ただいま★公野舞華

テーマ:
ただいま。
3Bjunior

行ってきます・・・って
行ってきますって言ったから
 
ただいま。
で いいんだよね??
 
もう帰る場所は
実体としては無くなるけど
 
26人の心の中には
ただいまって帰れる場所がある
 
3Bjunior
私の「原点」に帰れる場所
 
悔しいとき
悲しいとき
辛かったとき
 
自分の心の中に
ただいまって言って
3Bjunior でのことを思い出そう
 

私にとって
3Bjunior とは・・・
 
「 パラレル ワールド 」
 
もう一人の私の人生
 
パラレルワールドの解釈が
合っているかは解らないけど

私はそう思った

普通の女の子としての私と
アイドルとしての私とが
 
平行して進んでく
 
もうひとつの世界で進んでいる
私の人生だった

そのパラレルワールドはもう
皆に見せることは出来ないけど

また別のパラレルワールドが
どんどん広がっていくんだと
 
そう思いたい
 
 

3Bjunior・・・

26人の
いろんな思いを飲み込んだ場所
 
友達以上・・・家族未満の
 
仲間でありライバルで「同志」

一度は同じ未来を志した同志

共に泣き、笑い
ぶつかり合って・・・労りあって
励まし合って進んできた
25人の同志に

心から感謝を込めて
 
ありがとう!!!!!
 
 
 
ありがとうございました!!!
 
 
 
 
 
 
 
***************

2014 年  1月某日
あの場所に集められた
 
26人のあの日の思い・・・
 
 
自分の望む未來が
この先に待っていると
 
そのときが来るまでは
この道を信じて進もうと
 
誰もがそう思っていたはずだ
 
 

表舞台には出なかった
約一年間のレッスン期間
それがムダだとは思わない
 
だけど

女性アイドルの一年間ってのは
 
大人が思ってる以上に
とても貴重だってこと

他のどのジャンルよりも
若さが重要視「されてしまう」
 
そう言う世界だと
 
 
嫌みではなく、悲観でもなく
言うならば
 
私たちは商品であり
売り出してもらえる
販売期間は短いのが現実
 
本人にはどうにも出来ない分野
 
サポートしてくれる関係者や
運もタイミングも重要

売り出された後にヒットし
ロングラン商品になれれば
息の長い商品として愛されるけど

そうなれる保証はない

だから売り出す為の戦略は
タイミングは
とても重要だと言うこと
それはどんな商品にも言えるけど

この世界は
女優やタレント・アーティストに比べて
女性アイドルの年齢にシビア
 
一年、一年が
普通の人の感覚よりも
貴重なんだってこと
 
たくさんの良い素材が揃ってても
その全てが表に出られるとは限らないのは
わかってるけど
 
解散と言う結果に
悔しさが残るのは私だけじゃないはず。
 
この世界の先なんて
自分では分からないんだから
 
いつか自分にも来る決断のとき
そのときまで
 

進むしかない。
 
***************

10月20日の3Bのライブで
全員が一人ずつ今後の自分の道を
ステージで伝えたとき
 
ちぇるの言葉が
私の心に・・・頭に残った
 
「ここに居たら
自分が本当に伝えたいことは
伝えられない」
 
自分の伝えたいことを書いても
肝心な部分は「はしょられ」
本当に伝えたい事とは違ってしまう
そのせいで誤解され 叩かれる

大勢のファンの前で
ちぇるはそう言っていた

アイドルは皆に夢を与えるものだから
こんなことは書かない方がいいけど
私にはそれが出来ないから・・・
 
ブログでそう書いていた
 
私と同じだと
伝えたい事が伝わらない
ちぇるの悔しさが理解できた

私より もっともっと長い年月を
この世界にかけてきて
もっと伝えたい事があって
それが出来なかった悔しさは
 
私なんかの何倍も大きかったはず
 
3Bjuniorのリーダーとして
やって来てくれていた、ちぇるに
心から感謝の気持ちを込めて
 
ありがとう!!!!!

そして・・・お疲れ様でした
 

そうだね

ここからでは
全てのことを自分の言葉で
伝えることは

無理だし

だから書くことなんて無意味だと
 
誤解され誹謗中傷される覚悟を
しなければ書けないと
 
余計なこと面倒臭いことは
書かない方が賢いと
 
思い知らされるんだ

ここにいたら。
 
平等なんて無いって事に慣れても
理不尽さに絶望し何も望まなくなっても

それでも
私はまだ・・・
まだ・・・今はここに居たいんだ

この場所は
私を支えてくれた皆に
会うことが出きる
感謝の気持ちを伝えられる

唯一の場所だから
 
 
2018年11月5日
          公野舞華