前記事に続きまして、活動報告です。


3月11日

草刈り


野馬除土手の周りにアズマネザサがたくさん生えていたのですが、
見通しをよくするために刈ることになりました。
白井市環境課の皆様、ありがとうございました!


コブシも咲き始めましたね✨

3月14日
ゴミ拾い

前日の大雨で水路から流れ出たと思われるゴミが多く見受けられました。
ペットボトルやマスク、ビニールの切れ端等々…

でも、この日はカワセミが現れました!
さすがに写真は撮れませんでしたが、
あの美しさは見ると心踊りますね…
生き物たちのためにも、綺麗にしておきたいと思った次第でした。

3月27日
ゴミ拾いと田起こし

11日の草刈りですっかり見晴らしがよくなりましたね。
先月から田起こしをしていますが、人力でやるのは大変です(笑)
整備された田んぼだと、トラクターでがーーっとかき混ぜちゃうのですが…
そろそろ種蒔きをして、苗を育て始めないといけませんね。
今年も無事に育ってほしいです。

拾えども拾えども…
できるだけ、来たときよりも美しくしていきたいです。

ササがなくなったら、今まであまり見えてなかった桜の木が見えるようになりました!
ソメイヨシノでは無さそうですが、桜の種類にはあまり自信がなく…

来年はみんなでお花見でもできたらいいですね!

畔にはスミレも!
ニョイスミレというらしいです(違ったらごめんなさい)
スミレは見分けが難しいのです(笑)


4月からも、田んぼ作業と定期的な清掃活動を続けていきます。
出張授業や川の生き物観察もできると嬉しいですね!
こどもたちと一緒に自然に触れ合うのは、やはり楽しいですので。

また、別団体と共に、市内各地の雨水浸透能力測定をしていくことになりました。
・地域のハザードマップなどと照らし合わせて防災活用できるデータ
・水の循環などに興味を持ってもらえる手がかり
など、色々役立てていきたいと思います。

今年度も当会をよろしくお願いいたします。

一月往ぬる二月逃げる三月去る…

というのを年を追うごとに感じます…


前回の投稿の頃は厳しい寒さでしたが、もうすっかり春です。

桜も咲くどころかもう散ってますよね(笑)

3月末には、西白井駅はすっかり満開の桜の景色でした🌸


冬の間も定例活動を行っておりましたので、報告いたします。


1月31日
八幡溜~14号橋までのゴミ拾い


雨が少ない時期でしたので、あふれてきたゴミは少なかったようですが、使い捨てマスクが目立ちました。
マスク生活も当たり前になってきました。
道端でもマスクが落ちてるのを見かけることは多いです…
みなさん、きちんと決められた場所に捨ててくださいね!

拾ったゴミは合計90kgでした。
1時間半ぐらいでもこれだけ拾えてしまうのです。

・白井市環境フォーラム
今年は感染症対策のため、展示のみになりました。
当会は、活動紹介とメダカ田んぼ日記の展示を行いました。


2月14日
メダカ田んぼの田起こし、畔修理とゴミ拾い

八幡溜の田んぼは、川からの土砂流入があります。
定期的に修繕をしないと、畔と田んぼの境がわからなくなります(^-^;
そして、この時期に田起こしをしておくのとしないのとでは
お米の育ち方も変わってくるものです。
ワラなどを鋤き込んで、肥料のかわりとします。

田んぼ作業の後はゴミ拾い。
拾っても拾っても、風で飛んできたり川から流れてきたり…
なかなか減らないものです。

2月27日 
ゴミ拾いと田起こし

14日に引き続き田起こしを行い、ゴミ拾いもしました。
15日の大雨で水路から水が溢れた形跡がありました。
空き缶やペットボトル、タバコの吸い殻などのゴミが流されてきたようです。
冬の間は草丈も低く、ゴミが目立ちますね。

それでももう2月末、少しずつ花も咲き始める頃です。
前まで見なかった気がしますが、どこから流れてきたのか…
ヒメリュウキンカと思われる花が日だまりに咲いていました。
元々ここに生えていたものではないにしても、綺麗な花ですね~

長くなってきたので、3月の活動報告は次の記事にて!
新年のご挨拶には少々遅くなってしまいました。
皆様本年もよろしくお願いいたします。

年末年始も色々あったので報告させていただきます。


まず、嬉しい報告がございました。
いつも一緒に活動している松戸南高校科学研究部が、
八幡溜でのビオトープ作りの活動を評価していただき、
高校生ボランティアアワード2020大会で
ライオンズクラブ賞を受賞したそうです!
おめでとうございます!!
こうした活動が評価されて、当会としても大変嬉しいニュースでした。


寒い中ではありますが、ゴミ拾いも定期的に行っております。

稲も刈り終わってすっかり静かに見える八幡溜ですが、
よく見ると哺乳類の足跡が見られたりします…



12月20日 
この一年、活動にご協力いただいたガールスカウトのみなさん主催で、緑米の藁を使って正月飾り作りを行いました。


色とりどりの飾りで素敵です!

