吉澤はじめ MY INNER ILLUSIONS -5ページ目

12月ツアー用プロモーション動画を公開。

12月のツアーまであと1ヶ月。
吉澤のyoutube公式アカウントにおいて、今回のツアーのプロモーション動画を公開。

リンク先urlはこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=NIlwJpMJ6NM

ツアーを予定している和歌山、高松、芦屋、大阪、名古屋、飯田。近場の方も、そうでない方も是非のお越しをお待ちしております。

ちなみに、都内でのBOOTのライブは、11/25と12/31大晦日の六本木アルフィー二本のみ!
お見逃しなく!

六本木Alfie 2days セットリスト公開

先日のシルバーウィーク、六本木アルフィー吉澤はじめ2デイズ。
DJに沖野修也氏を迎えて、初日はBOOT、二日目は注目の若手アーティストとの初トリオ。
貴重な連休の時間をさいて、たくさんの方が足を運んでいただきました。
あらためて、御礼を申し上げます。

複数の方から当日のセットリストを教えて欲しい旨、リクエストを頂いたのですが、その場でお教え出来なかったので、ここに公開致します。

***追記***
なお、本日9/27は御茶ノ水ナルにて峰厚介カルテット。メンバーは峰厚介(ts)吉澤はじめ(p)須川崇志(b)山田玲(ds) 19:45スタート。予約、問い合わせ:03-3291-2321


9/21 BOOT -白鳥利卓(b) 藤井伸昭(ds)
Tower of water
A new day
Song to remember
Raccora's mood
Home
My favorite things

Satellite dancer
Dope impakt
May
The color of peace
Eastern step

EC: Something for June

9/22 須川崇志(b) 石若駿(ds)

Satellite dancer
Kemuri no yukue
The color of peace
May
My favorite things

Dope Impakt
Raccora's mood
Song to remember
I am with you
Eastern step

EC: Kibo

仙台、小山でソロ・ピアノ リサイタルのミニツアー。

11月に、仙台、小山の二カ所でソロピアノのリサイタル開催が決定!

11月22日(日)
11月23日(月)

私の二つ下の妹は、クラシックのピアニストでウィーンのオペラハウスで仕事をしているのだけど、仙台に呼んで下さった方はその妹の日本でのコンサートをお世話してきてくれた方だ。そんな妹の恩人のような人に、兄として精一杯の演奏で感謝の気持ちを表せたらいい。また、JAZZフォー東北で、思い入れの深い土地にこのような形で戻ってこられて嬉しい気持ちで一杯。

小山のフェローズのマスターは、ビルボードからホットハウスまで、吉澤のLIVEに神出鬼没に現れ、その音楽への情熱には、頭が下がる。お店自慢のスタインウェイからどんなサウンドが生まれるのか、今から楽しみ!


追加スケジュール

追加スケジュールと、既決のライブのメンバー詳細。

8/6(木)六本木アルフィー BOOT(吉澤はじめ、白鳥利卓、藤井伸昭)

9月のアルフィーは、DJも入る予定。決定次第、お知らせ致します。

9/21(月・祝)六本木アルフィー BOOT(吉澤はじめ、白鳥利卓、藤井伸昭)
9/22(火・祝)六本木アルフィー 吉澤はじめ(p)須川崇志(b)石若駿(ds)

11月の吉祥寺サムタイム。2ステージ入れ替え制でチャージは1ステージ¥500!通しで¥1,000!の特別イベント。メンバーは。。。
11/19(木)吉祥寺サムタイム 
スペシャルセッション松島啓之(tp) 吉澤はじめ(p)須川崇志(b)石若駿(ds)

本日の情報を含むライブスケジュールはメッセージボード、フリースペースでも確認頂けます。

スケジュール更新

ファラオ・サンダース氏、カルロス・ガーネット氏、渡辺貞夫氏、峰厚介氏等々、数々のサックスの名匠、巨匠と共演する光栄に預かってきた吉澤だが、植松孝夫氏との8月鎌倉ダフネでの初共演は格別に楽しみなのだ。もちろん、ホットハウスのママ、アキさんの計らいで実現する鈴木央紹氏との初共演もワクワクする。7/26のBOOTはファラオ・サンダース氏の息子トモキくんとのコラボレーション。8/2の国立fukusukeは、山口和与、宮野裕司氏との激シブライブ。
BOOTは12月にTOURが組まれたが、首都圏にお住まいの皆様には、まずはともかく、直近の7/1御茶ノ水ナルと7/25六本木アルフィーでのライブに足を運んでいただきたい。
ジトジトな季節だが、お体には十分お気をつけ遊ばせ。

