海老名 お産の学校&ベビーマッサージ教室~はぐくみ~

海老名 お産の学校&ベビーマッサージ教室~はぐくみ~

神奈川県海老名市にて開催
お産の学校&ベビーマッサージ教室~はぐくみ~です
皆様の産前産後がHappyになりますよう
サポートさせて頂きます♡


はぐくみ ベビーマッサージ
※海老名市総合福祉会館にて開催しております
NEW【2022年5月コース】

1回目 5/13 金 13:30~
2回目 5/20 金 10:00~
3回目 5/26 木 10:00~


 満【2022年4月コース】
1回目 4/6 水 10:00~

2回目 4/14 木10:00~
3回目 4/22 金10:00~



はぐくみおさらい会

4月おさらい会

『お口とからだの発達講座』

4月18日(月

空13:30-15:00(受付13:20-)募集中

海老名市総合福祉会館2階

『お口育ては0歳から』

4月26日(火)
満第1部 12:30-14:00
(受付12:15-)
空第2部 14:30-16:00
(受付14:15-)募集中
海老名市総合福祉会館


5月おさらい会

『お片付けのできる子どもに育てる子育て術』

5月12日(木)

満 10:00-12:00
(受付9:45~)




6月おさらい会


『子どもの足と足を育てる靴選び講座』

6月7日(火)
空9:45-11:45
(受付9:30-)募集中
海老名市総合福祉会館1階
 
----------------------------------------------------
星おさらい会共通事項星
(会場)海老名市総合福祉会館1階
(参加費):はぐくみ受講された方大人お1人1000円/未受講の方1500円

お申込みの際にベビマ受講月/未受講 を必ずお知らせください


はぐくみおさらい会番外編 がんばらない離乳食 

NEWナイフとフォーク4月18日(月) 海老名市文化会館354調理室

○10:30~12:30(受付10:20~) 先着8組



お産の学校 

満4月16日(土)13:30~16:30(受付13:15~)

海老名市文化会館301練習室 6組限定
参加費:5000円(お二人で参加の場合は8,000円



ベビー発達教室

助産師 山浦さん主催のベビー発達教室です!
置けば泣いてしまう、向き癖などでお困りではありませんか?
赤ちゃんの姿勢発達から考えた、ちょっとした工夫で育児が楽になります。
赤ちゃんのしぐさには一つ一つ発達につながる意味があるのです。
そんな発達の意味を知ると子育てが楽しくなりますよ♪
おすわり、あんよまでに大切にしてほしいことを助産師がお伝えします。

ぜひ、パパもご一緒にご参加ください。

発達教室のお申込み&詳細は・・・山浦さんのブログでご確認ください
ameblo.jp/mwnao3839/


お申込み・お問合せは・・・


hagukumi_ebina@yahoo.co.jp

【ベビーマッサージお申込み】※ご希望の講座名

①お申込みの方のお名前
②お子さまのお名前(フリガナ)
③お子さまお誕生日
④ご住所
⑤お申込みのきっかけ


【おさらい会お申込み】※ご希望の講座名
①お申込みの方のお名前
②お子さまのお名前
③ご連絡先(携帯電話等)
④ベビマ受講月(もしくは未受講)

夏日が戻ってきましたね🌻


今日も朝から快晴です


子育てしているご家庭は今日も1日どのように過ごそうかと思われているかもしれませんね


コロナ禍となり研修や勉強会がzoomなどのため在宅での受けられるようになりました


赤ちゃんの発達に注目している小児歯科医さんが増えてきました

身体の発達と歯の形成は、子どもたちの『食べられない』にリンクしていることが多いです

そのため身体とお口の健康と食事の悩みを一緒に解決していこうという小児歯科医院の先生のお話を先日お聞きしましたウインク


その中で、離乳食の進め方に悩みを抱えているお母さんは4割にものぼるとのこと💦💦💦


食べれる身体作りはもちろんですが、食べるためには生活リズムの確立が必要‼️


やはりここでも『早起き・早寝・朝ご飯』❣️


併せて、そこでも言われていたのが月齢が進んでの頻回授乳による弊害


暑いとついつい水分補給として安易にオッパイになりがちですが、離乳食を食べる時期ならお茶など他の水分で充分


チョコチョコ、オッパイが入るとどうしてもお腹が空きません


動けるようになりお腹が空いたという感覚が出てきて美味しくご飯が食べられますね


また、月齢が進んでくるとオッパイやミルクだけでは身体はできません


やはり咀嚼してお口の中の消化酵素を混ぜて食べ物を胃や腸へ送る


そして腸で栄養を吸収していくことで身体はしっかり作られるようになってきます


この咀嚼の経験は、年齢を重ねた後も胃腸を整えるためには必要だということを私の年齢になって最近改めて痛感しています(このことは後々ブログにアップしますね❣️)


その中で、先日も歯磨きについてあるお母さんからお問合せもいただいていました


歯磨きを嫌がる

仕上げ磨きをしようとするとギャン泣きで磨けているのか泣かせているのか⁉️わからないと


歯が生える前から歯固めなどでお口におもちゃが入る経験は歯ブラシにはとても大切です


歯がたくさん生えてきたからといきなりお母さんが寝かせて歯磨きしようとしてもギャン泣きするお子さんもいます


歯磨き嫌いにしないためには


『歯ブラシが気持ち良い』


と感じさせてあげること‼️


まずは喉をつかないカバーがある歯ブラシをお子さんに渡しておもちゃ感覚でお口の中に慣れさせること


そして小児歯科医さんが


オススメされていた歯ブラシは


『ワンタフトブラシ』



赤ちゃんの歯は小さいです


通常の歯ブラシでは力が入りすぎてしまうので、ワンタフトブラシは1本1本の歯を丁寧に優しくブラッシングしてあげるのには良いそうです


これだと歯がたくさん生えてきても歯と歯の隙間もしっかり磨けそうです


仕上げ磨きを押さえつけてやるのではなく、楽しくできるためには最初が肝心‼️


是非お試しくださいね


母乳育児相談室 はぐくみ 助産師 鈴木亜紀