 


 

 

 

サロンの会が終わって10日。

公式LINEのご報告に続き、私の感想も少し書き留めておきたいと思います。

 

小雨が降る日もありましたが、大きな天候の崩れもなく事故もなく3日間とも無事終了いたしました。

今回は6名の方が直前にご欠席となってしまいそれはとても残念なことでしたが、逆に昨年一昨年と欠席だった方が復帰できたことは大きな喜びでした。

 

突然参加できなくなってしまうと「またドタキャンになるのではないか?」という不安から次回からのご参加をためらわれるかもしれません。

ドタキャンは気持ちも萎えますし、返金ができませんのでお金ももったいないです。

ですが多くの方を見てきて、年齢を重ねたら「そんなこともある」と割り切ることが大事だと思います。何が起こるかわからない人生、「もしも」ばかり考えていたら何もチャレンジができなくなってしまうと思います。

 

復帰なさった方は、いわゆる区切りがあったと思うのですが、それは状況の区切りではなく気持ちの区切りというのもあると思います。ある程度の年齢の皆様ですので何も抱えていません、全て解決しましたという方の方が少ないと思います。そもそも加齢は治らないので、手が痛いとか座っていると腰が痛いとか目が見えないとか以前より練習も大変になって行くのは悲しいかな当たり前で、その中でピアノを弾いていくしかないんですね。

そんな中で、沢山の皆様がご出演ご参加くださいましたことに感謝とともに勇気と元気をいただきました。

有り難うございました。

 

今年で13回、来年の開催に向けて今からワクワクしています!

弾かなくてもいいピアノ。

でも弾くと楽しいピアノ。

生活が豊かになるピアノ。

サロンの会がピアノの、というより生活の一つの道標になったら嬉しいです。

 

 

 

東洋文庫内 オリエントカフェ 

 

最高齢96歳です!85歳からピアノ を始めて11年。骨折からリハビリを経て1年ぶりの復帰です。

 

 

    ワインとパンとコーヒーを一緒にいただきました

 

 

友だち追加 公式LINEもご覧ください