吉澤はじめ スケジュール2015
6/27(土)小岩コチ with類家新平 (tp)
6/30(火)高田馬場ホットハウス with松島啓之(tp)
7/1 (水)御茶ノ水ナル BOOT(吉澤はじめ、白鳥利卓、藤井伸昭)
7/18(土)マンデイ満ちるband@静岡
7/21(火)マンデイ満ちるband@札幌
7/23(木)高田馬場ホットハウス with竹内直(ts)鈴木央紹(ts)
7/25(土)六本木アルフィー BOOT(吉澤はじめ、白鳥利卓、藤井伸昭)
7/26(日)渋谷ルーム BOOT(吉澤はじめ、白鳥利卓、藤井伸昭)withトモキ・サンダース(ts)
8/2 (日)国立fukusuke with宮野裕司(as,cl)山口和与(b)
8/7-8(金、土)札幌レイジーバード 臼庭潤追悼ライブ
8/16(日)御茶ノ水ナル BOOT(吉澤はじめ、白鳥利卓、藤井伸昭)
8/23(日) 学芸大学メイプルハウス with秋山一将(g)
8/24(月)鎌倉ダフネ with植松孝夫(ts)
8/30(日)焼津 with峰厚介(ts)
9/18(金)小岩コチ with秋山一将(g)
9/27(日)御茶ノ水ナル 峰厚介(ts)カルテット
11/13(金)名古屋ラブリー 植松孝夫グループ
11/14(土)岐阜アイランドカフェ 植松孝夫グループ
11/19(木)吉祥寺サムタイム スペシャルセッションwith松島啓之(tp)他
BOOT TOUR (吉澤はじめ、白鳥利卓、藤井伸昭)
12/7(月)和歌山DESAFINADO
12/8(火)香川SPEAK LOW
12/9(水)神戸LEFT ALONE
12/10(木) 大阪MR.KELLY'S
12/11(金)名古屋Jazz in LOVELY
12/12(土)飯田Over the Rainbow (BOOT+森田修史(ts))







5月までのスケジュール


とうとうBOOTとして初の遠征が決定。
詳細は、メッセージボード、フリースペースでご確認を。
5月12日から16日まで、名古屋、土岐、飯田、六本木の4カ所でもはや準レギュラーともいえる森田修史とともに。。。
完全復活間近の呼び声が聞かれる白鳥利卓の誕生日でもある5/8(金)には御茶ノ水NARUにてBOOTのLIVEもある。

順序が逆になってしまったが、4/19(日)吉祥寺の曼荼羅2でもBOOTのライブがある。
http://www.jamminjazz.net/index.html
こちらも、沢山のアーティストが参加しているので「春祭り」として道に花びらを落とした桜でも愛でつつ、吉澤たちのステージも楽しんで欲しい。
4/26(日)は言わずもがなの若き巨匠、森田修史とのデュオ。場所は国立。酒場FUKUSUKE。

3月6日(金)お茶の水ナルに出演

来る3月6日(金)
老舗のジャズライブハウスとして知られる「御茶ノ水ナル」にBOOT(吉澤はじめ、白鳥利卓、藤井伸昭)が登場。19時30分スタート。

世界逸産や峰さんなどとは何度か出演したことはあるけれど、吉澤のリーダーライブとしては今回が初めてなので、ぜひともご来場あれ!

新たな挑戦

1月6日
誕生日
福助で吉澤夫妻、工藤くん夫妻、こだまさん。カウンター呑み。
こだまさんから自作の左利き用木ベラをプレゼントして頂く。


1月7日
七草粥。

OKストアで初ショッピング。出物特になし。塩豚用の肩ロース塊肉など。
夕飯、カニすき。セリとタラバガニの相性、いいなあ。
酔いも手伝い、食欲爆発。夜食に実山椒入りタコ飯を開発し即、腹の中に消費。



1月8日
七草粥の七変化、タラバ粥。
10.5キロラン、54分。調整モード。そこそこにいい感じ。


夕飯、塩豚のオイスター炒め。


ふくちゃんで「ちょっと一杯」のつもりだったが、お客さんからお裾分け頂いた赤ワインがすこぶる美味く、調子に乗って酔う。

からの帰宅後の、七草と牛肉のリゾット(リゾットでは無いけどね。)

1月9日
13キロ、67分
夕食、牛丼


1月10日
13キロ、70分
揚げ出し豆腐のサラダ
豆腐の餅ピザ
タラチク(たらこ竹輪)



1月11日
一日中、まんじりともせず。
塩豚パスタ
長芋サラダ
餅煎餅(テレビでやってたので、早速真似してみた。)



1月12日
スタジオ。サックスを吹く知り合いのT君にレッスンを施す。人にものを教えるのはウン10年ぶりのことだ。正確に記せば、友達のピアニストやクラリネットが趣味の近所の歯医者さんに少しだけ教えたり、というのはあった。が、今後定期的にやっていこう、という話なので絶対に上手くなってもらえなければ、レッスン代金全額お返しだ!
初回は、聴音、つまり耳コピーの重要性とその実践について。聴きとった音を即座に自分の楽器でトレースすることが完璧に出来るようになれば、極論すればあとは自分の創造性を磨くだけになる。演奏技術のみならず作曲行為もやがて自由自在となる。道は険しく遠いけれど、繰り返し練習するのみ。
もつ鍋(キャベツに代わった、白菜が代打3ラン)
ポテトサラダ