そしてガールスカウトのみなさんから、この一年の活動のお礼のお言葉と、マクラメ編みに入れた消毒液をいただきました。
どうもありがとうございます。


1月11日
ゴミ拾いと共に、緑米の藁を田んぼにすきこむ作業をしました

この日は大変冷え込んでおり、3cm以上の霜柱ができているほど…
地面はカチカチに凍って、鍬がなかなか入らず大変でした…
でもこれで、少しでもいい土壌になってくれたら嬉しいですね!


感染症拡大の収束が見えないご時世ではありますが、
今年も活動していきます。よろしくお願いいたします。
先日刈った稲たちを脱穀(穂から外す作業)、
籾すり(籾がらを外す作業)をしてきました!

田植えや稲刈りは手作業で行ってきましたが、
これらはさすがに文明の利器に頼ります(笑)

毎年お世話になっております千葉市大草の田んぼ会の方に
脱穀機と籾すり機を借していただきました
こちらが脱穀機
あっという間に茎から外れていきます

こちらが籾すり機
すごい粉が舞うのでゴーグルをつけてます

籾すりの完了した玄米です。
ちょっと見づらいですが、名前の通り緑色なんです!

2020年の収穫結果は、
籾殻つき 28.5kg
精米後 21kg
種籾 1kg
でしたー!!

2019年は玄米4.5kg、種籾が0.5kgだったので
大幅に収穫量upしましたね♪
植えた面積も増え、台風などの影響も少なかったので、
この結果が得られたのだと思います。
メダカ保全の為の田んぼではありますが、
豊作だとやはり嬉しいですね☺️

玄米は、緑米作りにご協力くださった皆様や会員に配りました。

とある会員は、緑米を潰してあんこもちにして食べたようです!

玄米のプチプチ感を残して素朴な味わいだったそうです😋

今年は全然田んぼに行けなかった筆者宅にも届きました🙌
昨年は茶封筒に入ってきたような記憶があるので
こんなにもらえちゃうの!?と驚きました(笑)
普段のお米に少しずつ混ぜながら食べてます🍚


いつかみんなで収穫した米で餅つきでもできればな~と思います。
その為には世の中の状況がもっと落ち着かないといけないですが…

もう今年も終わりですね。
寒さが厳しくなってきました。
皆様、身体に気をつけてよいお年をお過ごしくださいね!
1日の稲刈りは大変いいお天気でした☀️
(昨年は雨上がりで田植えかのようにズブズブな状態でした、あれは大変だった…)

会員の他、ガールスカウト、
子供エコクラブ、松戸南高校科学研究部、白井市環境課
大人13名 子供15名 で稲刈りを行いました。

講師は環境課の川上さん、いつもありがとうございます!

今年は大きな台風も無く、しっかりと穂を垂れて実ってますね!
いや~よかったよかった…



みんなでザクザク刈っていって、束ねて干していきます。


稲藁で束ねていくのもコツがいるんですよね!
こうやって腰に藁を装着していれば、刈ったそばからどんどんまとめて束ねられますが、始めてやるとうまくいかないものです。


はさかけにかけて、鳥避けネットをかけました。
昨年よりも収穫量は多そうな気がしますね?
お疲れ様でした!!

この後乾燥したら、千葉市大草の田んぼクラブの方に依頼して
脱穀→もみすりをやっていただき、
参加した皆様に少しずつ配布予定です!たのしみ🍚


稲刈り後、会員と松戸南高校のみなさんで、とある計測を行いました。


雨水浸透測定です!
先日勉強会に参加した会員がやり方を教わりまして、
八幡溜もやってみようと思い立った次第。
写真のような二つのわっかの内側に水を注いで、どのくらいの時間で浸透するか計測。
その場所に雨が降ったときの水の溜まりやすさを測定する実験になります。

結果、30mm/hで浸透していきました。
参考マニュアルによると、
グラウンドなどの踏み固められた土で7mm/h、
芝地などで22mm/h、
落葉樹林では200mm/h以上ということです。
つまり、八幡溜はそれほど水を吸わない土ということで、
雨が多く降ると水浸しになるということになりますね。

普段見ていても、雨の降り具合で水の溜まり方はずいぶん変わります。
湿地内でも、色々な条件で計測することで、今後どういった田んぼ作りをしていくかの参考になりそうです。