1月13日
スタジオ。BOOTのリハーサル初め。初仕事は15日吉祥寺サムタイム。チャージ500円ということで初めてわれわれの音楽を耳にするお客さんが多いだろう。楽しみ。前日に思いついたモチーフで新曲を作った。
ゆで塩豚。三種のたれで


1月14日
年初来、50歳を機に何かやりたいな、と思っていたことが具体的になってきた。
それは、ピアノ独奏のライブ、レコーディングについての一つのコンセプト。
ライブごとに新曲を作り、そのライブのみで披露する。
聴衆のリクエスト、及び自分の判断で、どうしても再演すべきと感じた場合はレコーディングする。
純粋な即興演奏のクオリティを向上させることはもちろんだが、こうした作曲行為そのものがソロピアノのライブ充実を実現させるだろう。
ちなみに、そのコンセプトを思いついたのは、料理人の枝国氏のおかげ。「くずし割烹」という新たなジャンルを生み出し「一度出した料理は2度と出さない」「常に感動を味わって欲しい」という彼の仕事が、僕を刺激する。
今夜は彼に会いに「技魯技魯神楽坂店」に行く。

ランニングと雑煮の日々

1月1日
 八丁味噌仕立ての雑煮。
「月夜の傘」という60年前の邦画を観た。庭の苔を子どもたちに荒らされて激昂する昭和の父親を演じるのは宇野重吉41歳。どう見ても自分よりはるか年上にしか見えなかった。
大塚を駅まで送る道中、ふくちゃんに会う。東中神の庄屋で呑む。



1月2日
 雑煮。霧島鶏うまし。
伊勢丹で買い物。半額を狙う。タラバガニの足とメバチマグロの柵で1500円。毛蟹1300円など。マグロは漬けにする。



1月3日
 蛤の雑煮。菜の花。
13キロラン。


1月4日
 しそ入り鮭チャーハン。
13キロラン。6℃。久々に体が宙に浮くように軽く65分で走れた。
ふくちゃんで中井君と呑む。閉店後、ご機嫌のふくちゃんと3人で古都へ。自分は歌わず。帰宅後、夜食。油そば。





1月5日
 ザ・小春日和。
15キロラン。12℃。足重く85分。
公園内から不審な物音。
はっと驚き、振り返ると鳩数羽が枯れ草の絨毯の上を動き回っていた。

1月6日
 吉澤はじめ50歳
日々気負いなく淡々と生きるも しかる後人生の分岐点だったと思える年にしたい。

「です、ます」との別れ。あと二日で。

 『50を境に「です」「ます」を禁止する。』
 いやはやなんとも分不相応な決意をしてしまったものだ。
年始一発目のステージで『1月6日をもって「です」「ます」を禁止します。」とぶちあげてしまった。
 
 自分は物事を紋切り型に割り切れない性分なので、ネット上だろうとステージ上でも、少ない文字数で黒白はっきりと紛れのない物言いというものを避けてきた。
 「です」「ます」という分末表現を基調とすることで、ぼかしたり甘えたりごまかしたりすることが出来ることを覚えたのは、mixiをやり始めた頃。博愛主義、イノセンス、無垢、平易、フェミニズム。それらのキーワードが指向する「皆から支持される存在」を意識しつつ、確信犯的に「自己の正体」を小出しにさらけ出せると錯覚してきた。そもそも「自己の正体」など自分にも皆目見当もつかないくせに!
 「です、ます」は何しろ読みやすい、という利点もある。気負った文章でも、多少文法がもつれようと、容易に味を整えてくれる化学調味料のような効果もある。けれど、もともと味も素っ気も価値もない自分の文章に人様の時間を浪費させることを、一時も考えつかなかったのだろうか?どうせ読んでもらえるのであれば、一文字でも潔い文章を書く努力をするべきではないのか?
 
 そんなこんなを思い出したのは、去年くらいから。バンドメンバーに対しての指示が徐々に独断を帯び始めている自分を意識する中、それでもその中に巣食っている「絶対的美意識」「エゴ」たちが一斉にもう一人の「博愛主義の自分」に蜂起を起こしたこと。いま、何をしなければならぬのか。。。何を決断しなければならぬのか。眠れぬ夜に色々、考えた。
 グダグダのMC。ネット上の脈絡のない文章とそれをちょろまかす「です、ます」。それでも演奏する時だけは必死に空間と時間軸を超越する為に奮闘した。

 あるファンの方によれば吉澤は「巨匠」なそうである。しかし、それは「巨匠」であって欲しいということで、全世界に完膚なきまでにそうであることを実践し定着するまでにはいたっていない。もし匠の中の匠であるならば、それを自覚しそれにふさわしいピントのあった言動、表現、作品を提示し、責任を持たねばばならない。
 そこで、文頭に戻る。何とも分不相応な決意なのだ。僕には、まだそれを実現する為の体幹が作られていない。基礎も作られていない貧弱なランナーなのである。そんな中、見切り発車的に1月6日をもって吉澤は「です」「ます」と決別する。

 それによって僕の音楽はどのように変わっていくのか?いや、むしろ変わらないのか?
それを、検証するのはあなた自身です!
あ!また「です」使ってしもた。

決別まであと2日。